FC2ブログ

ニュ-ス

元横綱千代の富士が亡くなったとのニュ-スが流れた。
ワシらと同世代の著名人が亡くなったニュ-スを聞くと
ワシらも、そんな年齢に近づいて来たんかいなと感じるね。

いつまでもワシらが前線におっちゃあ邪魔になるような年齢になったんかも?
道路をヨタヨタと歩く爺っつぁん、自転車をよろけながら漕ぐ爺っつぁん。
『危ないけぇ!チョロチョロ出歩くな!』 と思うた時期もあったが
今度は言われる番になってきたでぇ(苦笑)。

早よう若い人に引き継ぎして迷惑をかけんような行動せにゃあね!
仕事でもそうじゃのぉ・・・

今日もTOTOのショ-ル-ムにほぼ1日おったが・・・
ショ-ル-ムのきれいなおネエさんに質問するなぁ迷惑にゃなるまい?
向こうも誰か質問してくれんかいの? っちゅう顔しとんさった(笑)。

神輿もちょこっと担いで、えっと休み、後ろの方を迷惑を掛けんように歩き、
おやじバンドもプロになる訳じゃあないんじゃけぇ、みんなで楽しめりゃあええ。
今まで一生懸命歩き過ぎたけぇ、歩を緩め、ゆるゆると進むかのぉ・・・

長生きしたいとは思わんのんじゃがね。

スポンサーサイト



保存会の運営

今、秋祭りの時に町に飾る紙垂や本陣前に飾る天蓋を紙工作じゃないが
日曜日の午前中、来れる者で作っとるが、この材料費もバカにならん。
電柱間に張る縄も荒縄3本をよって作るが、これも数年で取替が必要となり
材料を購入して、みんなで力を合わせてよって作る。
結束バンドも必要で、これらの材料は毎年購入する。

電柱間に吊るす提灯も、少しずつ資金を貯めて購入した。
また各所に立てる中幟や横断幕も購入した。
俵みこしや神輿も修繕が必要で、塗料や材料費がかかってくる。

これらの費用は毎年俵もみの際に1軒ずつ集めて周る「花」から捻出する。
祭り当日に俵や神輿を担ぎに来てくれる人に提供する飲食費も「花」からじゃ。
また1週間前に山から切り出した竹を、立てて周る際に提供する食事代もそうじゃ。

会計係は総会で決まった予算の中で、そ-ゆ-経費のやりくりをしてくれる。
そして総会の時に収支報告をして承認を受ける。

われわれは祭りの時だけじゃのうて、毎月、幹事会として集まり
祭りの運営について話し合い、将来について話し合う。
その幹事会の後、懇親会をするが、その費用は毎回500円握って行き、
その月の当番班がその予算内で飲み物を買い、つまみを工夫してくれる。

この支度が当番班の腕の見せどころで、乾き物だけの時もありゃあ、
「こんなもん、500円の範囲で出来るん?」という時もある。
また会員の差し入れも時々あって、なんとか運営出来とるんよね?

祭りの活動費の大元となる花集めにワシも毎年参加しとるけど
殆どの人が、店が、会社が、気持ちように出してくれてじゃ。
じゃが、そうでない人も中にはおってらしい。

ワシはそんな人に会うた事ないが、ウチの女房殿は女ばかりで花集めに周る時、
「集めた金は何に使うんや? お前らの飲み食いに使うだけじゃろ?」
と毒づいてくる人もおってんじゃとか? 夜の飲食店を回っとったら
お客さんから冷やかされたり、ヤジが飛んだりするんじゃそうな。

それで数年前から夜の町の花集めにはワシもお供するようになった。
たしかに女性だけでは最初は入りにくい雰囲気があるが、
ワシは満面の笑顔で元気よく店の扉を開けるようにしとる。
店内にお客さんが全然おってんなかったら、言いにくい気もするが
祝い事じゃけぇ、祭りじゃけぇ、気持ちだけでも頂いて帰る。

高額のお花を頂いたところには俵みこしが通る際、必ず俵を下ろして
『花の御礼』の発表を大きな声で、担ぎ手のみなさんや通行人に
聞こえるように発表する。
みんな聞こえたら、その店を会社を利用したげてよ。
もちろんワシらも利用させて貰うとる。

祭りの運営費はすべてこの『花』が基本になっとるのよ。感謝!

変わりゆく五日市

五日市も僅かの間にかなりの変化をとげとるねぇ。
今の『ほの湯』のところが埋め立てられたんは1964年頃からじゃ。
それから五日市港沖が埋め立てられたんが2004年頃から?
どんどん海が遠ゆ-なるてぇのお。

殿山も去年の祭り前から削り始めて、もう進入路が完成した。
新宮苑が出来たんはワシらが小学校の時に裏山を削り始めたもんのぉ・・・。
裏山からはいっぱい人間の骨がリンゴ箱に入った状態で出てきた。
ありゃあ原爆から逃れて来た人が五日市まで来て息絶えた人じゃったんか?
削られた山肌で遊んどった足元にごろごろ骨や骸骨があったのを覚えとる。
小学校の裏山には防空壕が何個かあって、まだ戦争の爪痕が残っとったねえ。

五日市港沖の埋め立ての様子を写した航空写真があった。
遠くは西風新都の方まで写っとるが、ここからもかなり変わった。
img-404131617-0001.jpgimg-404131602-0001.jpg


五日市港

今の五日市港ゆ-たら埠頭を差すんかね?
それとも個人船を停泊させとる五日市マリ-ンを差すんかね?
五日市に住んどってもよ-分からん。

ワシは昔の五日市港が好きじゃ。
海老山の下に広がる五日市港、国道2号線のすぐネキまで入り込んだ入江、
ワシらがまだ子供の頃には海の遥か沖に浮かんどった一文字の防波堤、
この遥か沖にあった一文字の防波堤が、今は五日市マリ-ンの岸壁になっとる。
そこまで陸地が攻めて来たのは、楽々園沖を埋め立てた頃じゃろうと思う。
今はその一文字の防波堤より更に沖に五日市埠頭はある。

昔の五日市港の灯台があった防波堤は今も残っとるんじゃろうと思う。
灯台のある防波堤から飛び込んだりして遊んだあの景色が無性に懐かしい。
港の中じゃけぇ、けっこう水深はあるんよ。
そこに潜って海底の石を拾うてきたり・・・ある程度の深さまで潜ったら水が冷たいんよ。

干潮になったら港の中の浅瀬で魚釣りの餌のゴカイやホンムシを掘った。
ゴカイは石をひっくり返したら見つける事が出来るが、ホンムシは深う掘らんといけん。
魚釣りの餌も、自分らで食べるアサリも、自分らで掘って手にしたものよ。
今じゃ、お金さえ払えば簡単に手に入る時代になった。

五日市港、昔の焼玉エンジンの漁船、堤防、灯台そして海老山・・・
ワシの脳裏にはしっかり描かれたまんまじゃ。

2004年秋、埋め立て中の五日市港
五日市港埋め立て中

秋祭り準備始まる

先々週の日曜日から秋祭りに各所へ飾りつけする紙垂などを
作る作業が集会所で始まったようじゃ。

先々週の日曜日はワシは仕事で行かれんかったし
先週の日曜日はライブの片づけとお礼の連絡で忙しかったし
何より、グッタリ疲れて体を休める必要があったんで行ってない。

時間がありゃあ、午前中だけじゃし、行くつもりでおる。
この作業は地味じゃああるが、何じゃらかんじゃら
奥様方の井戸端会議じゃあないが、バカ話をしながら楽しいもんじゃ。

ずっとバカ話しとる訳じゃあないんよ。
内職みたいに、みんな黙々と作業をしとる。
ほうせにゃあ寸法を間違うたり、切っちゃあいけんところを切ったり、
雑な仕事になるけぇね。後から検査が入るんじゃけぇ。

ひと段落してちょいと休憩する時に、いろんな話が出る。
五日市の今昔物語から仕事の話、遊びの話等々・・・
ワシらも昔は長老連中から、五日市の昔の様子など聞くんが楽しかった。

ほいじゃが22年も続けとると、長老連中の顔ぶれも変わってくるよのぉ・・・
初代会長のDさんは亡くなって久しいし、今はその家も解体され、のうなっとる。
まだまだ先じゃああるが、ワシらもその内、長老と呼ばれる年になるんじゃろうの?

知り合いから頼まれて・・・

仕事関係の知り合いから頼まれたんで、ちょっとここで宣伝させてつかぁさい。
その知人の弟さんが東京でやっとるプロダクションの新人歌手の宣伝であります。

林部 智史というて『THEカラオケ☆バトル』というテレビ番組の2015年間チャンピオンらしく
『あいたい』という曲でCDデビュ-、今夜7時半のNHK総合『うたコン』にも出演予定とか?
ついこないだ有線リクエストで1位にもなったらしく、もう少しで波に乗れそうな感じであります。

ワシもそう言われて1か月位前に同じNHKの番組に出演しとるのを見たけど
なかなか、歌は上手で曲もええんで売れそうな気がするんじゃけどね。
名前を知って貰うまでが大変なんじゃろうの、この世界。
時間があったらテレビ見てやってつかぁさい。

スズメ

今朝、朝食を食べ終えた頃に台所の窓越しに嫁が
「お義父さん・・・」 と小さな声で呼びかけてきた。
「道路の真ん中にスズメが・・・」

過去に巣立ちに失敗したキジバトやスズメを育てた実績から
嫁が何とかなりゃあせんかと思い、言うてきたんじゃろう。

「おっし! すぐ行く」
外へ出てみると道路でもがく、巣立ち前のようなスズメが・・・
掌に乗せてやると、かなり衰弱しとるようで大人しゅうなった。

水を飲ませようとしても飲む気力もない状態で、
すぐに掌の中で死んでしもうた。
ちょっと遅かったんかもしれん。

残念なり~!

楽しめたライブ

ゆんべは、黒田投手の200勝がかかったテレビ中継もある中、
また宇品の花火大会がある中、暑い中、大勢の人に支えられたライブ、
お客さんも大いに盛り上がり、ワシらも楽しんで演奏できた。
保存会からも3名応援に駆けつけて頂き感謝。

汗、グッショリで数回着替えにゃいけんくらいじゃったが、
最後のお客さんを送って、珍しく午前1時頃まで水分補給をした。

北の祭りに是非、協力して欲しい人も来てくれとっちゃった。
ワシが案内しとらん人もようけ来てくれとっちゃって
人ごみの中から声を掛けてくれてビックリ!

大勢の人から支えられとる事を実感し、感謝、感謝です。

演奏中は写真を撮れんし、それ以外の時はホスト役に徹するんで
写真を頼むことも忘れ、今回は写真ありません。

遅い時間のウォ-キング

帰宅後、すぐ畑と家の周囲に水を撒いたんで
いつものように帰宅後、すぐ着替え、ウォ-キングとならんかった。

夕飯を食べ、テレビでカ-プを応援。
それからニュ-スを見ながらいつもならうたた寝なんじゃが、今夜は
「これから歩いてくる!」 と出掛けた。

途中、やすべえのHさんと出会うた。
もう店も閉店して自宅に戻りんさったところじゃ。
「あ~! 怖い人かと思うたで! 人を襲うなよ!」
「まさか! ウォ-キング中じゃけえ」

こんな遅くからでも人に出会うんじゃ。
大汗かいて、すぐ風呂に入って汗を流した。
カ-プは勝ったし、気持ち良う寝れるわい。

今年のBBQにて二光の対決
IMG_8326_1.jpg

子供の遊び

『ぽけもんGO』というゲ-ムがアメリカなどで大人気とか?
日本の任天堂の商品じゃのに、日本ではまだ発売されとらんらしい。
スマホでのゲ-ムらしいんじゃが、ワシら世代はスマホを持っとるもんでも、
スマホでゲ-ムをするモンはおらんのんじゃない?

電車なんかに乗ったら、若い人らはみんな下を向いてスマホに夢中じゃ。
メ-ルを送っとるんかいの? と思うたら、殆どゲ-ムをしとるんじゃと。
ま、痴漢に間違われんでええかもしれんけどね・・・

子供の遊びもちょっと大きい子はゲ-ムが主体みたいじゃ。
ウチの孫たちも小学校6年生の子は、もうゲ-ムじゃが
幼稚園組はまだブロックとかぬり絵とかテレビの戦士のオモチャとか
そんなもんで遊んどるが、そのオモチャも結構凝っとるんじゃけえ。

ワシらがこどもの頃にゃあ、かくれんぼとか相撲とか
道具を使う遊びゆ-たら、パッチンじゃのマブロじゃのニッサンじゃの・・・
たったこないだの事じゃのに・・・遊びがまるで違う。

早い時間のウォ-キングは・・・

今日は早めに仕事を切り上げ、18時過ぎにはウォ-キングに出た。
夕方、スコ-ルがあったりしたんで、雨の上がった時にとゆ-思いもあった。
じゃが明るい時間にウォ-キングすると、人に会うんよね?
出来るだけ裏通りを歩くようにしとるんじゃjけど、
どうしても一部は表通りを通ることになる。

駅前周辺を歩いとったら
「まるもとさ~ん!」 と黄色い声、声がする方を見たら保存会のKさんじゃん。
ウォ-キングの途中で出会うても男性なら手を挙げるか、挨拶をする程度で
足を止めるような事はめったにないが、べっぴんさんとなるとそうはいかん。
完全に足は止まり、しばらく立ち話。

「家はここなんよ」
「あ、そうなん? 今度、こっそり来るわ」

ライブに一人じゃったら行けるんじゃけどと言われたが
「ゴメン、もう満席じゃけえ、9月にやるレストランの方はどう?」と9月のライブの宣伝(笑)。
「じゃ、またね!」 とまだ話をしたかったが、別れを告げ、新宮苑に向かった。

新宮苑の頂上あたりで、携帯が鳴った。
これはTOTOのショ-ル-ムの女の子からで、仕事の話。
「何? 今日は早めに帰ってウォ-キング中なんじゃけぇ」
「あ、ごめんなさい。メ-ル入れときました。ウォ-キング頑張ってね!」

この電話を切って、新宮苑の坂を下りたところでYさんの奥さんとバッタリ。
「あれぇ! 今日は早いね?」
「今日は休みじゃったんです」
また、べっぴんさんに会うたけぇ、足が止まる。

ここでもライブの席が満席と伝え、『次回よろしく!』と次のライブを宣伝。
やっぱし、明るい時間にウォ-キングしたら、いろんな人に出会う。
それはそれで、コミュニケ-ションが取れてええんじゃけど
べっぴんさんに会うと足が止まるんがいけんよのぉ?

ロシアという国は・・・

ロシアはド-ピング問題でまた品を落とした。
オリンピックに向け血の滲むような練習を重ねてきた選手にとっては
ホンマ、気の毒なことじゃ。

国民一人一人はどの国の人も肌の色に関係なく倫理観のある人が殆で
悪いイメ-ジは無いのに、国となるとロシアのイメ-ジは悪い。

特に日本人にとって、三国干渉から日露戦争に至る経緯、
太平洋戦争末期から北方領土に至る経緯などから
ロシアへの悪印象は拭えない。

ほいで今回のド-ピング問題じゃ。
今の世の中、悪事はすぐ露見する。
カメラはあらゆる所で目を光らせ、
金のためには仲間をも裏切るチクリもはびこる。

「ロシアという国は・・・」
そう国際社会から思われて、良識あるロシア国民が気の毒じゃ。

 2007年の賄い大忙しの様子
IMGP2155_1.jpg

梅雨明け

梅雨明けしたみたいじゃね? 真夏の日差しが眩しかった。

今日も忙しい一日を終え、帰る車の中で大相撲の中継を聞いた。
ちょうど、稀勢の里の取り組みじゃった。大関同士の一番じゃ。
相手もカド番じゃけぇ悪い膝をかかえながら奮闘したが、稀勢の里の勝ち。

つづく横綱戦はギリギリ映像もテレビで見ることが出来た。
大横綱白鵬じゃが、ここんとこの『強けりゃ何やってもええ』的な態度が嫌いじゃ。
あの大きな体で張り手を狙い、レスリングかと思うようなかち上げで
相手に脳震盪を与えかねない激しい相撲が最近目立つ。
反則じゃあないけぇ何も言われん事をええことに多用するのが気に食わん。

そがぁな相撲をしとるけぇ、本人もよう言う相撲の神様が罰を与えた。
ええバチよ、初心に戻れ! 謙虚であれば国籍に関係なく応援があるハズじゃ。

続いて日馬富士、こいつも張り手を多用するワシの嫌いな関取じゃ。
小兵でここまでになった努力はものすごいと認めるが、
喧嘩じゃないんじゃけぇ、張り手で相手を倒そうじゃの思わず
正攻法で攻めたら、いっぱい応援して貰える横綱じゃのに・・・

今日も張り手狙いの横綱らしゅうない、つまらん相撲をしとるけぇ
クソバチよ! 叩き込まれて土をつけた。
土俵の神様はそんな乱暴な相撲をするモンには容赦ない。

稀勢の里、まだまだ横綱戦が残っとるけぇ負けられんで!
こんなチャンスは2度とない! 是非、初優勝を!

旗日じゃが…

今日はいつから旗日になったんか知らんが海の日とか言う日らしい。
訳の分からん祝日を官僚や公務員の意向で勝手に増やすなや。
海の日があるんじゃけえ山の日も作らにゃあおかしいとか?
そう考える奴の方が、ワシに言わせたらおかしい。

よって昔からある祝祭日には必ず国旗を立てるわが家じゃが、
新しく作った祝祭日には国旗は立てん。
緑の日もおかしかろう?
昭和天皇から平成の現天皇の時代になったんじゃけえ
天皇誕生日の祝日が変わるんは当然じゃが、
何で、祝祭日として残さにゃあいけんのかいの?

カレンダーが休日だらけになってしまう。
働かざるもの食うべからずと昔から言うように
休んでばっかしおったら、人間ダメになってしまう。

そんな考えじゃけえ、いつまでたってもじっとしとれんのかも?

祭り談義

昨日は今度キッチンの改装工事をさせて頂くお客さんをショ-ル-ムへお連れした。
行きの車中での話は、当然、キッチンの話になったが、
帰りの車の中での話題は、もっぱら八幡神社と喧嘩神輿の話題じゃった。

ご夫婦で一緒に来られたんじゃが、キッチンの話でも殆どがご主人との会話。
帰りの祭りの話も当然、ご主人との話ばっかしじゃった。
ご自宅が八幡神社に近いという事もあり、ワシが祭り保存会のメンバ-という事を
知っとってじゃけぇ、その話題になったんじゃろうが、
ご主人も昔の喧嘩神輿を知っとってじゃけぇ、話は盛り上がる。

地区としては揚下になるけぇ
「昔は北の神輿は弱く、いつもボコボコにされ悔しかった」
「前の宮司さんは、いろいろ地域のためにやってくれ、優しかった」
と昔話に花が咲き、道中もショ-ル-ムでも楽しい一日じゃった。

ええ息子さんがおってんで、それとのう祭りへ誘うてみたが、
息子さんはどうも、そ-ゆ-タイプじゃないらしい。残念なり~!

正式にお断り

名誉あるクラブ2団体からお誘いを受けて何ヶ月経過したろうか?
1つは約1か月前に正式にお断りをした。
もう1つの団体には今日、正式にお断りに伺った。

ワシが何を言いに来たのか分かっとっての様子で、のっけから
「丸本さん、結論を急ぐ必要ないんで・・・」 と笑顔で迎えられた。

あれだけ、あらゆる手段を使うてワシから面会を求めた人じゃのに・・・
何年かかったろうか? 誠心誠意を継続すれば例え一雫の水でも岩をも砕ける。
自らの経験で先人の教えを実感する事が出来た。

そして今、逆にその人からお誘いを受ける立場に・・・
有り難いことじゃが、その組織に入れて貰うても、何の活動もできん。
相手がワシに何を期待しとってんか分かるだけに
その期待に沿える事が出来んと分かった時点で、引き受ける訳にいかん。

正式にお断りしたつもりじゃが、相手もその組織のトップを務める人じゃ、
そう易々と矛先を引っ込める事はしてんない。

結論を先延ばしするよう要求しちゃったが
「そのお気持ちは大変有り難く、名誉に思いますが、今は出来ません」
とハッキリお断りした。

「まあ、また飲もうや!」
「分かった」 とは言うてんなかったが、自分としては言いにくかったが
気持ちはハッキリ伝えたつもりじゃ。

じゃが、ワシからの願いは通して貰わにゃあいけん。
その為に今年は北の花集め、俵のお手伝いに参るつもりじゃ。

写真は2010年三原やっさ祭り 阿波踊りと同じ踊る祭りじゃ
IMG_0178_1.jpgIMG_0215_1.jpg

爽やかな朝

昨日からちょっと涼しいよね?
今朝なんか超さわやかな朝で気持ちええ!

朝からワシは女房殿のアッシ-君で国際ホテルまで行ってきた。
女房殿は民謡の大会があるらしく、今日は司会もせにゃあいけんと
張り切って出かけられた。
ワシはすぐに戻って、これから仕事じゃ。

ほいじゃが、こがぁに涼しいと、ほいでこがぁに天気がええと
仕事するんがもったいないくらいじゃ。
どっか海の見えるところへドライブでもしたい感じじゃが
仕事の打ち合わせを約束しとるし、サボる訳にいかんのよ。

じゃが仕事は午前中で、午後からはワシはおやじバンドの練習がある。
はぁ来週じゃけぇ、しっかり練習やっとかんとね?
明日はお客様をショ-ル-ムまでお連れして商談せにゃあいけんし、
ゆっくり休んじゃあおれんのよの?

夢で角島へドライブに行くかぁ・・・。
IMG_2857_1.jpg

満員札止め

メ-ルでも連絡したが、ワシらがおやじバンドのライブじゃけど、
おかげさまで今回も売り切れと相成った。
期日が近づくにつれ 「まだチケットある?」 の電話やメ-ル。

昨日、今日はメンバ-から 「もう1枚なんとかしてくれ」 と4人から連絡。
これ以上増やしても窮屈で、せっかく来て貰うても、ゆっくりして貰えん。
そう判断して案内したところへは締切りの連絡をした。

それじゃのに、夜、ウォ-キング中にも 「もう1枚」 の電話。
有り難いことなんじゃがね。

しっかり練習して、お客さんもワシらも楽しまにゃあねっ!
ワシらも楽しむにはしっかり練習して余裕がなけらにゃあね?
演奏が終わった後で、一緒に飲もうと約束した人が多い。
ホスト役もこなさにゃあいけんけぇ、演奏後もせわしいのよ。

げに、予約してくれた皆様、有難うございました。

今朝、追い山

ワシが中学生時分の秋祭りで喧嘩神輿を見物に行っとる写真がある。
中学生じゃけぇ既に青年団には入団しとるんじゃが
喧嘩神輿は担がせて貰えんけぇ、ただ見物に行っとる写真じゃが
父親や母親と一緒に加藤内科クリニックの前での写真じゃ。

注連縄の他に竹、それにボンボリが連なって写っとるけぇ
昔はもっと派手な町飾りじゃったんじゃのぉ・・・
両親と一緒に神輿見物じゃの、やっぱしワ-クブック組じゃったと思われる(笑)。

話は変わるが、博多祇園山笠も今朝が追い山じゃった!
今月初めから博多の街は締め込み姿の男たちがあTこちで見られたと思う。
今日が最後で博多にも夏がくる。

この時期にセミも鳴き始めるんじゃが、今年はちいと早く
五日市でももう耳にしたよ。
暑い、暑い、そして長い夏がやってくる。

4年前の追い山前日の様子 ちびっ子も熱い!大人も熱い、陣屋で一息
IMG_0860_1.jpgIMG_0866_1.jpgIMG_0874_1.jpg


句集

という訳で、ワシらの地区の句集はかなり整備されたものじゃと誇りでもある。
じゃが、その句集だけを狙うた、けしからん輩が当時よその地区から
木遣り部の練習に来とんさった。

最初は木遣り・音頭を習いたいと言うてんで
ほりゃあええね! どんどん木遣り・音頭を詠える人が増えるんなら。
そ-ゆ-事で来んさったんじゃが、その句集を分けてつかいゆ-てんよ。
じゃが、木遣り部の優秀な先輩らが大変な苦労をして
やっと出来上がった句集じゃけぇ、そがぁに『はいよ』と渡す訳にゃあいかん。

S部長や幹部連中の皆さんから、そう言われると
はぁ、次の練習から来てんないんじゃけぇ。
そがいな事じゃあいけまあで。

今でも句集を欲しがって人はおってんじゃが、
見せて欲しいという人は友人、知人を頼って来てんじゃが
編集前の句集の一部だけしか見せとらんのよ。

木遣り・音頭 句集

木遣り部創設の経緯は以前書いたんで、今回は省く。

現名誉会長と当時の新町第2町内会長のTさん、そしてワシで
喧嘩神輿の復活を夢見て活動を始めるより前から
初代秋祭り同好会会長のDさんや初代木遣り部部長ぼSさんらは
木遣り・音頭の句集作りに精を出しとっちゃったらしい。

そんな時に、たぶんTさんが町内会長つながりでDさんと親しくなられ、
祭りつながりで、名誉会長やワシと接点ができた。
ワシはDさんやSさんとは年齢もかなり違うし、まったく接点はなかったが
すんなり二人に受け入れて頂きお付き合いが始まった。

現名誉会長は先輩じゃああったが、歳も近く、昔は同じ時期に神輿を担いどってと思う。
当然、名前も顔も知っとっちゃったみたいで、喧嘩神輿復活という目的は
すぐに共有することができた。

すでに、それまでにDさんとSさんは木遣り・音頭の句集を集めておられた。
じゃが、口伝で伝わる内容に、意味不明なところは多々あったみたいじゃ。
意味は分からんまま、耳で聞いた言葉を文字にして、句集を作っとんさった。

じゃが、秋祭り同好会が出来て、翌年には木遣り教室を開講したら
木遣り・音頭に興味のある人たちが集まって来んさった。

当時、そうそうたるメンバ-じゃったと思う。
東大出の人もおっちゃったし、父親が某新聞社のトップ級じゃった人とか
ワシがそこに一緒におるのが不思議なメンバ-じゃった。

その人らが真剣にDさんSさんも交え、DさんSさんが作った句集の
意味不明なところを厳島神社や図書館を訪ね、古文書など調査・研究して、
五日市西地区秋祭り保存会の新しい句集を作ってくれんさった。

当時の木遣り部部員じゃったワシも1冊それを持っちゃあおるが
先輩方が苦労して作ってくれちゃった句集じゃ、大事にしもうとる。

厳島神社に今も伝わる伝説の行事に登場する 『御烏』 の表現も
おそらく、最初はこうじゃったに違いない、そんな風に編纂された句集を
五日市西地区秋祭り保存会の宝ものとして大切に保管したい。門外不出である。

2004年頃の子供会の木遣り練習
PA010023.jpg

続きを読む

休息の日曜日

『休息の日曜日』 起床時間が1時間位遅いだけで、そんな気になる。
7時に起床というだけで、今日は休みなんじゃと感じる。
そう感じるだけで気持ちが全然違うのよ。

実際は、朝食が済んだら、すぐ畑仕事。
蚊がまだ寝とる内に畑仕事しとかんと、蚊をやっつけるんが仕事か
どうなんか分からん位、蚊との戦いに集中する事になる。
向かってくる蚊を全滅させるまで蚊との真剣勝負をする。
こうなったら、暫く畑仕事にならんけぇのぉ・・・

この日曜日はワシらがティ-ンエイジャ-の頃の広島のスタ-、
サンダ-スのライブがあったんで聴きに行った。
西地区秋祭り保存会、H君のお父さんが所属するバンドじゃ。

現名誉会長もその昔、このバンドに所属しとったと本人は言いんさるが
たぶん3軍くらいじゃったんじゃないかと想像する(笑)。
それ位、このサンダ-スのレベルは高かった。
今でも一つ一つの音に厳しいリ-ダ-Mさんじゃ。

サンダ-スのライブから帰って選挙に行き、その足で買い物に付き合うた。
廿日市のyou meタウンに連れてけと言うんで行ったが、結局何も買わず
いつもの五日市の生協で買い物じゃった。何なら!

ちょっと時間があったらギタ-を持って指の運動。
毎日、ちょっとは指を動かさんと、すぐ動かんようになるお年頃、
不断の努力が必要なんよ前期高齢者には・・・。

夕飯食べた後は選挙速報とスポ-ツニュ-スを見ながら
休息の日曜日を満喫。 朝と夜、ゆっくり出来たら休んだ気になる。

次の日曜日は、お客様をショ-ル-ムへ案内してキッチンの仕様決定じゃ。
ショ-ル-ムへ行くと長うかかるんよね?

盛りだくさん

明日の新聞は月曜日で通常なら紙面が少ないんじゃが
記事が盛りだくさんじゃね?
まだ参議院選挙の最終結果は出とらんが、保守勢力は強いね。

この選挙速報も紙面を埋めるが、スポ-ツ欄も紙面が足らんじゃろうね?
カ-プの快進撃に日ハムの14連勝、とプロ野球ニュ-スに加え
大相撲名古屋場所が始まった。こっちも稀勢の里の綱取りへの話題がある。

大相撲ファンのワシとしては、これからの2週間、カ-プの記事に加え
角界のニュ-スも見逃せんのよ、新聞を読む時間が増えるけぇ
それだけ早起きもせにゃあいけん。

参議院議員選挙が終わり、それぞれの候補者陣営はホッとしとってんかね?
当選した議員はまだまだ休みにならんよね?
駅や街頭でお礼参りに立たにゃあいけんし、応援してくれた各団体にも
お礼参りに出かけにゃならん。政治家が一番働く時じゃね、選挙は。

落選候補者も応援してくれた団体にはお礼参りと落選の報告をせにゃあいけん。
本人、家族、陣営のスタッフ、お疲れ様でした。

7月度幹事会

今夜は西地区の7月度幹事会で、懇親会を兼ねたBBQがメインじゃった。
塩屋神社では夏祭りが開催され、祭り連合会に神輿の担ぎ手依頼があり、
西地区からも3名の有志が行ってくれたみたいじゃ。

彼ら3名の帰りを待ちながら本陣前でBBQをした。
お腹を空かせて行ったんじゃが、話でお腹がいっぱいになり
それほど肉は食べてないが、ニンニクで炒めたうどんが旨かったよ。

有志3名が帰ってきて、その後、北地区の会長、幹事長も合流。
賑やかな懇親会になった。
道行く人も遠目に『おいしそうじゃのぉ・・・混ぜて欲しいのぉ・・・』
みたいな顔をして、後ろ髪を引かれながら通り過ぎて行った。

もう、中へ入って続きをやろうとの声がかかった頃
毒多Kと一緒に中座して帰ったが、今日はお疲れモ-ドじゃった。
じゃが、仲間と談笑しながら飲む酒は楽しいねぇ。
酒と女にゃいたって弱いワシも愉快なひとときを過ごさせて貰うたよ。

国も人種も超えるが・・・

今まで、西の俵や神輿にはいろんな国の人に参加して貰うとる。
人種もさまざまで、打ち上げに参加してくれた人らとは、連帯感からか
言葉の壁は多少あっても、お互いのコミュニケ-ションを持とうという気持ちで
笑顔で話ができるもんじゃ。

テキサス州ダラスで警察への抗議デモから発砲事件につながり
多くの死傷者が出とるみたいで、人種差別は人類永遠のテ-マじゃけど
個人、個人で人間関係が出来とったら肌の色の違いはあんまし気にならんよね?

外国人はただのイベント的な考えで参加してくれとるんじゃと思うが
お祭りじゃけぇワシはそれでええと思うのに
神社とどうしても絡むけぇ、宗教的には受け入れられん。
そう言うて注連縄も花も、もちろん祭りへの参加も拒むのは日本の一部の宗教団体の人。

そがいな事言うたら、ワシら保存会のメンバ-の殆どがどこかのお寺の門徒であり、
八幡さんの氏子でもあるんじゃろうと思う。
宗教的には仏教と神道で違うハズなんじゃが、祭りは別物じゃてえね?

豊作に感謝する気持ちには宗教的な色合いは無いと思う。
神輿は神様の乗り物じゃああるが、年に1ぺん位
氏神さんを旅に連れてってあげるのに、神道がうんぬん、かんぬん、思うちゃおらんよ。
ただ伝統文化を次世代につなぎたい、地域の人と交流したい、
ただ、それだけなんじゃけどね?

2009年の秋祭り、外国人もちらほら
PA100078_1.jpg

背割れ

先の担ぎ棒のところで 『背割れ』 について書いたが、
これらは先人たちの知恵じゃろうね?
ワシら建築業界に身を置く者で古い人や建築を勉強した者なら誰でも知っとる。

日本建築で無垢の柱を使う場合は、この背割れが必ずしてある。
そして、その面が表に出んように柱の向きを考える。
表に出る(見える)部分には、出来るだけ節も見せんようにするけぇ
背割れの切れ目を入れる面は、節の多い面でもある。

最近は和室そのものが無い住宅も多いし、
和室があっても無垢で無節の柱なんて見る家は
相当予算のある家でないと、そんな材料は使えん。

大壁とゆ-て柱を隠す洋間なんかにゃ、なんぼ節があってもせやあないし、
無垢の柱じゃのうても、集成材ゆ-て木の端材を接着剤で固めて柱のようにしたものでも
強度さえありゃあ問題ないんで、そんな柱も安う材木屋さんで売っとる。

仮に和室のある家で真壁(柱の見える造り)であっても、この集成材の表面だけ
きれいな節のない檜の薄い単板を貼った材料もかなり昔から出回っとるのをご存知か?
家が完成してからはホンモノか偽物か見分けはつかんけぇ
建築途中に大工さんが加工しとるところを見んと分からん。

じゃが俵や神輿の担ぎ棒は全て無垢材じゃ。
接着剤で固めた棒じゃあ、水もかけるし、陽にさらされるけぇもたんじゃろう。

ワシらの担ぎ棒は、まだ寒い時に山から切り出して、すぐ皮を剥ぎ
背割れ加工を施し、しっかり乾燥させて、これ以上狂いの無い
檜の上質材を使うとりますけぇ、安心して担いでつかぁさいよ(笑)。

七夕

今日は七夕じゃね? これも祭りの一種じゃ。
子供のころ笹にいっぱい飾りや、お願い札を付けて
八幡川まで流しに行ったりしたもんじゃて。

あの頃、何をお願いしたんじゃろうの?
『幸せな結婚が出来ますように』・・・違うのぉ(笑)
『お船で知らん国へ行けますように』・・・こがいな事、思いもせんよの?
『アイスキャンデ-がいっぱい食べれますように』・・・妥当な線じゃと思う。

今の子供たちは何をお願いしとるんじゃろ?

担ぎ棒

担ぎ棒の木は檜じゃ。
檜と杉の重さを比べたら、断然、檜が重い。
檜は水に強いし、腐りにくい。

この檜を保存会(当時は同好会)発足当時にみんなで山へ切りに行った。
勝手に山の木を切っちゃあ怒られるけぇ、山の持ち主に断った上の行動じゃ。
木を切る時期もいつでも切りゃあええっちゅうもんでもない。
ちゃんと相応しい時期がある。そんな事も参加する事で覚える。

やっぱり人から聞いた知識より、自分で体験した知識の方が身に付いとるし
後輩たちに教えるにも自信を持って教えられる。
一緒に木を切りに行った仲間との連帯感も、より仲間意識を強うする。

木を切る時期は春先がええ。それには理由がある。
冬がようやく終わる頃は、まだ寒いけぇ害虫がおらん。
切り口から害虫を木の中に入らせんためにも寒い時がええんじゃそうな。
ほいなら何で真冬にせんかとゆ-と、冬の山には雪があって危険?

それもあるかもしれんが、何で春先がええかとゆ-と
木は春の訪れを知り、新芽を出すために、根っこから一斉に水を吸い上げるんじゃそうな。
その水は樹皮のすぐ下を通って吸い上げられるんで
木を利用するために皮を剥がす時に、皮が剥げやすいんよ。

これは実際に木を切って持って帰ったらすぐ皮だけ剥いでおくんじゃが
簡単に剥ぐことができる。これはやったもんでないと分からんじゃろうて。
1週間、2週間と置いて皮を剥がそうと思うたら剥げんのんよ。
そして乾燥させるにも、放っとらかしにして乾燥させちゃあいけんのよ。
背割れゆ-て、木の一方に切れ目を入れておくのよ。
そうする事によって、乾燥によるひび割れを防ぐのよ。

担ぎ棒も簡単に出来とるんじゃないんよ。

続きを読む

仲間入り

ウチの事務員さんが言うのよ、どうも祭りのグル-プゆ-たら怖い人の集団みたいじゃと。
そがぁな事ぜ~んぜんありゃあせんけぇ、昔たぁ違うんじゃけぇ、ホンマ。

神輿を担いでみたい、木遣り音頭を習うてみたい、和太鼓を叩いてみたい、
友達が欲しい、地域に溶け込みたい、行事に参加したい、
そう思うたら、毎月第2土曜日の19時半頃、五日市西集会所へ来てみんさい。

19時半頃からみんなが集まって、数人集まったら順に防犯パトロ-ルに出とるけぇ、
何班かに分かれて地域をパトロ-ルして、だいたい20時頃から、毎月会議を開いとるけぇ。
会議が始まってから中に入るには勇気が要るじゃろうが、
3~4人集まったら、その時点でパトロ-ルに出るけぇ、その時間じゃったら覗き易いと思うよ。

一人で来るのが心もとないんなら、ワシに連絡してから来りゃあええ。
090-3744-7439 これがワシの携帯番号じゃ。
携帯番号を公開したけぇゆ-て、いなげな勧誘や営業の電話は掛けるない。
純粋に神輿を担いでみたい、祭りに参加したい、地域に溶け込みたい
そう思う人だけ電話して来て下さい。
おっと! 仕事の用がある人は最優先ですぞ!

勇気を出してノックして下さい。

昨年の総会の様子、坊主頭の怖そうな人?
ありゃあ優しい県議さんじゃけぇ
IMG_7622_1.jpg

どこも後継者不足

いろんな祭りを見て、どこの祭りもけっこうな人数がおってじゃけぇ
羨ましいことじゃのぉ・・・と思うが、訊いてみると意外に
どこも後継者不足、人手不足に悩んどってみたいじゃ。

少子化でだんだん人間が減っていく中、何とか伝統文化を遺したいと
それぞれの頭を悩ませとってみたいじゃ。
あの山笠でさえ人手不足らしいけぇ、1つの流れに500人位おってものぉ・・・

ほいじゃがね、祭り好きな人はどこにでもおってよね?
飲み屋で偶然そんな人と知り合い、祭りの話になったら盛り上がるよね?
ワシは祭り、好きじゃないのに・・・
最新記事
最新コメント
プロフィール

秋祭り保存会

Author:秋祭り保存会
五日市西地区秋祭り保存会のブログです。

リンク
参加中!
広島ブログ
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる