FC2ブログ

香港から

香港の民主派がもとめる選挙制度改革問題で
主要道を学生や市民が占拠しとるとニュ-スで報じられ、
この民主派の運動が中国全土に拡がって
中国も、もっと開かれた社会になりゃあええのに・・・
そう心ひそかに思う人も多いのでは・・・?

スポンサーサイト

ばら寿司

ワシらが子供の頃、祭りには必ず母親がばら寿司を作ってくれた。
それは祭りに来る親戚などのお客さん用なんじゃが
当然ワシらの口にも入るけぇ、それが楽しみじゃった。

大きなたらいにいっぱいのばら寿司が作ってあり、その上に新聞紙が置いてある。
新聞紙をつまみ上げては、ちょっとだけつまみ食いしたもんじゃ。

ばら寿司じゃけぇとゆ-て、別にバラの花が入っとる訳じゃない。
にぎり寿司に比べてバラバラじゃけぇ、そう呼ぶんじゃと思う。
世間で言うちらし寿司じゃ。これが美味いのよ。

父親の兄弟は殆どが女じゃったんで、盆とかもようけお客さんが来てんよ。
盆にゃあ、そうめんがようけ用意されとったのを記憶しとるが
これも、ワシがつまみ食いするけぇ隠してあるんじゃが
見つけ出して手づかみで、ちょっとだけいただいたもんじゃ。

五日市の秋祭りゆ-たら、母親の実家からも叔父や叔母に連れられた
従兄弟達もやって来るんで楽しみじゃったし、
何よりばら寿司のご馳走が食べられるんが嬉しかった。

このばら寿司、ウチの女房殿が作ってくれるんが、また旨いのよ。
もうここで何回も書いたんじゃろうね、複数の女友達から
『いっぺん食べさせてぇや』 とよう言われたが、「ダメ~!」
行列ができるようになっちゃあいけんけぇの(笑)。

20年以上前になるがアメリカ人の英会話教師にいっぺんだけ
持って行って食べさせたことがあるが、絶賛じゃった。

2~3日前にばら寿司を作ってくれたんで、美味しくいただいたが、
ワシにはばら寿司は『秋祭りの匂い』がするんよ。

幟、大紙垂

こないだの彼岸の日に小幟を立ててあったが、
今日は残りの幟も立て、横断幕や大紙垂も吊るしてあった。

今日は早朝より仕事に行ったんで全然お手伝い出来なんだが、
夕方、Sさんとこ寄って帰ったが、全部済んどるみたいじゃった。
みなさんお疲れ様でした。

幸い台風も東の彼方へ去って行ったようじゃし
秋晴れの天気が続くけぇ作業もはかどるね。

町の飾り付けは西地区の中だけなんで、
ホンマ幹線道路から中へ入らんとそれが見えんのがいけんよのぉ・・・
コイン通りとか新宮苑の通りとか2号線から見えりゃあ
『おお! 秋祭りかぁ』 と宣伝にもなるんじゃがね。

西広島タイムスが『神楽三舞』の前宣伝の記事を載せてくれんかった代わりに
今度の大祭の事を一面にでかでかと載せてくれとったじゃん。
一人でも多くの担ぎ手が来てくれりゃあええがね。

子ども会、木遣り練習

今夜は子ども会の木遣り練習があると言うんで参加した。
子ども会は 『かもめ子ども会』 さんだけじゃ。
保存会が発足した頃は5つの子ども会があったのに
今は子ども会があるのは、この地区で1つだけ。

親のわがままで子供達は自分が入る子ども会がないんよ。
親は、子ども会に入ったら自分が役員をせにゃあいけんけぇ、
自分の子供がお世話になる分はええが、
自分はよその子どものお世話をしとうない。
こ-ゆ-お母さん方が多いんじゃろうと思う。

また高学年になってくると塾に行かせるため退会する子供も多いみたいじゃ。
昨今、塾に行かせんと授業について行かれんのじゃとか?
そんな理由もあって、子ども会の運営が成り立たんのんじゃろうね?

木遣りの練習は、子供に声を出させる練習より
今年は会長のおしゃべりの方が多かったように感じた。
例年のごとく、五日市の祭りの説明はええんじゃが
今年はそれに加え神楽の説明まであって、話が長うなった。

子供たちは退屈し、殆どの者に私語が見られた。
まだ、子供達には神楽にあんまし興味がなかったんかも。

寿司

毒多がよう行くという寿司屋での食事会が決まった。
以前、『八剣伝』で怖い先輩と一緒に飲んどった時に
この怖い先輩も、ようその寿司屋に行くんじゃと言う話になり、
「ほいじゃあ次はそこでやろうか?」と言う事にしたけぇじゃ。

毒多の方から「来週くらいどう?」と言うてきたんで
先輩に電話したら「いつでもOKよ」との事で決まった。
祭りも近うなったんで、話題はそこに集中するじゃろうね?

こないだ商工会の交流会で I さんの後輩が会場におって
昨年の神輿を担ぎに来てくれたらしく、
話を聞いてみると、ウチの息子の同級生じゃった。
I さんの 「今年も担ぎに来てくれえよ」 との声に
うなずいとったけぇ、出てくれるんかも?

彼の家はわが家と近いが、区域で言うたら『揚地区』じゃ。
北の神輿が修理され奉納されると聞いとるが
将来の北の神輿の担ぎ手として有望株の一人じゃ。
一人ずつでもええけぇ『北の神輿』の担ぎ手が増えて
「よ~し、今年は出そう!」 という声が上がるのを待っとるよ。

神楽ファン

広島は神楽好きな人が多いが、神楽を全然知らん人もおってじゃ。
「はぁはぁ、何となく見たことあるかも?」
こ-ゆ-人は『神楽門前湯治村』の事も知らんし、
神楽ド-ムがあることも知っとってんない。

ワシも『神楽門前湯治村』を作る時に、
工事の打ち合わせで現地に行ったのに、
その時は神楽に全然興味が無うて、ただの工事現場じゃった。

それが完成してから1~2年して、初めて訪れた。
その時は、土曜日の夜で横田神楽団がかむくら座で練習の日じゃった。
べっぴんの神楽姫に誘われて行ったんが最初じゃった。

この時は神楽姫とのデ-トで、鼻の下を長うして
彼女の車で出掛け、こんな山の中に連れてかれて
ワシは神楽姫に襲われるんじゃないかと心配したくらいじゃ(笑)。

湯治村に着いたら、駐車スペ-スもないくらい車がいっぱいで
当然、宿泊客もおるんじゃが、横田神楽団の練習を見物に来た人が主で
かむから座劇場は立ち見のお客さんでいっぱいじゃったのを覚えておる。

練習風景はジ-パンなどの私服で演じる若者たち、
(実はこの時まで神楽を演じる人は年寄りばかりと思うとった)
イケメンが多いのよ。
これなら追っかけファンがおるのも不思議じゃなかった。

練習の後は同じ演目を今度は衣装を着け、化粧し、面を被りやるのよ。
私服の時と本番の衣装を着けた時のギャップにもびっくり。
舞いが終わった時に団長が、エラモンとワルモンの違いなど
簡単な説明をしてくれんさって、神楽知識が入ると、また神楽が面白うなる。

あれから何回も神楽姫にゃあ、デ-トに誘われた。
上河内神楽団の神社の祭りにも2回行ったし、
世界大神宮の神楽祭りにも2~3回行ったし、
神楽門前湯治村のド-ムにも何回も行った。
じゃが、それ以上のことはなかったのぉ(笑)。期待しちゃあいけんか!

秋祭り保存会で神楽祭りをやる時にだけ、
ワシに近寄って来ておじさんもおってじゃ。この度も
「また写真いっぱい撮ったけぇね」 と言うて帰っちゃったが
写真が出来たら、また持ってきてんじゃあるまぁか?
ウチの事務所は神楽の写真だらけになるで。

コウモリ進入

夜、近所の通夜から帰ったら玄関の吹き抜けを何か飛んどる。
何? と見とったら、玄関から廊下を通って広縁へ、そしてまた廊下を通り
グルッと1周してまた玄関へ戻り、今度は2階の天井へ。

どうもコウモリらしい。どこから入りやがった?
ちょうどその時、息子が孫の診察の結果を報告にやってきた。

「うわっ! 何これ? コウモリ? 気持ち悪い!」
ゆんべは息子ん家に大きなクモが出現、大騒動じゃったらしい。
その時、そのクモを捕獲した虫網があるけぇと取りに帰り、
自分は気持ち悪いけぇとリビングの方へドアを閉めて逃げてしもうた。

網を渡されたワシは2階の天井にぶら下がっとるコウモリを捕獲しようと
屋根裏への階段から網を伸ばそうとしたら、サッと逃げられてしもうた。
「お父さん、こっちへ来た! あっ和室に入った!」
と女房殿と廊下、玄関ホ-ル、広縁と走りまわり
暗い床の間の壁に止まったのを確認。

電気をつけずに、そ-っと忍び足で近づき、必殺ツバメ返し!
網の中に入ったのを確認して、網から出れんようにして
息子や孫娘たちに見せてやった。

「どこどこ?」 初めて間近にみるコウモリに孫たちは興味津々、
すぐ夜空へ逃がしてやり、コウモリもどんな処遇をされるか心配じゃったろうが
無罪放免に嬉しそうに飛んで行った。
とんだコウモリ騒動じゃったで。

新たな神楽ファン

やっぱり何でも一流のものを観たり、聴いたり、味おうたりすりゃあ
誰でもその違いが理解できるんじゃろうね?

ワシの友人が整理券を片手に会場に夫婦でやってきた。
今まで神楽ゆ-たら子供の頃、神社の祭りでお囃子を聴いて
何か踊っとるわいと思う程度で、
興味がないけぇすぐ帰っとったらしいのよ。

ほいじゃけぇ今回の『神楽三舞』も暇つぶしにちょっと覗いて
すぐ帰ろうと思うとったんじゃと。

じゃが、観て、聴いてビックリ!
笛の音の美しさに、打ち鐘の小気味ええリズムに
また太鼓の迫力と恰好良さに、舞いの迫力、美しさに感動、感激。
たった1日で虜になって帰ってった。

「今まで見た神楽と全然違うのぉ・・・」と幕間に出てきては感動の言葉。
神楽門前湯治村の事も、そこにある神楽ド-ムの事も
初耳とかで全然知らんかったみたいで、ビックリしとったよ。

また二人神楽ファンが増えました。

神楽三舞 終了

前夜の商工会交流会・2次会での飲み過ぎで目覚めの悪い朝、
早朝より起こされ、やや睡眠不足の状態で7時前に公民館へ。
6時出仕組のメンバ-はバザ-のテントへテ-ブルやイスを準備しとんさった。

その横にはすでに2~30人以上の神楽ファンが並んどってんよ。
昨夜から14名が並んどっちゃったとか?
9時半開場、10時開演なのに・・・・・。

予定の9時半開場を早めにゃあいけんかいの?
と思うくらいお客さんが並んでかなり長い列が出来た。
じゃが会場の音響セッティング、照明のセッティングに
神楽団さんは『いや、予定通りの開場でいっぱい、いっぱいです』の声。

開場時間が来て、地元のお客さんを優先して10数名ずつ会場へご案内。
人数を切って入場じゃけぇ、走る必要もなさそうに見えるが、
それでも駆け足で会場内に入るお客さん。
ちいとでも、ええ場所を確保したいんかねぇ。

順調に演目をこなし、無事全演目終了。
お客さんが会場からおらんようになっちゃってから一斉に片付けじゃ。
人数がおるけぇ、早い早い! あっという間に片付けも終わった。

もうワシの腰は上演中から悲鳴を上げつつあって、
時々イスに腰掛け腰痛の軽減に努めたが
最後まで片付けに付き合うたら、一目散にチャリで自宅に戻り
約束の居酒屋に行って腹ごしらえしたら、もうダウン。

全身フ-レセラピ-して貰いたい状態じゃった。
情けないのぉ・・・たったこれくらいの事で・・・

問題が無い事もなかったが、無事『神楽三舞』終了なり。
皆様お疲れ様でした。
そして素晴らしい演舞をご披露頂いた各神楽団さま
有難うございました。

神楽

今日は本保存会発足20周年記念行事として
3神楽団を五日市公民館にお招きして
日頃地元でお世話になっとる住民の方々に感謝の気持ちを込め
また近くの神楽ファンの方々にも1日楽しんで頂くため
『神楽三舞』を開催する。

昨日、午前中は仕事、午後からはその準備をお手伝い。
床にシ-トを敷き、ブル-シ-トを拡げ、イスを並べ
天蓋用の木枠をこさえたところで、夕方から始まる商工会の
交流会に出席するため、会場を後にした。

神楽好きの人は開演前、早ようから並んで待っとってじゃ。
ホンマに神楽好きな人は何べんも確認の電話をウチへしてきてんよ。
ワシは今回は殆どお手伝いをしとらんけぇ、よう分からんのに・・・。
神楽ファンの追っかけの人らにゃ恐れ入って候。

ロカビリ-

この年になって新しい曲を覚え、演奏も練習。
この年になるまで演奏しとるグル-プの名前も知らにゃあ
曲目も知らん、すべて初耳なんよ。
先ず、曲を覚えることから始めにゃあいけん。

幸い耳にはスッと入ってくる曲なんじゃけど
まだ聴いとって心地ええだけで全然覚えとらんのよ。
1から覚えにゃあいけんのに出来るんかいの?
じゃがこれが刺激があってええんよ。

古い古い曲でまったくのロカビリ-なんじゃが
ネットで探して映像を見ると、今、ワシが見ても
『こいつら不良じゃ!』 と思うねぇ。

ワシらが中学高校の頃の事じゃ。
これを見たら『エレキギタ-なんか弾いとる奴は不良じゃ!』
と親が思うてもしょうがないと思うような映像じゃ。

同じエレキギタ-弾いとっても
ワシらが聴いとったビ-トルズやベンチャ-ズはちょっと違う。
ビ-トルズはそんな音楽に惹かれとったんかもしれんが
写真や映像で見る姿は、ワシと同じにおいのする
ワ-クブック組じゃった。

当時のロカビリ-グル-プの映像を今見て思うのは
全身マンガを入れて、リ-ジェントに皮ジャン姿でシャウトする姿に
ワシらよりちょっと先輩の人らはシビレたんじゃと思う。

じゃが不良の恰好しとるけど、演奏技術はなかなかのもんよ。
それなりに努力して世に出た人たちなんじゃろうと思うよ。

昔は耳コピだけで、すぐ弾けるようになっとったのにのぉ・・・
ま、時間のかかることじゃが、やってみるか(苦笑)。

キロロ

さっき風呂から上がってテレビをつけたらNHKで『キロロ』をやっとった。
今まで、特に興味もなかったが『キロロ』の名前も曲も聴いた事があった。
きれいな歌声しとるじゃん! ええ曲じゃん! ピアノもうまいじゃん!
今まで曲が流れとってもBGMとして耳に残っとっただけじゃが、
あらためて聴いてみると、聴き入ったし、素晴らしいと思うた。

「ほ~ら 足元を見~てごらん ・・・」
この曲が流行った頃は、よう耳にした曲じゃ。
「ほ~ら」 が 「ポ-ラ」 に聴こえ、
ポ-ラ化粧品のCMソングじゃと思うとった(笑)。

詩の内容を全然聴いてなかったんじゃね?
詩の内容もなかなかええじゃん!

そんな曲にも惹かれながら、最近ブライアン・セッツア-にも惹かれとります。
全然ジャンル違うけど、ブライアン・セッツア-知ってまだ2週間ほどです。

吉永小百合さん

吉永小百合さんが最近映画で賞を貰うたとかニュ-スで見たが
まだまだきれいなてえね?

ワシらよりだいぶ年上じゃけど、見た目、かなり年下に見える。
女優さんじゃけぇゆ-ても、みんなそれなりに年を取っとってじゃが、
この人は、まだまだきれいじゃ。すごい! と思う。

ワシらが中学生の頃にはもう銀幕のスタ-じゃったが、
この頃の吉永小百合さんには、それほど魅力を感じとらなんだ。
むしろ本間千代子さんの方がワシはタイプじゃった。
もちろん級友の中では圧倒的に吉永小百合ファンの方が多かったけどね。

ほいじゃが、年を取ってから吉永小百合さんはきれいじゃと思いだしたんよ。
女優さんは、いつまでもきれいであって欲しいが、
この人はそうゆ-努力もしとってんじゃろうが、きれいなてぇ・・・。

坂の上の雲

司馬遼太郎の『坂の上の雲』を今、3度目の読み直しをしとるのは
以前、ここにも書き込みした覚えがあるが、以前2回も読んどるのに、
『えっ?こんな事書いてあったかいの?』 と思うところが
各所にあり、筆者は一字一句を思いを込めて書いとってじゃのに、
『もったいない』 と反省しながら読んでおる。

それは筆者の思いなんか、登場人物がホンマに言うたんか
真意のほどは分からんのんじゃが、
その言葉に教えられる点が多々ある事に、今回気付いたけぇじゃ。

この本の面白さは明治の初め、世界に名乗りを上げた日本が
世界の大国に日清日露と戦い、50年も経たぬ間に
その名を世界中に知らしめたところにあるんじゃが、
目立たん所に、今の自分に教えられる事が多々含まれとるのよ。

その一つが
『舟は遠洋航海に出ると、その経験からたくさんの知恵を得るが
船底にかきがらもいっぱい付着し、その船足もうんと落ちる』
という秋山真之が正岡子規に言うた言葉じゃ。

それは
『人間も同じで経験は必要じゃが、経験によって増える知恵と
同じ分量だけのかきがらが頭に付く。
知恵だけ採ってかきがらを捨てるという事は人間にとって大切な事じゃが
老人になればなる程、これが出来ぬ』 という意味じゃと説明しとる。

今の自分にも当てはまる事で反省しながら読んでおる。

大相撲秋場所

大相撲の秋場所が始まる前から「先行販売」という形で
福岡場所のチケット申し込みのメ-ルが来た。
一般の売り出しは10月4日からじゃけぇ、かなり早い。

じゃが福岡場所は初日、中日、千秋楽前日、千秋楽を除いて
そがぁに早ようから申し込まんでも楽々取れる。

今年は10月に広島場所もあるらしく、
こないだ広電の電車に乗ったら、駅の壁にポスタ-が貼ってあった。
地方巡業は本場所と違い、力士もケガしたら本場所に影響しちゃあいけん、
本気度が違うけぇワシは見たいとは思わんのんじゃが、
それを楽しみにしとって人もおってんじゃけぇバカにしちゃあいけん。
地方巡業も相撲協会の大切な興業の一つじゃ。

将来、有望な若い力士がどんどん出てきとるねえ。
大横綱になった白鳳もうかうかしとれんで。

大相撲を見終えた頃に、息子一家の一番下の子がやってきた。
今夜はわが家でみんなで手巻き寿司をしようと決まって、
待ちきれんで誰よりも早ようわが家へやってきた。

次女も息子に連れられてやってきた。
すっごい嬉しそうな顔をしとる。
表情がしっかりしてきとるんが分かり、何よりそれが嬉しかった。

息子んとこは全員、魚大好きで、特に刺身は大好きみたいじゃ。
10才の長女は刺身の旨さが分かるらしく、末恐ろしい。

孫たちに乞われギタ-で『スズメちちち・・・』をまた披露。
長女と三女は一緒になってギタ-を奏でる。
長女の絶対音階の識別力は抜群で、どの音を聴いても当ててしまう。
小さな頃からの訓練で舌も耳も迷いはないで。

敬老の日

今日も畑に朝早ようから出た。
はぁ残った草はえっとないが、それでも汗が出る。
サンチュとサニ-レタスを花が咲くまで放っといた。
種を採るつもりじゃ。自分で苗が出来るかどうか?

プランタ-にそれを植えようと、枯れた枝から種を探すが
どれが種やら分からんくらい小さい。
メガネを持って来て見ても、よう分からん。
指先の感覚で実らしきものを採り出して
プランタ-に植えてはみたものの、はたして芽が出るかどうか?

汗かきついでに洗車をしとったら、息子んとこの孫たちが出てきた。
「どこへ行くんじゃ?」と聞いたら、長女は気まずそうに
「そこいら辺をちょっと・・・」 ほしたら3歳になったばっかしの三女が
「これを健爺さんに・・・」 と言いかけたら長女が 「シ-ッ!」

ん?何やら怪しいのぉ。
ワシは雑巾を取りに物置に行っとる隙にウチへ入ったみたいで
後から嫁が 「ささやかですが気持ちだけ」と言うてきた。
長女はサプライズプレゼントにしたかったみたいじゃ。

昨日、しまなみ海道を通って愛媛までドライブに行くとか言うとったけぇ
その土産でも持ってきたんじゃろうと、
「ちょっとどっかへ行ったけぇゆ-て、そがぁに気を遣うことは要らんで」
「いえ、そうでなくてほんの気持ちだけ・・・」

シャワ-浴びた後、「何の土産かいの?」 と聞いたら
「今日は敬老の日じゃけぇ、それでよ」
「えっ? 敬老? ワシらに?」
敬老の日のプレゼントを貰うようになったんかいの?
そ-言やぁ、昨年も同じような事を言うた気がする。

昨年も今年もそがぁな事、思いもせん事で、意外に感じたが、
これが2年3年と続くうちに、その気にさせられ、
自分の事を老人と認識するようになるんかのぉ?
これも先人がみな歩んできた道かいの? トホホ・・・

庭木の剪定もして、畑も家の周りも何となくスッキリ。
連休に車で出かけんかったんは初めてじゃないかいの?

スッキリ

今日は早めに朝食を摂り、すぐ畑に蚊取り線香ぶら下げて出勤、
一休みもせずぶっ通しで3時間の草引き業務。
草刈りじゃない根こそぎやるんじゃけぇ
表面の土も耕すようなかっこうになり
終わった後を見りゃあ、やる前のジャングルからスッキリ!

ジャングルの一部を形成しとったシソも半分以上引き抜いた。
途中、ワシが畑に出りゃあすぐ声を掛けてくる近所の親切なおばさんがやってきて
「丸本さん、シソは先を切ってやりゃあ、また新しい芽が出てくるんよ・・」
「トマトはねぇ・・・」 といつもの教え魔が始まった。

「シソは邪魔なけぇ抜いたくらいじゃけぇ・・・」 と言うて
もくもくと作業を続けるワシから拒否反応が出とったんかもしれんが
そのおばさんはそれ以上よう声を掛けてんなかった(笑)。

スッキリした畑を後に、汗と土にまみれて帰ったら娘一家が来とった。
シャワ-を浴びてから抱き上げてやったが、
退院して元気になっとったよ。じゃが元気過ぎるわ。

大きな声は入院して泣いとっても、元気でも一緒じゃ。
「やっかましい!」 とつい、こっちも大きな声を出すようになる。
二人が追いかけて来いとばかりに駆け出すんで
広縁から廊下、リビングから和室と家中を走り回り、また汗が出る。

それが終わったら「スズメちちち・・・歌うて!」 とせがむ。
唄だけ歌うてやったら、それじゃダメ! ギタ-を弾きながら歌えと催促、
しょがなしに歌うてやるとしずかに二人とも聴いとるんじゃが
終わったら「もう一回、もう一回」とアンコ-ルがしつこいんよ。

来週の彼岸にゃ、よう来んけぇ墓参りに行くと言うて
昼飯を食うて帰って行ったが、こんにら台風と一緒じゃ。

夕方、畑に水撒きに行ったが、スッキリとした畑はええね!


幹事会

今夜、幹事会があるけぇ全員出席せよとのメ-ルが入った。
わしゃあ今回も用があり欠席じゃ。
先週の総掛かり会は出たんじゃし、勘弁して貰おう。

預かっとった集会所の鍵を返しに行ったら
総務のSさんとH副会長が 『神楽三舞』 の最終的な打ち合わせか
昼時間にもかかわらずおりんさった。
テ-ブルの上には酒類は何~もなかったで(笑)。
いつも一生懸命に縁の下の力持ちをやってくれるSさんには
ホンマ、頭が下がるねぇ・・・有難うございます。

知らん人からの電話

祭りに関しての電話じゃけぇ、まぁええんじゃが
何でワシの携帯にかかって来たんじゃろう?
と不思議に思い、聞いてみたら
H・Pを見て電話しましたと言うてんよ。

H.Pにワシの携帯を載せとるペ-ジがあったかいの?
と調べてみたが、今のところよう見つけん。

その人は「五日市にそんな祭りがあったとは知らんかった
祭り当日にピザの店を出したい」との要望じゃった。
ワシの管轄外の事じゃけぇ、管轄の人を紹介した。

今日も「祭りについて教えて欲しい」と携帯に知らん人から電話があった。
ま、女の人じゃけぇ、ほいで若そうな声じゃったけぇ、ええけどね(苦笑)。
ワシの携帯番号は名刺にも載せとらんのに何で?

満月?

会社から帰宅する時も東の空に大きなおっ月さん、
思わず見とれ、ブロック塀に自転車で接触しそうになった。
まん丸じゃったでぇ、満月じゃないんかねぇ?

帰宅後、真っ暗な畑に行って水撒きをしとったら
近所の奥様が出てこられ
「お月見されましたか?」と のたもう。
「ええ月ですてぇね? さっき帰りに見ましたよ」 と言うと。

「こちらからよく見えますよ」
とシ-ニックポイントを教えてくれんさる。
どこから見ても今宵の月は見事な月じゃった。

錦織苦戦?

2セットを落とし、3セット目も5-2と苦戦?

頑張れ!

中秋の名月

一昨夜が中秋の名月じゃったんかね?
昨日の月も見事なもんじゃった。
ススキの穂も出てコオロギ、鈴虫も鳴いて
まさに秋の色が濃い涼しい夜じゃった。

ワシらの世代は

♪今は~もう秋~♪  誰も~いない海~♪

♪浴衣の君は~ススキの~かんざし~♪

の曲が浮かんできそうな季節となりました。

秋祭りもあと1か月ちょっとじゃ。
福岡は飯塚のしんちゃんから電話が入り
『神楽三舞』 には行こうと思うとの事じゃった。

総掛かり会

先週の土曜日は総掛かり会じゃった。
ワシも久し振りに出席させて貰うた。

「久し振りに顔を見るようじゃのぉ・・・」
そんな声が多かったが、先月の幹事会に出とらんし
事務所が現在のところに引っ越して、もう5年になるけぇ
町内会の人は「最近見んよね」という人も多かった。

この席で最近親戚になった人からの挨拶を受けた。
町内会長の一人のYさんの奥さんがワシの席に来られ
「あのぉ・・・○子の母です。この度は縁あって・・・」
一瞬ためろうたが、すぐ理解できた。

甥っ子の嫁に来てくれた○ちゃんのお母さんじゃ!
○ちゃんも盆過ぎに甥っ子と一緒に来て初めて会うたばかりじゃ。
ご近所に住みながらワシは初めて見る二人じゃった。

ご近所に縁があったもんよのぉ・・・
ま、幼馴染なんじゃけぇ当たり前じゃああるんじゃがね。
前の事務所のすぐ近くじゃけぇ、顔を見たことがあってもえげなもんじゃが・・・。

丁寧に挨拶されるお母さん見て、
しっかり者の○ちゃんはこの人に育てられたんじゃと
納得するする程のお人柄と見た。
お母さんは子供会役員として同席しとったウチの嫁にも挨拶され
嫁も「Y君のお嫁さんのお母さん?!」とビックリしとった。

中締めとなって1階に下りた2次会でその日息子が釣ってきたハマチを
ブロックのまま冷蔵庫に入れとったんじゃが、
これをSさんが刺身にして皿に出してくれとった。

ワシが話に夢中でそれに手をつけとらなんだらSさんが
「丸本さん、この魚めちゃ美味しいけぇ食べてみて」と言われ
口にしたら、これがビックリするほど旨かった。

時期もえかったんじゃろうが、釣った後の締め方、さばき方、
刺身の切り方の調和が取れ、ええ状態で出てきたんじゃね。
この片身のブロックを夕方集会所へ持って行った時、
「今、刺身にしときましょう」と言われたが
「いや、刺身は食べる直前に切るもんじゃ」 と言うてえかった。

これほど旨いハマチは過去に食べたことがなかった。
すでに酔うとったが、それでもそれが分かるほど最高じゃった。

翌朝、息子がやってきて
「ハマチ食べた?」と聞くんで
「ウチに貰うた分はゆんべ食べられんかったんじゃが
ゆんべ集会所で食べたが最高じゃった! すごい美味しいハマチじゃった」
と絶賛したら、息子も「そうじゃろ?今までで一番じゃろ?」
と興奮した口ぶりで、それを言いに来たみたいじゃった。



湯の山、湯来ともにコンサ-ト

千代田から261号線を通って、飯室から191号線を通って
湯来に向かう途中、Nさんから電話が入った。
ブル-トゥ-ス機能が車に付いとるんで
イヤホンせんでも運転しながら電話で話ができる。
便利じゃてぇのぉ・・・。

エアコンも助手席と運転手席で温度が変えられる。
ほいで後部座席にもエアコンがあんよ。
こんな機能、頼んだ覚えはないのに・・・


どうも2連梯子を貸して欲しいと言うとんさるんじゃが
山の中じゃし、民家もないところを走っとるけぇ
話がとぎれとぎれで、とうとう切れてしもうた。

昼食を予定しとった和風レストランの前に着いて
そこから電話したら、神楽三舞の時の話じゃった。

レストランは今日は貸切じゃったみたいで
しょうがなしに、湯来まで走り
湯来ロッジで食べようとも考えたが、
湯来ロッジはコンサ-トで人が多かろうと推測、
その手前の湯の山で食べようと行ったら、
駐車場は満杯、第2駐車場もけっこう車が入っとる。

「こがぁに湯の山も人が多いんかいの?」と言いながら
入館したら、たしかに中のプ-ルは家族連れでいっぱいじゃ。
ワシらはメシを食いに寄っただけじゃけぇと3階に上がったら
ここでもプチコンサ-トみたいなんをやっとった。

メシを食いながら演奏を聴いたが、なかなかのもんじゃ。
これくらい上手でも、上手なだけじゃ売れんのんよね?
どんな楽器でも上手な演奏家はごまんとおるけぇね。

まだまだ聴きたかったが、次のコンサ-ト会場へと急ぎ、
湯の山を後にした。

灘のけんか祭り

灘の喧嘩祭りは10月の14、15日じゃ。
五日市と同じように3基の神輿がぶつけ合うみたいじゃが
神輿の他に屋台も出てすごい賑わいみたいじゃねぇ。

屋台は五日市でいう屋根のある俵みこしみたいじゃが大きい。
神輿にも屋台にも人が何人か乗っとるけぇ相当重いと思う。
どちらにも台座みたいなんがあって、
屋台には車輪がついて引っ張るみたいじゃが、神輿は担ぐようじゃ。

禊ぎの儀式で海までの行き来の際には台座の脚に車輪を付けて引く。
縦棒しかないけぇ、縦棒と縦棒の間に梯子のように何本か担ぎ棒を入れ
担ぎ手がようけ入れるようにしてあるみたいじゃ。

いっぺんチャンスがありゃあ行ってみたいもんじゃ。

徳島の阿波踊り

徳島の阿波踊りもいっぺん体験してみたい祭りの一つじゃね。
毎年、お盆の時期に開催されとるよね?
参加したいんじゃが個人的に行くとしたら見るだけ?

毎年、日本フルハップで連を作り踊り手を募集しとる。
これに参加しようか、すまいか、毎年悩む。
参加するのは参加料さえ払やぁ簡単に参加できるし、
簡単な作法を教えて貰えて踊りに加わる事ができるらしい。

じゃが、いつも悩むんが、暑さと渋滞じゃ。
両方ともワシの苦手な分野でござる。

お揃いの浴衣を貸して貰うて踊っても、絶対汗びっしょりで
踊るとなると、何でも一生懸になるワシのこと
水をかぶったような姿になるのは間違いない。
何枚も着替え用の浴衣がありゃあええんじゃが、
たぶん誰もが汗びっしょりになるんじゃろうが
ワシの汗のかき方はハンパじゃない。

それと交通手段をマイカ-にすると、絶対に渋滞に巻き込まれる。
どうせ行くんなら道中の景色も楽しんで行きたいてえね?

阿波踊りも、男踊りと女踊りがあるのは『風の盆』と一緒じゃ。
『風の盆』は圧倒的に女踊りがええが、
阿波踊りは男踊りも好きじゃし、女踊りもええ。

『風の盆』と『阿波踊り』の女踊りに共通しとるんが
編み笠と浴衣っちゅう姿じゃ。
この姿がええてえね!

少々ポッチャリ型でも細う見えるし、少々不細工なお方でも
編み笠で殆ど顔は隠れとるけぇ覗き込まにゃあ分からん(笑)。
おんな踊りのあの仕草・・・    日本の女を感じれる。

三原のやっさ踊りも阿波踊りに似とるよねぇ?
あのステップが結構、簡単そうで難しいのよ。

ほいじゃが、いつか阿波踊りの輪に入って踊ってみたいね!
『泡踊り』 となるとちょっと意味が違うてくるし、
場所も薬研堀辺りになってくるん?

岸和田のだんじり

今年の岸和田のだんじり祭りは、来週末じゃね?
来週の土曜日は予定が入っとるんで行かれんのぉ・・・
と思いながらも近辺の宿をネット検索する自分がおる。

行ってみたい『日本の祭り』の一つじゃ。
『やりまわし』 がやっぱし人気があるみたいで
大勢の見物人がそこは陣取るみたいじゃ。
一番前で観たらやっぱし迫力あるじゃろうね?

威勢のええ祭りでは他に『灘のけんか祭り』や
毎年、Iさんが担ぎに帰る四国は西条の祭りも見てみたいが
これらは日程的に無理なところがあるんよのぉ・・・

観る方は楽じゃが、やる方は準備から片付けまで大変なよね?
規模が大きゅうなりゃあなる程、それは大がかりになるが、
ある程度大きゅうなったら自治体の協力も積極的になってくるんで
各責任者も責任分担を分けりゃあ、個々の負担は少のうて済む。

ほいじゃが規模の大小にかかわらず、中心になって動いてくれる人は
その負担がハンパじゃない。感謝しとります。

風の盆

今夜は『風の盆』2日目じゃったね。
一昨年、この祭りを観に行ったが、あれからもう夏が2回過ぎた。
あの時も京都から金沢に向かう特急『サンダ-バ-ド』の車窓から
琵琶湖の北に広がる田は黄金色に光っとった。
すでに刈入れの終わった田もちらほら見えた。

越中おわら風の盆歌
威勢のええ祭りもええが、しっとりと女性的なこの祭りも大好きじゃ。

この祭りを初めて知ったのはある映画の1シ-ンじゃった。
そ映画の主人公そのまんまの二人で隣県まで出向いての映画鑑賞じゃった。
この時の『風の盆歌』をいつか二人で訪れてみたいと感じた。

それは叶わぬ夢と相成ったが、この祭りへの郷愁に似た気持ちは
ずっと持ち続け、絶対一度訪ねてみたいと心に留めてあった。

一人で金沢駅からバスに乗って、かの地を訪れた。
このバスの手配は加賀に住む友人がやってくれた。
夏の終わりを町内会ごとに浴衣で踊り歩く、風情ある踊りは
胡弓と三味の音色は、ほいで哀愁ある歌声は、
たちまちワシを魅了した。

この祭りは一人で観るよりカップルで観た方がええ。
次は女房殿と訪れてみたいと思うちょる。

コメント削除

しょうもないコメントが入っとったんで削除した。
時々、メ-ルにも『こんなメ-ルに惑わされる人がおるんか?』
という様な子供だましのような内容のメ-ルが来るてえね?

そんな不特定多数にパソコンから送られるメ-ルは
受信拒否しとって人が多い、ウチもフィルタ-を通すようにしとる。

じゃが送る側もあの手この手を考えてくるてえね?
悪意に満ちたこれらのメ-ルや詐欺の電話など
決して許してはならん!

誰にも思い込み、勘違い、錯覚はある。
この悪意のない認識違いにつけ込んだ、悪意のあるメ-ルた電話、
『ワシは絶対そんな事に騙さりゃあせん!』
そう自信を持っとる人も、巧みな戦略に引っかかる事もあるんじゃて。

「そんなん警戒心が無さすぎるのよ」 とか
「心に隙があるのよ」 とか思うとる人も用心しつかいよ。

オレオレ詐欺なんかも『自分の身内の声ぐらい判るわいの』
そう思うじゃろ? ワシもそう思うとるけどね
前述したかもしれんが、同じ祭り関係の人から電話があって
IDさんとI Iさん、両方とも携帯に登録しとるんじゃが
最初のI が同じ字なもんじゃけぇ、しっかり見ずに
IDさんをI Iさんと勘違いして(I Iさんから電話が掛ってくる環境にあった)
しばらくI Iさんからの電話じゃと思い込んで電話しとった。

じゃが長う話をしとる内に話がかみ合わん事に気付いた。
ほいじゃけぇ、そんな電話がかかったら、相手にせんか
聞くんじゃったら、長話をした方がええよ。
長話する内に勘違い、思い込みから解放される。

ライブ終了

ようけ来て貰えそうな雰囲気じゃったが、どんだけ来て貰えるんか
蓋を開けてみるまでは心配じゃったが、入りきれんほどの人に感謝。

しがないおやじバンドの演奏にみんなノッテ踊ってくれ
帰りには『楽しかったよ』と言うてくれんさった。有難かったねえ。
中には災害ボランティアを終えて疲れとるのに駆けつけてくれた人も
何人かおっちゃって、頭が下がる思いでいっぱいじゃった。

ほいじゃけぇ下手は下手なりに一生懸命演奏して応えにゃあと
そんな気分にワシらもさせられたね。
ワシらもみんな楽しんで演奏出来たし、楽器を片付けて店に戻り、
まだ残っってくれとってお客さんらと談笑しながらの
ビ-ルは格別なものがありました。

店側からは熱心に次のステ-ジのオファ-をいただき
今回のステ-ジはみなさんのお蔭で大成功じゃったと感謝する次第です。
じゃが、やっぱ年のせいか疲れたよ~!
最新記事
最新コメント
プロフィール

秋祭り保存会

Author:秋祭り保存会
五日市西地区秋祭り保存会のブログです。

リンク
参加中!
広島ブログ
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる