FC2ブログ

7月

もう今年も半年が過ぎた。
今日もコロナ、明日もコロナで明け暮れた半年じゃったように思う。

ようやくコロナ騒動も収束するかのように思えたが、ここにきて第2波の懸念が・・・。
関東地方で毎日数十名の新規感染者が出ており、北海道もまだ発生しとる。
広島はじめ中国地方は長い事、感染者が出とらんけぇ気が緩みがちじゃが、
人の移動の自主規制が解かれ、仕事や観光で東京へ行く人も増えたみたいじゃけぇ
いつ東京から土産を貰うて帰るか分からんのが怖いね。

例年なら秋祭りの飾りものを作ったりの作業が始まる頃なんじゃが、
今年の秋祭りの開催もまだハッキリしとらん状態じゃ。

そんな中、7月度幹事会を兼ねた納涼会の案内を受け取った。
その日の午後は予定があり、参加は難しいが、行きたいねぇ。
 二光を自慢し合うお二方
IMG_8327.jpg
スポンサーサイト



久々の幹事会

先週の土曜日に3か月ぶり?の西地区秋祭り保存会定例幹事会が開催された。
保存会組織見直しについての説明と今後の予定についての説明があった。
久し振りという事もあり20人以上が集まった。

組織、活動については現執行メンバーに任せ、要らぬ口出しは無用じゃ。
少しでも活動しやすいように、少しでもお手伝い出来ればの気持ちでおろう。
じゃまをせんように、ワシが動けることをやるようにしましょう。

今年の秋祭り、やる方向でいって貰いたいね。
3密を保たにゃあ祭りにならんのんじゃが、秋にゃあせやぁなかろうじゃない!
残念なことに伝染病が発生したが、秋祭りが終わってからでエカッタ。
春から夏にかけての全国の祭りは中止に追い込まれたが
次の秋祭りまでには、もうちいと時間がある。第2波を起こさない!

2017年1月の幹事会のようす
IMG_9254.jpg

何か月ぶり?

保存会事務局からやっと来月の幹事会開催の連絡があった。
何か月ぶりじゃろ? 2,3,4月が中止じゃったんかね?
みんなエエ子して自粛しとったけぇ感染拡大せずに落ち着いてきた。

まだ北九州では感染者が出とるようじゃし、
神奈川県も減ってきたとはいえ、まだ多い。
全国でもかなり減ってきたとはいえ、まだ感染者の拡大は続いとる。

中国地方5県は来月から県境をまたいでの移動もOKとの事じゃ。
中国地方はしばらく感染者が出ておらんけぇじゃ。

何はともあれ、久し振りにみんなの顔が見れる。
まだ席と席の間を空けて座るようなんかのぉ?
用心はせにゃあいけんが、コロナが下り坂になったのは嬉しいね。

 2017年初幹事会、そして幹事会前の防犯パトロ-ル出発
IMG_9254.jpgIMG_9252.jpg

第1回神楽祭り

同好会発足5周年を記念して西地区だけじゃが喧嘩神輿を復活させ
昔の五日市の秋祭りを知る人たちからは大いに評価を受け
3基の喧嘩神輿復活のきっかけにはなったが、なかなか東も北も
それぞれの地区での話し合いは持たれたようじゃが出て来ない。

東地区はどなたに話をしたらエエんかさえ分からんで、怖い先輩のIのSさんに
顔を見たら『祭りをやりましょうや』と声をかけたが、つれない返事。
北地区は揚下の親分Kさんに何べんも声をかけたが、のらりくらりとかわされる。

神輿も若い人から『かっこエエ』とか思われるようでなけらにゃいけん。
大勢の人の目に留まるようでなけらにゃいけん。
ワシが神輿の上に上がっとったんじゃあ絵にならんとMさんにお願いに行った。
神輿の行程も往路は今まで通りの道を通るが、復路はコイン通りを一部通って
大勢の人にかっこエエ神輿を見て頂きたいと変更を申し出た。
これらはすんなりと了解を得ることが出来た。

それでも発足10年を迎える頃には、まだまだ認知度が低く
10周年を迎えるに当たり、何か大きなイベントを企画して秋祭りを宣伝する必要があった。
そこで保存会の幹事連中にはまたまた負担を強いる事になるんじゃが、
秋祭りの1週間くらい前に五日市公民館にて『神楽祭り』を開催してはどうかとの案が出た。

日頃から地元の皆様、事業主の方には、秋祭り保存会へのご理解とご協力を頂いとるんで
日頃のご恩に応えるべく、広島県の人気神楽団を呼んで、無料で楽しんでいただこう。

時は平成16年10月2日の日曜日、当時ス-パ-神楽と人気を博した
千代田の中川戸神楽団と地元の芸能保存会とのコラボで神楽祭り開催決定と相成った。
jinrin.jpgP1080327.jpgP1080334.jpg


大人の俵みこし復活Ⅱ

1年目の俵みこしは何とか無事に神社へ御蔵米を奉納し終えた。
26年ぶりの大人の俵みこしを色んな人が色んな想いで見ていたようじゃ。
ワシは担ぎ手の指導やつけ声もリ-ダ-シップを取って、より大きな声で発する事に腐心したんで
周りの目を気にする余裕もないし、全然気付かんかった。

その日には無事に終了した喜びを打ち上げの時にみんなで分かち合うたが、
その席でワシは音頭取りの人から相談を受けていた。
『丸本さん、ワシは来年は、ようせんで。ずっと歩くんはやねこい』
2019年に回ったコ-スに比べたら、かなり短いコ-スじゃったのにもかかわらずじゃ。

打ち上げの楽しく解放された宴席で、そんな相談を受けワシの心には暗雲が漂うた。
何でも最初の立ち上げが大変で、もの凄いエネルギ-を必要とするが
2年目からは何とか回るもんじゃと思うとったのに、不安が走った。

じゃが、そんな不安を払拭してくれる町の声が、後から聞こえてきて2年目の背中を押してくれた。
昔の五日市の秋祭りを知る先輩たちからの賞賛の声じゃ。
中には後の東地区の初代会長のYさんが涙を流して見てくれとっちゃったと言う噂も耳に入ってきた。

こうした声はワシら発起人にとって何よりも力強い応援になった。
『ようし! 来年はもっと大勢、人を集めて担いだる』 と気持ちを奮い立たせ、
『昔の音頭取りの人がダメなら、新しい音頭取りを育てよう!』 と次年度への課題が出来た。

2004年神輿組立て後の本陣   紙垂の製作作業
P1080357.jpgP1070764.jpg

最新記事
最新コメント
プロフィール

秋祭り保存会

Author:秋祭り保存会
五日市西地区秋祭り保存会のブログです。

リンク
参加中!
広島ブログ
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる