FC2ブログ

反省会

臨時幹事会と称して秋祭りの反省会を開いた。
平日の夜じゃったのに、ようけ集まって貰うたよ。
殆どの人が来てくれとったんじゃないかね?

各持ち場からの貴重な意見がようけ発表された。
来年に向けええ祭りが出来るように改良できることはしていきたいね。

なかなか中身の濃い会合じゃった。
課題も多い。ひとつひとつ解決していけたらと思う。
忘年会の日程も決まった。12月10日の土曜日じゃ。
会場は未定じゃがおって知らせる。
スポンサーサイト



事務局

秋祭り保存会の事務局を兼務して貰うとったMさんが引越しされる。
今日、引越しなんで保存会事務局は機能マヒ状態に陥るかも?

広島へ赴任以来、ワシの右腕となって何かと保存会のお手伝いもいただいた。
むすびやおかず、ゆで卵等々他にも毎年差し入れもして貰うた。
このHP製作、管理も全て彼女の仕事じゃった。
このように陰で支えてくれる人がおってじゃけえ保存会も続けられる。
有難いことじゃ。Mさんに敬礼!

言うとくがワシは何も出来んけえね、『ありゃあどうなっとる?』
『こりゃあどうなっとる?』じゃの言わんといてよ。

Mさん、本当にお世話になりました。

個別反省会

毎年花をようけくれて『八剣伝』に早速行ってきた。
いつも支援部が反省会に使うんじゃけど、先に使わせて貰うた。
支援部も近々ここでやるんじゃろうけどね?

生ビ-ル2杯飲んで、キ-プの焼酎の水割り。
四分の一位しか残っとらん。
『これじゃあ足らんかもしれんのぉ・・・』
4人で飲むんじゃけえ足るハズもなく、新しいボトルを入れた。

わいわいがやがや、反省会のハズが大笑い、
楽しい、楽しい反省会になった。
次の予約も入れてきたんで店長さんもニンマリ。

祭りの片付け

営繕部長が打ち上げの席で言うた
『明日は6時半から撤収作業します』は
神輿の時、水掛けしたんと同様に
盛り上がとった宴に水をかけたねえ(笑)。

誰も本気にしちゃあおるまぁと思うたが
6時半頃から本人はもちろん動いてくれとる人が何人かおっちゃった。
ワシら犬の散歩と玄関掃除してから出たけえ7時頃じゃったかの?
それでも近所の幟を数本トラックに積んで集会所へ行ったら
既にようけ出てくれとったねえ。

昼飯を食わずに帰ったT爺、Hさん、Yさんら以外で
昼飯の時に22~23人おったろう? ようけ手伝うてくれちゃった。
3連休、することが多すぎて、ものすごく長う感じたよ。
足の裏は痛いわ、太ももは痙攣するわでクタクタじゃが
達成感は毎年同じようにあるねえ。

みなさんお疲れ様でした。
ほいで、地域のためにありがとうございました。

大成功

五日市の秋祭りが終わった。
やっぱし東の神輿が出てえかったっよ。
『東の神輿復活』の噂を聞いてか、神輿が東地区を通るとき
沿道に出て応援してくれる人がいつになく多かったよね?

ワシは殆ど東の神輿についとったが、出発してしばらくは東と西と子どもと
行ったり来たりで、全体の距離感を先頭の東のカチ持ちに伝えた。
もう午前中の俵もみのねり歩きで足が棒になっとったけえ疲れて
足の裏も痛いし、太ももにも痙攣が時々走った。

東の担ぎ手たちは俵もみに続けて神輿を担ぐのは初めてじゃ。
神輿の出始めはしんどそうじゃったが、一緒に後ろをついてくる西の神輿に刺激され、
若手が西に負けんように声も力もふりしぼって力強さが出てきた。
西が最初に神輿の上に人が上がり酒をかけたのを見て
東は何もないのに若い人が神輿の上に上がって気勢をあげた。
これが何べんも続いたんで担ぎ手には負担じゃったと思う。

帰りには、中老の担ぎ手たちは神輿について歩くだけで
カチ持ちが「交代して下さい。神輿について下さい」と叫んでも
なかなか応じようとせんかった。もうクタクタじゃったんじゃと思う。
ワシも担いだ、西の神輿じゃのうて東の神輿を。
そうせんにゃあみんなヘトヘトで若い人に負担がかかり過ぎとった。

ほいでもコイン通りのもみあい(実は危なかった)とイズミ駐車場のもみあいはエカッタ。
ease舞いのみなさんの演舞、雷男(?)の太鼓もえかった。
今日は今から片付けをせにゃあイケンがみんな達成感に満ちた顔をしてくるじゃろうね。

いつのまにか

ゆんべは神社で神輿を組んだ。東は5時から組み立てしおるけえワシらが行った時にゃもう組み終わっとった。
I幹事長からの情報で広島テレビが独占取材じゃ。ほいじゃがカメラが写すんは東の神輿ばっかし。
西の神輿は全然写してくれんのんじゃけえ。ま、しょうがないか!東は43年ぶりの復活じゃけえの?
ニュ-スソ-スとしてインパクトがあらあの?

神輿を組み立てる時は10名弱じゃったが、イズミの駐車場へ看板を張り終え集会所へ帰ったら美味しそうなオニギリと鍋が用意してあった。Yさんの奥さんが作ってくれたみたいじゃ。
「お疲れさん!」と発泡酒で乾杯した頃にゃあだいぶん人数が増えとった。
集会所へ帰った時は6名くらいじゃったんが22時頃にゃ16名、23時ではぁ明日も早いとみんな帰り支度を始めたら更にもう一人帰ってきた。いつの間にこがあに増えた?
「来たんなら、もうちいとおろうか?」とまた席に着く。
ええねえ! 仲間がどこからとものう集まってくる。ほいで一緒に発泡酒を飲み、むすびにかぶりつく。

今朝は保存会屈指の釣り名人3名が、今夜のおかずを釣ってくると早朝より沖に出とる。
「明日の晩は鯛やヒラメの舞い踊りよ!」とゆんべ豪語しとった釣り名人たちも、もうすぐ帰ってくる。
会長は「よう集会所の中へ入って来んのじゃないか?」と予想しとりんさったが、果たして釣果はいかに?

最後の練習

ゆんべは太鼓部、祭り前最後の練習となった。
さすがに祭り直前とあるだけに全員集合じゃ。
ほいでまとまってきたね。
笛班も最後の調整でびっちりやりおりんさった。

これから年末にかけて太鼓部は演奏の機会が多い。
まず祭り本番じゃ。
小雨が降る中、太鼓を集会所へ移動させた。

保守点検

竹取物語の翌日にもかかわらず、7~8名の営繕部を中心とした仲間が集まってきた。
風で落ちた紙垂や横木が外れた幟や電柱が取り除かれたために外された大注連縄、
これらの修理に営繕部隊が活躍した。

作業が終わって集会所へ帰り一杯飲もうと冷蔵庫を開けつらぁ中は空っぽ。
入っとるんは醤油とお茶と水だけじゃ。
焼酎はあったけえ、湯割りや水割りで冥々頂いたが、ビ-ルしか飲まんモンはお茶けよ。

それでも昔話や、それぞれの体験でおもしろかった事を披露し、笑い声が絶えん。
竹取物語で余ったおでんをつつきながら、ゆんべも居酒屋集会所は賑やかじゃった。

竹取物語

昨日は前夜の深酒にもかかわらず、4時半頃にゃあ目が覚めた。
体が張り切っとるんじゃろうね、まだ暗い内から犬の散歩を済ませ、
畑の水遣り、玄関掃除といつもの任務を早々と片付け、スタンバイOK!

前日にトラックのガソリンも確認、ロ-プも積んで、荷台のキャビンを下ろした。
それからゆっくり朝食をとり、着替え、タオル、長靴を持って出かけた。
まだ出発15分前じゃが、みんな早ようから来とるで。
前夜は、集会所でもみんな遅うまで飲みおったらしく
それから2次会、3次会と出かけたツワモノもおったようじゃ。
みんな眠そうな顔をしとるし、まだふらついとるような足取りのモンもおった。

じゃが一旦山へ入ったら次々と竹を切り出し、息は切れるは、汗は吹きだすは、
一気に前日のアルコ-ルは汗となって出、その匂いに蚊がまつわりつく。
トラックで山と町を数回往復して、片っ端から町中に立てて行く。
町が一変する瞬間じゃ!

昼飯を集会所でみんなで食べるんじゃが、これがまたええ。
握り飯は会長と毒多が握ったと言うんで
「ちゃんと手を洗うて握ったんかいの?」と冷やかしが入る。
「そう言やぁ途中でトイレに行って、手を洗わずに出た」と毒多もやり返す。
あんまし握り飯は食う気がせんかったで祭りの飾り付けの終わった町
(笑)。

午後からも幟を立てたり、竹を立てたり、天蓋の骨組みを作ったり、
ほいでも夕方には作業を終え、風呂に入るものは入り夕食じゃ。
アルコ-ルはすっかり抜けとるんで、またビ-ルが旨い!
わいわい、がやがやと疲れたが楽しい日曜日は暮れてった。

最終チェック

秋祭り前の最終チェックとなる幹事会がゆんべ集会所であった。
1階はこれ以上入りきれん程の人で、意識の高さが分かる。

それに先立って今年43年ぶりに神輿を出す東地区との打ち合わせがあった。
タイムスケジュ-ルの確認と神輿を下ろす場所等の確認じゃ。
祭りが終わってからしてくれりゃあええのにと
塩屋神社の鳥居が工事中な事に神社側への注文も出たが
和気藹々と話し合いは進んだ。

幹事会では今日の作業のために作ったんじゃないん?
と思われるごっつぉが出て「明日食うもんあるんじゃろうの?」
と心配しながら、それでもいただいた。

ご近所の方々は相当ゆんべはうるさかったと思う。
毎年の事じゃああるが、祭りまではすみません、ご迷惑をお掛けします。
何時じゃったんか、宴もたけなわな頃、携帯が鳴った。
先に会場を出た毒多Kからじゃ。
『Sさんが待ちおるけえ来いと』

スナックへ呼び出され、もう酔うて口がもと-らん状態の東のSさんと
すこぶるご機嫌な毒多Kが盛り上がっとった。
Sさんもいよいよ東の神輿が復活となり、いつもの喧嘩口調じゃが
ご機嫌なんじゃろうね?

「丸!お前のぉ?さっきの話しは無しじゃ! 西が喧嘩売って来るんなら買うたるわい!」
口から出る言葉は乱暴なんじゃが、目が笑うとる。
「誰ねぇ? こがあに飲ませちゃあイケン言うつろう?」
「バ-カ! これが飲まずにおれるかいや! ほ-か?わりゃぁそがぁなことゆ-んか?」

隣で飲みおるお客さんが「あんたら声が大きいよ。連れて帰ってや」と
これもSさんの知り合いらしく顔は笑うとる。
普通こが-な会話を人が聞いたら、喧嘩しおるようにしか聞こえんじゃろうね?

さて今日は『竹取物語』じゃ。
張り切って行こう!
最新記事
最新コメント
プロフィール

秋祭り保存会

Author:秋祭り保存会
五日市西地区秋祭り保存会のブログです。

リンク
参加中!
広島ブログ
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる