FC2ブログ

秋祭りに備えて

先週から準備作業が始まっとるんじゃけど、先週は行かれんかった。
今週もせわしかったんじゃが、ちょっと顔見せとかんとね。
Tさんが段取りを教えてくれ、ちゃっちゃか作業を進める。
ええ仕事をしんさるわい、さすがじゃ。

午後からの太鼓の練習は大汗よ。
所作重視の新曲は疲れるし、難しい。
じゃが何度か練習するうちに、まぁまぁ格好にはなったようじゃ。
しんどいけえ休憩時間が待ち遠しいくらいじゃったよ。

太鼓部は11月の区民祭りにもオファ-があったが
これはスケジュ-ルが合わずお断りすることになった。残念なり。

本番に向けもうあと2ヶ月しかない。
Kちゃんが日曜日が仕事になって、練習に来られん。
ほいで平日の夜も会場を押さえとるんじゃが
個人練習をしっかりやっといて貰わんといけんねえ。
何とか頑張ってええ演奏を聴かせにゃあね?
スポンサーサイト



夏祭り

暑いのなんの! 日が落ちるまでのあの暑さ。
ただそこにおるだけで参ってしまいそうな暑さじゃった。
じゃが陽が落ちたら急に温度が違うと感じたねえ。
神輿を担いで神社の喧騒を離れ、海のそばに飾られた一画、
そこはまたグンと涼しさが違うたよ。
ずっとそこで海を見つめときたい気持ちじゃった。

親水公園での神事が終わり、また神社まで帰ったら
ものすごい人ごみ、その中へ神輿を担いで入るだけで温度が違う。
全ての神幸祭が終わり、開放され、宮の衣装を脱いだら
やっと神楽見物が出来た。

乾いた喉を潤しながら宮乃木神楽団の舞いを見た。
ベストメンバ-じゃないらしいが、暑い中、一生懸命舞い、
暑さを吹っ飛ばすほどの所作で太鼓も叩いてくれた。感謝。

ジュ-スが飛ぶように売れる。
よその露天で買うた氷や飲み物のゴミを
ワシらが用意したゴミ袋にどんどん持って来てすぐ満杯に。
ま、他にゴミ箱がないけえ当然そうなる。
その辺に捨てずにちゃんとゴミ袋まで持って来てくれるマナ-の良さ、
さすが日本人じゃ! 世界に誇れるで。

神楽も終わり、観客も帰り、露天商の人たちも片付けを始める。
ワシらも軽トラックで2往復して片付け、歩いて集会所へたどり着いたら
すでに11時を回っとるじゃんか!
神輿を担いだ時に貰うた弁当とビ-ルでテ-ブルを囲む用意がしてあったが
ワシは今朝も早いし、すぐに失礼した。

みなさんお疲れ様でした。

久し振り?太鼓の練習

昨日は久し振り(?)の太鼓の練習じゃった。
葬儀続きで1~2回練習出来とらんかった。

昨日は所作を中心の練習で、どうもええがにいかんのよ。
手を上げとるつもりなんじゃが、上がっとらんらしい。
腰の運びは自分でも様になっとらんのがよう分かる。
みんなに修正してもらいながら何とか叩けるようになった。

これを毎日やって忘れんようにせにゃあいけんのんじゃが
やらんけえすぐ忘れるんよね?
ほいじゃが、この所作をするだけで汗が出てくるけえ
ふだんはなかなかその気にならんのよの?

じゃが日がないでもう。
何とか意識せんでもその所作が出来るようにしとかにゃあね!
何かしら昨日の練習のおかげで、今日は筋肉痛になりそうじゃ。

まだまだ力不足

集会所の総会の後で祭り談義になった。
ある総代は「とにかく保存会で声をかけて貰うて応援を」とか
「女性部に声かけてくれえや、おんな神輿もはぁ解散じゃの言いおるで」
「おんな神輿も保存会の女性連中でやってくれりゃあええんじゃが」
と言いんさるが、そがあに声を掛けたけえゆ-て、すぐ集まりゃあへんのよね。

なんか傍から見たら保存会は大きな組織で、号令がかかったら40~50人すぐ集まる、
そんな風に思うとってんじゃあるまいか?
幹部連中でもそのように誤解しとる人がおるかもしれん。
毎年、みんな其々が一人ずつ声を掛けてくれて何とか人集め出来とるんじゃけえね、
来てくれたモンがみんな会員のようにすぐ集まってくれるんなら誰も苦労せんと思うが。

まだまだ力不足の会じゃけえ、ホンマの力をつけるのはこれからなんじゃと思うよ。
世の中が核家族化しとる中で、逆行するがごとくコミュニティを深めるには
相当な魅力がなけらにゃあ難しいんかもね?

ましてや東の神輿を出すのに、当日人が足らんかったら西に応援して貰やぁええ?
そ-ゆ-気持ちでおってんじゃったら、出せんのんじゃない?
それまで東が精一杯の努力をしんさって、どうやっても人が足らんけえ
西の連中も担ぎ手を集めるのに協力してえや的な前もっての依頼なら
「どこまで出来るか分からんが、一緒に人集めをしましょう」とワシは言えるけどね。

今年は東の神輿を出して欲しい。

塩屋会館

昨日、仕事の合間にちょっと塩屋神社に寄ってみた。
塩屋会館の解体状況を確認するためじゃ。

はぁ建物はきれいに無うなっとったで。
庭石やら金属系の産廃が分別されて残っとるだけじゃ。
これなら夏祭りの神楽舞台を観客から遮るものは何もないじゃん。
梅雨時期じゃけえ、解体業者もサバ読んどったに違いない。

まぁ、えかった、えかった、これなら夏祭りまでにゃあきれいになるじゃろう。
そう思いながらK総代に「あれなら神楽はせやあないでしょう?」と連絡してみると
「それが、これから囲いを作るとか言うんよ。何の意味があるんか知らんが」との事じゃ。
「子供らが入って危険なけえ」とか現場の職員さんは言いおっちゃったとか?
更地になりゃあ危険もありゃあすまあにのぉ・・・。

とにかくもうしっかり宣伝しとかにゃあなるまいて。
最新記事
最新コメント
プロフィール

秋祭り保存会

Author:秋祭り保存会
五日市西地区秋祭り保存会のブログです。

リンク
参加中!
広島ブログ
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる