FC2ブログ

木遣り音頭の練習

ゆんべは東の木遣り音頭の練習におじゃましますと言うとったんで、
早々に仕事を切り上げ、サンコ-さんで購入したマイチャリに乗って出かけた。

すでに東のNさんも来ておられ、今年の音頭はAさんとNさんでやらざるを得んのじゃと・・・
本番を前にして練習を重ねとってんじゃとか聞いて、ちょっと仲間に入れて貰うた。
Aさんは木遣りも音頭も出来るが、詠うのは今年、初めてじゃとか?
Nさんは音頭は詠えるが、木遣りはまだやった事ないとの事。

Aさんも西の木遣り部の練習に1~2度来られただけで
後は西が作った木遣り音頭のCDでずっと練習を重ねとられるとか?
かなり練習しとってんじゃろう、ええがに詠うとっちゃったよ。
しっかり覚えるために仕事中もCDを流しとったら、お客さんから
「そりゃあ何ですか?」 と訊かれた事もあるとか?

たった二人だけで道中詠わにゃあいけんとは大変じゃ。
喉がカラカラになろうてぇ・・・
誰か西から手伝いに行ける者はおらんのかいの? と
西の木遣り部の練習にも、ちょっくらお邪魔して訊いてみたが
西も人数が少ないらしゅうて難しいとの事じゃった。

誰かぁ~! 詠い手はおらんかいのぉ~!

ケベックはイギリスとフランスの戦いの場になった
IMG_6845_1.jpg

ケベックの街には車と一緒に馬車の姿が似合う
IMG_6848_1.jpg
スポンサーサイト



ス-パ-ム-ン

一昨夜が十五夜で、昨日はス-パ-ム-ンとかで
月が一番地球に近い所にあって、大きゅう見えるんじゃそうな。
ほいでゆんべ夜空を見上げたんじゃが、雲が多ゆ-て
なかなか、そのス-パ-ム-ンとやらを見ることが出来んのよ。

それでもカメラを片手に外へ出てシャッタ-チャンスを窺うんじゃが
ズ-ムアップにしたら手ぶれがど-しても起きるし
またシャッタ-を押すと、全然お月さんを外して撮っとったり・・・と
きれいに写真を撮るのは難しいもんじゃて。

今朝は事務所に出て来るんが早かったんで、西の空を見上げると
まだ大きなお月さんが、煌々と輝いとるじゃんか。
自転車を停めて、カメラを引っ張り出して
近くのフェンスにカメラを持つ手を当てて、動かんようにして撮影。
被写体を外し失敗、もう1回と構えたら雲がじゃまをする。

今度は事務所の西側の窓から追いかける。
撮った写真の殆どがピンボケじゃし、真ん中で撮れとらん。
『いたしいのぉ・・・』一人つぶやきながら撮った。
次のス-パ-ム-ンは来年の11月じゃとか?

前夜雲のすき間に出たのと、今朝方撮ったのと
IMG_6932_1.jpgIMG_6933_1.jpgIMG_6939_1.jpg


寄付?

今朝、早ように事務所に北の財務大臣がやってきた。
まだ従業員がやってくる前じゃけぇ。
何事かと思いきや、花集めじゃという。

「神輿は資金がないけぇ先に集めに来た」との事にビックリ。
「俵の親分のOさんに話は通じとるんか?」
「いや、俵より先に集めとこうと思うて・・・」
「それが北の役員会で決まった総意か?」
「いや・・・」
「それは悪い事は言わん、俵のOさんがそっぽ向いとるんなら別じゃが
こっちを向いてくれようとしとって時に、また争いの元を作るようなもんで」

その後、ワシも仕事が忙しゅうて、確認しとらんが
ええがに話をしてくれたんじゃろうか?
ちょっと心配になった今日の朝の出来事でした。

飾り付け

今日は街を祭り色に変えるための作業をやろうと本陣に朝、出勤。
なんと! 子ども会も今日が幟立ての作業をするみたいで
集会所の前は子供やお父さん、お母さん方でいっぱいじゃ。
ウチの息子一家も全員集合じゃ。

ワシらはワシらで作業をせにゃあいけんけぇ
横断幕や荒縄、提灯、紐、などに工具などを揃え、街へ出かけた。
保存会のメンバ-もけっこう集まってくれとったね。

こないだまで涼しかったのに、日差しは強く暑いじゃないか。
半袖シャツに半ズボンでエカッタよ。それでも汗かいたがね。
昼までに予定のところまでやって、みんなは本陣に帰って昼飯、
そして午後からも残りの作業をするんじゃが、
ワシは見舞いに行ったり、義父の様子を見に行ったりせにゃあいけんけぇ
昼飯も食わずに急いで帰った。

大手町の病院へ女房殿の叔母を見舞い、義父の食べ物を購入して
湯来町まで走らにゃあいけんのじゃけぇ、せわしいのよ。
叔母さんは骨折で済んだんじゃが痛々しい姿で、
息子にボロクソに言われ、気持ちの方が相当、落ち込んどるようで
話を聞いとったら可哀想になってきた。

ずっとおって励ましてやりたかったが、そうもいかんので別れを告げ
途中買い物をして湯来に向かうた。
「オ-ストラリアはどうじゃった?」
「ん? オ-ストラリアじゃないよ、カナダよ」
分かっとるんか、分かっとらんのんか、会話は出来るが殆ど一方的じゃ。

いつも話し相手がおらんもんじゃけぇ、行ったら喋る喋る。
一通り話を聞いたら、はぁ5時頃じゃ。山の日は短い。
急いで次は本家を訪れ日頃の礼を言うて、しばらく話をして帰った。

来週は竹取物語で一日潰れるし、その次は本祭りで行かりゃあへんけぇ
祭りが終わるまで当分行かれんし、行っとかにゃあいけだったのよ。
本家に新しく飼い始めた犬はもう手懐けたで、はぁワシには腹を見せるようになった。

ケベックシティ-は英物戦争の舞台にもなった。城壁の内側には大包の跡が
IMG_6837_1_1.jpg
ケベックの旧市街地アッパ-タウンには絵描きの通りが
IMG_6841_1_1.jpg

子ども会

いよいよ祭りが近うなって、今日は子ども会の木遣り練習の日じゃった。
午前中、午後と予定があったが、夜は祭りの方に顔を出せた。
意外に子どもたちの人数が多かった。

子ども会の木遣り練習を2階でやっとる間、階下では祭り当日の
賄い関係の打ち合わせが婦人部と子ども会の役員さん方と行われとったようじゃ。

木遣りの練習はだんだん慣れてくるにつれ、子供たちの声も大きゅうなってくる。
例年通り、会長の『五日市の祭り』についての談義から始まった。
ワシも参加したんじゃが、練習をしとらんけぇいきなり演目を読んでも歌えんのよ。
それでも何とか終え、階下に降りて婦人部も一緒にちょいと喉を潤した。

会長の祭り談義を熱心に聞く子供達

IMG_6918_1_1.jpg

ケベックの街の様子(傍を流れるのはセントロ-レンス川)
IMG_6785_1_1.jpg
ホテルシャト-フロントナック(広い木製デッキの広場にある)
IMG_6792_1_1.jpg

注連縄

今年から西地区と東地区で氏子青年団から引き継ぐ事になった
注連縄の町内会への配布作業を今日始めると連絡があった。
今日はまだ仕事が残っとるため事務所に出とるんで行かれんが
明日の作業には出るつもりでおる。

祭り前の準備が大変なんよね西地区は。
街の飾りつけが金も労力も大変なんよ。
日頃から日曜日に出れるモンが出て作った、大小色とりどりの紙垂、
大きいのは、これまた荒縄3本を縒って作った太縄に吊るし
道路を横切って、電柱の上に張る。

この作業は誰にでも出来る事じゃない。
営繕部のN部長、H副部長の身軽さがないと、勤まらん。
これに梯子部隊、資材運搬係など数名1班での作業となる。

今年は天気がどがぁなかのぉ? 
えっと雨も降って欲しゅうないし、台風なんか勿論来ちゃあいけん。
せっかく立てた幟を降ろさにゃあいけん事にもなるけぇね。

久しぶりに五日市の土を・・・

広島空港からフラフラと頭を切り替えながら運転して何とか帰ってみりゃあ
ナント! もう幟と大紙垂が上げてあるじゃぁないの!
久しぶりに五日市の土を踏んだ時にゃあ、紙垂見て、祭りモ-ドに切り替わったよ。

ま、せにゃあいけん事を先にしてからの事になるが
一気に頭の切り替えが出来た感じがしたよ。

連休の間に、仕事も入ったようじゃし
今日、親せきが救急車で運ばれ入院したとか・・・
バタバタと足から忙しそうじゃわい。

担ぎ手せやぁないか?

各地区保存会で神輿への動員が大詰めを迎えとる。
ポスタ-も貼り始め、一気に秋祭りム-ドが高まってくるね。
回覧板の原稿を北の会長さんとこで刷って頂ける事になり持って行った。
仕事の邪魔をしちゃあいけんけぇ、早めに帰るつもりで行ったんじゃが
何やらかんやら話があるもんで、また長居してしもうたわいや。

その前に東のAさんとも祭り談義を電話でしたんじゃが
『東地区は安泰』 と思いきや、いろいろと大変らしい。
幹部連中の心痛が思いやられる。

ナフコ跡地でまだオ-プンしとらん1店舗のコンビニが
この25日にオ-プンと書いてあった。
ナフコ閉店→解体→新築一斉スタ-ト→随時オ-プン と
あっという間にウチの近所の様子が変わった。

ラ-メン屋さんはオ-プンして4日目でも
帰宅時に店内を見ると連日、満員じゃ。大した動員力じゃ。
秋祭り保存会としても見習いたいものじゃ。
入念な準備を、やるべき事をしっかりやっとっちゃったけぇじゃと思う。
ワシも2回行ったが、また行きたいという気持ちにさせられとるもんね。
IMG_6723_1.jpg

祭りも近うなって

朝、起きた時、喉も痛うないし、熱もなさそうじゃった。
『こんな時に風邪なんか引いとれん!』
もっと緊張感を持っとらんと。
気持ちを緊張するシチュエ-ションにコントロ-ル。
じゃが、一応、毒多Kを訪ね、薬を貰うた。

事務所に来た若い銀行マンに10月11日は
『お宅の会社がある地区の神輿が47年ぶりに復活する日』
じゃと説明し、都合がつけば神輿を担ぎにおいでよと、優しく勧誘。

北の会長 I氏とやっと連絡が取れた。
こないだ揚中のI氏と話をしたら神輿を上げる段じゃなかったと話をしたら
「Iさんは花集めに優れた才能を持っておられるんで、そっちを担当して貰うとるんで・・・」
そうじゃった、そうじゃった、彼はその才に力を発揮する人じゃった。
その人に担ぎ手の事で責めちゃあいけだった。

I会長の話を聞いとると、みなさん、頑張ってくれとるんが理解でき、
ちいと心が和んだよ(笑)。じゃが念には念を入れて
回覧板での通知を提案したら、すでにその手が打っとんさったようじゃ。

北だけじゃない、西も東もその手を使わん手はない。
幸い、I会長は輪転機を所有しとると聞いた。
早めにやっときたいんじゃが、ワシに時間があるかいの?

この時間になっても安保国会は開かれとらんみたいじゃ。
夜討ち朝駆け? 昔から戦の鉄則じゃ。

ん?まさか風邪?

昨日からちいと熱っぽい。
何かしら喉の奥が痛うんありそうでやばい。
こりゃあいかんと思い、夕方毒多Kの門を叩いた。
17時半過ぎ、まだ間に合うた。

と思うたら、受付の人が
「薬? 全然ないですか? 先生、今、出ちゃったんですよ。通夜で」
「え-っ! ちいと熱っぽいし、風邪引くんじゃないかと思うて来たのにぃ」
「すみません。明日の朝、来て!」
「何か薬でも無いん?」
「やっぱり先生に診て貰わんと・・・」

しょうがない。au に行こう。
昨日、さくらさんからタブレットの良さを勧められ、話を聞きに行った。

「iパッドとアンドロイドのどちらがお気に入りですか?」
「何? iパッドって? 聞いた事ある名前じゃが・・・アンドロイドとどう違うん?」
「あ、そうですか。iパッドがこちらで、後ろにあるんがアンドロイドで・・・」
「同じに見えるんじゃが、何が違うん?」
「iパッドじゃと故障した時、ここで直せないんです。アップルに持って行かんと・・・」
「機能的にはどう違うん?」
「あ、それは一緒です。とりあえず見積もりしましょうか?」

ここへ来る人は、ある程度の知識を持って来るんじゃろうね?
ワシみたいにタブレットという名前しか知らんもんは来てんないんかいの?
待っとる間にも体調が悪く、だんだん電池が切れそうになる。
見積もりを貰い説明を受けたが、早よう帰りたいんで、うわの空よ。

帰宅後、すぐ市販の風邪薬を飲んで、
しっかり栄養付けとかにゃあいけんと、夕飯を食べながら
「今日は早めに風呂に入って、温うして、早よう寝るわ」 と女房殿に言うと
「そうしんさい、寝るんが一番よ」

じゃが、ご飯を食べ終わる頃には徐々に充電が始まったんか、
はたまた、さっき飲んだ風邪薬が効いたんか、
何かしらん元気が出てきたようじゃ。
ただの空腹で電池が切れそうになっただけ?
おもちゃみたいじゃのぉ、ワシの体は・・・

ほいじゃが、念には念を入れ、早めに風呂に入り9時すぎにはベッドの中へ。
早よう寝たら、早よう目が覚める。まだ3時じゃんか!
ほいでも風邪がひどうなった感じはせん、せやあないかいの?
もう一つの常備薬 『葛根湯』 を飲んどこうかいの?
それとも焼酎の方が効果あるかの? 今、風邪やなんか引いとられんのんじゃけぇ。

開店記念品まで

昼飯を食べに新しゅう出来たラ-メン屋さんに女房殿と行った。
ほぼ満席じゃのに、次々と客が入ってきて、ついに待つ人が出た。
入口前にゃあ試食会の時と同じス-ツ姿の男性二人がお出迎えじゃ。

試食会とは違うメニュ-のラ-メンを二人共注文した。
これも美味しかったよ。
メニュ-をゆっくり見ると、どれもリ-ズナブル価格じゃ。
向かいのラ-メン屋さんは苦戦するかも?
でも相乗効果でお互いの売上げが伸びたらええのにね。

区民文化センタ-前の 『我馬』 は相変わらずの人気じゃ。
コイン通りがお好み焼き屋さんとラ-メン屋さんの多い通りになるかも?
営業時間帯からして俵や神輿への参加は難しいじゃろうが
五日市の秋祭りへの理解もお願いしたいね。

ナフコ跡地

今日、ナフコ跡地にできたラ-メン屋さんがオ-プンする。
先週、近所の人たちに招待があり、試食会があり、お土産まで貰うた。
美味しかったし、メニュ-見ると安かった。

食い逃げじゃあ申し訳ないけぇ、早速開店したら行ってみようと
女房殿と話をしとるところじゃ。

ひと足早くリニュ-アルオ-プンしたたこ焼き屋さん。
前を通ったら店内で食べとる人が何人かおっちゃった。
以前の店でも2~3人は店内で座って食べれるようじゃったが
メチャクチャ狭かった。今度はゆったりしとるね。

しっかり商売繁盛して貰うて、秋祭りにゃあ花も頂きに参りますが
ワシらもお付き合いさせて貰いますよ。
IMG_6695_1.jpg

ポスタ-張り

事務所に残した仕事があり、1軒請求書を持って行く途中本陣へ寄ると
ポスタ-をビニ-ルに入れる作業をしとったんで5枚ほど貰い
事務所へ持って行って張っとったよ。

請求書を持って行き、事務所へ急ごうと思うたら
バンド仲間に出会い、ちょっと頼まれごとを聞いた。
忘れそうなけぇ、頼まれた事を先にして、ポスタ-張りよったら
あっという間に30分以上経ったんで、
大急ぎで残った仕事に集中した。

今回は東地区も北地区もポスタ-を張ることになったみたいで
今年は47年ぶりの喧嘩神輿復活の年じゃけぇ
張られるポスタ-もかなりの枚数になるじゃろうね。

総がかり会

明日は総がかり会じゃ。
もうそんな時期なんじゃね、あっという間じゃ。
会長は資料作りに忙しいことじゃろうと思う。

Nさんと仕事の事でメ-ルした際、
『こないだの幹事会の時に言うとった件、しっかり記憶しとらんのじゃけど・・・』
と打ち込んだら、電話が入ってきた。
その件で、総がかり会が終わってから話をしようと言う事になった。

祭りのメンバ-の中で音楽好きなもんが集まろうという事らしい。
これは以前からワシも考えとった事なんじゃが、
好きな音楽のジャンルが違うかもしれんけぇ
それを押し付けてもいけんし・・・と、敢えて口には出さんようにしとったのよ。

五日市にもライブが出来る店が増えてきたし、
そのメンバ-も、元々音楽好きじゃった事じゃし
久しぶりにやってみとうなったんかもしれん。
ワシの耳では、祭りのメンバ-も、そこそこのレベルじゃと認識しとる。
『お祭りバンド』が出来たらええんじゃけどね(笑)。

茨城の友人

今夜は早めに帰ってTさんとこにだましに行ってやろうと18時過ぎに事務所を出た。
一旦自宅に帰って、焼酎とつまみを持って行こうとしたら
「茨城の方じゃあ大変な事になっとるらしいよ」 と女房殿。
テレビをつけたら鬼怒川の決壊を知らせるニュ-スが飛び込んできた。

しばしテレビ画面に釘付けになり、おもむろにつぶやいた。
「今夜のTさんとこに行くのやめた。不謹慎かも」

Tさんには何も言うとらんけぇ、ワシが行くじゃの思うとってんないけぇ、ええ。
前もって 『いついつ行くけぇ』 じゃの言おうもんなら
おごっつぉして待っとってじゃけぇ、もう何も言わずに
だましに行った方がええと悟り、そうするつもりじゃった。
Tさんの都合が悪けりゃそのまま帰りゃあ済むことじゃ。

ようけ鬼怒川に流された人がおるとかニュ-スで言うとった。
鬼怒川が茨城県のどの辺りを流れとるんかも知らんが
茨木に住む同級生の安否が心配になった。

すぐ携帯に電話したが、なかなか電話口に出ん。
『ルルルル・・・ルルルル・・・』 緊張が走る。
『こんなぁ・・・大変な事になっとるんかも?・・・』
と電話を切ろうとしたら
「もしもし」

「何やぁ! 早よう出えや! 心配したじゃないか!」
「えっ? 何?何?」
「何?何?じゃあるかいや! 洪水!洪水! 近いんじゃあないんか!」

「あぁ、あれ? あれは県の南部の方だよ。ここは北部だし、高台だから大丈夫」
「だよ、じゃあるかいや! お前いつも呑気に魚釣りなんかいよるけぇ・・・」

まぁエカッタ。無事なんなら。
彼が住んどるのはひたちなか市で、氾濫した鬼怒川とはかなり離れとるらしい。
じゃがひたちなか市がどこにあるんか、鬼怒川がどこにあるんか
茨城県の勉強不足で知らんもんじゃけぇ、ちょっと心配になったのよ。

広島は秋晴れのええ天気じゃったが、湯来の方は雨が降ったらしい。
天気はちょっと地域が違うだけで、こうも違うんじゃね?
茨木の被害の詳細がまだ分からんが、
家も人も流され、収穫前の田んぼや畑は全滅じゃ。
被害が最小限で済みますように祈っとります。


木遣り部練習

木遣り部のTさんからメ-ルにて練習日の日程が送られてきた。
もう、かなり以前に木遣り部を退部しとるワシにまで声を掛けて頂き感謝しとる。

『今夜は絶対行こう!』
そう思いながら山ほど溜まっとる積算に集中しとったら
『あれっ! もうこがぁな時間じゃ!』
もう19時を過ぎとったんで、慌てて机の上はそのままで急いで帰宅、
木遣りの句を選ぶ時間もなく、適当に句を書いてある扇子を取って
自転車に乗って本陣に急いだ。

電気は点いとるものの、中から歌声が聞こえてこんがのぉ・・・
本陣に入ったらKさんとYさんだけしかおってんないじゃん。

「今日は休みの人が多いみたいなんよ」
結局、稽古が終わる時間になってもワシを含めてたったの3人じゃった。

それでも今年の課題曲を聴かせて貰い、
ワシも恥ずかしながら、今年の初鳴きを・・・
課題曲は到底、詠えそうにないが、Kさんの計らいで
ワシが持ってきた扇子に載っとる 『宮島八景』 を交代で詠んだ。

稽古に出れん日が多いと思うが、
出来るだけ参加させて貰おうと思う。
みんなの邪魔にならんようにせにゃあいけんがの?

出来る人

先日、忙しいSさんに時間を作って貰うて二人で話をした。
仕事でも多忙な上に、祭りでも次々と負担を掛けるけぇ
ちょっと心配になったけぇじゃが、本人はへっちゃらみたいじゃった。
ワシと違うて強い人じゃと感じたね。

こ-ゆ-人が一人でもおってくれちゃったら、そのグル-プは強い。
仕事でも好成績を残すし、その部署の人はその恩恵に預かれるし、
その人に影響されて仕事もできるようになる。
相乗効果でその部署全体の成績も上がり、ますます業績アップにつながる。

地域の活動にもこんな人がおってくれちゃったら助かるんよね。
ワシらの地区にもそんな人はおってんじゃけど、
出来るけぇ、また頼んだらやってくれてじゃけぇ
その人のところに仕事が集中し過ぎるんがいけん。

この度の国勢調査にしてもそうじゃ。
みんなやりとうない、その大変さを知っとる人は
「ダメダメ! 絶対よ-引き受けん」 と強う断る。
誰もやるもんがおらんかったら、その出来る人のところへ行くんよの。
みんなが協力し合うていかにゃあいけんよの。

祭り衣装

ホンマに涼しい日が盆以降続くねぇ。
本来なら 『暑さ寒さも彼岸まで』 と、
「もうちいとの中じゃ、暑いのも」 と彼岸を心待ちにしとる時期じゃ。
今年はどうなっとるんじゃろ?
ワシら暑がりの者にとっては極楽で有り難いんじゃが、
農作物に被害はないんじゃろうか?

今はワシら秋祭りの時は足は足袋、下は木股、
上はサラシに半纏、そして頭にゃハチマキをつけて出かけるが、
ワシらが子供の頃の青年団の祭り衣装ゆ-たら
足はズックに下はトレパン(トレ-ニングパンツ)
上は肌に法被かシャツに法被、そして頭にハチマキ。
そんな出で立ちで祭りに行っとった。

東も西も北も全部、法被は青法被で、下は白のトレパン。
幹部の者だけは白法被を着とった。
ハチマキだけは東、西、北で色が違うとった。
東が豆絞り、西はピンク、北が青色じゃった。
いつ頃からそうなったんじゃろうね?

衣装は今の方が祭りらしいね!

9月度幹事会

9月度幹事会があった。
祭りまでのスケジュ-ルの発表もあったが、
年々、準備作業が前倒しになってくる気がする。
作業に出る人が限られてくるんで、そうせざるを得んのか?

連合会の会合が昨日あったんで、そこでの決まりごとの報告もあった。
新組織も、ハッキリとせん部分が数多くある中での見切り発車のようじゃ。

今日の登板は財務部じゃったようじゃが、何の準備もしてなかったようで
Mちゃんが急遽準備に走ってなんとか間に合うた。
じゃが、組織の再確認と再認識が必要じゃと感じたのぉ。

あと1ヶ月と1週間

9月に入ると、にわかに落ち着かん自分がおる。
秋祭りまで、あと1ヶ月とちょっとじゃん。
まだ先、まだ先と思うとったが・・・

明日の晩は9月度の幹事会じゃし、次の週は総がかり会じゃ。
昨日、子ども会の役員さんが、子ども会の俵もみのお手伝いを
お願いしに来ちゃった。

担ぎ手はせやぁないんじゃろうか? 
みんな自覚してくれとるんじゃろうか?
広報部はプレスリリ-スしてくれたんじゃろうか?

今年の五日市の秋祭りは21年間刻んできた夢が実現しそうな年じゃ。
北の神輿の事も気にかかるが、北の組織が発足した以上
そう外野から声は出せんが、みんなで応援はしたげんとね。

先ずは人集めじゃ。幅広く出会う五日市の人には片っ端から
「祭りを手伝うてや」「祭りにゃ頼むよ」「神輿、担ぎにおいでや」
と声を掛けて、一人でも多くの人に来て貰わんにゃあ、
一人でも多くの人に見て貰わんにゃあね。

よその祭り

『相馬野馬追い』のドキュメンタリ-番組を深夜放送でやっとたのを見た。
たぶん、再放送なんじゃろうね。
福島の人たちが原発問題で家族離ればなれに暮らしとる中、
この故郷の祭りに遠く思いを馳せる人たちを描いとった。

祭りが終わっても、久しぶりに再会した同じ郷の者との別れを惜しんで、
いつまでも会場を後にしない仲間たち。
なんとのぉ、その心の中が分かるようで涙が滲んできた。
年のせいか、涙もろくなったもんじゃ(笑)。

今年の越中風の盆も終わったねぇ。
『今年は風の盆、見に来んの?』 加賀に住む女友達からメ-ルが入った。
『今年は行かれん。頑張れ』 とだけ返事を書いた。
それきり何もない。

風の盆も郷愁を感じさせる、ええ祭りじゃねぇ。
今年も大勢の観光客が全国から来たんじゃろうの?

神輿の担ぎ棒

西の俵の担ぎ棒は保存会が発足してから自分らで山に取りに行って作った。
現会長の知り合いの山から分けて貰うたもんじゃ。
虫が入らんようにまだ寒い春先じゃったと思うが、湯来の山へ行った。

まっすぐな檜を選んでおいて貰い、それを切り出し、枝を落として
適当な長さに先を落として、何本かトラックに積み込んだ記憶がある。

持ち帰ったらすぐに皮を剥いて背割れをして乾燥させる。
切ってすぐでないと皮が剥きにくうなるためじゃ。
背割れは乾燥の過程で、木のひび割れを防ぐためじゃ。

しっかり乾燥させた時に、変に曲がったりねじれたりした木は使えん。
担ぎ棒は手をかけ、選び抜かれたものが使われとる。

一方、神輿の担ぎ棒の縦棒は東も西も北も新調しとらん。
昔のまんまで、いつごろ作られたものか分からん。
ひょっとして神輿と一緒で弘化3年製かも?

東や西の神輿の担ぎ棒はまだまだ使えそうじゃったが
北の縦棒はややヒビが気になった。
先を引こじった跡をカンナで削ったんか細うなっとった。

神輿の横棒は折れやすいけぇ、常に予備を持ち歩いとった。
西の神輿を復活させた時にも横棒は新調した。

先輩たちの汗が染込んだ担ぎ棒に今年もお世話になる。

和太鼓の練習を休んで久しい。
やっと治ったと思うた肘痛が再発。

何をしたかいの? 肘に無理をした覚えがないのに・・・
あっ! ひょっとして? それしか思い当たる節がない。

もう2週間前になるか、川へ息子一家と遊びに行った時じゃ。
河原まで次女を抱いて上がったり、下りたり。
その時は全然無理をした感覚もないし、痛みもなかった。

翌日、久々の肘痛に???・・・
その時、それが無理じゃったんかも? と思うたが
すぐ治るわいと別に気にも留めてなかった。
じゃが、あれから何週間も経つのに、押さえたら痛いんよ。

自分の筋肉の衰えを自覚すると同時に
次女の成長を喜んどるワシがおる。
障がいを持って生まれた次女も、小学校2年生。
よう大きゅうなったもんじゃて。

寿司

寿司といえば、今や世界中で大人気の食べ物となって
寿司職人が世界に羽ばたいとるよね?

じゃが外国で寿司職人として働いとる日本人は少ない。
中国人が日本人を気取って不味い寿司を握っとったり
現地の人が日本人からしたら、とても寿司とは言えんものを
寿司として提供しとる店が少のうない。

日本でも今や寿司とゆ-たら回転寿司やカウンタ-を新幹線で運ぶ寿司が多い。
ス-パ-でも握りを売っとるし、巻き寿司なんか店で買うのが当たり前になっとる。

じゃが、ワシらが子供の頃は母親が家で巻き寿司やちらしを作ってくれとった。
秋祭りじゃのゆ-たらばら寿司(ちらし)や巻き寿司を作って
喧嘩神輿を見物に来る親戚に備えるんがわが家では通例じゃった。

ほいじゃけぇ、ワシは寿司ゆ-たら秋祭りを連想するんよ。
祭りが好きなんか、祭りのよごろの屋台が好きなんか、
寿司が好きなんか、自分でもよ-分からんが
祭りも屋台も寿司も大好きじゃ。
最新記事
最新コメント
プロフィール

秋祭り保存会

Author:秋祭り保存会
五日市西地区秋祭り保存会のブログです。

リンク
参加中!
広島ブログ
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる