FC2ブログ

祭り前最後の幹事会

今朝は朝の早ようから女房殿は忙しそうにバタバタしとんさる。
秋祭り当日の朝も同じように早ようから忙しそうじゃ。

今日は一番下の孫の幼稚園の運動会があるけぇじゃ。
開会式とか入場行進とかが好きみたいで、それに間に合わせようと
家事などを済ませておくためじゃ。

秋祭りの朝も、ワシの支度、自分の支度がある上、
家事を済ませて出かけるため忙しい。

ワシも仕事の途中で運動会に顔を出し、午後からは知り合いのコンサ-トがあり
夕方から夜にかけては商工会の行事が入っとるけぇせわしい。
今夜の幹事会には顔を出せそうにないけぇ、欠席届けを出しといた。

明日から注連縄が張られ、来週の金曜日は神輿の組み立てじゃ
IMG_8515_1.jpgIMG_8528_1.jpg

スポンサーサイト



日が短うなった

彼岸過ぎて何か急に日が短うなったように感じる。

世間では衆議院解散とメディアは大騒ぎじゃ。
日本国中で大きなお金が選挙に使われる。
まだまだ震災復興で元の生活に戻れん人も多い中、
被災者の目にどう映っとるんじゃろうか?

家に子ども会からの 『花集めへのご協力』 のチラシが置いてあった。
役員になるのがイヤで子供を子ども会に入れん親が多い中、ご苦労様と思う。
たしかに最近のお母さん方は仕事を持っとる人が多い。
仕事もやり、家事もし、その上、他人の世話までよ-見ん、
そりゃあそうじゃろうて、大変じゃわい。

ワシらぁ子供が小学生くらいまでは子供にとって母親が必要なんじゃけぇ
仕事を持たずに、家におってやれんのかいの? と思うんじゃが、そうもいかんらしい。

ウチの息子んとこの子供も、娘んとこの子供も小さい頃から習い事に通わせとる。
ほいで学年が上がるにつれ塾にも行かせにゃあいけんみたいで教育費がかかるんじゃと。
家も欲しい、車も欲しい、エアコンが欲しい、スマホが欲しい・・・お金が必要なよのぉ?
お母さんが働かにゃあいけん訳じゃ。

ワシらが子供の頃と環境がかなり違うことを理解してあげにゃあいけんのんかも?
その反面、リタイアした元気なお爺ちゃん、お婆ちゃんが増えとるんじゃけぇ
子供たちの面倒は爺ちゃん婆ちゃんがせにゃあいけんのんかもね?

     昨年の神輿の様子
IMG_8522_1.jpgIMG_8547_1.jpg

やぐら

今月いっぱいで閉店する居酒屋 『やぐら』 へ行こうと三代目からの誘いじゃった。
あいにくの雨の中、7名の有志が集まり、名残りを惜しんだ。
地域に愛された店だけに、ワシらの耳に『閉店』の噂が届いた時には
すでに閉店まで予約がいっぱいの状態で、いったんは断られとったんじゃが
後から電話が入り、27日なら何とかなると受けてもらえた。

半分ほど残っとった三代目の焼酎のキ-プはすぐみててしまい、
次のボトルを注文せんと足らん状態じゃったが、それも飲み干した。
まぁ、皆さんよ~飲むねぇ! ワシは2杯だけ、と健康を意識していただいた。
自宅に着いた頃には、また腹が減ってきた。
なんちゅう腹、しとんかいの?

        昨年の神輿渡御のようす
IMG_8530_1.jpgIMG_8540_1.jpg

祭り前、最後の木遣り練習

今夜が祭り前の最後の練習じゃったらしい。
来週はいろいろと他にする事が多く、練習は休みなんじゃとか?

今夜は東のAさんが練習に参加してくれちゃった。
Aさんも、いつもCDを聴きながら練習をしとってみたいで
西の詠い方にソックリなのにビックリした。
音頭はちょっとKさんの節まわしに似とるような気がした。

Aさんは携帯に五日市の木遣り音頭の元祖になっとる久保田のマジさんの肉声を
収めとっちゃって、それをちょっと聴かせて貰うた。
久保田のマジさんとはワシも面識があるんじゃが、木遣り音頭ではなくバンドの方じゃ。

ワシがまだサラリ-マン1年生の時に、一緒にのど自慢のバック演奏をした事がある。
出場者の歌う曲を演奏するんじゃが、その譜面を用意してくれんさったんがマジさんじゃった。
その時に初めて懐メロを演奏したし、全然知らん曲も覚えた。
『蘇州夜曲』じゃの20代のワシにとって初めて耳にする曲じゃった(笑)。

       今年9月の連合会会議
IMG_1084_1.jpgIMG_1085_1.jpg

変わりゆく五日市の町

幟を立て、横断幕を張り、提灯を上げ、大紙垂を上げ、わが西地区は祭りモ-ドになってきた。
更に今度の日曜日には山に竹を切りに行って、町の要所要所に立てる。
町内会では『天蓋』と昔から呼ばれる注連縄を張って、いよいよ秋祭りの町の化粧は大詰めを迎える。

この秋祭りを迎える準備とは別に、昔から馴染んだ古い家並みが消えて
新しい家やアパ-トが次々と建ち、どんどん五日市の景色も変わっていく。

どの時代にもあった事じゃし、それが世の慣いでもあるが、昔の五日市の景色も懐かしい。
幼少期、10代、20代、30代・・・と、その時代で異なる景色。
どんどん建物の建ってない土地がなくなり、ビッシリと隙間なく建物が土を隠してしまう。

都会なら、それもやむを得まいが住宅地である五日市ですらそんな状態じゃ。
それを憂うワシも意に反して土を隠してしまう行動に加担しとる。
これって税制が悪いんじゃない? 固定資産税を見直す必要があると思う。

不動産をビジネスとして保有する場合と、自分が住むためにだけ保有する場合とでは
固定資産税の課税基準をもっと変える必要があるんじゃない?
自分が住むための不動産は課税対象外として欲しいよね?
ワシは今の税制が山間部の過疎化を招いとる要因の一つになっとる気がしてならんのんじゃが・・・

          2013年の秋祭りの様子
CIMG3050_1.jpgCIMG3118_1.jpg

子ども会、木遣り練習

昨日は午前中、幟立てして町内を歩いた。
午後から事務所に行って仕事、夜は集会所で子ども会の木遣り練習。
女房殿は民謡の発表会とかで朝からお出かけじゃ。

仕事中に業者から電話が入った。
今日、時間を作って欲しいというが、夜は時間がない。
夕方、帰宅後から子ども会の木遣り練習に行くまでの間しか時間がないんで
17時半から18時半までの間ならという事で約束した。

夕方、帰宅して間もなく女房殿が帰ってきた。
それからすぐ業者がやって来て、何とかお茶を出すことは出来た。
ぎりぎりセ-フの接客じゃ。

子ども会の木遣り練習が始まったが、子供の数が少ない。
聞く所によると、祭り当日はサッカ-の試合や野球の試合があって
子供たちの多くが祭りに参加出来んけぇ木遣りの練習に来んのじゃとか?

毎年、五日市の秋祭りは体育の日と被るみたいで、市のスポ-ツ大会もこの日開催される。
毎年、花集めとかで手伝うてくれてYさんも、バドミントンの佐伯区で優勝したとかで
今年は市のスポ-ツ大会に出場せにゃあいけんけぇ祭りの手伝いが出来んと聞いとる。

子供も大人も市のスポ-ツ大会に持ってかれ、祭りに参加できんのは困るのぉ・・・。
昔はそんな市のスポ-ツ大会なんか無かったのにのぉ・・・

腹減ったぁ~!

今夜は市内のスタジオを借りての練習という事で、ちいと早めに仕事を切り上げ出掛けた。
夕方、時間がないのは分かっとったんで、帰宅したらすぐ出られるように
仕事に行く前に準備して万全の構えじゃった。
じゃのに、肝心のピックを忘れてしもうた。

夕方、市内へ向けての西広島バイパスも結構渋滞するのは分かっとったけぇ
時間に余裕を持って出掛けたのに、予想以上に鈴が峰のトンネルから渋滞しとった。
他のメンバ-は市内からやって来るんで渋滞は関係なかったようじゃ。

狭いスタジオにメンバ-5人に加え見学者が一人、酸欠になりゃあせん?
集中しての2時間はあっという間に過ぎた。
じゃが、終わったとたんお腹の虫が 『グ-ッ!』 
みんなメシも食わずにやっとるんじゃけぇ、腹も減るわいの?

次の練習日を決めるんじゃが、丸本がネックになる。
「ダメダメ! その日は祭り」 「その日もダメ! 祭り」
「いったい何回祭りがあるん?」
ようよう決まったんが祭りが終わった翌日。

最初は 「その日は祭りの片付けでダメ」 と言うたんじゃけど
「待て待て、午後からならほぼ片付いとると思うけぇ、午後からやろう」
やっと決まった! 腹ペコで喉もカラカラじゃった。

  神社での神幸祭
神輿 022_1

たった1か月前まで、窓を閉めエアコンつけて寝とったのに
こないだから 「窓を開けたら涼しい風が入ってくる。はぁエアコン要らんで」
ほいで、今は「窓を閉めにゃあ寒うて寝られん」状態。

あっという間に、あんだけ猛暑続きじゃったのが、朝晩は肌寒さを感じる季節に・・・
県北ではとっくに稲刈りも終わり、新米が届いた。
佐伯区でも僅かに残っとる田んぼは黄金色になってきた。
五日市ではワシらがこまい頃から、稲刈りは10月じゃ。

わが家の柿も色づいて、たわわに実った枝が重そうにしなっとる。
今朝、あまりにも枝がしなっとるんで、折れちゃあいけんと思うて
ちいと早いとは思うたが、色づいた柿をもいだった。

秋の収穫と言やぁ、米はもちろん、イチジク、柿、栗とようけある。
旬が美味い! 
秋風吹くこの季節に旬な事といえば、そう! 秋祭りじゃ。
昔は祭りと言うたら、ばら寿司(ちらし寿司)を作って親戚を呼んだ。
親戚を呼んでやるくらいの秋祭りじゃった。

           出陣式の様子
PA140101_1.jpg出陣式 001_1

ポスタ-効果

毎年、秋祭りが近付くと 『担ぎ手募集』 のポスタ-を張るが
その効果はイマイチで何本かの電話は入るが、
それが担ぎ手の増加に繋がっとるかどうか、確たる資料が手元にない。

実は昨日、五日市中央にお住いの一人の女性から
「ポスタ-を見たんですが・・・女性でも担げるんですか?」との電話が入った。
女性でも神輿を担いでみたいと思う人が、やっぱしおってんじゃ!

喧嘩神輿には無理じゃが女みこしがあるんでそちらを紹介し、
女みこし受付のMさんに連絡をとった。

若い男性で興味ある人、おってんないかいね?
ワシらそんなポスタ-見たらすぐに電話してみる方なんじゃがね。
ホンマ、みんな楽しい人ばっかしで歓迎される事、請け合いよ。
ワシみたいに、やおい人が多いし、怖い顔した人も中身は優しい人ばっかしよ。
異様な集団じゃないけぇ、いっぺん電話してみんさいや(922-5501)。

  10年前、事務員さんが撮ってくれた写真から
PA140073_1.jpgPA140101_1.jpg

木遣り部の後継

今夜は木遣り部の練習に参加させて貰うた。
Yさんも 「やっと声が出てきた」 と喜んどんさったが、確かによう声が出とった。
反面、Kさんの歌声が急に弱々しゅう感じた。
昨年までも、決して声が通る方じゃなかったが、一節一節しっかり詠うとんさった。
それが、今年は一節の終わり目を詠うとんさる声がどこか違うのよ。

休憩時間にそんな話を出してみたが、Kさんは医者に 「声帯が老化しとる」 と
言われたと話しとんさった。さもありなん!御年80の齢を数える。
ワシらもそうじゃが、だんだん声が出し辛うなる。
80の齢でKさんはしっかり詠うとっての方じゃと思う。

こりゃあ、20年くらい前に木遣り部を創設した頃と同じような現象が起きとるっちゅう事じゃ。
まだKさんらが元気な内に、次世代の音頭取りを育てにゃあいけん時期に来とるっちゅう事じゃ。
若い後継者を早急に育てにゃあ、なるまいて。

伝統ある五日市の木遣音頭を詠うてみたいと思う若い人はおらんかいの?
興味のある人は、秋祭りまでは毎週火曜日の夜7時から
五日市西集会所にて木遣り部が練習しとりますけぇ、是非、覗いてみて下さいや。
木遣り部の皆さんは必ずしや歓迎し、丁寧に教えてくれんさるけぇ。

出陣式 002_1PA140121-1.jpg



カ-プ、リ-グ優勝おめでとう!

今日、祭りの仲間に合流出来たのは2時半を回っとった。
幟立てに合流し、本陣に帰ったら、まだカ-プの試合の最中じゃった。
お疲れさん! のビ-ルを頂きながら、祭りの話が9分、カ-プ中継が1分の展開、
誰かがテレビを見とるけぇ 「やった!」 とか 「あ~ぁ!」 とかの声を聞くたんびに
テレビにみんなの視線が集まる。

ワシは夕方の打ち合わせがあったけぇ9回の裏を見ずに本陣を後にした。
打ち合わせの後はカ-プのビ-ル掛けの映像と今日の試合のハイライトばっかし、
深夜までカ-プ、カ-プじゃったね。

CSがまだあるたぁ言うものの、10月の終わりから11月の初めにかけて
福岡ド-ムとマツダスタジアムでの決戦が予想される。
はぁ、秋祭りも終わっとるし、観に行ってみたいのぉ・・・。

まずは広島カ-プのリ-グ優勝、おめでとうございます!

神輿 007_1神輿 011_1

台風一過

いやぁ・・・よ~吹いたのぉ・・・!
いびせぇ位よ~吹いたでぇ! 窓ガラスが割れるんじゃないかと思うほどじゃった。
今回は北から西から風が当たったけぇ、心配した家の南側の掃き出し窓の方はえかったが、
西側の窓には 『どどどっ!どどどっ!』 と、ものすごい風が当たった。

17時半~18時頃が一番ひどかった。
18時を過ぎると、ウソのように風は治まった。
しばらくして懐中電灯を手に家の周りを見て歩いたがモクレンの枝が一部折れただけで
たわわに実った柿は一つも落ちとらんかったんで安心した。

昨日は雨の中、朝から植木が風で倒れんように、支えの垂木で縛った。
家の用事が済んで、秋祭りの準備作業に本陣に向かうた。
すでにようけ仲間が集まり、手分けして準備作業に掛かっとんさった。
午前中、作業をして帰宅後、昼メシ食って買い物に出たが
台風の為か、車も少ないし、買い物客も少ない。

早々に買い物から帰宅し、台風が過ぎるまでテレビの番じゃ。
ワシがこれほどじっとテレビの番をするのは珍しいが、台風の情報は必要じゃった。

今日は引き続き準備作業として幟を立てるらしいが、ちいと早ようない?
風は治まったみたいじゃけぇ心配なかろうし、雨の心配もなさそうじゃけどね。
ワシは午前中出かけにゃならんし、午後から手伝える時間が取れるじゃろうか?
業者への連絡をするための最終打ち合わせを予定しとる。

台風18号

台風18号が不気味な動きで近づいてきとるらしい。
土曜日のナイタ-は中止になるかもしれん。
日曜日も雨の状況にもよるが中止になるかもしれん。

日曜日の夜のライブは主催者側の判断で中止になった。
その方がええと思う。日曜日に広島に接近するらしいけぇ。

わが家も台風に備え、準備しとかんといけんかも?
ほいじゃが、さっきから既に雨が降りだしたみたいじゃが
雨が降っちゃあ作業はできん。ど-したもんかのぉ・・・。

北の神輿を出すため会合を重ねた
IMG_5707_1.jpg



皆賀のSさんはどうしとってんじゃろ?

こないだの連合会の時にも顔を見なんだし、その前の連合会の会合でも
顔を見なんだが、皆賀のSさんはマメにしよってんじゃろうか?
こないだ東のAさんと話をした時にも、その話が出たがマメなんじゃろうか?

ちょいと顔を見に寄ってみようかのぉ?
あの人も北の神輿が出る時にゃあご尽力いただいた。
あの人の顔が見れなんだら、やっぱし寂しいのぉ。

カ-プの優勝は明日までおあずけとなった。
明日は土曜日じゃぁあるし、広島の街は深夜まで賑わうじゃろうね?
楽しみじゃのぉ・・・・。

北の神輿が出て実に47年ぶりに復活した五日市の喧嘩神輿
IMG_0915_1.jpgIMG_0922_1.jpg

胴上げなるか?

今日、カ-プは優勝までのマジックを『2』としてDENAとズムスタで対戦する。
カ-プが勝って、阪神が負けつらぁカ-プのリ-グ優勝が決まる。

こがぁな日に運良く、娘一家はチケットを手に入れ応援に行くらしい。
下の男の子はまだ幼稚園の年中さんじゃのに、カ-プの事はワシより詳しい。
もし優勝が叶うたなら、こいつの興奮度はMaxじゃね?
コンコ-スを走って一周するんじゃないかと心配するほどじゃ。

胴上げは監督より石井琢朗コ-チをしたげたいね。
彼の功績は大なるものがあると推察する。
少々投手陣が打ち込まれても素晴らしいバッティングですぐ逆転じゃ。

その得点力は打撃陣によるものじゃが、これに監督の采配が加われば
もっともっと得点力は上がるハズじゃのに・・・・いつも選手任せに見えるよのぉ・・・。

地元で、大勢のカ-プファンの前で優勝して欲しいよの?

  コイン通りを行く俵もみ
IMG_0206_1.jpg

やぐら閉店?

美味しい魚を食べさせてくれるところゆ-たら五日市では『やぐら』がお薦めじゃった。
その『やぐら』が閉店すると聞いて、ちょうど事務所を出ようとした時に
店の扉が開いとったんで車を停め、店内に入った。

仕込みに夫婦が来とられたんで、「噂はホンマ?」 と訊いたら
「あれ? 丸本ちゃんは一番に案内を出したハズじゃのに届いてない?」と言う言葉に続いて
「そうなんよ、もう体調が悪うてしんどいんよ。限界!」 と残念そうに言うちゃった。

「それでワシも最後に美味しい魚を食べさせて貰おう思うて予約したいんじゃが、
もう今月末まで言うたら、えっとないけぇ予約がいっぱいじゃろうね?」 と訊ねたら
「ゴメンね、そうなんよハガキを出したら予約が殺到して、もういっぱいなんよ」

後ろ髪を引かれる思いで店を後にしたら、暫くして女房殿から電話がかかり
「やぐらから家に電話が入り○○日なら何とかできるらしいよ」 と言う。
すぐ電話で確認して予約しといたよ。

大将の腰が曲がった痛々しい姿を見て 『しんどそうじゃの』 とは感じとった。
保存会が発足当時には 「担いで下さいや」 と声を掛けたが
「ゴメンね、腰が悪いけぇ無理なんよ」 と申し訳なさそうに言いよりんさった。
もう、あれから20年以上になるもんのぉ・・・ よう頑張っちゃったよ。
残念な事じゃが、五日市も時の流れと共に変わって行くねぇ・・・人も店も建物も・・・

   神輿の組み立て
IMG_5076_1.jpg

祭り談義

ゆんべは東の副支部長のAさんと駅前横丁で飲んだ。
久しぶりで、しばらく一緒に飲んでなかった。

駅前横丁の大将Nさんがワシの事を知っとってじゃと聞いたんで
誰なんじゃろ? とワシも思いを巡らし暖簾をくぐった。

大将のお顔を拝顔したが、見覚えが無い・・・
「ワシ、丸本ですがどこかでお目にかかりましたかね?」 と尋ねると
ワシの弟の同級生と言うじゃん、わが保存会のH会長とも同級生と言うじゃん。

そこから、チビチビと痛風を心配しながら2杯まで、と決めて
食べながら、飲みながら、祭り談義が始まった。
途中、東の保存会の事務長さんも来られたが、
事務長さんはテレビのカ-プ中継に夢中じゃった。

西も含めてどこの秋祭り保存会の組織も発展途上にある。
連合会は一番新しい組織なんで、まだ赤子みたいなもんじゃ。
八幡神社の最近の変わりようも話題になりながら2時間ほど祭り談義に酔うた。

帰りに本陣に寄ると、まだ木遣り部の皆さんは残って打ち合わせ中じゃった。
そこへ、ご機嫌な様子で入ったもんじゃけぇ、邪魔してしもうた。
ほいでも輪の中に入れて貰うて、最後までお付き合い。

東は今年も木遣り音頭はAさんと
Nさん二人でやってらしい。
IMG_6978_1.jpg

毎週、火曜日の夜、木遣り部練習

秋祭りが近うなった今、木遣り部は毎週火曜日の夜7時から西集会所で練習を重ねとってじゃ。
ちょいと興味のある人は覗いてみんさい。
何回かつろうて詠う内に、詠えるようになるもんじゃ。
ワシも最初は自分が詠えるとは夢にも思わんかったが、何とかなるもんです。

さっきからテレビに 『廿日市・広島市大雨警報』 とテロップが出るが
警報が出る前はどしゃ降りじゃったが、警報が出たとたん雨が止んだ。
気象庁、お宅らナメられとるんじゃないか?

土砂降りになってから 『大雨警報』 出しても遅いじゃろ?
それとも、これから大雨がまた降るんか? 警報出る前に相当降ったで。
この辺がどしゃ降りの時は三次地区に 『大雨警報』 が発令されとった。
今は、この辺も雨音一つせん静かな夜で、虫の鳴き声が秋の夜を演出してくれとる。

コロコロ話は変わるが、大相撲はけが人続出でどうなるんかいの?
3横綱休場で始まった秋場所、有望力士が相次いで大怪我をした。
カド番大関が二人もおるが、二人はラッキ-じゃね?
5番も黒星が減る計算じゃろ? カド番脱出が約束されたようなもんじゃない?
いつの時代にも 『やっとこさ大関』 は、おるもんじゃが、情けないね。

琴奨菊なんか昨年の1月には 『横綱か?』 と騒がれ、
テレビにニコニコ顔で、しょっちゅう取り上げられとったが、
その時、すでに力士年齢のピ-クを過ぎとったんじゃけぇ
浮かれずに精進しとりゃあ、こがぁな落日を見ることもなかったんじゃないか?

口で言うのは、みやすいが、いざ実行となると大変じゃ。
じゃが、そこを乗り越えて初めて頂点が見える。
誰にもあてはまる人生が、そこにある。

子供会の木遣り音頭練習風景
IMG_3079_1.jpg

クタクタの週末

恐怖の週末、土日のスケジュ-ルじゃったが何とかクリアした。
土曜日は昼過ぎまでフル回転で仕事の予定を済ませ、
午後から練習、帰ってすぐ住宅業者との約束があり、打ち合わせ。
それが終わってからの総がかり会じゃった。

今朝は約束通り9時にべっぴんさんが来られ、お迎えの車に乗車。
行き先はゆめタウン廿日市内にあるFMはつかいち。

秋祭りの事が殆どで、おやじバンドの話もチラリ、
約20分ほどの収録でとり直しナシの1発勝負、すぐに同じ車で送って頂いた。
『18日の午後から生放送に出て』 の依頼じゃったが、それは無理じゃったんで
今日の収録と相成った。
保存会からは色んな人が何度も出演し、宣伝しとるんで
普段通りのたわいもない話に終始した。

今日は11時から連合会の会合があり、今度は時間を間違えずに出席できた。
ほいじゃが、今回も最初にメ-ルを見た時には1時に見えたけぇ
『こりゃあ、またも同じ時間に先約があるけぇダメじゃわ』 と思うたが、
こないだの見間違いがあるけぇ、再確認したら11時になっとった。
目も悪うなった?

連合会の会合が思いのほか早よう済んだんで、昼メシを食う時間がとれた。
すぐ1時からおやじバンドの練習で、夕方までみっちりやったんで、終わったらクタクタよ。
昨日のバンドとは違うバンドで、たまたま続けての練習になった。

仕事よりキツイ1日じゃったが遠方より来てくれた友人に感謝、
友人を見送ったら、帰ってバタンキュ-! 畑の水遣りも忘れて寝てしもうた。
明日の朝、早起きしてやらねば・・・

クタクタの週末じゃったが、たまにはこんな日があってもええか?
楽な毎日を送るより、死ぬまでこんな日が続くと幸せを感じる。
いつもは先々に予定に向けて準備して、自分のペ-スで予定をこなしとるが、
今日は予定だけ入れて、予習する時間もなく、他人任せで時間が流れたんで疲れた?

じゃが、この週末の忙しさが次のジャンプへの踏み台になると確信しとる。

 今年初めの連合会の様子
IMG_0010_1.jpg

総がかり会

秋祭りまであと1ヶ月に迫った昨夜、ワシら西地区では総がかり会を開催した。
秋祭り保存会のメンバ-はもちろん、子ども会の役員さん、町内会の役員さん、
担ぎ手のみなさんなど多数の参加を見ることができた。
町をあげて住民が参加する秋祭りにしようとの決起集会みたいなもんじゃ。

町内会長さんも本人が都合で来れんところは代理の人が出席され
、当日、飲み物などを俵や神輿について運んでくれる女性陣も殆ど参加され、
座りきれんほどの人が集まってくれ、例年にない賑わいとなった。

子ども会の役員さんからは、例年の出発地点の隣に住宅が新築中なため
子供たちの安全確保に対して相談があり、みんなで解決したり、
秋祭り前日、当日の俵もみ、神輿の順路やタイムスケジュ-ルの確認など
こまかな打ち合わせ、説明があり、質問に対しての回答を含め
秋祭りに向けて、機運がたかまってくるのを感じた。

  2013年の総掛かり会
IMG_3538_1.jpg

再び木遣音頭

再び木遣部の話題に戻ろう。
そもそも木遣り部が作られたのは、23年前に26年ぶりに西の大人の俵もみを復活した時に始まる。

めげた俵みこしを直し、いよいよ担ぎ出すことになったが、
俵みこしを担ぐには木遣音頭が欠かせん。
そこで昔、音頭を取りよっちゃった西地区の長老連中にお願いした。

長老連中は快く引き受けてくれんさって、26年ぶりの大人の俵もみは見事復活した。
じゃが秋祭りが終わって、音頭取りをお願いした長老さんから相談があった。

「健ちゃん、今年は何とか詠い終えたが、来年は勘弁してぇよ」
「26年ぶりの復活という事で協力させて貰うたが、来年は無理で。ようついて歩かん」
長老には詠うだけでも大変じゃったろうに、俵みこしについて歩くのが辛かったらしい。

それを聞いて、さぁ大変じゃ! 26年ぶりに復活させても1回で終わらせたんじゃ意味がない。
木遣り音頭を詠える人を探したが、みなさんお年を召しておられる。

そこで 『木遣り音頭教室』 を開講、木遣り音頭を詠える人を育てようと言うことになった。
当時、この木遣り音頭を研究し句を集めておられた初代会長のDさんと
初代木遣り部長のSさんの存在を知るところとなり、一気に交流が深まった。

木遣り教室を開くにあたり、『生徒が少のうては講師に申し訳ない』
その一念でワシは木遣り音頭にはまったく興味がなかったが、生徒の一人として参加した。

木遣り音頭も当初は労働歌じゃったんじゃろうが、祭りなんかの祝い唄として全国に広まったらしい。
20年に1回の伊勢神宮の遷宮に使われる材木を切り出し、運ばれる時に歌われたとか?
それで伊勢音頭が生まれたんかどうか知らんが
『伊勢は津でもつ、津は伊勢でもつ、尾張名古屋は城でもつ』 の伊勢音頭は有名じゃ。

この音頭に欠かせんのがつけ声で
『そりゃあや-とこせ-よ-いやな、あれわいせ、これわいせ、さぁなんでもせぇ』
の歌詞があるが、意味がよ~分からん。

調べてみたら 「やとこせ、よいやな、あらら、これはいせ、よいとこいせ」
などと解説しとるのも有り、またちょっと違う歌詞もある。
昔の事じゃ、口伝で伝わったんじゃけぇ、ちいとずつ違うのはしょがないにしても
意味を知って詠いたいもんじゃて。

IMG_6979_1.jpgIMG_0861_1.jpg

続きを読む

笛班

太鼓部の中に笛班もある。
太鼓はよ~叩かんが、笛なら吹いてみたい、という人は
太鼓部の練習を覗いてみて下され。
いつも太鼓部と行動を共にしとります。

笛っちゅうのはリ-ドが入っとらんけぇ、吹けば音が出るとゆ-もんでもない。
吹く角度によるんじゃろうね? きれいな音が出たら嬉しい。
笛の音は遠くにおってもよ~聴こえるし、あの澄んだ音は最高じゃ。

神楽の『滝夜叉姫』で、さつき姫が出てくる時の笛の音、ワシは大好きじゃ。
わが保存会の笛を指導してくれるSさんは『しのぶえさん』と呼んでもええ位、
某有名神楽団でも笛を吹いとんさる程の腕前じゃ。
安心して門を叩いて下され。
笛は女性にも向いとると思います。
わが保存会の華、Mちゃんも笛班に属しております。

 出陣式で、俵みこしの先頭で、笛班は活躍しとります
IMG_0860_1.jpgIMG_8516_1.jpg

伝統は重んじながらも・・・

昨日、木遣り部にどんどん参加して欲しい旨、書いたが
太鼓部も新部員を募集しとるみたいじゃ。

20年前、すでに 『鼓童』 など和太鼓軍団は日本中に名を馳せておった。
他に 『天野流和太鼓』 なども厚生年金ホ-ルなどで全国公演し、
世は和太鼓ブ-ムに染まりつつある時じゃった。

能登に昔から伝わる御陣乗太鼓を真似、一つの大太鼓を3人で叩き始めた。
御陣乗太鼓なんかワシら知っちゃあおらなんだが、前会長から聞いた。

それから鼓童を聴き、天野流太鼓を聴きながら太鼓部員でオリジナルティ-を昂め
現在の太鼓部に至っておる。当初の御陣乗太鼓とはかなりアレンジされてきたが
まだ、少しはその頃の面影を残しておるとワシ感じる。

五日市の秋祭りも、喧嘩神輿もワシらが青年団でやっとった頃のモノとは多少違う。
伝統は残しつつも、今の人らにも受け入れて貰えるようなアレンジはある。
俵や神輿の担ぐコ-スも違う。

俵みこしは、昔は『西』の範囲が五日市中央1丁目2丁目はおろか
海老園、楽々園、隅の浜、美の里地区まで及んだ。
それだけ俵みこしを担いで周ろう思うたら、
今のように日曜日の午前中だけでは、とても無理じゃ。

今は土曜日に子供の俵みこしのお手伝いをしとるが
昔は子供の俵みこしは子ども会だけで担ぎよった。
青年団の諸君は大人の俵みこしを土曜日から担いどったのよ。

神輿は現在の往路を帰りも通っておったが、昔はそれでえかった。
じゃが、今は人通りも少なく、観衆にもアピ-ルしにくいんで
復路は途中からコイン通りまで迂回する事にした。

伝統は重んじながらも、今流に少しアレンジする事は許して欲しい。
みんなに参加して欲しい秋祭りじゃけぇ。

太鼓に触れてみたいと思う人は、老若男女にかかわらず
門を叩いて下され。女性もおりますぞ!
練習は五日市公民館にて月に2回ほど練習しとります、覗いて下され。

太鼓部はあちこち演奏に出掛けて皆さんに楽しんで貰ってます
004-1_1.jpgIMG_1677_1.jpg

It!s been a while.

今夜は久し振りに木遣り部の練習に参加した。
木遣り部のT部長からお誘いがあり、今夜は予定がなかった。

最初の1周(みんなで2~3節ずつ詠う)は、やはり声が出にくい。
2周目、3周目と詠い込んで行く内に次第に声が出るようになる。
昨年の秋祭りから、こんな声の出し方をしとらんかった。
いつもおやじバンドのボイトレで発声するのと違う。

五日市の木遣り音頭は周辺の町と比べ、ちょいと違う。
この五日市の伝統ある木遣音頭を詠えるようになりませんか?
聞く所によると、現在部員が少ないとの事、
今がしっかり教えて貰えるチャンスよ。
カラオケが歌える人は多いけど、木遣音頭を詠える人は少ない。
毎週、火曜日の夜7時から五日市西集会所で練習しとってじゃけぇ、覗いてみんさい。

ちなみにタイトルの 『It!s been a while』 は久しぶり という意味じゃそうな。
今、深夜放送の英会話番組で知ったばっかしじゃ。

楽しい雰囲気での木遣り・音頭の練習。喉は乾いておるが・・・
IMG_4517 (2)_1IMG_4518_1.jpg

俵や神輿を担ぎたい

俵が復活してから担がん年はなかったが、昨年、初めてヘルニアがひどうなったんで
まったく担ぐことはなかった。あまりにも昨年の夏に苦しんだけぇ用心した。
俵や神輿を担いで肩や背中が痛うならんと、祭りをやり終えた達成感とゆ-か
開放感がないような気がして、必ず肩が痛うなるまで担いどったのに・・・。

今、脚の痛みはないんじゃが今年も担ぎたい気持ちをじっとガマンせんといけん。
まぁ、もうそんな神輿を威勢良く担ぐ年齢でもないんじゃが担ぎたい。
1週間くらいは肩や背中が痛いんじゃが、それが心地ええ痛さなんよ。

毎年、担ぎ手を募集しとるんじゃが、担いだことのない人は
最初から最後までずっと担がにゃあいけんくらいに思うとって人が多いが、
ワシみたいに担ぐのが好きな人間でも最初から最後までは、よう担がん。
担いでみたい人はようけおるんじゃけぇ当然、途中で交代するんよ。

ずっと担ぐのも大変じゃし、担ぎたいのに、どうやって入ればええんか
分からん人もおってじゃけぇ、そ-ゆ-人がおったら
『ここへ入りんさい』 と声をかけ、交代して貰うのよ。

初めて参加する人はどうやって担いでええか分からんし、
どうやって担ぎ棒にたどり着いたらええんか分からんみたいじゃ。
毎年担いで要領の分かっとる人は、初心者を見つけ声を掛けてあげて欲しい。
見とるだけより、担いでみたいと思うとる人はいっぱいおってんじゃけぇ。

俵や神輿を担げる機会って、そうないよ。
しかも江戸時代に造られた伝統ある神輿じゃけぇ。
江戸から明治、大正、昭和と五日市の先輩たちの汗が染み込んだ神輿を
担いでみんさいや! たとえ10mでもええじゃん。
自分の子や孫に自慢できるで! 

   女神輿も出ます、子供みこしも出ます
IMG_8533_1.jpgIMG_8534_1.jpg

収穫祭

息子の嫁の実家から新米が届いた。
ワシは何も手伝うことはないのに毎年、申し訳ない。

収穫の秋じゃねぇ・・・
わが家も先日イチジクが実を付け初物を頂いたが続いて2つ目も頂いた。
昨年の冬には10cmにもならん程で、誤って踏んだらいけんけぇ植木鉢を被せとった位じゃのに
昨年の春に一気に伸びて、今年実をつけた。もう高さは2m以上ある。
夏の前にはてっぺんを切って伸びるのを抑えたのに横の枝からまた伸びた。

種から植えて何度も接木に失敗した柿の木も、今年は1つだけついた接木から伸びた枝に
たわわに実をつけ、もう重とうて枝が折れそうなけぇヒモで支えとるのよ。
この柿も色づき始め祭りの前には収穫できると思う。
柿泥棒に狙われんように見張っとかんといけんでぇ。

イチジク、柿、そして米、どれもワシにとって秋祭りを連想させる収穫物じゃ。
大地と天と、そして人の愛に育てられた実りに感謝。
今年も伝統の収穫祭である秋祭りに参加させてもらおう。

9月度幹事会

ゆんべは9月度幹事会じゃったが、ワシは用があり残念ながら欠席した。
代わりに女房殿が行ってくれた。

祭りまでのスケジュ-ルの確認が主な議題じゃったようじゃ。
これから秋祭り本番までは過密スケジュ-ルのハズじゃ。

この時期、祭り以外にもいろんな用事が入ってくる。
今日も家の用事を済ませたら11時出発で川尻まで行って来にゃあいけん。
果たして本陣に顔を出す時間が取れるんじゃろうか?
体がもう一つ欲しい。

逃げるな! と書いたが

昨日、『にげるな!』 と書いたが、今日のニュ-スで9月1日は子供の自殺が多い日なんじゃとか?
『学校に行きたくない』 の延長線に子供の自殺があるんじゃとか?
それで東京の上野動物園が出したメッセ-ジに
『学校に行きたくないならいつでもここへ逃げておいで、ここには君を歓迎してくれる動物がいっぱいいるよ』

いつも逃げずにおれるような強い人は少ない。
誰でも逃げたい時はあるし、ワシもそんな時は逃げてきた。
じゃが、いつも逃げてばかりじゃ進歩がない、成長がない。
時には休みながら、やる気が出た時に立ち向かえばええのよ。

そんな時に深夜番組で 『Stand by me』 をやっとった。
観るつもりじゃなかったけぇ、終わり頃しか見てないが、中学生の頃を思い出した。

中学生の時に自分はいろんな経験をし、成長もしたような気がする。
超ワルとも知り合うたし、超優等生とも知り合えた。
両極端の友人が出来たおかげで、警察沙汰を起こしたのもこの時じゃし
数学が中国ブロックの統一テストで2番になったのもこの時じゃ。
身長が伸びたのもこの時で、入学時137cmの身長が卒業の時には167cmじゃった。
青年団でもいろいろ教わったね! 辛いことも楽しいことも。

子供たちに言いたい、何があろうと、どんなに苦しかろうと自殺はいけん。
辛かったら逃げてこい! 上野動物園みたいに動物はおらんが、ワシが話を聞いてやる。

昨年の祭り1週間前の幹事会の様子、後ろには飾りつけグッズが
IMG_8494_1.jpgIMG_8496_1.jpg

逃げるな!

深夜放送で再放送の番組 『プロフェッショナル』 を見るとはなく見た。
見るとはなくとはBGMとしてつけたテレビがそうじゃったという事で
ギタ-の練習(指の運動)をしながらじゃったけぇじゃ。

本番が近づくと毎晩ギタ-を手にして指を動かしとかんといけんのよ。
ちょっと弾かなんだら、すぐ指の動きが悪くなる、そんなお年頃。

ちょうど1曲弾き終えた時にテレビ画面に目をやった時、
『プロフェッショナル』 の主人公が壁にぶつかった時に『逃げたい!』と思うたが
ある人との出会いで、『逃げとっちゃあ成長はない』と教えられた気がして
正面からぶつかって行ったら道が開けた・・・そのような場面じゃった。

『プロフェッショナル』 と言われるような人でさえ、そうなんじゃ!
ある目標を立てて幸運にもそれを達成できたとしても
『まだまだ道半ば』 そう思うて更なる上を目指さんといけんのじゃ。
それは分かっとっても 『言うは易し、するは難し』 なんよね?

達成したらちょっと骨休みするのはええが、そこが頂点じゃない。
まだまだ上を目指して人間、精進せにゃあいけんのじゃね?
よ~し! 何か力を貰うたような気がした。

  昨年の喧嘩神輿、後で佐伯署で厳重注意
IMG_8560_1.jpgIMG_8562_1.jpg

最新記事
最新コメント
プロフィール

秋祭り保存会

Author:秋祭り保存会
五日市西地区秋祭り保存会のブログです。

リンク
参加中!
広島ブログ
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる