FC2ブログ

太鼓の練習日

11月3日の祝日には毎年訪れとる『花の丘』さんで太鼓の演奏会がある。
これに備えて、今夜は最終練習日となる。

この時期から太鼓部は12月初めまでが忙しい。
最後はいつも練習場としてお世話になっとる五日市公民館の
『公民館まつり』となる。これも毎年、恒例行事になっとる。

秋祭りの出陣式での太鼓演奏も何年続いとる?
ワシらも年をとるハズじゃねえ?
スポンサーサイト

Yさんのバイク

ワシらの祭りの仲間なんじゃが、高齢のYさん、
大きな若者が乗るようなバイクに乗っとんさった。
みんなが『もう高齢じゃし、乗らん方がええんじゃない?』と心配しとるが
本人はへっちゃらで、祭り前にもそのバイクにまたがって
わが家に「和手拭いはないか?」と来んさった。

この時も「Yさん、もうバイクに乗るんは危ないんじゃないん?」
と問いかけたが黙って笑うとりんさった。

それが祭りが終わってから、その若者風バイクが家の前に置いてないんよ。
とうとう廃車にして自分の足で移動するようにしちゃったか?
と思うたが、さにあらず。玄関の中に小型のバイクが・・・。

山蕗色というか、黄色というか、また派手な色のバイクに買い替えとんさる。
小そうなった、原付?と思うたが、ナンバ-はピンク色じゃ。
125ccのバイクと言うことじゃ。
二人乗りが出来るバイクじゃん! 誰を乗せるん?

小さいバイクじゃけえ家の玄関の土間に入るんじゃ。
それにしても、まだまだバイクを手放す気は無さそうじゃ。
バイクを売る方も商売とは言え、高齢なYさんが相手じゃ。
ちいたぁ事故とかの危険性も考えてくれりゃあえかろうに。

まだまだ保存会の心配は続きそうじゃ。

坂の上の雲

宇和島まで行って来た。
しまなみ海道を通り、松山道を通り、片道305km
所要時間4時間15分じゃった。

ちょうど『どんぶりサミット』なる催し物をやっとって
ア-ケ-ド駅前商店街では日本各地から自慢のどんぶりモノを
実演販売する屋台が並んで、道行く人の食い気をそそった。

今朝、8時に宇和島を出発、9時過ぎには松山市に到着。
『坂の上の雲ミュ-ジアム』の場所はすぐ見つかった。

近くの駐車場を探して歩いて坂の上の雲ミュ-ジアムに向かう途中
携帯が鳴った。今日は日曜日じゃのに誰かいの?
Tっちゃんからで、そう言やぁ今日は太鼓を公民館に運ぶ日じゃった。
またしても完全に頭の中からこぼれとったよ。

「今、松山におるけんど-にもならん」よう謝って建物に入った。
『まことに小さな国が開化期をむかえようとしている』
で始まる時代とは、まるでかけ離れた近代的な建物じゃ。
著名な建築家の設計によるもんじゃろうね。

じっくり時間をかけて見学した。
その後で近くの秋山兄弟の生誕地にも訪れた。
地元のボランティアのおばちゃんが、丁寧に案内、説明してくれる。

事務的に説明するんじゃのうて、ちゃんと目を見て
その時代にこの近所に住んで、秋山兄弟の生き様を見届けたような話し方じゃ。
熱く語ってくれたおばちゃんも目尻を押さえとりんさったが
遠く明治の男たちがこれからの日本を支えようと熱かった時代を想い
おばちゃんの顔がにじんで見える時もあった。

3年位前から行きたいと思うとったんが実現した。
行ってえかった、孫の運動会は見れんかったんじゃけどね。IMG_1471.jpg



ウォ-キング再開

祭りと祭りが終わっても仕事が忙しゅうて一時中断しとったウォ-キング、
やっと一昨日から再開する事が出来た。
いつも夕方、早めに帰って歩くんじゃが、日が短うなったねえ。
もう歩き始める頃にゃあ暗いけえ、人目を避けて歩く必要が無い。
人に呼び止められて足を止めることがないけえじゃ。

歩き始めは寒いくらいじゃが、一生懸命歩くんで次第に汗ばんでくる。
汗が冷えて風邪を引かんように気をつけにゃあいけん。

今朝も出勤してくるのに、もう寒いと感じだした。
ついこないだまで暑い暑いと言うとったのにねえ?
今年の紅葉はきれいとか聞く、すでに桜の木は紅葉しとるもんね?
紅葉が楽しみな秋でもある。

干し柿

昨日、友人から貰うた西条柿を女房殿は干し柿に、
ワシは焼酎で『渋抜き』に挑戦。
この時期、軒先に吊るしてある干し柿は昔からの風物詩じゃ。

「西条柿は毎年箱で買って、干し柿にするんですよ」
「渋柿を買うん?ほいじゃあ貰うて来たぎょうか?」
それから始まった西条柿の干し柿作りと渋抜き作業じゃ。
前の事務員さんは干し柿作りが上手じゃった。

それまでは弟の家の庭になる渋柿をたまにもぎに行って
干し柿を作っとった。女房殿が干し柿が好きじゃったけえじゃ。

何個もある柿を、ちゃっちゃか、ちゃっちゃか剥いでは
縄に引っ掛ける。昔は祭りに使うた注連縄の縄をそれに使うとったが
「あの縄じゃと柿に着いてしまう」と今では荷造りロ-プじゃ。

これだけじゃもの足りんみたいで、弟のとこの柿はどうじゃろ?
と聞いてくる。昔は縁側いっぱいに干し柿が吊るしてあったてえね。

今の事務員さんは干し柿は好きじゃないと言う、渋抜きも知らんと言う、
店で売っとる西条柿は最初から甘いもんじゃと思うとったとか・・・?
昔の人は、いろいろ工夫して渋柿も美味しゅう食べとったんよね?

若い人たちにも干し柿の作り方、渋抜きの仕方を教えて
伝統ある日本文化を伝承していかにゃあ、
食文化を伝承していかにゃあ、いけまあで。

勝った!

今夜、子供会のお母さん方が祭りのお手伝いをしたお礼に来られた。
また『花の御礼』のハガキも持って来られた。
例年、子供会の『御礼ハガキ』に遅れて保存会のハガキを出しとったが、
今年は子供会に勝った! 
例年、子供会の手際の良さには感心しとったんよ。

事業所向けの『御礼ハガキ』も日曜日にポスティングしたし、
町内会の回覧板の『御礼案内』も日曜日に町内会長さんへ渡し、
今日、わが家にも回覧板が周って来とった。
お世話になったところへのお礼挨拶はYさんが既に行ってくれたし
あれで、お礼参りは一段落じゃ。

こ-ゆ-事は早いほどええ、忘れた頃に来られても
相手も『何かいの?今頃』と思うてじゃけえね。

回覧板には来月初めの『市民運動会』の案内もあった。
こっちも参加し始めて何年? たぶん30年にゃなろうて。
ああしてみりゃあ、ワシ、地域にデビュ-したのは
かなり若い頃じゃったんじゃと、今になって思うよ。

有難い

祭りの後片付けは続いとる。
昨日の日曜日に総務部のSさんがクリ-ニングに出した法被を
1軒ずつ返して回っとっちゃったらしい。
ワシは留守しとったんじゃが、ウチにも来てくれちゃったらしい。

担ぎ手が多く、貸し出し用の白法被が無うなって、
ワシら昨年までの副会長の法被を着て、自分の白法被は貸し出した。
それでも足らんというので、各幹事が祭り前の作業の時に着る
青法被も貸し出しして欲しいとの事で、幹事は洗濯して
みんな貸し出したんじゃろうと思う。
それを全部返して回ってくれとりんさった。

祭りの翌日、休みを取って、汗まみれの法被をチェックしながら片付け
クリ-ニングに持って行ってくれとりんさったのは知っとったが、
『借りたものは返す』のは当然の事じゃけど、
幹事会の時に返しゃあええ位に思うとったが、
次の幹事会に来れん幹事もおってじゃろうけえとの思いで
1軒ずつ配っちゃったんじゃろうが、頭が下がるで。

黙って自分の責任以上の働きをしてくれるSさんにはホンマ頭が下がる。
こ-ゆ-人がおってくれてじゃけえ保存会が成り立っとるんよね。
みんな幹事一人一人、それぞれの役割を果たしてくれとってじゃが、
有難いことじゃね? 

『有難い』
そのままの意味じゃと『めったに無い』『あるハズがない』という意味よね?
正にその通りで、今の世、誰がそこまでやってくれる?
『ありえない』事でしょ? ホンマ有難い事じゃ。感謝、感謝。

最後のテスト

今朝は早ようから目が覚め家の用事を済ませて畑に出た。
玉ねぎを植える準備をしとかにゃあいけんけえ
ニラを全部刈って唐辛子も収穫、ネギも収穫し、畑を耕した。
また猫がやってきてンコしゃあがるじゃろうの?

汗をかいたんで風呂に入った後で、事務所に行った。
軽トラックで帰っとったんで、自転車と入れ替えるためじゃ。

早めの昼飯食ってJR五日市駅まで自転車で行った。
日曜日の昼ごろは電車の数が少ないんかのぉ?
なかなか電車が来んかったが15分くらいしてやっと来た。

広島駅についてタクシ-に乗ろうかどうか迷うたが
歩いてテストの会場、双葉中学まで早足で行った。
『12時半までに入場して下さい』と受験票に書いてあった。
12時25分に無事到着したが、教室までが遠い。
試験管が入って来る直前に教室へ入れたよ。やれやれ。

無事(?)テストも終わり、帰りも早足で帰った。
15時にテストが終わり、16時にお客さんとこへ行く約束しとったけえじゃ。
ちいと遅れたが何とかお客さんとこへたどり着いた。
奥さんや娘さんとは面識があるお宅じゃった。

娘さんは秋祭り保存会として初めてよさこいソ-ランをやった時の
五日市高校の生徒さんで、彼女らの噂を聞いたんがきっかけじゃった。
その彼女も今は金融関係の窓口で笑顔をふりまいとってじゃ。

ワシはご主人とは初対面じゃったんじゃが、先方は知っとっちゃった。
「イズミに神輿や踊りを観に行きましたよ」
「丸本さんが一番前で踊っとっちゃった勇姿(?)見ましたよ」
と笑うとっちゃった。

何?あの踊りを見られた?(汗)
どこで誰に見られとるか分からんけえ、来年はちいと練習しとこうかのぉ・・・?2012年 秋祭り 030


飲み会

昨日は朝から予定がびっしりじゃった。
夕方までの予定をこなし、最後は花をようけ貰うた所へのお礼参り。
1軒目は店長が変わっても昨年同様のお花を頂いた『八剣伝』へ。
安い!3人で¥5000を切る金額じゃ。
キ-プの焼酎があったにせよ、しっかり食べ、しっかり飲んだ。

「何かの間違いじゃないん?」
いや、そうでもないらしい。それにしても安いで!
ま、安いけえとクレ-ムをつける必要はないもんね。
みなさん、どんどん利用したげつかぁさい。

楽しく飲んどったのに、隣のグル-プと、その向こう側のグル-プで
店内で喧嘩が始まった。テ-ブルを蹴って上の飲み物や料理が
全部落ちてしもうた。もったいないのぉ・・・。

しばらくして喧嘩は収まった。
その後はまた楽しゅう飲んで、次の店へ行かにゃあいけんと
店を出ようとしたら、さっき喧嘩をしたグル-プの者が
「すみませんでした」とワシらに謝った。

「あんたら来年神輿を担ぎに来んかいの?」
「ワシらこの辺の祭りの者じゃ」
感触は悪うなかった。

次は東の怖いSさんの奥さんがやっとる店『宙』へ寄った。
先客もここでよう見る顔なじみの人じゃった。
ママとの昔話に花が咲いた。
ママが怖いSさんに電話してくれたみたいじゃが
出てんなかった。風邪気味で寝とってとの事じゃ。

千鳥足でご帰宅は当然2012年 秋祭り 029

写真

Iさんが西条市の祭りからやっと帰って来て、
早速ウチの祭りの写真をUSBに入れて持って来てくれた。

神輿組み立ての様子、俵の組み立て、出陣太鼓、公園での全体像
等々の写真を順次見させて貰うたが、神輿の写真がない。
『ありゃ?どっかに入っとるのに取り込みが出来てない?』
と思い、何回もUSBを入れて確認したが、神輿の写真がない。

どうしたもんかと電話したが、仕事中で忙しそうじゃったんで
その時は切り、夕方電話があった時に聞いたら
「そうなんですよ!撮って貰うよう言うときゃえかった!」と悔やんだ様子。

実はIさん今年は神輿の前棒を任されとったんじゃった。
その任務で写真撮影なんか出来るハズがないよの?
責任感の強いIさんはカメラを人に預け、任務に没頭した。

そうか、そ-ゆ-訳か! ま、誰か神輿の写真を撮ってくれとろうじゃ?

という訳でIさんから提供して貰うた写真の内、
出陣式風景の写真を今回はアップさせて貰う。2012年 秋祭り 031

音頭の声から

祭りの1週間前頃から時々車の中で唸って音頭の練習。
音頭を詠う声と、ギタ-を持って歌う声の出し方が違うような気がする。
声帯模写じゃないが、声の出し方の切り替えが必要じゃ。

発声練習はどこでも出来る訳じゃあない。
大きな声を出して練習するには車の中が一番じゃ。
走行中はどがぁに大きな声を出しても聞こえるのは自分だけ、
他に迷惑掛けることもない。

若い頃、歌の練習をするため、やっぱし車の中で声を出した。
音頭を習い始めた頃にも車の中で練習した。

わが家の屋根裏部屋は床には防音ゴムを敷き、
壁もドアも2重構造にして音が外に漏れんようにしとる。
天井にも断熱を兼ねたボ-ドを貼っとる。
それは音楽用なんじゃが、木遣り音頭の練習にも使うた事がある。

じゃが、いつでも気軽に練習できるんはやっぱし車の中じゃ。
時々、車の中で一生懸命歌うとって人を見かけることがあるてえね?
どんだけ間違うても、誰も聞いとりゃあせんし、
個室カラオケボックスみたいなもんじゃ。

ある日、車の中で音頭の練習した直後、
家でギタ-を弾きながら歌うたら、全然声が出んかった事がある。
しばらく歌い続けて声帯の切り替えが完了したら
いつもの声で歌うことが出来た。
たぶん、声の出し方が違うんじゃろうと思う。

祭りが終わって

町の飾りつけは月曜日にみんなが頑張ってくれて、普段の町並みが戻った。
じゃがせにゃあいけん事はまだまだある。
お花を頂いた店や事業所への礼状や竹をいただいたYさん、
駐車場をお借りしたイズミ、電源をいつも提供して貰うTさんなどへのお礼。

財務部長のIさんと毒多は収支の計算に大忙しみたいじゃ。
ポスタ-はざっと見て回った限りでは撤収済みじゃね?
集会所も町の飾りつけの撤収をしとる時に
女性陣がきれいに掃除もしてくれた。

祭りが終わっても、しばらくは余韻が残る。

久々の雨

よいよ雨が降らんかったが、今日は敵をとられる位降ったね!
今日は外の仕事で職人さんが濡れにゃあええがと思うたが、
東広島は、ええ按配に朝の内はえっと雨が降らなんだ。

ワシは現場で指示、確認したら、
今日のお客さんから紹介して貰うた次の現場に向かうた。
まぁ、ナントここの奥さんがべっぴんさんで
大きな目で見つめられると赤面しそうなくらいじゃったでよ(笑)。

見積もりの内容を聞いて、採寸して帰ったんじゃが
見とれとって、何を書いたんか、高さ寸法を記入しとらん。
何をしに行ったんやら・・・
じゃが、得した気分の一日じゃったよ。

さて、これから飲む機会が増えそうじゃ。
祭りの反省会、個人的な打ち上げ、見に来てくれた人らとの食事会等々。
祭り前に商工会青年部に声を掛けとった返事がさっきあった。
青年部の定例会で話をして、みんながやろうと言うことになったら
代表の方と話をしたいとの事じゃ。

ほどほどの量で、早めに帰って睡眠不足になりさえせにゃあ
何回あってもせやぁないんじゃがね?

決めっ! のポ-ズ

イズミのところに神輿を見に来てくれた神楽姫が写メを送ってくれた。
『決めっ!』のええ写真が撮れたけえ送りますとある。
何の写真かと思うたらワシがよさこいソ-ラン踊っとる
かっこええ(?)写真じゃ。

ま、見に来た人は笑われたワシの踊りを知っとってじゃけえ、
アップしようかと悩んだが、敢えてアップせん事にした(笑)。
だいたい想像がつこう?

今日、宮島に仕事に行った。
宮島に行って、素通りできん店がある。
ちゃんとご挨拶しとかんと、後で怒られちゃあいけんけえね。
Tさんの店じゃ。行ったら開店の準備に忙しそうじゃった。

宮島の家々に注連縄が飾ってあるけえ
「宮島は今から祭りなんですか?」と聞いたら、
昨日と一昨日じゃったんじゃそうな。
Tさんは昨日、宮島の祭りに参加しんさったらしい。
元気じゃてえのぉ・・・祭りの3連ちゃんじゃ。
Oさんも参加しに宮島まで来んさったとか?
みなさんお元気ですのぉ・・・ワシより年上じゃのに(笑)。

修学旅行生で賑わう、宮島でした。

撤収作業

昨日は撤収作業に10名余り出てくれたようじゃ。
予め休みを取ってくれとる人が殆どみたいじゃ。
休めん人も出勤前に自宅周辺の撤収作業をした人もおってじゃろう。
疲れた体にムチ打ってご苦労様でした。

ワシも出勤前の2時間、軽トラックで幟と竹を回収して周った。
ちいとでも早よう回収して小そう切って束ねとかんと
市のゴミ回収車が来るのに間に合わんけえ、みんな急ぐんよ。

昼前頃に集会所を覗いたが、みんな懸命に作業してくれとった。
「横断幕なんかが残るかもしれん」Tさんがつぶやいとった。
いつもなら昼時間頃には終わる作業も3時半頃までかかったとか?
みんなお疲れ様でした。

祭りが終わったら、12月の初めまで太鼓の演奏が忙しゅうなる。
太鼓部の連中はまだまだ祭事から解放される日は遠い。

仕事で訪れた揚上の家具屋のIさんは、
今年初めて俵の音頭取りをしたみたいで、
練習の甲斐あって、無事大役を終えたと報告してくれた。
ここも年々担ぎ手が減って、みんなクタクタじゃったみたいじゃ。
どこも大変みたいじゃが、何とか伝統を次世代につなぎたい。

完全燃焼

終わった、終わった! 疲れた、疲れた!
ようけ来てくれたのぉ・・・。

祭りの数日前には、もう貸し出し用の白法被がみてたと言う。
ほいじゃけえワシらは昨年までの法被を着て、
白法被を持って来るようにとの通達じゃ。
昔の青法被も(作業用)も洗濯して持って来て欲しいとの事じゃった。

「ホンマにそがぁに来てくれるんかいの?」半信半疑じゃったが、
昨日の朝の出陣式はかつてない程の人だかりじゃった。
午後から参加という人もえっと聞いとったんで嬉しゅうなったよ。

また沿道の人も年々増えてくるねえ。
コイン通りにゃパトカ-も心配して来てくれとったが、
警官もバイクで来てくれとったが、ただ見物するだけで
何の規制もなかった。かなりコイン通りは渋滞したけどね。

CちゃんもYちゃんもイズミの駐車場に来てくれた。
夜にはワシのよさこい演武の勇姿を添付して
メ-ルを送ってくれた。
同級生も見に来てくれとった。
ありがとう、ありがとう、みんなのお蔭で今年の祭も大成功じゃった。

もうちいとしたら夜が明ける、
ちいとでも片付け作業をしとかんとね。

もうクタクタなんじゃけど

今日は子供会の俵もみを手伝うた後で、ワシらの俵の組み立てじゃった。
ワシは女房殿ら女性陣の応援で夜の飲み屋街に花集めに周った。
そがぁに軒数も多くないんですぐ終わった。

じゃが今日はよう歩いた、相当歩いた。
足が棒になったでよ。
それでもワシらが活動の元手となる花集め、
大切な作業じゃ。


夜の飲み屋街の花集めが終わったら、また集会所に寄った。
ちょうど俵みこしの組み立てが終わったtころで
これから懇親会が始まるところじゃった。

もう祭りが終わった打ち上げみたいに
大勢の仲間が集まって、座る場所も無いくらいじゃった。
ええ仲間が集まったねえ、最高じゃ。

今朝、一番に入ったメ-ル、嬉しかったねえ。
みんなに教えてやりたいほど嬉しい内容じゃった。

いよいよ明日は大祭、無事に成功裏に終わる事を祈る。

神輿の組み立て

仕事を早めに切り上げ、着替えて神社に急いだが
ちいと遅刻したため、既に作業は始まっとったよ。

東の神輿は5時から組んだらしゅうて既に組み立て終了、
もうブル-シ-トがかかっとった。
大親分のTさんが声を掛けてきた。
『一宮、二宮の札が無いんじゃが、知らんか?』
ワシらの陣屋で見たような気がするが、東の札まで持って帰るハズがない。
両方とも無いっちゅう事は神社の輿蔵のどっかにあるんじゃないか?

ほいじゃが輿蔵は全部探したと言うんじゃけえ、不思議じゃ。
Tっちゃんが陣屋に探しに帰ってくれ、あったと電話が入った。
やれやれ、えかった。
その間にも作業は進み、ワシら見とるだけ組は寒うてかなわんのよ。
急に風が冷とうなってきた。半袖のTシャツに法被姿じゃ寒い。

Yさんは「ちいと熱がありそうなんで」と早めに帰りんさった。
いつもなら蚊に食われながらの作業じゃが、蚊もおらん。
寒いだけじゃなく、裏山が無のうなったせいもあるんじゃろうね?

作業が終わって、揚上のIさんは仕事に戻ると帰って行った。
祭りには参加できるんじゃそうな、ワシの勘違いじゃった。
祭りが終わったその足で、四国は西条まで帰って
西条の祭りに参加するんじゃそうな。
片づけが手伝えんけえと、準備作業には再々顔を出してくれる。

ワシらは陣屋に戻ったら、熱いお汁をMちゃんが作って迎えてくれる。
ワシは寒いけえ上着を取りに帰り、焼酎を湯割りでいただいた。
わいわいと話をしおる内に体が温もってきたよ。

やれやれ、風邪を引くかと思うたで。
これで安心じゃ。

おぉ、外が明るうなってきたで、。
五日市は祭りの静かな朝を迎えた。

整地された裏山から見た神社境内IMG_1283_1.jpg

夜店

揚のIさんが今年の祭りには夜店を自分らで出して
神社に賑わいを復活させると以前言うとりんさったのを
思い出し、『ホンマに夜店をやるん?』とメ-ルしたら、
『やりまっせ!子供たちに宣伝しといて』と返事が来た。

13日の17時頃から開店らしいよ。
17時~18時に来た子供にはプレゼントを用意しとるらしい。
みんなも子供さんたちに言うといつかぁさい。

『ほいで14日の午後もやるんじゃろ?』と返事に書いたら
『13日だけです』と返ってきた。
『神輿が帰った時には、ようけ人がおって欲しいけえ、来年は日曜日もやって』
とメ-ルしといたよ。

という事で宵宮には夜店(焼き鳥、フランクフルト、ポテトなど)が出るらしいんで
子供さんのおって家じゃあ、教えてあげつかぁさいよ。

花集め

祭り化粧した我が地区
昔はどの家にもこうした提灯を祭りには吊るしていた
今日はちっくし寝不足じゃったんか、朝から眠かった。
まぁ目が覚めるんが早いんじゃけえ、しょうがないよのぉ。
年寄りみたいじゃんかのぉ・・・。

ほいじゃが、会社に出て一番に、嬉しい励ましの電話があった。
祭りのことに理解があった元事務員さんからじゃ。
「いよいよですねえ!」「風邪を引かないように頑張って下さい」
この電話に元気をもらい仕事に取り組んだ。

午後からは仕事を半日休み、花集めに4名で周った。
ワシらが周るところは、どの家も気持ちように花を出してくれてじゃ。
新しゅう建った分譲住宅14棟は、住宅ロ-ン返済のため
共働きで留守じゃろうのと思いながらチャイムを鳴らしたが
殆どの家が在宅で、この地域の祭りの『花集め』を説明したら
気持ちように出してくれんさった。ありがたい。

五日市郵便局にも花集めに行ったらCちゃんがおった。
今日はこっちへ勤務なんじゃ。
ここでも気持ちよう花をいただいた。
頑張って周ったんで、夕方5時過ぎにゃあ会社に戻れたよ。

積算が溜まっとるけえ、ちいとでも仕事を処理しとかんと
週末は完全に仕事が出来る状態じゃあない。
仕事も忙しいし、祭りの準備も忙しく充実した毎日で有難い事じゃ。
後は風邪など引かんように体調管理に万全を尽くすだけじゃ。

合同練習

ゆんべは木遣り部と太鼓部が一緒に練習をした。
本番の出陣式を想定した練習じゃ。
Yさんの大きな声にゃあ圧倒されるねえ。
太鼓の音に負けちゃあおらんで。
その他10数名のつけ声より、Yさん一人の声の方がでかい。

太鼓部も若い新人2名が加わり、平均年齢をぐっと下げる。
久々に大音響が大ホ-ルに響き渡った。

練習後、幹事長と打ち合わせをするのに
八剣伝コイン通り店から五日市駅前店に転勤になった店長を追って
駅前店に行くつもりじゃったが、会長が太鼓の練習に来だったんで
ちょっと陣屋を覗いてみようと寄ったら
なんと、そこに会長はおるじゃんか。

どっかドブにでもはまっとるんじゃないかと心配したが
東地区のSさんも混じって宴が始まっとったんで
そのまんまこっちで打ち合わせ。

今年は揚上のIさんは祭りに参加できんのじゃと言う。
四国は西条の祭に参加するためじゃ。
Iさんが新調した半纏を見せに太鼓の練習会場へ持って来た。
祭り翌日の竹の処分を心配して寄ってくれた。
「今年はお手伝い出来んけえ、何かお役に立ちたい」と言う。

花集めも昨日から始まったようじゃ。
テンパって来たのぉ。

最終チェック

ゆんべも5人の同志が集まっとった。
神輿の鳳凰や瓔珞などの飾りのチェックをしとんさった。
昼間、若宮神社と五つ神社の紙垂などの取り替えをしてくれんさった
会長、T爺、Iさんの姿は夜には無かった。

22時に閉店、『花の御礼』の張り紙を60枚ほど持ち帰った。
今日から花集めにまわる女房殿に頼まれたけえじゃ。
今夜は太鼓部と木遣り部の合同練習となっとる。
各部、最終チェックに余念がない。

昨日の夕方、三宅地区の町内会長さんから会社に電話があった。
強面で知る人ぞ知るお方が、何でワシに?

「三宅地区の子供たちのために俵みこしを造ったんですよ。
 じゃが木遣り音頭を詠えるモンがおらんのんですが
 テ-プか何か持っとってんないですか?」

事務所のCDなどを保管しとるケ-スを見たら
前の事務員さんがコピ-してくれたCDの同じ内容の物が2枚あった。
それを1枚持って行ってあげたら、大層喜んでくれんさった。
しばらく祭り談議をして帰りおったら、保存会きってのべっぴんさん
Mちゃんにバッタリ出会うた。

今、交差点の壁にポスタ-を貼って来たんじゃと言う。
みんなが一丸となって、この週末の秋祭りに向け
意識が一つになっとるねえ、みんな風邪など引かんようにね!

午前中、仕事をして午後から島根県は金城町の美又温泉と
芸北は八幡高原に車を走らせた。
祭り直前になかなかこんな時間は取れんで。

ススキの穂やコスモスが秋を演出してくれるんじゃが、
各地に立てられた大幟も秋を感じさせてくれるねえ。
今月中には殆どのところが秋祭りを迎えるんじゃろうね?

『おくんち』『なかのくんち』『おとぐんち』と
何で9の付く日に決まっとったんか、そのいわれは知らんが
10月の9の付く日と決まっとったように思う。
草津は『おくんち』五日市は『なかのくんち』八幡は『おとぐんち』みたいに。

湯来町でも打尾谷は今年の祭は五日市と同じ今度の日曜日らしい。
なんでも、呼んだ神楽団の都合に合わせたんじゃとか?
はぁ幟が立っとったよ。

島根の山を走っても幟が見えりゃあ何故かそわそわする。
地元の幟じゃのうても、見りゃあ心が躍るてえの?
そがぁな事ない?
あるじゃろ? のっ? のっ?

竹取物語

昨日はみんなお疲れ様。
ようけ来てくれたけえ早よう終わった。

あれで祭りを迎える準備は整うたけえ、後は担ぎ手と花集めじゃ。
今朝、愛犬の散歩をしおったら、3年位前に近所に引っ越してきた奥さんが
ワシの顔を見るなり 「おぉ、そうじゃった祭りよね?」 と言いながら
奥へ引っ込んで 「ウチはよう留守をするんで」 と花を渡してくれんさった。

いまどきこ-ゆ-人は少ないよ。
昔を知るおばあちゃんなんかは、予め用意してくれとってじゃけど
たいがいが『何でしょうか?』とゆ-感じじゃ。
ウチの女房殿は毎年花集めに回ると心無い言葉を聞かされるらしい。

祭りのお世話をしてくれる人はみんな労を惜しまず、
せっかくの休みを潰してボランティアで活動してくれとる。

昨日も山と町をトラックで4往復して竹を町に立てて歩いた。
竹を取らせて貰うた山も後はきれいに掃除して
さすがは西地区秋祭り保存会のメンバ-じゃと嬉しゅうなったよ。

Mちゃんや会長がむすんでくれたおむすびを頬張り、
大なべのおでんをつついて1杯飲んで、みんなと笑顔で労をねぎらう。
このひとときが最高なんよね? 疲れも吹っ飛ぶで。
じゃが、ゆんべは、よう寝た。
良い子の寝る9時には布団に入り、今朝の5時半までグッスリじゃ。
ワシもこがぁに寝れるんじゃと感心したよ。

ちょっと筋肉痛が始まったがね。

祭り直前の幹事会

今夜はようけ集まってくれたねえ。
祭事部の担当じゃったが、ワシは何もせえでも若大将が全部やってくれた。
さすがじゃねえ、ちゃんと自覚してくれとんさる。

明日は過酷な竹取物語じゃ。
かなりきつい仕事じゃが、みんな出てくれるみたいじゃ。
張り切り過ぎてケガをせんようにせにゃあいけんよ。
明日も早い、はぁ寝るかの? のっ?

たった二人

残ったポスタ-を張っとこう思うて集会所へ寄った。
8時前じゃが誰もおらん。
塾の先生だけおりんさったが、間もなく
「帰ります。後はお願いします」 と言い残して帰りんさった。

『開店』の印、提灯を出しよったら会長の登城じゃ。
会長の話を聞く前に出ようとしたらK棟梁が来んさった。
弁当持参で陣屋での夕食のようじゃ。

二人を残し星空の下へ飛び出した。
幹線道路の信号待ちの車から見えるようなところへ張った。
ワシらの地区には目立つポスタ-じゃが、地区外にはない。
楽々園、駅前、五日市7丁目、中央と自転車でまわったらもう9時半じゃ。

自転車に積んだポスタ-も無いよんなったんで陣屋に戻ったら
すでにK棟梁の姿はなかった。

それからしばらく会長と話をして帰った。閉店時間22時半なり。

オ-ドブル

昨夜、ウォ-キングをしとったら、五日会のメンバ-から電話が入った。
「今夜は出勤されるんですかね?」
「はっ?」 しばらく意味が分からんかった。

祭りのメンバ-と一緒に集会所へ来るのか? という意味じゃった。
あいにくゆんべは休みの予定にしとったんで
「ワシは行く予定にしとらんけど、誰か行くかもしれんよ」と伝えた。

「実は五日会も今夜の出席者が少ないんでオ-ドブルが余るんよ
祭りのみなさんが会社の帰りに腹を空かせてここへ寄ってんじゃったら
オ-ドブルを1皿置いとこうか思うてね」

ご親切にありがたい事で、みんながおりゃあ喜んで頂くじゃろう。
ワシが行く予定にしとらんので、「置いといて」とも言えず
「誰かおりゃあ言うてみて」とだけ伝えておいた。
Sさんなんか会社帰りに寄るんじゃけえ腹も減っとるよね?

2日間の休養で元気回復した。
今夜は元気に出勤しよう。

写真は能美島の三高港から見た五日市IMG_1325.jpg
井口台の方にはつくね島が見えるIMG_1324.jpg




最新記事
最新コメント
プロフィール

秋祭り保存会

Author:秋祭り保存会
五日市西地区秋祭り保存会のブログです。

リンク
参加中!
広島ブログ
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる