FC2ブログ

担ぎ手、せやぁないん?

今年の俵は、神輿は、担ぎ手はせやぁないんかいね?
若い人と話をする機会があったら
「神輿を担ぎに出てみんかいね?」と声を掛けてみる。

全然、神輿が出とることも知らん人がおるんよね?
そんなん聞いたら、ショックよのぉ?
ワシらぁ年から年中祭りの集まりがあるし、祭りが頭から離れんが
秋祭りに今まで五日市に育って、子供の時にしか参加しとらん人、
けっこうおってんよね? 

「そんな神輿が出てるんですか? どこを通るんです?」
22年やってきて定着しとると思うとるのはワシらだけで
まだまだ世間に知られとらんのんじゃないか? とショックを受けるよの?

神社がどこにあるんかも知らん人がけっこうおってじゃ。
こないだも事務所へ来る銀行員を誘うてみたが、
ちょうど本人の結婚式当日じゃそうで、ちょっと難しいよね?

昨日、北のI会長と電話で話をしたが、北は昨年出てくれた人の内
数名が今年は都合が悪いらしく、可継手が足らん状態じゃという。
西はせやぁないんか? 東はせやぁないんか?
毎年、積極的にみんなが声を掛けんと難しい問題じゃ。

まだ北が神輿を上げる前の北の会議
IMG_5706_1.jpg
スポンサーサイト

過ぎてしまえば・・・

秋祭り保存会も発足して今年で22年目を迎える。
発起人の一人でもあるワシは、ずっと突っ走って来たが、
過ぎてしまえば22年はあっという間じゃ。

じゃが22年を考えたら重い。
生まれた赤ん坊が成人し、責任感を持って社会に出る頃じゃ。

五日市西地区秋祭り保存会も決して順風満帆の航海じゃなかったが
続けることに意味がある。22年間同じことに集中出来ますか?

ワシ個人も脱サラして34年、事業を続けることは大変じゃった。
もちろん34年もやったら、上場企業に育てとる事業主もおってじゃ。
大したもんじゃと尊敬する。ワシには出来んかった。
じゃが放り出さずに続けてこれたのはワシの力じゃないんよね、
従業員、家族、協力業者、顧客・・・みんなに支えられたおかげじゃ。

秋祭り保存会もホンマに多くの人に支えられ今までやってこれた。
多くの人に出会い、衝突した人もおりゃあ、生涯心に残る人もおる。
そんな人たちに支えられて22年過ぎたんじゃねえ。

前会長も、現会長も、発足当時からのメンバ-じゃ。
それぞれ当時の写真と見比べると、22年の月日は重い。
前会長なんか、22年前の髪の毛は七三に分けて真っ黒じゃった。
今? 昨日のブログに写真で載せたろう?
見ての通りじゃ。

ワシ? ワシも22年前は青年よ! 女が放っとくハズがない!(笑)
ズングリムックリでも、脚は多少短くとも、頭はかなり大きくとも、結び目は縦であろうと
夢に向かって進む熱い男には金も、スタイルもイケメンも必要じゃないのよ。

ちょっと、今夜は酔うとるかも?
この年で、若い娘から「ちょっとその話興味ある、もっと訊きたい」
じゃの言われたら嬉しいじゃないの。
じゃが、鼻の下を伸ばしたらいけんのよ! それは重々分かっております(笑)!

22年、過ぎてしまえばあっという間じゃったが
これから先、22年ゆ-たらどうなっとるんじゃろ? ワシ、まだ生きとるかいの?

御陣乗太鼓を真似た初期の太鼓部
img-303113826-0001_1.jpg

新会長

ゆんべは木遣りの練習日と思い、ちいと声を出しとこうと出かけた。
自転車を置いとる際、中から大きな声が聞こえてくると期待したのに、静寂。
『あれっ?休憩中かいの?』
と思いながら中へ入ると、新会長と前会長とTっちゃんだけじゃ。

「今日は木遣り部の練習はお休み」と聞かされ、
「な~んじゃ、そうなんか」 焦って来て損した(笑)。

新会長も大変じゃね! 皆の衆の気持ちを鼓舞せにゃあいけんけぇね。
ワシももっと手伝えりゃあええんじゃが、祭り直前になって腰を傷め申し訳ない。

昔話に花を咲かせとったら事務局長が仕事帰りに寄りんさった。
元会長のKさんと打ち合わせがあったようで、Kさんも来んさった。
ワシは9時過ぎにゃあ帰るつもりで行ったのに、話が弾んで
見りゃあ、はぁ11時じゃわいや。

残ったポスタ-を貰うて、みんなと一緒に帰った。
今年も秋祭りが無事に、盛大に終わりますように、想いは一緒じゃ。

  昨夜の新会長と前会長
IMG_8477_1.jpg

青年部長

今日は午前中、飾りつけのお手伝いに同行。
ハシゴで電柱に上がるのは青年部長のH君と昨年入会のOさん。
H君はN副会長とT営繕部長に命令口調でああじゃ、こうじゃと指示されながら
「うっす!」 と懸命に動いてくれ、大きな戦力じゃ。

ほいじゃが、そのNさんの言い方にH会長は苦笑、
「ワシじゃったら、ようガマンせんが、ようやってくれるよね?」
「あれが彼のキャラで、そこをみんなから可愛がられるんじゃろうね」 とワシ。
憎めんキャラでみんなの人気者じゃし、よう頑張ってくれとるもんね。

今日のワシの目標は午前中は何とかついて歩く、じゃったんじゃが
2時間が限度じゃったね。足の痺れが上に上がってきそうで
せっかく今、痛みが取れとるのに、ぶり返しちゃあいけんので
11時前には上がって、休んだ。

午後から雨が降り出したけぇ、カ-プの試合も中止になった。
あの雨の中を作業しちゃあ危険じゃろう?
昨日の土曜日も注連縄を運んだりしたみたいじゃけぇ
水入りで、ちいと、休憩した方がええんじゃない?

いよいよ飾り付け?

いよいよ明日から飾り付け作業が始まると連絡が入った。
これから町も祭りモ-ドに入って行くね。

彼岸でもあるけぇ墓参りにも行かにゃあいけんし、
せわしゅうはあるで。

今夜も涼しい、涼しさを通り越して、朝方のひんやりを感じたら秋祭りじゃ。
毎年、祭りの朝はサラシに半纏だけじゃ肌寒さを感じながら出かける。

よ~降るのぉ・・・

秋雨前線と台風16号の影響でこないだからず~り雨模様じゃ。
一昨日はまた降雨量も相当で、広島市近辺にも避難勧告や避難指示が出とった。
こないだの台風10号で東北、北海道でかなりの被害が出とったんで、
あんだけ降りゃあ心配になるてえね。

『岡の下川、警戒水位』 とかの警告が携帯に送られてくると
ホンマかいの? と外の様子が気になる。
ワシらが子供の頃に五日市も水浸しになった事があるし、
コイン道路は低いんか、水はけが悪かったんか、よう水が溜まりよった。

コイン通りを見ても、最近は排水ポンプを能力アップしたとかで水は溜まってない。
車で岡の下川の様子を深夜じゃああるが見に行ってみようかと思うたが
女房殿に止められ、行かなんだが、竹爺は見に行ったらしい。

台風16号は鹿児島に上陸したみたいで、高知、紀伊半島方面に進むようじゃ。
この影響で、まだまだ雨が降り続くみたいじゃけぇ、土砂災害がなけらにゃあええが・・・。
今日も島の山道が土砂崩れで片側通行になっとるところがあった。

早よう秋雨前線が南下して、秋晴れの彼岸を迎えたい。

竹取物語で疲れた体で天蓋作り
KC460060_1.jpg

料理男子多い?

わが保存会、事務局のSさんの手打ちそば、手打ちうどんは会員にも振舞われ
すでにその腕前はみんなの知るところじゃああるが、
一昨年、新たに仲間入りされたOさんも、なかなかのもんらしい。

だいたい器用な方じゃし、積極的に何でもやっての方で、その腕前はワシも知っとるが
料理も上手いとは知らなんだ。何でも冷麺を作りんさったとか?

ああしてみると、けっこう料理の上手い男子がワシの周囲にはおりんさる。
ワシもだいたい器用な方で、何でも無難にこなせる方じゃ。
特にハチマキの結び方には定評があり、皆の知るところでもある。
じゃが、料理だけはダメなんよ。

学生時代に一人暮らしの経験があり、インスタントラ-メンなら上手に出来るんじゃが
焼き飯は何回も挑戦したが、とても食えるもんじゃなかった。
また作る量も考えが無いとゆ-か、美味しゅうないもんをえっと作り過ぎて
何日もまずい焼き飯を食った経験がある。

不味いけぇと作ったモノを捨てるような時代に育っとらんけぇ、
もったいないと、ないよんなるまで責任をとって食べるんじゃけぇ堪らん。

もし女房殿に先立たれるような事になっつらぁ
公民館の男の料理教室に通わにゃあいけまぁか?
ま、そがぁな心配せぇでも作ってくれる人はすぐ現れるじゃろうけどね?(グフフフ・・・)

準備作業

今日は脚の痛みが無いけぇ、雨じゃああったが、小雨になった頃を見計ろうて
集会所へ自転車で行ってきた。
雨降りじゃのに、雨降りじゃけぇか、そこそこ会員は来て作業しとったし、
ワシの後からも次々とやってきて、幹事会並み(?)の参加者になった。

作業が一段落した頃に、注連縄の話も出とった。
氏青-注連縄-女みこし-子どもみこし、今後の課題じゃ。

1階が手狭になったんで、法被のチェックなどは2階でやるみたいで
全部の法被を持って上がり、チェック作業が始まろうとしとった。
外を見たら雨が上がり、何人かは帰る様子じゃったんで、ワシも帰ってきた。

午後からは義父の様子を見に湯来まで行かにゃあいけんのんじゃが、
ゆんべようけ降ったんで土砂崩れなんかの心配はないんか気になる。

作業

事務局からメ-ルが入った。
作業が遅れとるんで手伝える者、集合の案内じゃ。
注連縄の作業が遅れとるとか・・・
町内会に配分する縄の仕分けなんじゃろうか?

昔のワシなら、汗を流すのは好きじゃけぇ、何はおいても駆けつけたかもしれんが
今年は、いや今年から? 汗を流せん立場になった?
じゃが何が今までと違うんじゃろ? 
一昨年と昨年の違いは氏青から引き継いだ、町内会からの注連縄注文への対応じゃ。

これは連合会で請けた仕事なんか、西で請けたことなんか?
じゃが請けた以上は責任があるけぇ、注文に応えにゃあいけんよのぉ。
実際のところどうなんじゃろ? 祭りは近い!

発声練習

もうこの時期、木遣り部のみなさんは毎週火曜日の夜
集会所で発声練習をしとってようじゃ。

木遣りも音頭もけっこう大きな声を張り上げるんで
祭り当日、いきなり大声を出そうとしても、その時は出ても
後が続かんで、声が出んようになる事もあるんで
徐々に発声練習を重ねて、本番に備えとって訳じゃ。

ワシは木遣り部をやめて、何年にもなるけぇ
本番で詠うことはないハズなんじゃが、部員の体調不良とかで
急にお願いされることがあっちゃあいけんと思い
運転中の車の中で、たまに発声練習をする時もある。

この発声練習でも、いきなり大きな声を出すと
喉を傷め、しばらく声が出ん時もあるもんね。
日頃から発声練習をしとる木遣り部の人らは、やっぱり違うと思う。

花のお願い

女房殿に頼まれ挨拶文を作った。
町内の家庭、事業所宛に祭りへの理解と花集めに周りますとの挨拶文じゃ。
もう何年も続けとることで、この時期毎年依頼される。

花集めに支援部として祭りの1週間くらい前から毎年周ってくれるんじゃが、
周る前にこの文章を回覧板やポスティングでお知らせしとくのと、しとかんのでは違うらしい。
えらそうに、いつもに亭主関白ぶっちゃあおるが、実のところ感謝しとるんよ。
家のことでもそうじゃが、毎年、この時期、祭りの裏方でも世話をかけとる。
実のところ頭が上がらんのよ(苦笑)。

本人も嫌がっとるが、誰も好き好んでしとうはない。
1軒1軒、寄付を募って歩く訳じゃけぇ、イヤな顔される事もあるみたいじゃし
心ない暴言を聞かされる事も多いらしい。
そんなグチを聞いてやるのもワシの仕事。

聞くに耐えん事を言われたとなると、愛妻家のワシとしては許せんけぇ
「次からそこはワシが行ったる。どこや?」 となり、自分の仕事が増えるのよ。
居酒屋なんかも女性陣だけで行ったら、外野からヤジが飛んで来るらしい。
それを聞いてからは、ずっとワシが夜の店を周る時はついて行くことにしとる。

寄付を頂くんじゃけぇ低姿勢でお願いするんじゃが
あまりに理不尽な事を言うヤツは許せん! 堂々と申し開きするんよ。
自分のためじゃない、地域のためじゃんか、怖いハズがない。

じゃが、あくまで寄付じゃけぇね! 強制じゃないんよ、気持ちじゃけぇね。

花集め、笑顔、笑顔でお願いしますね
IMG_1332_1.jpg

木遣り部練習

昨夜、木遣り部の練習を覗いてみた。
北のI会長も木札やポスタ-を持って来られ、
ついでに一節うなって帰りんさった。

ワシは今のワシの状態を報告し
今の状態が続くようなら、ずっと俵や神輿に今年はついて歩けん、
その報告をしとかんといけんと思うたのよ。

既にプリントにはワシの役割分担も書いてあったが、了承して貰うた。
途中でチャルして近道を進むかもしれん(苦笑)。

またワシがそんな状態では祭りが出来んじゃろうと、
今度は他の方でちょっと手伝うてもらえんかとの話が出て来た。
そっちは作業する事ぁないが、演奏があるんよ。
やって貰うにしても、ちびっとだけとの事じゃが・・・。

一応、会長殿にその報告もしとかんといけんけぇね。
そんな話があるという事だけは伝えといた。

   街の飾りつけは重労働で危険な作業じゃ。2012年
IMG_1259_1.jpgIMG_1266_1.jpg

木遣り

こないだの総がかり会の時に木遣り部のTさんから
「今年も、第一公園から先を頼みますよ」 と言うてくれちゃったが
今年、俵にずっとついて歩けるんじゃろうか?

全然、木遣り部の練習に覗いとらんのに、本番だけ詠うじゃの
日頃からずっと練習しとって方々に申し訳ない、常々そう思いながらも
詠い手が少ないけぇと言われ、詠わせて貰うとる。
じゃが、今年はどうか・・・
今の状態ではとても無理と思う。

子ども会さんも毎年のことじゃけぇ言うて来んさった。
じゃが、今のままじゃとても無理じゃ。
何とかせにゃあ・・・気持ちは焦る。

しんどうても明日ちょっと練習を覗いてみようかの?
ほいで、今がどうゆ-状態かを説明し、迷惑をかけんようにせんとね。

昨年の祭り前の木遣り部練習風景
IMG_6978_1.jpg

マエケン対イチロ-

カ-プの優勝に広島の街は大いに盛り上がり、どこも優勝セ-ルで大賑わい。
そんな日曜日が過ぎた深夜、ふとテレビをつけたらドジャ-スとマ-リンズの中継をやっとった。
マエケン対イチロ-の対決が見られると思い、今までテレビ見とった。

1打席目はイチロ-は併殺打に打ち取られとったが、2打席目はしぶとく
詰まりながらもセンタ-前に落としてヒット。
マエケンはこの回、2点を失うたところでテレビを消した。

マエケンもカ-プの優勝を喜んどるじゃろうか?
複雑な気持ちでこのニュ-スを聞いたか、テレビで見たか?
マエケンもカ-プで優勝したかったろうに・・・
これも運なんかもしれんね。
じゃが、彼はメジャ-に行っても既に14勝しとるんじゃもんね。

彼自身は好成績を残して、誰からも認められるええピッチャ-なんじゃが
プロで優勝の経験はしとらんのんよの? ビ-ルかけしたかろうのぉ・・・。

連合会に遅刻

今日は朝からせわしかった。 超ハ-ドスケジュ-ルじゃった。

カ-プ優勝の興奮が、まだ冷めん内に朝刊一面にカ-プ優勝の大見出し!
カ-プの記事が満載なのに、全部見終えん内に区民文化センタ-へ・・・
今日は嫁がやっとるピアノ教室の発表会とかで、応援に・・・。

12時前まであって、急いでメシ食って次は薬師が丘へ・・・。
これは事情を書くと長うなるんで、『仲人役』 とだけ書いとこう。

薬師が丘と集会所の時間が同じじゃったんで無理は承知じゃった。
が、体の調子がこれくらいなら連合会にも顔を出さねばなるまい。
薬師が丘に着いた頃に、東の強面先輩のSさんから電話が入った。

『今日、今から連合会があるんじゃろうがい? ワシは飲んどるけぇ行かれんけぇ』
「Sさん、ワシも今、薬師が丘の方におるけぇ遅刻するよ」
『ワシはさっき連合会の事を聞いたんじゃが、はぁ祭りの連中と飲み始めとったけぇ
酒飲んで行ったら、失礼じゃろうがい? ほいじゃけぇ行かんけぇ、よろしく!』

ワシも用を済ませ、急いで集会所へ向うた。
着いた頃には、本日の議題はすべて終了。
「何か他に質問は?」という事務局の問いに毒多Kが発言し、
毒多Kの発言の内容にはワシも賛同出来たんで、ワシにも発言の機会が貰えた。
いろいろと祭りを運営して行くのにも山あり谷ありじゃね?

会議も終わり集会所に残って、ゆんべの祝賀会の続きをやる者もおられるようじゃったが、
ワシは自宅のソファ-が腰に良くないんじゃないかと言われ
ソファ-の買い替えを検討するため、
「優勝セ-ルを狙わんにゃあいけんのんじゃけぇ、早めに帰るんよ!」と
出る前に女房殿に何度も言い聞かされたもんじゃけぇ、
「みなさんお先に失礼します」と急いで帰ってきた。

じゃが、今日はどこも優勝セ-ルをやっとるせいか、どこも車が多いんよ。
移動するんに時間がかかったが、これも腰を早よう回復させるため。
じゃが売り場をしばらく歩いとったら徐々に足腰に負担が・・・
「えっと歩けんけぇ、今日のところはこれくらいで勘弁しといたろうか?」
それでもムチ打って2軒の家具売り場を見て歩きました。
幸いソファ-じゃけえ、そのたんびに座り心地を確認するため座れるんじゃが
立ったり、座ったりでくたびれましたとさ。 チャンチャン

優勝戦の中、総がかり会

本陣に出向いたら、みんなカ-プの試合に夢中じゃった。
しばらく見とったが、時間になったんで会議は始まった。
足早に議題は進行し、会議が終了した時には速報が入り、カ-プの逆転に沸くみんな。

懇親会が中締めとなったところでワシは断りを云うて自転車で帰り、
まだ試合が続いとったテレビの前に座り、優勝の瞬間を待った。
するどいショ-トゴロを田中が無難にさばきゲ-ムセット。
思わず女房殿と共に大きな拍手。
「やったぁ!」

すぐわが家でもビ-ルかけ! とはいかんけぇ、ビ-ルを出して 『乾杯!』
二人でビ-ルを飲みながら胴上げシ-ンを見た。
黒田も胴上げされたが、涙を隠す腕がよけいに感動を呼び、目頭が熱うなったよ。
最高の優勝決定の瞬間じゃった。 やった! やった! おめでとうカ-プナイン!

そう言やぁ・・・

そう言やぁ、明日はカ-プが巨人叩いて優勝する予定なんじゃが・・・
それでも総がかり会あるよね? みんな観たいのに・・・
カ-プより秋祭り! みたいな野球には無関心な顔して会議は進むんよねぇ~?
町内会長さんも 「よいよ!カ-プの優勝の瞬間を観たいのに・・・行かにゃあいけんのんかいの?」
子ども会の役員さんも 「えっ! 総がかり会、予定通りやるんかね?」
幹事連中も 「悪い日に重なったのぉ・・・」 などと思いながら仕方なく来るんじゃろうね?

中には急に体調不良になって欠席する人も出るかもね?
わが家もビデオ、セットして行くかね? ラジオ持って行くかね?

2011年の総掛かり会の様子
IMG_0425_1.jpg

総がかり会

明日は西地区秋祭り保存会の総がかり会がある。
『総がかり会』 とは決起集会みたいなもんで、3代目会長が名付けた会じゃ。
幹事連中はもちろん、担ぎ手、町内会長、子ども会役員さんに声をかけ集まって頂き
今年の秋祭りをどのように行うかを説明し、それぞれの役目も確認する。

祭りと言うてもみこしを担ぐだけじゃない。
俵みこしの組立、神輿の組立、道中の飲み物運搬係、交通整理係、花集め
参加者への昼ご飯の用意、打ち上げでの料理の用意、買い出し、広報班、
幟立てなど町の飾り付けの作業、撤収作業 等々こまかく担当を決める。

大勢の人の協力があって、毎年秋祭りが出来とるんよね?
感謝、感謝です。 今年もよろしくお願いします。
ワシも行くつもりでおります。

稲刈りと祭り

ちょっと鈴張まで足を伸ばしたら、もう稲刈りしとる田がけっこうある。
近頃は稲の種類が違うんかねぇ? 昔と比べたら早い気がする。

昔は秋祭りの打ち上げで、青年団でバスを借り切って山陰の温泉へ日帰りで行く時、
山間部も通ったハズじゃけどハゼに稲を掛けてあったんで、
五日市と同じ頃じゃったんじゃないかと思うんじゃけどのぉ・・・。

どこの地方じゃったんか忘れたが、ハゼが何段にもなって高かったのを覚えとる。
近頃はコンバインで刈ったら、ワラは切り刻んで田に撒かれるけぇ
ハゼに干した稲をあんまし見ることがない。

喧嘩神輿を担いどる時、まだこの辺は黄金色の田んぼで
道が狭い上に、担ぎ手が多いけぇ、よう田んぼにはみ出して歩いたもんじゃ。
喧嘩して神輿もろとも田んぼになだれ込む事もあったけぇ
農家の人にとっては迷惑な話じゃったんかもしれん。

稲刈りと祭りはセットでワシの頭の中に記憶されとる。

懐かしい声

おぉ! 画面が直っとるじゃんか!
事務員さんがFC2に連絡してくれたお陰じゃ。
画面は直ったが、腰は未だに治らん。

ここ10日間、懐かしい声を数人の男たちが聴かせてくれた。
ワシが大学3年で中退して以来、聞いてなかった声じゃ。

当時、五日市から喧嘩神輿が無くなって3年が経過しとった。
そのまま祭りが続いとったら、例え都会で学生生活を送っていようとも
秋祭りの時期には五日市に帰って、喧嘩神輿を担いどったじゃろうね。

当時の青年団はたぶん25歳くらいで引退しとったんじゃないかね?
結婚したりして青年団を去る人が多かったんかもしれん。
なにせワシが17歳の時、高校3年生の秋に担いだ喧嘩神輿が最後じゃった。

その頃、すでに青年団に入団する若者が少なかったんじゃろうと思う。
あれだけ小学生の時に憧れた青年団じゃのに、入団資格がある中学生になった時、
西の青年団に入った同級生はワシともう一人だけじゃった。
ワシは親から何も言われんかったが、他の同級生は親から止められたんじゃと思う。

中学生になったら、しっかり勉強して、ええ高校に入り、ええ大学へ進め。
級友はそう言われたんかもしれんが、ワシは親からそんな事を言われた記憶がない。

じゃが、たぶん母親は中学から私立に行かせて・・・とかの企みがあったんかもしれん。
5年生か6年生の頃に当時は珍しかった塾に通わされた。
なんぼ母親がそんな企みがあったとしても、当の本人にはそんな気持ちはサラサラ無いんじゃけぇ。
『塾は友達を作って遊ぶところ』 くらいにしか思うとらんかった。

実際、学校が終わって塾に行く時間になっても校庭で友達と野球をしとった。
塾の先生が毎回、ワシを呼びに校庭に来よったもんね。

話を元に戻そう。
大学時代の友達とプチ同窓会をやろうと尾道に住む友人から電話があった時にワシが提案した。
今、7名の連絡先が分かり、懐かしい声が毎日のように携帯に入ってくる。
ワシだけ中退じゃが、他のメンバ-はちゃんと卒業しとるらしい。

3年で中退するまでは、親しい級友がワシのアパ-トに集まっとった。
体育会系で他校と喧嘩出入りばっかしやっとるような大学じゃったが
そんな中にも髪を肩まで伸ばし、ミュ-ジシャン気取りの仲間が寄って来とった。
みんなギタ-ヤドラムが出来る奴らばかりじゃったが、レベルは低かった。

じゃが、そんな奴らとグル-プを作って学校には行かず、バイトと遊びの毎日じゃった。
突然、ワシが学校をやめたんで、それから数度は手紙のやり取りはあったが、
その内、ワシも結婚し、音信不通になっとった。

祭りが済んだら彼らと45年ぶりに会うことにしとる。
じゃが昨年47年ぶりに復活した喧嘩神輿には感慨深いものがある。

若かりし頃は音楽に夢中じゃった
img-404135547-0001.jpg

ご挨拶

ゆんべ帰宅したと思うたら、子供会の役員さんがお見えになり
「今年もお祭りの俵みこしや木遣りをよろしくお願いします」との事じゃった。
いよいよ秋祭りじゃのぉ、って感じじゃね。

ワシら西地区で子供会が残っとるのは、ここだけみたいで
他は子供が少ないとか、お世話をする役員のなり手がおらんとかで
解散しとるみたいで残念なことじゃね。

たしかに共働きでお母さんの負担が大きいけぇ、ヨソの子供の面倒までみれんのが現状じゃろう。
子供たちも塾や習い事に行く子が多く、子供会の活動が出来んのも事実じゃろう。
これも時代の流れと言うてしまやぁ、それで終わりじゃが、
学校では学年ごとの付き合いだけじゃが、子供会では学年を超えた付き合いが出来るし、
より地域に密着したコミュニティ-で子供だけじゃなく親とも交流できる貴重な組織と思うんじゃけどね。

そんな流れの中、この子供会はなんとかお母さん方が頑張って続けておられる。
微力じゃああるが、ちいとでも応援したげとうなるよのぉ?
今年も事故がなく、無事に盛大に俵みこしの奉納が出来ますように。

 2001年の子供会俵みこし奉納
この子らも30歳前後になっとるのぉ
img-303114324-0001_1.jpg

祭りモ-ド

ワシが担当するおやじバンドのステ-ジは一応終わったが、また一つ応援要請が入ってきた。
じゃが、基本的には 『祭りの時期なんで』 と断っとる。
それでも時間が空くようなら行ってあげたいとこなんで個人練習だけはしとかんと・・・
じゃが、それも祭りも体調が万全であることが一番の条件じゃ。

でも、そんな事には関係なく周囲から祭りに関する話や相談が入ってくる。
もう秋祭りを1ヶ月後に控えとるんじゃけぇ無理もない。
ワシも元気な時に 『祭りのお手伝いをします』 とえらそうに言うとる手前、
「いや、実は腰痛を患いまして・・・」 と言い訳できん相手がある。
もう活動開始せにゃあいけんのに、動けん状態じゃ。

そんなワシの腰痛を心配してくれて、各方面からいろいろ紹介してくれてじゃ。
人がええと言うことは片っ端から進んで体験しようと思う。
時間も金もかかるが、動けん苦痛よりはマシじゃ。
市内の鍼治療、東広島のカイロ、九州のスピリチュアルヒ-リング?
全部行くつもりじゃ。すでに予約も入れとるのもある。

動いてないと気が済まんワシが、もう1か月も約束した事以外何もしとらん。
今までの人生でありえん事じゃし、入院しても1日で退院するワシには考えられん事じゃ。

確実に秋祭りは近づいてきとる。
はがいいのぉ・・・

何もせんのに・・・

何か画面がおかしい。
何もしとらんのに、何で? ワシの腰と一緒でめげてしもうた?
字が書いてあるところにも背景が入り込んで見にくいのぉ・・・。

情けな!

ここんとこ日曜日は用事を済ませたらゴロゴロする時が多い。
腰痛で何もする気がせんのよ。情けない。
じっとしとく事のなかったワシが、じっとしとるなんて・・・地獄よ。

フカと一緒でじっとしとったら死んでしまいそうじゃ。
ずっと動き続けとかんと死んでしまいそうじゃ。

台風が近づいても、窓にベニヤも張れません。
情けな!

神輿の値段

神輿を作るのに今、どれくらい費用がかかるんかね?
10年くらい前に子ども会が今までの俵みこしが重すぎるからと
小さな今の俵みこしを購入しちゃったが、あの時たしか
俵みこしで80万くらい、神輿で100万くらいじゃったと記憶しとる。

これはあくまで小さな子供用のみこしであって、部品も量産品で
それの組み合わせじゃけえ安う出来るんじゃと思う。

時々、刑務所の作品展なんかの様子をテレビで見るが
これは手作りで刑務所で作ったものでも1000万円くらいしとったと思う。
そりゃあそうじゃろう、古い神輿を修理するだけで150万くらいかかっとるけえ。

東の神輿も北の神輿も修理は業者に出したけど、西はそうじゃない。
ただお金が無かったという理由だけなんじゃが、
当時、保存会会員の中に大工さんもおったし、建具屋さんもおったし、
絵師もおったし、建築関係の職人もおったんで、
金が無いんなら、自分らで出来るところは自分らで直そうと言うことになった。

結局、漆塗りと金箔貼りだけ業者に出して西の神輿は復旧した。
担ぎ棒も縦棒は今までの物を使うとるが、横棒は自分らで山へ切りに行って
皮を剥がし背割れ加工して乾燥させた材料を加工屋さんで加工して貰うた。

今、西の神輿が一番古いし、金もかけてないけえボロい。
じゃが手作り感があるのが自慢で、決してひけは取らん。
ワシらが担いどる神輿は弘化3年に作られた神輿をいまだに修復しながら担いどる、
伝統ある神輿でござる。

神社に整列した3基の神輿2015年
IMG_0890_1.jpg

鍼治療

こないだ鍼治療で楽にったハズの腰から足にかけての痛みがぶり返してきた?
一昨日、再度鍼灸院を訪問。事情を話した。
「長い間押さえられていた神経が押さえから解放されたからと言うて、すぐには全快しない」
確かにそれはあるじゃろうのと思いながらも足の痺れは全然回復しとらんので
再度、鍼治療を施術して貰うたが、今度は変わりがない・・・。

しばらく様子を見るしかないんかのぉ・・・。
ずっと痛みが続くのはいやじゃしのぉ・・・気分がすぐれんもんの。
ほうか言うて一旦やめた痛み止めの薬を飲みとうはないし、
飲んでもさほど効かんかったようにも思う。やねこいのぉ・・・

昨日から 『越中風の盆歌』 が始まったねえ。
全国から相当数の人が観光に行っとってと思うよ。
今年は、最後の日が土曜日になったけぇ、行こう思うたら行けたんじゃが
他の予定が入ってしもうたけぇ行かれん。来年は予約しとこうかのぉ・・・。
2日が土曜日になるけぇ。

  2012塩屋へ向かう神輿
 今年は後ろの殿山は無い
CIMG1944_1.jpg

秋の気配

こないだの雨から涼しい日が続き、天気予報はそれは2~3日で、すぐ暑うなる
そう予報しとったが、台風10号の影響なんか、まだ涼しい。
夕方、仕事が終わって自転車で帰るにも、秋の気配を感じる。

台風10号は、あれだけテレビ等で異常なくらい報道され、警戒されとったにも関わらず
大きな災害となり、自然災害の恐ろしさを見せつけられた。
テレビでどこやらの町長さんがインタビュ-に応えとった
『これほどひどいとは思わんかった』 と。
何を言うとるんや、尋常じゃない警戒報道に、それを感じんかったんかいの?
例年、台風の通り道になる沖縄なんか直撃を予想されとっても
今回の台風10号ほど警戒されとるのを見たことない。

まだまだ行方不明の人もようけおってのようじゃ。
早い復旧を願うばかりじゃ。

広島はこのまま秋に向かえばええんじゃが、『暑さ寒さも彼岸まで』
まだ残暑があるんじゃろうかね? 祭りの支度もあるんじゃが・・・。

運搬係も重要な裏方さんじゃ2009
IMG_1331_1.jpg
最新記事
最新コメント
プロフィール

秋祭り保存会

Author:秋祭り保存会
五日市西地区秋祭り保存会のブログです。

リンク
参加中!
広島ブログ
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる