FC2ブログ

ここでも祭り談議

ゆんべはサラリ-マン時代のOB会で楽しませて貰うた。
若い女性陣数名は名前も顔も分からん。
女性陣の幹事は女性にやって貰うたけぇでもあるが
その女性幹事が知らん人もやってきた。

このOB会の存在を誰からか聞いて参加したみたいじゃが
年齢差も年長者と年少者じゃあ40歳も違うんじゃけぇ。
三分の二が女性で残りが男性という両手に花状態よ。

飲む内に当時の専務がワシに
『ところで五日市の祭りはどうなん?』
と聞いてきた事から、五日市の祭りの話になった。
周りの者は五日市の祭りを知らんもんじゃけぇ
矢継ぎ早に質問が飛んで来て、しばらく祭り談議が続いた。

3次会で行った店に偶然、先客としてその専務がおられ
ここでも再び祭り談議が始まった。
ほいでここのママがけっこう積極的に商店街の活動や
商工会の活動をしとりんさるのを知り、
「ほいじゃあ、ちいと力を貸しんさいや!」 と
ママさんまで巻き込んでの祭り談議になり、
ワシは喋りすぎて喉が渇いたけえ、次の店に・・・

おかげで今日はお腹の調子が悪いのよ・・・

スポンサーサイト



各地区平等に

先週の土曜日は東地区の居酒屋で・・・

ゆんべは西地区の居酒屋で・・・

そして今夜は北地区の居酒屋で・・・

意識した訳じゃないが、偶然、各地区平等になった。


今夜は男性7名に対して、女性13名の両手に花状態。

神輿を担ぐ前の武者震いみたいなもんを感じるのぉ・・・(笑)

シニアクラブ

昨日の夕方、集会所へトイレの増設プランで行っとったら
Yさんがやって来たんで
「何か今日あるんですか?」 と聞いたら
「シニアクラブの会合」 との事じゃ。

次いでTさん兄、Nさん、Tさんと次々とシニアクラブメンバ-が・・・
その全員と顔見知りじゃと後で気が付いた。
「ありゃあ!こんにちは」「久し振り!」
みなさんと挨拶を交わす内に
「丸本さん、あんたもシニアクラブへ入りんさいや!」
「ほうよ、ほうよ! あんたは入らにゃあいけんわいや」

「いんやのぉ! ワシはまだまだ年が足りませんけぇ」
「なぁに、充分よ。ええけぇ入りんさい」
「上がりんさい」

ようけ誘うて貰うたが、固くお断りした。

そう言やぁ

肘を痛めてからずっと太鼓部の練習に出とらん。
休んで1年経った頃でも、まだ痛かった肘が
さっき気付いたんじゃが、そう言やぁ全然痛まん、
完全に治ったんかの? と今、書き込みしながら
痛かった肘を強う押さえたら、やっぱしちいと痛い。

完璧に肘の事は忘れとった。
忘れとる位、何もせなんだら痛みは無い状態まで治ったっちゅう事じゃ。
他にも痛いところはあちこちあるが、これらと闘いながら
これからの人生、歩んで行かにゃあいけんのんじゃろうの?

自分でこがぁな事をしたら体に良うないとかが分かりだした。
そ-ゆ-お年頃なんじゃろうの?
いたわりながら上手に付き合うて行かにゃあいけんで。

今も、ちょっと先も、うんと先も

目の前の忙しさに目を奪われがちじゃが、
ちょっと先の事も考えながら行動せにゃならん。
これは仕事でも家庭でも趣味の世界でも一緒じゃ。

じゃが、ある大きな目的を実現しようと思うたら
一朝一夕にはいかんけぇ、かなり先を見据えて行動せにゃならん。
何をするにしても時間と資金が必要じゃ。
『0』からのスタ-トじゃったら資金はどうする?
誰か立て替えてくれる人がおりゃあええが、
おらだったら借金か寄付を募るかしかない。

西地区秋祭り保存会も集会所からの借金からスタ-トした。
俵を担ごうにも法被すら無かったんじゃけぇのぉ・・・
仕事もそうじゃ、大きな成果をあげようと思うたら準備資金が必要じゃし
準備期間も必要じゃ。 
家庭でも何か目的を達成しようと思うたら、資金も時間も必要じゃ。
じゃが一番大事なのは気持ちじゃ、志じゃ。

仲間入り

祭りでも踊りでもバンドでも大勢の見物人に支持されるのを目の当たりにすると
自分でもやってみたいと思う人が出てくるんよのぉ。
五日市の秋祭りも、もっと沿道に人を集めにゃならん。
そうする事によって観衆の中から仲間入りを希望する若い人が出てくるかも?

ワシらのバンドも自分らでは演奏が上手になったとか思わんが
長うやる内に、徐々にレベルアップは知らず知らずしとるんじゃろうね?
ほいであちこちから声がかかるようになってくると
メンバ-入りを希望する人も出てくるようじゃ。

ある友人を介してワシに電話が入った。
『メンバ-に入れて欲しいんじゃけど言いにくいらしい』 と
彼はここんとこ3回くらい連続してワシらのステ-ジを聴きに来とった。
「へぇ~! そうなん? みんなにも言うてみるわい」

祭りでも沿道の観衆が増えてくると、中にはそ-ゆ-人も出てくると思う。
今年は前宣伝に重点を置こうかね? 
町内会、市の広報、ポスタ-など早めのPRを心がけにゃあ・・・
わが保存会の広報部にもお願いして・・・。

プチ同窓会

昨夜は中学の時の同級生8名でプチ同窓会じゃ。
遠くは茨城や東広島からも参加者が・・・
もっとも茨城から帰広した旧友を囲んでやったんじゃがね。

東広島から参加の元広大副学長は、長い間五日市に帰っとらんので
早めに五日市へ来て、あちこち歩いて回ったらしい。
親も一緒に東広島に引っ越したんで、五日市へ来る理由がない。
当然、彼も昔の五日市の喧嘩神輿は知っとるんで
そ-ゆ-話題も、昔の懐かしい話題もいっぱい出た。

最初から最後までハイテンションの8名。
最初から最後まで爆笑の8名。
ほっぺたが筋肉痛になりそうじゃ(笑)。

当時住んどった地域別に分けると
東3名、西3名、北2名、とやっぱし北が少ない。
「今年の祭りにゃあ皆んな出てくれえよ」
酒の勢いもあってか
「当然よ! わしゃあ出るで!」 

祭りの前に、もういっぺんこのメンバ-と飲まにゃあいけん。

奥出雲町

今朝の日経に奥出雲町の神楽の記事が載っとった。
奥出雲町はわが家のお気に入りで、再々訪問する。
蕎麦を食いに行くんが主な目的なんじゃけど
四季折々の景色もまたええのよ。

この地方の海潮温泉に1泊してゆっくりした時、
途中車から神楽舞台が見えたんで宿の女将に聞いたら
「今夜、神楽があるんですよ」 
というんで食事を済ませ行ってみた。

広島の神楽とは全然違い、儀式めいた感じじゃったと記憶しとるが
新聞には『八岐大蛇』の練習風景が書かれ
『鳥肌が立つほどの迫力』 と書いてある。
ワシが見たのはそんな迫力は全然感じなんだんじゃが
翌日、近くの神社にふらりと寄ったら、
スサノオノミコトが降りてきた神社というような説明書きがあった。

何にしても、この地方には八岐大蛇の伝説があり
スサノオノミコトや稲田姫にゆかりのある所があちこちあるみたいじゃ。
次は早よう出て、ゆっくり奥出雲町を訪ねてみよう。

人が倒れとる・・・

19日(火)の昼過ぎにコイン通りを車で通りかかったら
ファミマの横に男の人が倒れ、警察官がしゃがんどった。
このマンション、今、外装工事なんか足場をやっとるけぇ
職人さんの転落事故? と思いながら、そのまま通り過ぎた。

気になってTっちゃんにメ-ルしたが
職人さんの転落じゃあなさそうなが、詳細は分からんとの事。
その内、救急車のサイレンが聞こえたんで
『あ~、運ばれんさったんじゃ』 と安心して、そのまま今日まで忘れとった。

昨日の夕方、秋祭り保存会発足当初に全面的に支援いただいたKさんから電話があり
住宅のリフォ-ムをせにゃあいけんかもしれんけぇ見に来てと言われ
今朝、お宅に伺い、介護保険を使うた住宅改修工事という前提で話をしとったら
どうもお父さんが足が不自由になられたみたいで、どんな様子なんか聞いとったら
あの日倒れとっちゃったのはKさんの義父じゃったみたいで
散髪の帰りに階段から足を踏み外して転倒、頸椎の損傷があり
歩行が困難になったとの事じゃ。

「え~っ! あの時倒れとっちゃったんがそ-なん?」
「え~っ!丸本さん知ってたの?」
「車で通りがかったけぇ、信号で停止しとる間しか見てないけど・・・」

頭から血を流しとってみたいとの事で心配しとったが・・・
死亡事故なんかにならんでえかったでぇ。
ちょっとした事で大きな事故につながるけぇね! みんな用心しましょうで。

縦棒

さくらパレ-ドの際、実に47年振りに北の神輿の勇姿を見たが
昨年、境内に飾った時には気付かなんだ縦棒が東や西に比べ
先が細うなっとったし、縦割れのヒビも大きかった。

東も北も西も横棒は新調した物もあるが、縦棒は昔のままじゃ。
この縦棒も神輿本体と一緒で弘化3年製なんじゃろうか?
何で北の神輿の縦棒が東や西の神輿に比べ、先が細いんじゃろう?
この質問にある長老は答えた。

「引こじって下がったけぇよ」
なるほど!そ-ゆ-訳? 
引こじって下側に傷がついたんで、カンナを何度も掛ける内に細うなったという。

北の長老たちは言う
「神輿をめぇだんは東や西じゃけぇ、東や西に直して貰やぁええ」と
これは北の神輿を修繕する前の、北の長老たちの言葉じゃった。

秋祭りで神輿同士で喧嘩した時、いつも北が弱かった。
それは北が喧嘩に弱かったんじゃのうて、人数が少なかったけぇじゃとワシは思う。
昔の五日市は、今でこそ北地区は家も事業所も多いが
昔は殆ど田んぼで家は少なかった。当然住民も少なかった。
戦っちゅうんは多勢に無勢、桶狭間の戦いや日露戦争など特殊な例を除いて
人数や物量がものを言う。人数が少ない方が不利なんは仕方ない。

北の縦棒は、その先細りも気になるが、縦割れのヒビが気になる。
しっかり花が集まり、東も西も北も余裕が出来たら
一緒に縦棒も替える必要があるんかもしれんが、
もし弘化3年から続いとる縦棒なら、残したいよのぉ・・・。

健康診断

今日は会社から行く健康診断の日じゃ。
ゆんべは夜9時以降は食べない飲まない、早寝早起き。
ま、飲まない以外はいつもと一緒なんじゃけど、
ゆんべから今朝にかけて、ものすごい健康的な生活をしたような気分じゃ。

今回は体重が2~3kg増えとるんが気になる。
さくらパレ-ド前に腰痛に悩まされとる時に、ひょっとしたら内蔵?
と思うて毒多Kの診察を受けた際、
「脂肪肝はあるけどね・・・」 と言われたもんのぉ・・・。

結局、この時は腎臓結石、尿管結石とかを丁寧に調べて貰うたんじゃが
検査結果は「脂肪肝以外特に何もない」じゃった。
この後、整形外科に行って、一日でほぼ治った腰痛じゃった。
「無理しんさんな、若うないんじゃけぇ。疲れが残っとるんよ」
整形外科の先生に言われた通り、あれから出来るだけ休ませるようにしとる。

本日の健康診断、待ち時間が多いがしょうがない。
これが終わる午後から活動開始じゃ。

ぼちぼち

さくらパレ-ドが終わり、ライブイベントもこなし、
待たせとったOB会、同窓会などの準備に取り掛かったが、
OB会はすべて準備完了、同窓会の方も第1回目の各クラス担当幹事会を終えた。

現在、各クラス男女1名ずつの幹事が7年前の名簿を元に
住所変更、連絡先の変更など確認中で、分かれば携帯、アドレスの確認もお願いしとる。
これらが出揃う今月末には2回目の幹事会を開催予定で順調に進んどる。
また『〇〇を囲む会』も急きょ人を集め、今度の土曜日に開催する。

やっぱし、こ-ゆ-集まりは割と準備はスム-ズに進むが
北の大祭に向けての神輿の問題は、これに説得という大きな難題が絡む。
祭りの活動をさくらパレ-ド以降、休憩しとったが
もう活動再開せにゃあいけまぁのぉ・・・。声を掛けてみようかの?

旅行

先週の金曜日の夕方、Jちゃんから久し振りに携帯に電話があった。
「今、どこ? 事務所? ほいなら今、わたし図書館じゃけぇ、今から寄ります」

何事かいの、と思うたら秋の旅行のための本を貸してくれるという。
その本を図書館で借りたんで、期日までに返しといてとの事で
わざわざ事務所まで持って来てくれた。

まぁ、申し訳ないのぉ・・・
どこで旅行の話が出たんか聞いたら
ちょっと前におばちゃんたち4人で食事に行ったらしい。
そこでその話が出たんじゃそうなが、それでわざわざ?・・・

好意を無駄にしちゃあいけんけぇ、ちょいとペ-ジを開いた。
筆者は聞いたことのある女性の人で、やっぱし女性が選ぶ本じゃね。
男性とは観点が違うねえ。こんなのも読んでみるのもおもしろい。

三社祭りも葵祭りも

東京三社祭も京都の葵祭りも見たことないが、今日で終わり?
三社祭りの神輿は1tもあるらしいが、そがぁに見えんよね?
早朝より宮出しに、もうみんな熱うなっとんさったようじゃ。

あれだけようけ担ぎ手がおっても。ええがに上下に揺れてきれいに担いどった。
五日市の神輿も担ぎ手がそこら辺を理解して、もうちいときれいに担ぎたいね。
今後の課題じゃと思おうが、やっぱしこれも経験じゃろうね、
今回のさくらパレ-ドに出た3基の神輿の中じゃあ
やっぱし西が一番上手に担いどったと思う。

腕で揺すったんじゃあ神輿が踊るんよのぉ・・・
やっぱし肩を入れて膝でリズム良う掛け声に合わせて・・・
何年もかかるかもしれんが、体で覚えて次に引き継いでほしいね。

元来お祭り騒ぎが好き?

どこの国にも、どの地方にも祭りはあるてえね?
祭りの好きな人が多いっちゅう事じゃろうじゃない。
日本では踊りであったり、舞いであったり、神輿であったり、山車であったり
祭りと名前のつくイベントも年から年中どこかでやっとるよね?

じゃが、中にはそんな騒ぎの嫌いな人もおってんよね?
『何で?楽しいじゃん』 とか言うても乗って来んのんよ。
世の中、広いけぇね。静かなんを好む人も多いのよ。

祭りは楽しいけぇ、誘うたげりゃあ喜ばれるじゃの思うて誘やぁ
迷惑がられたりしてから・・・エッ? 迷惑じゃったん? みたいな・・・。
世の中、辛い事の方が多いんじゃけぇ、
祭りの時くらい見て、参加して、楽しめば、と思うんじゃけどね。

どう? あんたも参加してみんね?
見に来てみんね?

外食費

しかし、次から次へと飲み会が入ってくる。
これを家で食べとったら、どんだけ節約になるんじゃろう?
ま、誘うて貰える内が華、とせっせと付き合うとります。

じゃが女房殿に言わせると
「誘われた、誘われた」と言うけど、自分が誘うのが多いんじゃない?
多いことはないが、まんざら外れでもない(苦笑)。

元来、酒には弱いんで酒量はえっとじゃない。
日本人は西洋人に比べたら酒量がかなり少ないらしい。
その日本人の中でも弱い方じゃけぇ量的にはしれとるじゃろうね。

居酒屋さんも新しい店が出来ては消えて行く。
長うやっとってとこは、それなりに美味しいんじゃろうし
値段も手ごろなんじゃろうし、接客もええんじゃろうね?

ワシが幹事する時は、先ず祭りでお世話になっとる店を優先し
その時の予算で、美味しく接客のええ店を選ぶようにする。
じゃが遠くから来る者がおる時は、駅周辺になってしまう。
駅周辺は東地区の縄張りになるけぇ、花を貰えんのよのぉ・・・。

秋の大祭に向けて

秋の大祭に向けて北の神輿はまだまだ課題満載じゃ。
各地区の俵の行程との調整が難航するのは必至じゃけぇじゃ。

西も東も 『俵を担いだ上に神輿も?』 との反発は大きかった。
じゃが、それは幹事の努力、やる気で乗り切った。
北は俵が皆賀、揚上、揚下と3団体あるため調整が難しい。
それぞれ俵の行程が違うけぇじゃ。

俵があっての神輿じゃけぇ、俵抜きでは当然考えられん。
ここの調整が大きな課題で、当然どこの地区も東や西と同様に
『俵だけでも大変じゃのに、神輿なんて考えられん』が根底にある。
その上に昨年まで続いてきた俵の行程を変更するじゃの
更に担ぎ手に負担を強いることになる。
これが皆賀、揚上、揚下の役員さんが心を痛める要因となっとる。

どうする? 北の幹部連中。
会長はやる気満々なんじゃけぇ、後は他の幹部のやる気しかないで。
幹部連中の説得、ほいで幹部連中から担ぎ手への説得、
北の法被を支えてくれた事業主たちは期待しとると思うよ。
幹部連中が熱うなってくれたら、その熱意は担ぎ手にも伝わると信じとるよ。

長老たちの話

昔の五日市の話を聞くのは嫌いじゃない。
以前は祭りの集まりがあった集会所で長老連中に付き合い
遅うまで集会所におったもんじゃ。

それは昔話を聞きたい、人のつながりを知りたい、という気持ちがあった。
ワシらが知っとる以前の五日市はどうじゃったんか、
昔の五日市の祭りはどうじゃったんか、長老によう聞いたもんじゃ。

長老たちにとっても、家では話を聞いて貰えん、粗末に扱われる。
それが集会所では一緒に飲みながら話を聞いてくれる者がおる。
お互い求め合うものがそこにあったんじゃろうね。

長老たちの話も一人の話を聞いとったんじゃあ、その人の思い違いもある。
いろんな人の話を聞くうちに、自分の中で整理して
自分の生まれる前の五日市について、およそ知ることが出来た。
そこに新しい長老が仲間入りしてくると、また違う一面を知る事ができる。

それを重ねる内にワシらも何十年か先にゃあ長老の仲間入りしとるんじゃろうね?
そして、家では誰も聞いてくれん話を集会所でしゃべる時が来るんかのぉ・・・?
そ-ゆ-コミュニケ-ションの場が、他のみんなにあるんじゃろうか?
ワシら祭りに関わっとる者の特権かもしれんのぉ・・・
地域の事を何も知らずに年老いてゆく人が多いんかもしれん。

えかったのぉ・・・ワシら祭りに縁があって。

こんなもんじゃなかったのに・・・

昔はこれくらいの事で痙攣が来たり、腰を痛めたりする事はなかったのに・・・
ふだんから体力作りしとらんけぇ、ちょっと遊んだだけで体が悲鳴を上げる。
情けないのぉ・・・。

ま、暑さは体力を奪うけぇね、それもあるんじゃろうが
昨日のBBQは疲れた。ホンマ疲れた。
ギタ-もあんまし長う弾いとったら指が攣りだすんよ。
練習不足なんかもしれんのぉ・・・。

姫路城では小さな石の上に2時間ちょっと座っとっただけで
腰が伸びんようになってしまうし、時々ケアせにゃあいけんのじゃろうね?
ワシら知恵を出すより、汗を出す方が性に合うタイプじゃけぇ
ふだんから汗を出しとかんと、こうなる。

やっぱり人間は楽をしちゃあいけんようになっとるみたいじゃ。
ついつい周りが「そがぁな事せんでもええ」とか
「あれをしちゃあいけん、これをしちゃあいけん」と言うもんで
その言葉に甘える場面が増えてきたように思う。
やっぱし自ら動かにゃあいけんばい。

ちょっとちょっと下の子が膝に乗るならええが・・・
この後、下の子も反対の膝に乗って来て30分。
正座しとるよりきつかったでぇ。IMG_6172_1.jpg

クタクタ

今朝は早朝よりBBQの準備に行くために家の事を済ませとかにゃね。
畑に水を遣ろうと畑に行ったら、隣のおばさんが
「今日は体調が悪いんで一斉清掃休ませて貰います」

何でワシに言うの? ワシは班長でも町内会長でもないよ。
「そうなん? ワシは今日用事があるけえ昨日済ませたよ。
別に今日せんでも体調のええ時にしたらええんじゃないん?」

だいたいこのオバサン横着じゃけえ好きじゃないのよ。
畑仕事しとるワシに
「これ奥さんに渡しといて」 とか
以前から再々言いんさるんで
「ワシ畑仕事に来たんじゃけぇ、手はどろんこじゃし
預かっても置いとくとこもない。横着せずに持って行きんさいや」

1ぺんや2へんは笑顔で聞いてあげるんじゃが、
図に乗って3べん目を言われた時に丁寧に言うたげた。
あれ以来言うちゃあないが、だいたいが横着なおなごじゃ。

持っていくものをすべて準備して駅前の肉屋さんへ
注文しとった肉を取りに行った時にTっちゃんに会うた。
「食べ過ぎないように」 と注意されたが
ワシの口に入った肉は1切れだけ。

ワシに付き合うて来てくれた人にビ-ル持って行ってお話し、
ここ最近、急接近のお姉さまも、こ-ゆ-人の多いとこ嫌いなクセに
来てくれんさったんでお話しに行ったり、
久しぶりに会うた人のところにも話をしに行ったりしとったら
食べるものは殆ど口に入らんかったね。

ほいでも演奏したり、楽しくおしゃべりしたりと日差しの強い中
過ごした一日、終わって帰ったらクタクタじゃったね。
秋の大祭で打ち上げが終わった時のような開放感に浸れた。

BBQ

今度の日曜日はわがおやじバンドでやる毎年恒例の春のBBQ大会。
最初は同級生を集めてのおやじバンドの発表会みたいなもんじゃったが
今は、いろんな世代の仲間が集まり恒例行事となってしもうた。
ま、ワシらのバンドのお祭りみたいなもんじゃ。

メンバ-で手分けして買い出しも準備、観客席にはテントも張る。
5月の日差しは強いけぇね、お年頃の女性には紫外線は大敵じゃ。

他のバンドも来てくれたり、けっこう賑やかにやるもんで
広い農園でやるとは言うても薬師が丘団地の中の事、
騒音じゃと通報され、毎年パトカ-もやってくる。
今年もたぶん来るじゃろうね(笑)。

それぞれハンドルキ-パ-がおるけぇ飲酒運転はないが
天気だけが心配じゃ。後はワシの腰。
準備に大変な戦力となるだけに心配じゃ。

姫路

姫路城見物に思いつきで行って来た。
姫路城が世界遺産でもあるけぇか道路の標識もアルファベットだけの標識も多い。
またアメリカ並みに広い道路でも一方通行の道路が増えとったねぇ。
いつから? 改修前に訪ねた時は気が付かんかったけど・・・。
広島の中央通り程度の広さでも一方通行じゃけぇ。

姫路といえば『灘の喧嘩祭り』でも有名なよね?

神輿を3体ぶつけ合う勇壮な祭りじゃ。
槍のような長い棒を持った男衆が神輿の周りにようけおるんよね?
この祭りもいっぺん見に行ってみたいが確か秋まつりじゃったような気がする。

どこの駐車場も満車じゃった。
IMG_6135_1.jpg

いよいよ解体、ナフコ

ウチの子供たちには小さい頃から馴染んだナフコの解体がいよいよ始まった。
最初は『ファミリ-中央』というス-パ-じゃったがナフコに替わって長い。
日曜大工しとって、ちょっと材料や工具が欲しい時に歩いて行けた。
便利じゃったが建物の老朽化に加え、売上が採算取れんかったんじゃろう。

かなり前から『もうやめるらしい』という話は、ここに勤務する人から聞いとった。
廿日市大橋のたもとに大型店『ナフコ21スタイル』の店も出来たし
広い駐車スペ-スも最近の量販店には必要なんじゃろうね?

内部のアスベスト除去工事が終わり、駐車場のところに大きな袋に入れて
何個も置いてあった。まるで福島の汚染物質を入れた袋のように見えた。
すでにその袋も搬出され、2階から解体工事が進んどる。

見慣れた五日市の景色がまた一つ消えるねぇ
IMG_6113_1_1.jpg

OB会

同期会と同時にサラリ-マン時代のOB会の活動も開始。
秋祭り保存会と同様に一斉メ-ルで連絡した方が楽なんで
みんなにメアドを連絡してくれるように頼んだ。
最初にこれやっとったら、後が楽じゃけぇね。

ワシはその会社に7年半しかにゃおらだったんじゃが
すでに退職して30数年経つんじゃが、先輩も後輩も含めてワシが幹事?
そりゃおかしかろう? と反発するんじゃが元専務が会う度に言うてんよ。
「丸本君、ワシも先がえっと長うないんじゃけぇ、早ようやろうや!」

ファックスやCメ-ルでメアドの連絡が続々入ってくる。
そんな中、電話が入り
「丸本さん、事務所におってですか?
おってんなら郵便局に行くんで、ちょっと寄っていいですか?」

ワシより20数年後輩のOBでウチの会社の近くで事務員をしとるらしい。
土曜日の午後でワシは夕方1件現場を見に行くだけの予定じゃったんでOKした。

ワシが退職してだいぶん経ってから入社した子じゃけぇ
在職中は接点は無かったんじゃが、ワシが退職後も会社を訪ねるけぇ
顔は知っとった。銀行なんかで時々顔は見て話はした事があった。

何しに来てくれたんかと思やぁメアドをプリントした用紙を持って来てくれた。
「まぁ上がりんさい」 とワシも夕方まで時間があったんで言うた。

しかし、それから2時間半も話をするとは思わんかったよ。
彼女はワシが祭りが好きじゃとゆ-事を知っとって
よ-ワシを町で見かけるんじゃそうな。
会社に勤めとる時にもワシの話は聞いて知っとったんで
いっぺんゆっくり話を聞きたかったんじゃと言う。

それにしてもワシも喉が渇くほど話をしたし、彼女もした。
五日市の祭りの話をしっかりしたけぇ、五日市の祭りファンが
一人増えたと確信しとる(笑)。
彼女は八幡(やはた)神社の氏子なんじゃけどね(笑)。

同期会

北の神輿を担ぎ出した幻のさくらパレ-ドが終わり
一段落したところで、待たせてあった中学生の時の同期会の活動を始めた。
同時にサラリ-マン時代のOB会の活動も並行して開始。
片っ端から電話してメアドを教えて貰い
近い将来の連絡網を構築する事からスタ-トじゃ。

両方とも今日、日程を決めた。OB会の方はワシの都合で決めた。
同期会の方は、今夜、各クラスから男女1名ずつ幹事を集め、
みんなと相談して決定した。いずれも秋の大祭前後は外した。

同期会の方は100人を超える動員となるんで会場は2つをリストアップ、
それぞれ交渉して、早々に決定するつもりじゃ。

各クラスから2名ずつと言うても、その2名を決めるのにも難儀、
『自分は忙しいけぇ』 と忙しさを理由に断る者が多い中、
今にも死にそうな親を抱えてどうしようもない同級生以外は
『地元に残っとるワシらの務めじゃ』 と説得し集まって貰うた。
中には実家の実母を引き取り、介護しながら主婦をしとる者もおる
『来れる時に来てくれりゃあええ』 との言葉で、協力してくれる。
今夜も実母に食事をさせて中区から駆けつけてくれた。感謝。

昔話に花が咲く中、決めることは決めて行かにゃあ進まん。
男連中はええが、主婦は出にくい時間帯に来て貰うとるけぇ
早めに帰して上げにゃあ次が出にくいけぇの。

2つの活動が始まった。
風邪気味で頭痛もしとったが、やり出したら頭痛も吹っ飛んだ。

同期会のクラス担当幹事の中にゃあ北地区に住む者もおる。
「F君、お前んとこの地区は今年の秋に神輿を47年ぶりに担ぎ出すんじゃけぇ
ちいたぁ協力せぇや。47年ぶりでぇ!」 と言うたんじゃが、
「喧嘩神輿? そんなんが昔あった?」
よいよ! 泣きそうになるような事言わんといてくれぇや。
お前、ホンマ同級生か?

フランシスコ・ザビエル

深夜放送の歴史ヒストリアを見るとものう見とった。
社会の歴史で習うた 『フランシスコ・ザビエル』 についてじゃった。
わが保存会会長の大好きな 「ア-メン」 を日本へ最初に伝えた人と習うた。

このフランシスコ・ザビエルという人は日本に布教に来て
たった2年半しか日本で布教活動しとらんかったらしいが
日本の歴史に名を残しとってよね?
彼の一生をこの番組で垣間見たが、苦労の連続じゃったみたいじゃ。

この番組を見とってザビエルと聞いたら『フランシスコ・ザビエル』を
想像できる日本人は多いじゃろうが、ファ-ストネ-ムのフランシスコではどうじゃろ?
ワシは 『サンフランシスコ』 しか思いつかなんだ。
ではフランシスコというのは名前なんじゃろうが 『サン』 とは何ぞや?

サンフランシスコ、サンノセ、サンパウロ、サンディエゴ、等々地名にようけ残っとる『サン』。
近頃は便利じゃ、いちいち百科事典を開かんでもネット検索できる。
『サン』 とは 『聖なる』 意味があるんじゃそうな。
元々はスペイン語の 『santo』 から来とるんじゃそうな
『サント・ドミンゴ』の地名は聞いた事あるよね?

『santo』 の女性形が 『santa』 なんじゃそうな。
『サンタ・モニカ』 とか 『サンタ・クララ』 とか聞いた事あるてぇね?
こんな語源を辿っていくのも面白い。

祭りにゃ関係なかったがフランシスコ・ザビエルからサンフランシスコに続いた話でした。
最新記事
最新コメント
プロフィール

秋祭り保存会

Author:秋祭り保存会
五日市西地区秋祭り保存会のブログです。

リンク
参加中!
広島ブログ
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる