FC2ブログ

玉ねぎ

ワシが嬉しげにトマトの写真をアップしたもんじゃけえ
トマトの苗をくれんさったMさんからも喜びの電話があった。
玉ねぎを引こうと早めに帰宅しとる途中じゃったが
自転車を停めてしばらく菜園談話をさせて貰うた。嬉しいねえ。
ええ苗じゃけえ、ええがに育っとりますと報告。

帰宅後、長靴に履き替え早速ネギ坊主が付き
すでにネギ坊主をカットした玉ねぎから抜いていった。
作業をしとったら「丸さ~ん!」とSさんが声を掛けてきた。
人生の新しい門出を迎えようとしとるSさん、
不安がいっぱいあるんじゃろうね、相談してくる。
手を止めずに聞いておったが、その内Kさんがやってきた。

「玉ねぎ抜きよるんね? 大きゅうなっとる?」
しばらく玉ねぎ談話をしたらKさんは犬の散歩に行った。

再びSさんの身の上話に話題が移る。
なかなか畑からワシが帰って来んもんじゃけえ女房殿が見に来た。
「玉ねぎを早速使うけえ、持って帰って。シソもちいと持って帰って!」
身の上相談会は後日続きをする事になった。

早めにネギ坊主の頭を切ったけえか、玉ねぎは食べれたよ。
スポンサーサイト

もう実がなった?

ゆんべ眠たい目をこすりながら段ボ-ルコンポストを作りおったら
女房殿が「Mさんに貰ったトマトに実がついとるね?」と言うじゃん。
「まだついちゃあおるまぁ?朝晩見とるが知らんで」
「まぁ!あれが見えんのん?目腐れじゃね」

昨夜は生ゴミ自動肥料化機の段ボ-ルコンポスト作りでせわしかったけえ
トマトの実を見に出る余裕はなかった。
今朝、早速楽しみに温室に入って
『ホンマかいの?』とか鼻歌気分で探したが、よう見つけん。
後を追うように出てきた女房殿に
「ありゃあせんじゃん、目の錯覚じゃろう」と言うたら
「あったよね! え~と、どこじゃったかいね」

しばらく探して「ホラ!ここにあるじゃんか」
「おぉ-っ! まことやぁ! 花の根っこに出来るんかぁ?」
まだ緑色の小さい粒じゃああるが、確かに実がなっとる。

ちょっと早速写真に収めたんじゃが、嬉しゅうてピンボケじゃったよ(笑IMG_2979_1.jpg

やること多過ぎっ!

あれもせにゃあいけん、これもせにゃあいけん。
なかなか前に進まんのよ、これが。
進むときにゃ、一気に進むんじゃが
進まん時にゃ何も進まんで、
自分は何をしとったんじゃろうと自己嫌悪に陥る。

自己嫌悪じゃのゆ-たら大げさかもしれん、
そこまで落ち込まんけえ(笑)。
ほいじゃが自分に腹が立つ時があるよねえ。

『あれもこれもしょうと思うけえよ』
『やることが多過ぎっ!』 と言われるんじゃが、
自分に出来ることは自分でやりたいよのっ? のっ?
やるだけやって、結果がついて来にゃあ、しょうがない。


ぼつぼつ切符を買うとかにゃあいけんと思い、ネット検索。
探したらええのがまだ残っとったが、残席が少ない。
ゆんべ急いで予約入れたが、確認事項が多ゆ-て
手続きしとる間に『手続き中に残席売り切れました』じゃと。

エエ-ッ! ホンマかいの?
他を探したが、それまでにもさんざん探しとるんで、あるハズもない。
他はえらい高いんよ。今晩またル-トを変えて探してみるか。
今週はものごとが進まん週なんかもしれん。

えっ!もう梅雨入り?

昨日、九州、中四国地方、そして今日、近畿東海地方が梅雨入りしたとか?
例年6月20日頃が梅雨入りじゃなかった?
ほいでも梅雨前線が早よう上がって来たんじゃろうね?

ワシは今週からもう夏服にしとる。
はぁ日中は暑うてかなわんけぇ。
今年の夏も暑そうじゃのぉ・・・イヤじゃのぉ・・・。

蒸し暑い日本の夏を何とか快適に過ごす方法はないもんかねえ?
6月~8月の間だけ北海道で暮らす?
仕事をリタイアしたらそれも考えられん事でもないよの?
ほいじゃが楽に楽に生きるのも、ど-かと思うよのぉ。

与えられた環境を甘んじて受け入れ
ストレスを受け流しながら生きるのが一般的な暮らし方なら
ストレスを受け止めて暮らす人もおりゃあ
ストレスに更に負荷をかけて暮らす人もおってじゃろう。

うっとうしい梅雨と夏に何か楽しいこと考えようや。

農作業

昨日は朝から温室の中に入ってトマトの支柱を変えて
紐を周囲に張ったりしとったら、もう汗だくよ。

土で真っ黒になった手を末の孫娘が引いて
『あっちへ行こう』と誘う。
そのたんびに汚れた手を洗うて付き合うけえ
仕事がはかどりゃあせんのよ(苦笑)。

それでもゴ-ヤと朝顔のネットを張らにゃあと頑張った。
ゴ-ヤもプランタ-に山から取ってきた腐葉土と肥料を混ぜて植えた。
1週間前の日曜日に買うてきたまんまじゃけえ
一緒に置いとったピ-マンや唐辛子にヒゲが絡んで、外すのが大変じゃった。

他にもする予定にしとった農作業があったが、
午後からは昼寝もしたし、大相撲も見にゃあいけんしで時間切れ。
孫たちのお相手もしながら、どこにも出かけん日曜日じゃった。

トマトの支柱とグリ-ンカ-テンのネットIMG_2973_1.jpg
IMG_2975_1.jpg

手作り弁当

今日はメンバーの仕事の都合で練習時間が昼をまたいだ。
弁当を買うていくか、作って貰わにゃあいけん。
今週はダイエット週間じゃったんじゃが、これで3回破る事になる。
それでも体重は4.2kg減った。

メンバーはコンビニで買うてきたサンドイッチやおにぎりを食うとったが
ワシは手作り弁当をこさえて貰うた。好物がギッシリよ。
これでエネルギ-を出して、しっかり練習をと思うたんじゃが
休憩をはさんでの練習の際には指が攣りだした。

ふだんの練習不足のせいか、ダイエットのせいか、年のせいか?
こんな指が攣るじゃの初めての事じゃ。
ほいじゃがメルパルクでのステージを目前にして
今日が最後の練習じゃけえ、指を拡げてやるんじゃが
どうやってもダメで中指と薬指がくっついて曲がったままじゃ。

もう1日残しとるが、ダイエット食は今夜で終了とした。
明日の朝から、食を楽しめると思うと、もう胃袋が期待して
さっきからグ-グ-腹が鳴ってしょうがない。
今夜、寝れるかいの?

深夜、近くのスナックの換気扇からカラオケが流れてくる。
たぶんワシらと同じくらいの年代か?
古い歌を次々と歌うとってじゃ。なかなか上手い!
『あずさ2号』が流れてきた。

まんまるおっ月さん

空腹を抱え、仕事で疲れた体に着替えと太鼓のバチ乗せて
ママチャリで夜道を太鼓の練習に向う。
空を見上げりゃ、満月?と思うほどまん丸なおっ月さんが浮かんでござる。
後で教えて貰うたが、満月は土曜日なんじゃと。

珍しゅう、会長が不自由な足で歩いて来んさった。
今日は太鼓の練習は、ちいと個人練習をしただけで
殆どが話し合いに終始した。

まず佐伯警察署がこの秋にお目見えするのに先立ち
歓迎セレモニ-を五日市公民館でやる事になっとるらしい。
そこで警察音楽隊の演奏もあるんじゃが、太鼓の演奏をとの話があるらしい。
ワシはさくらピアでのオ-プニングでの太鼓演奏のオファ-の話をした。

みんな忙しい中を万障繰り合わせて出て貰わんにゃあいけん。
特に、会長の叙勲祝賀会での演奏は、出ん訳にゃあいくまあで。
うっすら汗をかいた程度の練習からの帰り道、
歩く会長に付き合うて帰ったが、夜空にゃまん丸お月さんが笑うてござる。

連チャンはしんどいのぉ・・・

ゆんべは集会所で打ち合わせ。
元消防団長などのお歴々も来られ、初対面の方々も3名。

酒が入るにつれ、口調も滑らかになる会長。
秋祭り保存会のメンバ-なら、ここから触れてはならぬ話題を熟知しとる。
触れそうになりながら、すれすれのところでかわす術を心得とる。

ゆんべの元消防団長のお歴々も長い付き合いでご存じかと思いきや
触れてはならぬ領域に直球勝負じゃけえ・・・
かなうハズないじゃん!
「なんで神無月に、神さんが留守じゃのに祭りをやるんか?」ときた。
『まずい!』と保存会側の面々の顔色は一変。

そこからはいつもの一方通行じゃ。
ワシら神学校の生徒で相手は教師、歴史は遡る。

パソコンを消す時も、順序があっていきなりスイッチをオフにしちゃあいけんという。
ゆんべも、ええ按配に一つずつ消して、最後のスイッチを消そうとした時に
「こんばんは! 遅くなりました」笑顔のSさんの顔がそこにあった。
『しもうた! もう2分早ようスイッチを消す作業に入らにゃあいけだった』

元団長のお歴々は早々に退散、ワシらも遅れをとっちゃタイミングを失う。
酔うとっても、それくらいの判断は瞬時に出来るように
保存会の長い歴史のうちに鍛えられた毒多Kとワシは
Sさんと通勤仲間のH副会長にあとを託し、逃げるように退散。
残された二人は大きな波に・・・。

さくらピア日程変更

さくらピアでの太鼓演奏のオファ-に対しての話しを聞きに行ってきた。
開口一番、「日程が変わったんですよ。大丈夫ですかね?」
ナント! 9月16日(祝)と聞いとったんが9月28日(土)になったらしい。
なんでも会場が確保出来んかったんじゃと。

日程が変わった上に、大ホ-ルから小ホ-ルに規模も縮小。
それも会場の確保の難しさかららしい。
週末のさくらピアを確保するんは大変なんじゃろうの。

また、太鼓の演奏も今までのように『出陣太鼓』を1曲オ-プニングに
演奏すりゃあええんじゃのうて、先方のイメ-ジがあって
オ-プニングは子供たち(出演者)がステ-ジに伏せとる後方で
太鼓の演奏を5分くらいやり、その後で子供たちの演技が何分間かあり、
子供たちがステ-ジから引いた後で、再び太鼓の演奏・・・・
太鼓も構想の中に含めて考えとってみたいじゃ。

小ホ-ルのステ-ジはワシらが練習しとる公民館の大ホ-ル程度らしゅうて
あのステ-ジの中で前に子供たちが伏せ、その後ろに太鼓をセッティング?
狭うてあんまし太鼓を並べられんような気がするがどうじゃろう?

昨年のさくらピア大ホ-ルのオ-プニングの様子を収めた
DVDを借りてきたんで、みんなで検討せにゃあいけんし、
早よう返事をしてやらにゃあいけん。

神楽

五日市にもワシらが子供の頃から神楽はある。
今でも芸能保存会と言う名前で活動しとってじゃ。
ワシらが祭りで見た神楽はこの舞いで、えっと興味はなかった。

俵もみにも参加したし、中学に入ったら青年団にも入団。
それは喧嘩神輿を担ぎたかったけえじゃ。
他は祭りと言やぁ、やっぱり縁日じゃろう。
子供会で俵を担いだご褒美に小遣いを貰うて
神社の参道に並ぶ夜店にしゃがみ込んだてえのぉ。

神楽に興味を覚えたのは、現会長に誘われて行った
広島サンプラザであった、神楽大会じゃった。
この時、横田神楽団の滝夜叉姫を見てしびれたよ。

やっぱし何でも一流のものを体験せにゃあ、それを語れんと思うたよ。
週に2回も3回も、年から年中練習しとってんじゃけえ
祭りの前、1か月だけちょっと練習するんとは格が違う。
今や日本を代表して世界に羽ばたく広島の神楽じゃ。

せっかく身近にええもんがあるんじゃけえ、いっぺん見てみんさいの。

雨でも



昨日はまだ朝早い時間は雨が降っとらなんだが
愛犬の散歩して玄関の掃除をし終わった後で降りだした。
ワシの外の仕事を待っとってくれたみたいで、用事は済んだ。

朝食後、外を見たら雨が降って地面が濡れとるじゃん!
大慌てで、愛犬の毛布や座布団を干しとったのを引っ込めたで。

水汲みに行って、どこで昼飯を食おうかと迷うたが
こないだ農業ボランティアで行った『かかしの里』近辺に
モロコを食べさせるところが出来たとか聞いたんで、そこへ向うた。

途中、石が谷峡の入り口にメシ屋さんみたいなんがあって
ちょっと寄り道して聞いてみたが、11時半じゃゆ-のに
まだ掃除中で何の支度もしてなさそうな店じゃったんで
そのまま予定通りに進んだが、トイレ休憩に寄った湯来ロッジで
店外のメニュ-を見とったら店員さんが「どうぞ」と誘うんで
つい中に入ってしもうたが、悪うはなかったよ。

食後モロコの店がどこなんか行ってみたが、分からんかった。
トンネルを抜けたら吉和に向かう道で、獣道みたいに狭いんで
途中から引き換えし、『カカシの里』の作品を見せたら
「これなら声を掛けても不思議じゃないね」と女房殿に言われたよ。

久し振りに雲出地区から峠を越えて佐伯町の万古渓へ向かうた。
まだ釣り堀はやっとんさったよ。
もうちいと距離的には短い感じじゃったのに結構あったのぉ・・・
津田の二重焼きの店にも寄って廿日市で買い物して帰ったが、
もう夕方に近かったねえ。

雨でもドライブを堪能した一日じゃった。




素晴らしい仲間たち

5月度の幹事会がゆんべあった。
今月は会長の叙勲祝賀会も兼ねて、大ご馳走じゃった。
もちろん、今回は会費¥500じゃ収まらん、倍の¥1000会費じゃ。

夕方、お客さんとこに説明に行ったけえ時間的にギリギリじゃったが、
迎賓館に到着したら、みんな色紙で工作しとるじゃんか。
会長の祝賀会の飾り付けの準備じゃ。
幼稚園の生徒のように色紙を輪にして、それを鎖のようにつなげたり、
紅白の紙で花びらを作って額の周りを縁取る。

いつものように幹事会を階下で開き、早々にパ-ティ-会場である2階へ移動、
いささか年を重ねとるとはいえ、女性陣が4人もおりゃあ華(?)ともなる。
コンパニオンとまでは言い難いが、商工会の宴席では
もうちいと年配のコン婆ニオンもおってじゃけえ・・・。

副会長の乾杯の音頭で華やかなパ-ティ-が始まった。
中締めにはYさんの祝い木遣り音頭にみんながつけ声をつける。
Yさんもボリュ-ムをマックスで詠いたかったろうが、
そこは夜間でもあるし、窓を開けっ放しの住宅街にある会場じゃ。
ボリュ-ムはしぼり加減で、ほど良い感じじゃったよ。

皇居での受賞の様子を解説してくれる会長の話に耳を傾ける。
身近にこんな経験をした人の話を聞くのは初めてじゃけえね。

2階のパ-ティ-会場は座布団にあぐら。
数年前から、このあぐらの格好を長時間続けると
太ももが攣りだすんよ。
ゆんべもまた同様の症状が出てきたんで
中締めで女性陣たちと一緒に失礼した。

ほいじゃが、秋祭り保存会の仲間は素晴らしき仲間なり。KC4600130001.jpg

新しい店

音楽仲間のMさんとコイン通りに出来た新しい店に行ってきた。
どこかいの?と思うたら『メガネの田中』の向いのビルの1階じゃ。
元、中華料理屋があったよね? あそこじゃ。

店内は明るうてきれいじゃし、前面ガラス張りで外がよう見える。
『COEUR』と書いて『食う』と発音するんじゃそうな。
まずはビ-ルで乾杯、そして芋焼酎と3~4杯はいただいた。
料理は¥2000の『おまかせコ-ス』を注文したが、
けっこうボリュ-ムもあり舌ビラメのムニエルや海老リゾット等など
焼酎じゃのうてワインの方がやっぱし似合う料理じゃったが、
焼酎をおかわりし続けた(笑)。

パスタやピザも出てデザ-トはコ-ヒ-とアイスクリ-ムも
Mさん夫婦が知り合いじゃけえじゃろうが、それで一人¥2000。
「これ勘定間違うとるじゃろ? いけんよこれじゃ!」
「いやいや、大丈夫です」
気の毒じゃったのぉ・・・

ランチもやっとるらしいんで、行ってみたげつかぁさい。美味しいよ!
若いべっぴんさんも二人おっちゃったよ。

まだまだ気は若いで!

アメリカ西部をレンタカ-を借りて1週間で6000km走った、
あれからもう20年経つんじゃ!
カリフォルニア、ユタ、ネバダ、アリゾナを駆け足で廻った。

もうあがぁな旅は出来んと思うとったが、
この年になって何を思うたか、チャレンジする気になった。
以前から縦断または横断したいと思うとった豪州じゃ。
ただこの国も内陸部は広い砂漠みたいじゃ。

下見と予行演習を兼ねて、この夏に行ってくるつもりでおる。
それはツアーを利用してホテルと航空券だけ利用させて貰う。
観光はすべてキャンセル、自分でレンタカ-を借りて
日帰り観光を2~3度繰り返し、レンタカ-の借り方、
車の調子、GSの利用の仕方などをテストする予定じゃ。

その後、何回かに分けて豪州を横断か縦断してみたいと計画中じゃ。
資金は無いんじゃけえ安う行かにゃあいけん。
まず下見は安いパッケ-ジツア-をアレンジして行ってみる。
自分の会話力や生活力にも一抹の不安が無いとは言えん年齢じゃ。
この下見で断念するかも分からんが、気持ちだけはまだまだ若いつもりじゃ。

サビオ

右手の人差し指を耕作放棄地ボランティアでケガしたが
やっと皮膚が盛ってきて、もう赤く見えるところが5ミリ位になった。
もう中指と触れても痛うない程度になったけえギタ-の練習も苦痛じゃない。

ずっとサビオを貼ったり外して乾かしたりを繰り返して
何とか早よう治そうとしたがこないだの日曜日にゃ間に合わんかったよ。
サビオゆーたら事務員さんにゃあ通じんかったが、
最近はバンドエイドとかカットバンとか言うらしい。
これは商品名じゃろうけえ、サビオは売れとらんのんかねえ?

サビオが出てきた時は画期的な商品で、
それまでのガーゼと絆創膏の時代に終わりを告げた。
ガーゼが傷口にくっついて剥がすのが痛かったが
サビオはそれを解消した、超スグレモノじゃった。
そのサビオの名前も忘れられようとしとるんかねえ?

ちょうど第一関節のとこじゃけえサビオを貼っとったら指が曲がりにくいし、
貼ってなかったら、中指とこすれて痛いのよ。
もう殆ど痛みはないけえ、しっかり練習しとかんといけん。

今週は音楽仲間との飲み会がある。
忘れんようにせにゃあいけん、すぐダブルブッキングするけえのぉ。

次はメルパルクホール

一つおやじバンドにとっての毎年恒例のイベントが終わった感が強いが、
すぐ月末には次のステージが待っとったんじゃった。
ある団体の総会みたいなんがメルパルクホールであり、そこでの演奏じゃ。

メルパルクホールで演奏するんは10年ぶり位じゃ。
前に演った時は、他のバンドじゃった。400人くらいの規模じゃった。
この時はMCをやる予定のメンバーが直前になって
「丸ちゃん、ちょっと緊張しとるけえMC代わってくれ」と言われ
アドリブでMCをこなした思い出がある。

この手のステージは、えっとワシらの演奏は聴いてくれん。
話し相手のおらん人が聴いてくれとるか、
興味のある人が聴いてくれとるか程度で、
大半はおしゃべりに夢中で、わしらの演奏はBGM程度のもんじゃて。

これが佐伯区民文化センタ-の大ホールでやるとなると
全員が演奏を聴きに来てくれとるんで、念入りなプランと
完成度の高い練習が要求されるけど、
宴席での演奏は気楽にワシらも楽しんだらええと思う。
ほうか言うて手抜きはイケンで。

ま、呼んで貰えるうちが華じゃけえ。

感謝

今朝は仕事開始前の早朝に昨日持って帰れんかったものを引取りに。
日よけのシ-トも外そうと思うたが、仕事開始時刻になったんで仕事に戻った。
午前中にせにゃあいけん仕事を済ませて、午後からまた片付けに行ったら
殆ど日よけシ-トは外して畳んであった。
農園主がやってくれとったみたいじゃ。

アンプとシ-トなど軽トラックに積んで、しばし話をして帰ったが
今回のBBQは大赤字になるようじゃ。
そりゃあ飲み放題、食べ放題で子供は無料、大人一人¥1500じゃあね。
肉も高級肉を買うて行っとるんじゃけえ、もう¥1000貰うてもえかったんかも?。
じゃがみんなに楽しんで貰えたんが救いじゃ。

昨日からお礼のメ-ルもえっと貰うたし、こっちもお礼メ-ルを送った。
みんな『楽しかったよ』とメ-ルに書いてくれとった。
お世辞でも嬉しいもんじゃ。
遠いところからも『参加しとらんけど楽しい雰囲気が伝わってきた』とメ-ルを貰うた。
嬉しいねえ!人に喜んで貰えるっちゅうのは本望じゃ。

秋祭りも準備、本番、片付けと大変じゃが、
町の衆、皆の衆が喜んでくれるんが一番嬉しい。
それじゃけえ続けられるんじゃと思うね。

今日、郵便局の人からもメ-ルが入り、ちょうど用事があったんで行ったら
八幡神社の宮司さんも来とりんさって、二人共最初は気づかんかったけど
郵便局の人から「丸本さん」 と呼ばれ、その声に気づいて
宮司さんが振り返り、声を掛けてくれんさって、ワシも気付いた。

「おぉーっ! こんなところでお会いするとは、今年も宜しくお願いします」
今日は新しい仕事のきっかけとなる電話も頂き、いろんな人からメ-ルも貰い
いろんな人とも出会い、何か運気のええ日じゃったんかもしれん。
感謝、感謝。

日に焼けた?

リハ-サルに2曲演奏しただけでパトカ-が来んさった。
若い警官が申し訳なさそうに
「近所から通報があったもんですから・・・」
水を差された感じじゃが、大した影響もなくすぐ盛り上がった。

参加者のためにシ-トを日よけに張ったが、
演奏者であるワシらんとこにゃずっと日が当たっとった。
ビ-ルも飲むけえじゃが、日に焼けて顔はまっかっか。

演奏せん時は、来てくれたみんなとおしゃべりばっかしで
あんまし食べ物は口に入らん。
孫たちもすぐ仲良しになって走り回る。
いやぁ楽しかったが、疲れた。

いったん連れて帰って貰うて、酔いが覚めた頃に
楽器やク-ラ-ボックスや自宅から持ち込んだものを引き上げに行った。
実はこの荷物の中に携帯を忘れとったけえ
行かにゃあいけんようになったのよ。

完全燃焼で電池が切れました。IMG_2871_1.jpg

太鼓の練習日と重複

今日はおやじバンドの発表会でもあり、
五中の同級生とのプチ同窓会でもあるBBQ大会じゃ。
昨日は午前中事務所に出て、午後からはその準備に忙しかった。
1週間前は雨を心配しとったが、天気予報は見事に外れ
今度は日差しの強さを心配せにゃあいけんようになった。
女性陣のためシ-トを数枚張り、広い日陰を作った。

50人以上の参加者がゆっくり座れるような会場作りで汗びっしょり。
ホンマは4月の7日に開催する予定じゃったが悪天候のため順延、
その後で太鼓の練習日と重複しとる事に気付いた。

また今日は町内の一斉清掃の日とも重なり
わが家は今年班長さんなんで、その役目もあり放っとらかしには出来ん。
早よう起きてワシがせにゃあいけんところは先にして
後は女房殿と息子にお願いせにゃあいけん。

一斉清掃を早よう終わらせたら、楽器のセッティングをして、
食材の買い出しの分担もある。
食材の方は女房殿に任せ、ワシらリハ-サルもせにゃあいけん。

真っ赤に日に焼け、楽しんだ後にゃ片付けも待っとるのぉ。
椅子やシ-ト、楽器等々持って帰る物もえっとあるが
これは翌日になるじゃろね。

太鼓の練習、欠席します。申し訳ない。

出演交渉じゃけえ

夕方、携帯に登録しとらん番号から電話が入った。
「メ-ルに入れてたんだけど返事が無いんで電話しました」 女性の声じゃ。
誰かいの? 
「Kです。昨日か一昨日メ-ル入れてたんですけど」
「Kさん? おーっおーっ! Kさん! ハイ、久し振り!、メ-ル?」
「ちょっとメ-ル確認して後から電話するわ」

そんなメ-ル来とったかいの?
確認したらショ-トメ-ルが入っとったよ。
登録しとらん番号からじゃし、Kさんの名前は最後に書いてあったが
『会うのはホテル以外ならどこでもOK!』とか書いてあるけえ
イタズラメ-ルじゃと思うて無視しとったよ。
ほいなら次の日にも『どうですか?』のメ-ルが入っとったが
これも無視しとった。失敬、失敬。

このやりとりを見て事務員さんが
「ホント、女の人からのメ-ルや電話が多いですね!」 と皮肉を言いんさる。
「これは太鼓の出演依頼の連絡じゃけえ、
 こないだ知り合うたばっかしじゃけえ分からんかったんよ」 と弁解。
弁解なんかする必要ないよの? 太鼓の出演依頼の電話じゃけえ。

ワシとKさんとの間に入った人がよさこいソ-ランの女性じゃし
その女性とも連絡を取るけえ、女性ばっかしと連絡取っとるように見えるが
太鼓の出演交渉じゃけえね、これは。

結局、この交渉のため今月末、居酒屋に行くことになった。
これも太鼓部のため、ひいては秋祭り保存会のためでもある。
そうじゃ! そうじゃ! 

かかしの里

『何や!まぎらわしい!』とそこでバイパスと旧道が合流しとるんで
引き返す形でバイパスを戻り、左下の広場を見ると
ようけそこに人がおってじゃ、ここかもしれんと降りて行き
窓を開けて尋ねようとしたら、また人形じゃった。

じゃがすぐ大勢の中の一人が近寄って来て声を掛けてくれんさった。
『農村サポ-タ-のボランティアの方ですか?』
おお、ここでえかったんじゃ。
言われたところに車を停めたが、大勢の人の殆どがかかしじゃったで。

『かかしの里』と言うんじゃと、後日商工会の人に教えられた。
「このかかしはどうしてこんなにようけ置いてあるんですか?」
と聞くワシに地元の人がいわれを教えてくれちゃった。
IMG_2835_1.jpg

ボランティアの人が集まり、市役所の人や地元の人も加え
20数名で耕作放棄地となっとる2枚の畑の周りに
鳥獣被害防止の柵を設け、苗を植え付ける。
指導者が説明され、何組かに分かれて一斉に作業が始まった。

イノシシ避けのメッシュを張り、その上に電気柵を張る。
ワシも初めての経験じゃが、作業そのものは単純作業じゃ。
耕された畑を何べんも往復するんは、けっこう足にくる。
固い路面を歩くんより何倍も疲れるのよ。

作業員が多いんじゃけえ、あっという間に広い畑の周りに
メッシュが立てられ、電気柵のコ-ドも張られて
昼までにほぼ柵の設置作業は終えるほどじゃった。

連休後半最終日

前夜の飲み過ぎで起きられるかどうか心配じゃったが
6時前に目が覚めた。
ゆっくりと出来んのよ。大急ぎで犬の散歩と玄関掃除を済ませ、
畑に水を撒き、花に水を遣り、7-11へサンドイッチ買いに走った。

大急ぎでコ-ヒ-も沸かし、朝食。
朝食が終わったら2階の窓を開け、階下のカ-テンも全部開けた。
ベッドメ-キングもして、作業服に着替え
タオルや着替え、帽子を持って7時半に自宅を出発。
やりゃあ出来るのよ、ワシも一人暮らしやってけそうじゃ!
と車を運転しながらニンマリ。

今日は『農村サポ-タ-』として耕作放棄地などの増加に悩む
湯来町本多田地区の要請に応えたボランティア活動じゃ。

地図で確認してだいたいの場所を把握、新緑に包まれた
本多田地区へ集合時間の15分前に到着した。
地図が古くバイパスなどが通り、集合場所の公民館が分からん。
ちょうど橋の欄干から川を覗き込んどる人がおっちゃったけえ
「すみません!」と声を掛けたが、お年寄りで耳が遠いのか反応なし。
もう1ぺん「すみません!」と更に近づいて声を掛けたが返事なし。
よう見たらカカシみたいな人形じゃった。

夢の大吊り橋
KC460005_1.jpg

連休後半3日目

今年から義父は田を作るのを諦めた。
昨年、庭木の剪定中に脚立から落ちて腰を痛めたけえじゃ。
田植えやなんかは長男やワシらが手伝うてやっても
普段の水の管理が出来んとダメらしい。

毎年、GWには田植えの手伝いに行っとったが、
今年は誰も行かんのんじゃあ寂しかろうし、
ふだん出来んところの掃除などしたり、
食事もちいたぁ家庭料理を作って食べさせてやろうと、
女房殿と一緒に行った。優しかろう?ワシ(笑)。

夜は毒多Kと会長を囲んでささやかな祝宴をやろうと
祭りの時にえっと花をくれる『八剣伝』に行った。
翌朝、早よう出かけにゃあいけんのが分かっとったけえ
えっと飲まんようにしようと心に固く誓うて行ったんじゃが
ご機嫌な会長の顔見とったら、そがぁな事忘れて飲んだ。

Sさんは連休中お伊勢参りをしたらしゅうて、その土産話が
『伊勢神宮とは・・・』といつの間にか会長の独演会に代わった。
遠慮しとった若大将も途中から加わり、祝宴は最高潮に。

酔っぱらって誰もおらん家に帰っても、ちゃんと風呂に入って寝とったよ。

連休後半

夜は筋湯温泉に投宿した。
筋湯温泉って全然知らんかったんじゃが
夢の大吊り橋の近辺で宿を探しとって見つけた。
九重温泉鄕の一つで、阿蘇の北側に位置する。
ネットではどこも満室で見つけられなんだが
観光協会への電話で前日決まった宿じゃ。

夕方5時前に着いたんで家族風呂に入った。
かけ流しの無色透明、無臭の湯で竹から流れ出る湯は
直接手がつけられん程の熱さじゃが、広い湯船に張ったら
ちょうどええ温度になる。
風呂は他にもホテル内の大風呂に、女性専用の露天風呂、
混浴の露天風呂、日本一の打たせ湯と何箇所もあった。
深夜にもホテル内の大風呂に入り、朝風呂も楽しんだ。

翌日は渋滞を避けて早めに帰ろうと宿を出た。
その日の夜、おやじバンドの練習があるけえ、
渋滞に巻き込まれ遅刻したんじゃメンバーに申し訳ない。
途中、福岡に寄って長年仕事でも祭りでもお世話になった
元事務員さん宅に寄って、お土産を渡すだけのつもりが
逆に『通りもん』とトマトの苗を数鉢貰うたよ。

前日、関門海峡を先頭に上り車線が大渋滞しとったのを見とるけえ
早めに関門海峡を渡りたかった。
そんな心配も必要ないくらいすいすい走れたが、これも元事務員さんの判断じゃ。
山陽道はSAも混雑しとろうし、防府、宮島のIC付近の渋滞も予想出来たんで
中国道をのんびり帰ろうと、そっちへ回ったが、鹿野SAは満車じゃった。
道路はやっぱし山陽道の方が格段にええね。

山々の新緑を見ながらゆっくりと帰り、練習にも間に合うた。

よー飲むてえのぉ!

連休後半の続きはまた今度書くとして、みんなまぁよう飲むのぉ!
ワシはだいたい酒にそがぁに強うないんで、たしなむ程度じゃのに、
今夜のメンバー凄いね!

生ビ-ルの後、みんな焼酎になったけど、ボトルにまだちいとあったハズ、
それをすぐに新しいボトルを入れて、ちいとしたらまた次のボトル入れた?
誰がそがぁに飲んだん? ワシはほんの1杯か2杯しか飲んどらんで。

ワシは明日、早朝から出かけにゃあいけんけえ、早めに帰って寝よう思うたんじゃが
もうこんな時間じゃ、明日起きれるんかいの?
明日の朝のパンを買うとくように言われたのに、完璧に忘れとったよ。
明日の朝ごはんはバナナだけじゃの(涙)。

こんな事書いとる場合じゃないで、寝よ、寝よ!

連休後半1日目

3日に九州へ向けて出発した。これは渋滞覚悟の上じゃ。
途中、お気に入りのもみじ饅頭屋さんへ寄った。
これも混雑する宮島口周辺へ向うんで渋滞は覚悟。
それでも裏道を通り何とか到達したんじゃが、
買いたい種類のもみじ饅頭がまだ焼けとらんと言うじゃん。

開店してから焼き始めたんじゃ間に合うまぁで、
開店前からある程度は焼いて客を待つ姿勢が欲しいね。
「待って貰えりゃあ焼きますけどね」
待ちたかったが、それじゃあますます渋滞がひどうなる。
店の前も横も交通整理の人が出て車の誘導をしおってのに
悠長に路駐して待つ訳にはいかん。
もうちいと店側に配慮がありゃあ、美味しい商品なんじゃけえ
もっともっと売れるじゃろうにのぉ・・・残念。

このもみじ饅頭を渡した人は、そこいらの事情を
何も言わんのに推察して気の毒がってくれた、さすがじゃのぉ!
『防府ー山口南 渋滞5km』に続き『美祢ー下関 渋滞15km』と表示があった。
この情報は正確じゃった。この程度の渋滞ならとそのまんま通過。
30km~50km程度で走れるくらいで、たまに止まる事もあった。

下関の手前から関門海峡を渡り九州の『吉志PA』までが一番渋滞したが
『陶器市』や『博多どんたく』それに大宰府観光の車を考えたら
福岡ー鳥栖 も渋滞が予想され、気が重かった。

「今日は目的地の温泉に直行し、明日寄って貰った方が混まないと思います」
そのアドバイス通りにしたが、これが正解じゃった。

予約した温泉宿へ行く途中に次の日に観光しようと思うとった大吊り橋があり、
先にそこを観光し、『九醉渓』も途中、見ながら行けた。
『夢の大吊り橋』は日本一というだけあって規模はでかかったが
鉄骨とコンクリ-トで出来て、関門大橋の小型版みたいで
スリル感はそれほど感じんかった。
橋の中央付近は風が強く上着が必要なくらい寒かったよ。

連休後半

明日から連休の後半戦が始まる、4連休じゃ。
ウチの息子一家も娘一家もお出かけの予定らしい。

ワシ?ワシも連休の過ごし方は決まったよ。
すべての予定が昼も夜も決まった。
けっこうスケジュ-ルいっぱいじゃ。

だいたいゴールデンウィークは観光地へは行かんように決めとる。
渋滞に遭うんがイヤじゃけえじゃ。
今回はほいでも山の中じゃああるが、けっこう人気のポイントに行く事にした。
出来るだけ渋滞は避けるつもりじゃああるが分からんよね?

祭りのメンバーとの一席もちゃんと予定に入っとりますよ。

やっぱしマエケン

久し振りにマエケンが出てくると『今日は勝ち試合じゃの』と期待する。
信頼が厚いねえ、あの若さでこれだけの信用があるとは、凄い!

ほいじゃが野村監督の選手起用には???
理解できん事が多いで。

日替わりランチで調子のええ者を使うのはええんじゃが
ほいなら何で堂林ばっかりえこひいきして使うんかいの?
他の若手は結果が出せなんだらすぐ代えるのにのぉ。
この差は大きいと思う。

まぁ山本浩二の例があるけえね、
ミスタ-赤ヘルも注目されて入団したが、なかなか芽が出んかった。
堂林がそれ程の逸材ならガマンして待たにゃあいけんのんかも。

ピッチャ-が好投しとっても100球を目安に交代させる。
完封とか完投の可能性があっても交代じゃ。
長持ちさせるためとか言うが、ダメになるもんはダメになる。
少々無理させても、せやぁないもんはせやぁない。
個人差があると思うんじゃが、デ-タ重視でひとくくりじゃ。

ま、ワシら素人がぼやいても始まらんか?

強い女

30数年前に胸を膨らませ嫁いだ北陸の温泉地加賀、
幸せな日々を幾年過ごせたんじゃろう?
それまでは美人じゃし、ちやほやもされ
ええとこの娘で育ち、傍から見ても幸せそうに見え
笑顔が眩しい女性じゃった。

ただ一人頼りの男に裏切られても、健気に子供と北陸の地で生きてきた。
子供の不始末に一文無しになっても笑顔で働いてきたらしい。

実父が亡くなり、葬儀で帰って来た日に会うて話を聞いた。
そんな苦労も笑い飛ばす笑顔で子供のように話す彼女、
『女は強し』と感じたね。

今、再び広島で生きようと必死で仕事を探しとるようじゃ。
最新記事
最新コメント
プロフィール

秋祭り保存会

Author:秋祭り保存会
五日市西地区秋祭り保存会のブログです。

リンク
参加中!
広島ブログ
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる