FC2ブログ

男子体操

オリンピックの男子体操を深夜、テレビ観戦しとったが、
日本が床の演技をする時にタイミング悪くイギリスが他の演技をしとった。
ほいじゃけえ日本の選手の演技に関係のないところで
大拍手や大歓声が上がり、日本選手は演技に集中出来んかったんじゃないん?
日本選手があん馬の時も同様の歓声が上がっとった。

ありゃぁしょうがないんかいの?
日本が開催国になりゃあ、同じ事が他の国の選手が競技しとる時に起こるじゃろうね?
選手はそんな事に影響されず、自分の演技に集中せにゃあいけんのじゃろうね?

体操男子総合はいっぺんは日本は4位とされメダルを逃したと判定された。
じゃが日本の抗議が認められ、ビデオ判定の結果、銀メダルになった。
この審判団もつまらんよの? 何人もおって見逃したんかいの?
いったんは銅メダルと判定され喜んだウクライナ選手団も気の毒じゃった
スポンサーサイト

メダル

女子柔道で日本人の第1号金メダリストになった松本さん、
やったね!おめでとうございます。
「多くの人に支えられた金です」と本人が言うとりんさったように
一人一人のオリンピック選手を支える家族や指導者、仲間、関係者の
力の結集なんじゃろうけど、本人はむろん、周囲も大変じゃったろうて。

どの選手も力の差はそれ程ないように感じた。
一瞬の油断も許されん勝負、ロンドンに来るまでも
気の緩みは許されず、ずっと張りつめた気持ちなんじゃろうと思う。
ワシらにゃ経験のない努力があったんじゃろうね。

熱戦が続くロンドンじゃが、日本は深夜の生中継になる。
ニュ-スで見る分にゃええが、ライブでなけらにゃという人にゃ
寝不足が続く、熱帯夜の日本の夜じゃ。


準備作業

朝から暑い中、それでも保存会精鋭たちは本陣である集会所へと集まる。
先週に引き続き大紙垂の製作に掛かる。
竹爺は運搬車の製作も上手に作ってじゃが、段取りがええねえ。
ああすりゃあええ、こうすりゃあええと的確な指示をしてじゃ。

ワシは出かけにゃあいけだったんで、朝のちょっとだけ手伝うて帰ったが
みんな暑い中(集会所の中は涼しいんじゃけどね)ご苦労様です。

すぐ盆じゃし、すぐ夏休みも終わり、祭りの季節もすぐやってくる。
東地区の神輿はどうじゃろうか? 今年も頑張ってやってくれてよね?

汗だく

今日も暑かったねえ! 朝から汗だくじゃ。
午後の一番暑い時間に出番じゃった。
この暑さのせいか、途中ギタ-の1弦がどっかに引っかかったんか
とんでもない高い音になり、回復せず。
1弦を弾かんように演奏するが、やっぱし無理。

あれでもと予備に持ってとったギタ-に取っ替えての演奏も
いつもそのギタ-で演奏しとらんけえ思うように弾けんかった。
予備のギタ-もチュ-ニングしといたんですぐ使えたが
ネックの握りが全然違うんと弦間の違いがある。
新しいギタ-にやっと慣れかけた時のトラブルじゃ。
ま、事故じゃけえしょうがない。

夜はロックンロ-ルを聴きに再び佐伯町へ・・・
ええのぉ! やっぱりロックンロ-ルはノリがええねえ。
以前己斐のライブハウスで見た踊りのメチャ上手い婆さんと友達になった。
岩国のベ-スからも数人バイクで来とんさった。

車で行っとるけえアルコ-ルは飲めんかったが
充分楽しんで帰ったよ。

サッカ-日本

サッカ-の男子もでかしたね?
絶対勝てんと思うとったスペインに勝ったんじゃと。
うたた寝から目を覚ましたら、女房殿が教えてくれた。

サッカ-日本、男子も女子も強いねえ?
急速にレベルを世界のトップレベルにまで持って行ったね。
急速にゆ-ても何年もかかったんよね?
そんだけワシらが年をとったっちゅう事かいの?

太鼓部の練習、参加者が少なかったのぉ。
平日の夜じゃけえ無理もないんじゃが、それにしても少ない。
冷房の効いた大ホ-ル、もったいないような気がする。

一人でリズムがとれるようになるまで熱中して叩く、
この時だけ汗が滲んだが、他は寒いくらいじゃった。
途中からK棟梁がいつものK節を唱えに来んさった。

帰ったら大好物のカツオのたたきじゃ。
早速、ビ-ルを開け『いただきま~す!』
旨い!最高! ビ-ルもカツオのたたきも。
わが家のカツオのたたきは最高じゃ。
「今日のカツオはええじゃん!」
「やっぱしカツオは〇〇の方がええんじゃね?」
「ほうよ、はぁカツオは〇〇に決めえや、ヨソで買うな」

わが家の畑で採れた大葉に巻いて、しょうがとネギにゆずポン酢で食べた。
満足、満足! 土曜日じゃったら、これにわが家で採れたニンニクを添える。

太鼓練習

今夜は太鼓部の練習日じゃ。
ゆんべはおやじバンドの練習でウォ-キングはお休み、
今日は太鼓の練習でウォ-キングはお休み。
休んでばかりじゃないか!

まぁ、ゆんべも大汗かいたし、今夜もかきそうじゃ。
ま、運動になるけえ良しとするか?

元に戻った?

今日も夕方歩いたが、愛犬を連れての散歩じゃけえいつもの半分の距離じゃ。
ダイエット食も終わりにして、普通の食事に戻ったが、量は通常の一人前。
それまでは、おかずもおかわりして二人分くらいは食べとったんよ。

体重はダイエットして5.5kg落ちたが、ダイエット食をやめて1.5kg戻った。
この体重を1週間くらい維持できたのは、やっぱし食べる量を普通の一人前に
減らしたんと、ウォ-キングの効果もあったんじゃと自己判断。

それがウォ-キングも仕事が遅うなったり、セミナ-があったり
飲み会があったりして毎日じゃのうなった。
血圧も再び上昇し始めたんで、降圧剤をまた飲み始めた。
飲み始めて3日目、やっと血圧も正常値まで下がってきた。

もう三日坊主はクリア出来たけえ、無理せずに歩ける時は歩くつもりでおる。
同級生のI君は、もう3年も歩き続けとると聞くし、
元太鼓部のYさんも、ずっと夕方歩いとってじゃ。

風呂に入る時、体重計に乗ったら、ナント! 体重が元に戻っとるじゃん。
『えっ?何で?』思わず一度体重計から降りて、再度計った。
やっぱし元に戻っとるで・・・何でじゃろ?
ダイエットして一番体重が減った時の体重に戻っとるんよ。


どうして体重が元に戻ったんじゃろう?

夏休み

小学校も夏休みになったねえ。
ラジオ体操にカ-ド持って眠そうな顔して行きおるわい。

ワシらが子供の頃の夏休みもそうじゃった。
平田さん宅の前の道路でラジオ体操があった。
家の西側の壁に朝顔がいっぱい咲いとったのを覚えとる。

ラジオ体操から帰ったら、朝飯食って、良い子は早速夏休み帳を拡げる。
これが夏休みに入って2~3日は続くんじゃが、
夏休みの学校の課題でもある『昆虫採集』もしとかんといけん・・・と
学校の裏山とかへ虫かごと網を持って出かけると
もうなかなか帰って来んようになる。

ほいでもちゃんと腹が減ったら帰って来るんよの。
昼からは早よう泳げるようにならにゃあいけんけえと
楽々園の遊園地の中にあるプ-ルへ行くんよ。
海に子供だけで行ったら怒られるけえね。

じゃが遊園地に入るには入場料が必要じゃ。
そこで考えたんがEちゃんを誘うて行くことじゃ。
Eちゃんのおじいちゃんとおばあちゃんは遊園地内で商売しとんさった。
遊園地内で商売しとる人には入場カ-ドみたいなんが配られとるんよ。
家族はそれで入れることを知っとったんじゃね、
Eちゃんにそのカ-ドを入口の係員に提示させ、一緒に入場した。

そうやって毎日のように午後からはEちゃんを誘い楽々園へ通うた。
まだまだ長いと思うとった夏休みはあっという間に過ぎ、
気が付いたら明日は2学期の始業式じゃ。
夏休み帳も最初の2~3ペ-ジはやっとるが、後は白紙じゃ。

そこから真面目な少年は禁欲生活に入り、朝からお勉強じゃ。
「健ちゃんあそぼ」とか近所の悪ガキどもが誘いに来ても
全て断って、固い決意の下、夏休み帳に取り組んだ。
分からんところは母親に手伝うて貰いながらも、精一杯の努力をした。

夕方まで懸命にやってもまだ半分も済まんのよ。
「何で先生はこがあにようけ宿題を出すんじゃろ?」と
半分も出来んのは先生のせいじゃとばかりため息が出る。


始業式の後、教室に帰ったら先生が夏休み帳の提出を求める。
「持ってくるのを忘れました!先生」と訴えるが
先生は全てお見通しで「丸本君は家が近いけえ取りに帰って来なさい」
「・・・・・・・・  」

筋肉痛の原因

太ももの筋肉痛の原因が判明した。
ウォ-キングじゃのうて、こないだ友人から勧められた呼吸法のせいじゃ。
周囲の人はみんな知っとるのにワシだけ知らなんだ呼吸法、
最近テレビとかでやっとるとかでおやじバンドのメンバ-もみんな知っとったし、
祭りのメンバ-も知っとった。みんなアンテナが高性能じゃのぉ。

ゆんべまたこの呼吸法をやってみようとして太ももに力が入っとる事に気付いた。
これって難しいよね?ワシは1分もやったら息が切れるで。
前回やった時も1分くらいしかやっとらんと思うんじゃが
筋肉痛になるくらい力が入ったんじゃろうて。

まこと、これなら痩せれるかもしれん。

作業

今日は『お食い初め』じゃったが、家の用事も支度も早よう済んだんで
集会所へ覗いてみた。営繕部長のNさんが「大きい紙垂知らん?」と
集会所中を家探ししおっちゃった。ワシも一緒に探したがどこにも無い。

新しい用紙を購入しとんさったんで「これを切って作ろう」と
何ぼ探しても見つからんので、諦めて、作業にかかった。

最初は手際が悪かったが、だんだんと慣れてくると要領がようなって
半分くらいは紙垂に折ってしもうた。重しをして保管。
あっという間に昼になったよ。

帰ったら娘一家が既に来とったんで早速『お食い初め』の用意じゃ。
ワシが食べさせる役目らしい。
「タキシ-ドに着替えにゃいけんかいの?」

儀式も一通り終了し、昼食会の後は水遊びじゃ。
ビニ-ルのプ-ルに予め地下水を入れとったんよ。
そのまんまじゃ、冷やいけえね、早めに入れてギラギラ太陽に温めて貰うた。

水遊びはおもしろいよね?大人になってもおもしろい。
ワシは家の周りに地下水をホ-スで撒いたが、冷やいけえ気持ちがええ。
まだまだ遊びたい孫をなだめて、終了。やれやれ疲れたで。IMG_0936.jpg

おやじバンド

おやじバンドの練習に熱が入ってきた。
来週がこの夏ある2つのステ-ジの1つ目の本番じゃ。
やっとベ-スをやってくれる人が見つかって初めて音合わせをした。
年齢がワシらの子供の年代じゃけえ、曲目も知らんし
譜面をこないだ渡したばっかしじゃけえ、
途中分からんようになる場面もあったが、なかなか上手い。

来週の本番までに夜、もう1回練習することにした。
たぶん、それで本番を最高潮の状態にもってけるじゃろう。

それから1か月後にもう1つのステ-ジがある。
こちらは応援のベ-シストをお願いし、すでに2回音合わせ済みじゃ。
個人練習をしっかりやっとかんと練習についていけんで。
夏のステ-ジが終わったら秋祭りじゃのぉ。

歩け歩け

昨日は降ったり止んだりスコ-ルじゃったり、でも蒸し暑いのは変わらん。
早目の帰宅がここ1週間ばかり続いて、それが当たり前のように感じだした。
帰る頃には雨は上がっとったけえ、早速着替えてウォ-キング。
このウォ-キングを『お散歩』と呼ぶ、けしからん輩がおりんさる。

またこうやって健康志向の行動を始めると、やたらアドバイスがくる。
「そんな1週間で5キロも痩せるじゃのダメよ」とか
「食事だけじゃいけん、運動も一緒にせにゃあ」とか
「塩化ナトリウムの塩を摂るのがいかん、自然塩でないと」とか
「呼吸法で痩せる」とか、「腹が減ったら水を飲め」とか
いろいろ心配してくれてじゃ。

ま、お金のかからんウォ-キング(散歩じゃない)をいつまで
続けられるか分からんが、やってみようと思う。
何でも一定期間続けてみんとその効果は出んじゃろうけえね。

舁き手

こないだの山笠の書き込みで『山車を引く』と書いたが、
正しくは舁くと書いて『かく』と読む。
ほいじゃけえ、山車の担ぎ手でもなく、引き手でもなく、舁き手なんじゃ。

京都の祇園祭も同じ頃にあるし、博多山笠祇園祭りとも言うし
起源は京都の祇園祭にあるんかもしれんね?
ほいじゃが祇園祭の山車はゆっくり、引かれるのに対し
博多山笠はスピ-ドを競う。

今年の追い山は櫛田入りのタイムも、総合タイムも『東流』が群を抜いとった。
これは後からテレビ中継のDVDを見て知った。
博多じゃあ各テレビ局が生中継してこれを伝える。
櫛田神社の桟敷はもちろん、舁き山の通る道中にもカメラがセットされ
終点の『山留め』にもセットされて、タクシ-の中でも
その中継をテレビで流しとるんじゃけえ、いかに関心が強いかが分かる。

岸和田の山車も見てみたいし、Iさんの参加する伊予西条の山車も見てみたい。
今年は越中風の盆歌も予定しとる。死ぬまでにどんだけ見れるかのぉ?

見舞い

博多山笠に行ったんじゃけえ、ついでに慎ちゃんの顔を見とこうと
飯塚まで行った。先日、『今、入院中』と電話があったけえじゃ。

2回目のひざの手術を終え、リハビリ中なんじゃが
膝の負担を軽減するため、減量中で酒が飲めず食事も摂れず点滴中じゃった。
なんぼ電話しても電話に出んハズじゃ。

偏頭痛にも悩まされベッドに寝とった慎ちゃんを起こした。
機嫌悪そうな顔で目を覚ましたが、起き上がって話をしてくれた。IMG_0905.jpg

帰ろうとしたら奥さんが息子を連れてやってきたんで
写真を撮らせて貰うたよ。愛想のええ子じゃった。

夏祭り

塩屋神社の夏祭りは小雨の中、決行されたようじゃ。
神輿は海まで担がず、展示しただけじゃったようじゃ。
神楽もせっかく来て貰うたんじゃけえと
短縮バ-ジョンの演目2つを舞うて貰うたんじゃと。

子供たちが楽しみにしとる八岐大蛇は大蛇が和紙で出来とるため
雨に濡れちゃあいけんけえ中止になったらしい。

小雨の中、それでもそこそこ人は集まったようじゃ。
わが保存会の売店もそこそこの売り上げがあったみたいで
みんなが頑張ってくれた甲斐があった。

土曜日まで天気が悪かったもんのぉ・・・。
天気にゃ勝てん。
じゃが夏祭りで梅雨も明け、一気に日本中が猛暑に。
保存会の秋祭りに向けての準備作業も始まったようじゃ。

オリンピックも刻々と近づいとるようじゃが、
秋祭りも刻々と近づいて来とるで。

博多山笠3

博多山笠の山車には展示用の『飾り山』と実際に道中を引き回す『舁き山』とある。
展示用は櫛田神社にはいつも飾ってあるし、博多駅構内にもあったような・・・。

山車は担ぎ棒と下の台座とを縄できつく縛ってある。
この点はワシらの俵と同じじゃ。
ほいじゃけえ、いつも縄が緩まんように水をかけて締める。IMG_0857.jpg

山車じゃけえ担ぐんじゃのうて引くんじゃが、引き手は全員腰にロ-プを付け
自分の出番になったらこのロ-プを担ぎ棒に掛けて引く。
実際は山車を引くことのない小さな子供まで、このロ-プを付けとるんよ。
これがまたかっこええんよの?
IMG_0871.jpg

スピ-ドを競う訳じゃけえ、引きながら懸命に走る。
ほいじゃけえ、すぐ息が上がって、次の引き手と交代せにゃならん。
交代要員はいつでも交代出来るように山車の前にも走っとるし
山車のまわりで自分の出番を、一緒に走りながら待つ。
IMG_0864.jpg

一つ山車に子供連も入れたら500人くらいはおりそうなかったよ。

追い山笠

行ってきました、博多の山笠。
やっぱしど迫力じゃね。すごい!

今回は前日、ちいと早めに着いたんで、それぞれの『流』の準備の様子を見て歩いた。
本番さながらにスタ-トダッシュの練習を何回も重ねる『土居流』の子供たち。
IMG_0861.jpg

準備が終わり、詰所でみんなと一緒に腹ごしらえする面々の尻、そして尻、尻
IMG_0874.jpg

断って大黒流のみなさんの腹ごしらえの様子を写真に収めました。
IMG_0876.jpg

街のあちこちにテレビの中継車が陣取り、テレビカメラも足場を組んでセット
いかに町を挙げての祭りなんか想像できます。
IMG_0873.jpg

博多山笠 追い山

あいにくの雨模様で塩屋神社の夏祭りも危ぶまれるのぉ?
保存会は今年も夏祭りのお手伝いをするようで
神楽団との交渉もバッチリみたいじゃ。
今年も雨さえ降らにゃあ宮乃木神楽団さんが素晴らしい舞いを見せてくれるハズじゃ。

ワシは博多山笠の追い山が今年は日曜日になるけえ、早ようから予定しとった。
毒多も一緒に行くつもりじゃったんじゃが、用事が出来たみたいじゃ。
祭りのスケ-ルが全然違うんで、賑やかさを見習いたいね。

九州もどしゃ降りのようじゃが、追い山は明日の早朝4時59分スタ-トじゃ。
4時に行ったらもう身動き出来んほどの見物人で思うように写真も撮れまぁて。
出来るなら最前線でど迫力に触れてみたいもんじゃ。

テルテル坊主やっとこうか?

写真

昨日はええがに写真がアップ出来んかったんじゃが、
今日はどうじゃ?11.jpg

写真

会社のワシのパソコンが重い。
もう古いせいでもあるんじゃが、デ-タも多いんじゃろうと思い
ヒマを見ては不要なデ-タを捨てるようにしとるんじゃが
とにかく写真が多い、特に祭りの写真は膨大な量じゃ。

その年、その年でええ写真だけ残して整理しとるんよ。
最初の頃の写真はデジカメじゃなかったんじゃろうね
わが家にはアルバムとしての写真はあるが
パソコンの中にゃあ入っとらんけえ。

ある程度整理できたらアルバムをスキャンしてパソコンに取り込み
CDとかに焼いて保管しとかんといけんじゃろうね。

10年前の祭りの写真に、この頃既に五日市に潜入しとった
北の長男の姿が写っとったよ。

最初の俵

保存会(当時は同好会)を発足することになり、26年間陽の目を浴びてなかった俵を出し
修理して秋祭りまでに間に合わせにゃならん。
会員募集のため同級生、先輩、後輩、町内会のみなさんのとこを回って趣旨を説明した。
N営繕部長やH副会長は趣旨に賛同し、最初から中心になって動いてくれんさった。

俵みこしの修理をする一方、木遣り音頭の詠える人を探して協力を求めた。
昔、音頭を取りおっちゃった人らはみんな年を取っとりんさる。
それでも加島さんや用品さんに頼み込んで、最初の年は引き受けて貰うた。
祭りの1か月くらい前から、連夜この地区をN営繕部長と回り担ぎ手のお願いもした。

『西の大人の俵みこしが26年振りに復活』 
広報活動もケ-ブルテレビのUチャンネルを訪れ、取材のお願いにも行き、
今はもうないロ-カル紙にも連絡して取材に来て貰うよう頼んだ。

目的は『喧嘩みこし』の復活にあったんで、地区を問わず
昔の青年団経験者の人のところも訪ね、協力をもとめた。
居酒屋『やすべえ』のHさんなんか
「何年か前にワシらも復活させようとして動いた事はあるんじゃが
 なかなか難しいで。〇〇さんや△△さんとこには話を通しとった方がええで』
とかアドバイスもしてくれ、協力を約束してくれんさった。

ほいじゃが、よう考えたらお揃いの法被もはちまきも無い。
せっかく復活させた俵を法被も着ずに担ぐじゃの出来んで。
西集会所から借金して法被とはちまきは揃える事が出来た。

そうやって26年ぶりに西地区の大人の俵みこしは復活した。

変わりゆく五日市

先日、博多行きの切符を取りに五日市駅に行ったら
五日市駅の北口のタクシ-乗り場、バス乗り場に屋根が出来おるね?
ここに屋根が出来りゃあバスやタクシ-を待つお客さんは
傘を差す必要もなく、濡れずに待つことが出来る。

五日市駅周辺にゃあマンションもえっと建っとるよのぉ。
どんどん五日市の景色が変わっていくてえ。
公共交通機関の駅に近いところは、ちょっと狭い土地にも
分譲住宅が次々と建てられ、ちょっと通らんかったら
「あれっ? いつの間にこがあに変わったん?」とビックリする。

写真は五日市駅北口のタクシ-乗り場の屋根工事IMG_0825.jpg

保存会発足Ⅱ

子供会の祭りの手伝いの打ち上げの席で、昔の賑やかな頃の五日市の秋祭りの様子を
アルコ-ルのせいもあったんじゃろうが、懐かしみ、熱う語ったんよ。
それに相槌を打ち、ワシの話を補足して説明してくれたんが東窪現会長じゃ。
他に15~20人くらいその席に子供会の役員さんがおっちゃったが、
主に話をしたんが会長とワシくらいじゃった。
当時の新町第2町内会長のTさんもそこにおっちゃった。

Tさんは北海道出身の人じゃったが、町内会長という職に力を入れとって人じゃった。
Tさんが「それほど賑やかな祭りじゃったんなら、是非復活させてみんね?」と発言された。
「そりゃあ是非そうしたいですね!」口では酔いもあって、そう発言しながら
心の中では『みなさんがやってんなら応援しますよ』くらいにしか思うとらんかったと思う。

「ほいなら私、この地区の10町内会長に呼びかけてみます」とTさんは言いんさった。
それから西地区10町内会長を集めるけえ、その場で話をして欲しいとの連絡が入るまで
そう長うかからんかった。Tさんの動きは早かった。

そんな声が掛かってもワシは、10人の町内会長さんが中心になって旗揚げしてんじゃろ
ワシはお手伝いをすりゃあええんじゃろう、程度の意識しかなかった。

西集会所に各町内会長さんが集まったところへ会長とワシは呼ばれ
Tさんが事のきっかけを説明し、その活動に協力してくれる二人じゃと
東窪現会長とワシは紹介された。
その席でM町内会長さんが発言した言葉を忘れんし、それがワシの心に火をつけた。

「あんたらが、昔の祭りを復活させるんはええ事じゃけえ、ワシらも応援するよ。
 じゃが中心になって動くんはあくまであんたらじゃけえの!」
その言葉の裏には『契約書には判を押してやるが、契約を取って来るんは君たちじゃ』
みたいな、会社の評判の悪い上司のような態度が感じられた。


何じゃ、ワシらはお手伝いじゃのうて、ワシらが中心になってせにゃあいけんのんかいの?
10の町内会長が中心になって動くんなら、ちいと望みがあると思うて来たが
この人ら町内会長という肩書があるだけで、何も動いてくれんのか?
正直、内心がっかりしたんと同時に
『よ~し! ほいならやったろうじゃないか!』と心の内が燃えだしたのを感じた。

Tさんは熱心に動いてくれんさったが、他の町内会長さんの動きは無かった。
ひょっとして当時、Dさんも町内会長じゃったんかもしれんが記憶にない。
DさんはTさんと頻繁に連絡をとり熱心に動いてくれちゃったのは確かで、
もし当時町内会長じゃったんなら2名の町内会長さんが協力してくれんさった事になる。

その時ワシは初めてDさんと会うたんじゃが、このDさんが初代会長になる。

保存会発足

青年団が解散し、喧嘩みこしも出ん。
ワシも進学し、広島を少しの間離れとる間に祭りの事は忘れとった。
やがて広島に戻り、所帯を持ち長男が子ども会のお世話になるまで
近所の付き合いは母親と女房まかせで、昔からおって人は分かるが
新しゅう引っ越して来んさった人は全然分からんかった。

なにせ今のわが家の辺りはまだ田んぼだらけの時から
一気に田んぼを埋め宅地に変わり、次々と新しい家やビルが建っとる時じゃけえ
新しい家がど-ゆー名前かも知らんし、顔と名前が一致せんのよ。

女房殿が子供会の役員を引き受けた時に、やっとワシはご近所デビュ-じゃけえ。
祭りの大幟り立てや、俵みこしの交通安全の旗持ちのお手伝いじゃ。

しかし、この子ども会のお祭りのお手伝いの打ち上げの席が
秋祭り保存会発足のきっかけとなったんじゃけえの?

Rちゃん復活

さっき愛犬の散歩をしおったら後ろから車が近づいて止まった。
中からあの笑顔のRちゃんが声をかけてきた。
「仕事変わったんで、今年は祭りに出れます!」
嬉しいことを言うてくれるじゃないか。
久し振りにRちゃんの顔を見たが元気そうなかったよ。

今年は若手がY君に続いてR君も帰ってくるとなると
また幹事会が賑やかになりそうじゃ。

青年団よもやま話Ⅱ

高校を卒業したその年じゃったと思う。
広島市内で偶然そのチンピラと再会することになった。
悪友の紹介で知り合い、お互いの出身地なんかを話し合うた時、
ワシが五日市に住んどるんを聞いた彼は
「五日市? あそこは怖いところじゃてえの
 ワシ、バイクで通りおって、袋叩きにされた事があるんよ」

すぐワシはピ-ンときて、聞き返した。
「それは祭りの時じゃあなかったんか?」

「おぉっ!そうかもしれん。何で知っとるんや?
 みんな同じユニフォ-ムを着とったけえ祭りかもしれん」
「ワシは普通にバイクで走っとっただけじゃのに、いきなり殴られたんよ」
「五日市は二度と行かんで、いびせえところじゃ」

「な~に言いおるんや。あん時ワシもおったんで!
 ありゃぁ、お前が悪かろう? ワシらの隊列に突っ込んで来たじゃんか!」

「エ-ッ! お前あん時おったんか? 愚連隊じゃのぉ」
「普通バイクが前から来たらよけよぉ?全然よけてくれんのじゃけえ」

二人ともそこではもう喧嘩にならなんだ、笑いながら「ホンマ?」の連続よ。
個人的に付き合うたら楽しい奴じゃった。

その後、彼は裏の世界に進んだらしいと風の噂で聞いたが
今、ど-しよるんじゃろ? 生きとるんじゃろうか?
またどっかで偶然出会うて、昔話に花を咲かせたいもんじゃ。



青年団よもやま話

祭り前日の午後から俵を担いで、祭り当日の午前中も俵で練り歩く。
ほいで会館(現集会所)へ帰ってから腹ごしらえして
会館から徒党を組んでカチに合わせ『チョイサ!』と走って神社に向かう。

どんな腹ごしらえをしとったんか、誰が作ってくれたんかも覚えとらん。
祭りで女の人の姿を見たような記憶がない。
真面目に祭りだけに集中しとった証かもしれん(笑)。

たぶん最後の喧嘩みこしの年じゃったと思う。
会館から整然と4列縦隊か5列縦隊の徒党を組んで
神社に向かうため、瀬戸の川を走りおった時のことじゃ。

前方からチンピラ風の二人乗りバイクが猛スピ-ドで突っ込んできた。
西青年団の徒党はバイクが来うが、何が来うがまっすぐ進む。
一方チンピラバイクもワシらがよけてくれると思うたんか
そのまま突っ込んできた。

先頭をカチを打ちながら走っとった支部長がバイクの運転手を殴り倒す。
バイクごと倒れたチンピラも向こう気の強い奴らで
大勢の相手に怯むことものう、立ち上がり向かってくる。
向こうも喧嘩は得意中の得意なんかもしれんが
こっちも今から喧嘩をしに行こうと、血が騒いどる連中ばっかしじゃ。
怒声の中、あっという間にチンピラたちはボコボコにされた。

西青年団は何事もなかったかのように再び徒党を組み神社に向かうた。
このチンピラと後に友達になるんじゃけえ世の中おもしろい。

憧れの喧嘩みこしⅣ

あれはワシが高校3年生の秋じゃった。
前年の喧嘩みこしでけが人が出て、警察からきついお達しが出とった。
「今年の秋祭りに神輿を出すのはええが、決して喧嘩をしちゃあいけん」というもんじゃ。

ワシは6年間の下積みを経て、この年から白法被を着させて貰うとった。
白法被は青年団幹部の者しか着れん、勲章のようなもんじゃ。


神幸祭の時に神輿の順番を決めるクジを引くが、
2番クジを引いたら真ん中なんで、どっちとも喧嘩できる。
その年、何番クジを引いたんか覚えとらんが
揚が2番クジじゃなかったことだけは確かじゃ。

いつものように松村呉服店のところで東の神輿と睨み合いになった。
東の支部長はSさんじゃ。神輿の上に上がって大声で威嚇する。
警察に止められとっても、祭りにゃあ喧嘩するもんじゃと
周囲も期待しとるし、担いどるワシらもはなからそのつもりじゃ。

ついに衝突、それを待っとったかのように神輿の周りにおったOB連中が
その喧嘩の輪に入ってくる、屋根瓦を剥がして投げる、個人的な喧嘩も発生した。
ウチのMさんはカチで頭を割られ血を流しとる。
どう決着がついたんか覚えとらんが、たしか警察が間に入ったような記憶が・・・

これが五日市の喧嘩みこしの最後になった。昭和43年の事じゃ。
青年団は解散、翌年から喧嘩みこしは31年間姿を見せんことになる。

憧れの喧嘩みこしⅢ

高校生になって俵や神輿を担がせて貰うようになったら
祭りが終わってからの『打ち上げ』にも声が掛かるようになった。

大型バスを借り切っての日帰り温泉旅行のことを覚えとる。
バスに酒やら肴を積み込んで、出発する前から飲んどる人もおった。
ワシら真面目な高校生じゃけえ、そげなことはせんばい。

バスガイド付きのバスなんじゃが、ガイドそっちのけで大歌をうたう。
しかも青年団伝統の『春歌秋冬』じゃ。
ワシら真面目な高校生にとっちゃあ刺激的な内容じゃったが
あまりにも歌詞の内容がおもしろいんですぐ覚えた。

初めて島根県の田舎道を走り、バスから見るハゼの高さにビックリした。
五日市の田んぼのハゼは一段じゃのに数段高い。

街を歩く若いカップルを見ると窓を開けてからかう者もおり、
バスの運転手さんもバスガイドさんも肩身の狭い思いをしたんじゃなかろうか?
無法者たちを乗せたバスは玉造温泉へと急いだ。   つづく


3.jpg
写真は戦前の五日市の秋祭りの様子

憧れの喧嘩みこしⅡ

はれて憧れの青年団に入ったワシと友人のかっ君は首を長うして祭りを待った。
祭りの1か月位前じゃったろうか青年団から招集命令が来た。
祭り当日に向けての喧嘩支度は、どがあなことするんじゃろうか?
夜、心を躍らせて青年会館(現集会所)へ二人で向かうた。

自己紹介があったんか紹介されたんか覚えてないが
早速与えられた任務は半紙みたいな紙を小刀で切る天蓋作りじゃ。
今は氏子青年団が一手に引き受けとるが、その頃は青年団の手作りじゃった。

どこをどう切ればええんか先輩から教えて貰い、半紙を適当な枚数重ね
型板ナシで切って作るんよ。まっすぐ切れんかったら怒られる。
この作業が毎夜のように青年会館で先輩たちと行われる。

もくもくと作った天蓋をいよいよ町内の家々に張って歩く時期になった。
団員全員で手分けして一斉に出かける。
現五日市中央はもちろん、楽々園、隅の浜、美の里もワシらの西地区じゃ。
ワシらそがあに遠くまで行った覚えはないが、ナンマンまでは行きおったのぉ。

これも夜だけの作業じゃけえ、一日で終わるハズもなく連日連夜の作業じゃ。
縄にこの天蓋を付けていく作業がけっこう辛い。
白魚のような指先はささくれ、擦り剥け、赤う腫れて痛いんじゃ。
楽しみはよその家になった柿をもいで食べること位じゃった。

せっかく苦労して張った天蓋を小学生がおもしろがってちぎったりする。
通学時にそんなところを発見したら良識ある青年団一員として
優しく注意してやる。「わりゃぁ何しおんなら! おぉ~!」
雨が降ってもせっかく付けた天蓋が落ちる。

憧れの青年団に入った丸本少年はこんな下積み期間が3年間あった。
祭り当日になっても神輿にゃ触らせても貰えんのよ。
やっと神輿を担ぐ事が許されたんは高校生になってからじゃった。
一緒に青年団に入ったかっ君は、祭り最後の年までおった記憶がないけえ
部活が忙しかったんか、下積み生活に嫌気がさしたんか
途中でやめてしもうたんかもしれん。  つづく
最新記事
最新コメント
プロフィール

秋祭り保存会

Author:秋祭り保存会
五日市西地区秋祭り保存会のブログです。

リンク
参加中!
広島ブログ
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる