FC2ブログ

お礼参り

土曜日、雨の夜じゃったがI副会長夫婦を誘い、お礼参りに出掛けた。
この日で祭りが終わってからは5軒目となる。
毎年のことなんで、「あがぁに気を遣わんでもええのに・・・」と言いながらも歓迎してくれる。
「いやいや、こっちも楽しみにしとるんじゃけぇ・・・」と返す。

二次会で行ったスナックで、毎年、このお礼参りで出会うカップルがおる。
東地区のIさんなんじゃが、毎年会うのよ。
ほいで年に1度だけここで尽きない話をするのよ、五日市について。

10月も終わりじゃ。近頃は日本でもハロウィンと世間で騒いでおる。
20数年前、ある女性と出会うまでハロウィンじゃの聞いたこともなかった。
彼女はアメリカ人で英会話の教師として日本へ来たばかりで、
その可愛さにその場におった男も女も、すべてが目を丸くしたハズじゃ。

彼女と初めて食事をした時、当時平和大通りの側道がまだ駐車場で、そこに駐車した時、
受付で駐車スペ-スの番号と車のナンバ-を訊かれ
「23番です。 あっ!お前の年齢じゃんか」 と言うと
「何よ!ケンジの番号はず-っと、ず-っとむこうじゃんか!」 と笑顔でふくれっ面をした。
その時、彼女の誕生日がハロウィンと聞いて、
「何?ハロウィンって」 と訊いて、初めてハロウィンを知った。

何人か今でも覚えとる誕生日がある。
何故かすべて暑くない季節なんよ。
そんな古い思い出に浸りながら、ここいらで筆を置くことにしようかね。
スポンサーサイト

使命

始業前にちょいと礼状を配ってウォ-ミングアップ。
前夜、女房殿から 「自分で花を頂いた所に礼状を配って」 と指示があった。

1軒1軒自転車で回りながら、当日足が棒になりながら回ったのを思い出した。
そして、あらためて地域の皆さんに支えられて秋祭りもやれとるんじゃのぉ・・・と感謝。
一般住宅はポストインで勘弁して貰うが、店舗などは対面してお礼を言うて渡した。
やれやれ、これで今年の秋祭りも終わったで。後はお礼参りにお店に伺おう。


五日市小学校では秋の大運動会が開催されとった。
雨の予報じゃったが、朝方降っとらなんだけぇ強行しんさったんじゃろうが
途中からやっぱり雨が降ってきた。子供たちが可哀想じゃのにのぉ・・・
もうちいとおてんと様も待ってやりゃあええものを・・・。

超大型の強い台風が接近中という事もあり、テントは外され骨組みだけグランドに置いてあった。
息子一家は明日新車が到着するとあって、長年乗り慣れた車とお別れするため、
全員で午後からドライブに出かけるとか言うとったが、生憎の雨じゃったのぉ。
ワシも午後からちょいと雨の中ドライブに出掛けたけどね。

何度かお互いがかけた時には相手が出られず、すれ違いの電話に夕方やっと繋がった。
ずっとワシらのバンド活動などを陰で応援してくれとる女性からじゃった。
以前から冗談とも本気ともとれる言い方でのオファ-はあったが、今回はその話だけの電話じゃった。 
有り難いねぇ! こ-して気にかけてくれる人があるっちゅう事は。

もう何もかもちいとずつ片付けに入ろうかと思うとるワシじゃのに、
まだ必要と、サポ-トしてくれようとする人がおるっちゅうワシは幸せモンじゃのぉ・・・。
何の力も、差し上げる物もないワシじゃけぇ、必要とされる場所で懸命に仕事をする、
それがワシに与えられた使命なんじゃろうの?


また新しい出会い

今日、ある人から紹介された人に夕方会うたら、意外に共通の知人が多かった。
けっこう初めて会うたのに、意気投合し長い時間しゃべってしもうた。
なんかこれから長い付き合いになりそうな予感がした。
『出会い』 というのは大切にしたいチャンスじゃね?。

また若い人じゃったけぇ、話をする内に、こっちまで若い気分になり
いろんな意味で年甲斐もなく意欲を掻き立てられる。
『ワシもこれからじゃ!』 と勘違いしそうになったのも面白い。
案外、勘違いしたままでもエエんかもしれんし、
その方が忘れとった力がよみがえるんかもしれん(笑)。


もう昔の事は忘れたが、最初は掲示板に祭りの事を書き込みしたんが始まりじゃったんかも。
その掲示板のタイトルも忘れたが、芸北の神楽団の人との交流もネット上で生まれた。
何でそっちをやめて、このブログを書き始めたんかも忘れたが、ワシ的には長う続いたと思う。
それで、このブログもそろそろ閉じようかと考えとります。

そして、また新しいブログに挑戦しようかと思う、
自分が書きたいこと、その時感じたこと、一つの事に特化せず自由に。
終活につながる過程になるやもしれんけどね(笑)。

       今年の秋祭りのようす
IMG_1163_1.jpgIMG_1172_1.jpg

稚児行列

今日は光禅寺の住職交代を祝う稚児行列があった。
生憎の雨じゃったが、コ-スを短縮してあったらしい。
ウチの孫娘も光禅寺幼稚園に通うとるし、わが家は光禅寺の門徒でもあるし
早ようから、この稚児行列に申し込んどったらしい。

女房殿も息子夫婦も楽しみにしとった稚児行列、雨の中、カメラを持って出掛けたようじゃ。
他人事のように言うワシは他の予定があって参加出来なんだのよ。

ワシはライオンズクラブが主催するボランティア活動からの依頼で
イベントに参加するため早朝からいろんな準備のため出かけて不在じゃった。
今回で3回目になる、3年連続しての依頼になるんで、こっちも大切な行事なんよ。

じゃが、ワシも末っ子の孫娘の稚児衣装を着た姿を見たかった。
女房殿が撮った写真でしか見ることは出来なんだが、傘をさしての行列は
小さい子やその保護者にとっては残念じゃったのぉ・・・。意地の悪い雨じゃのぉ・・・。

今日は、他にもう一つ参加したいイベントがあったんじゃが、体は一つしかない。
じゃが、行楽の秋、一つでも参加できたことに感謝じゃ。

        今年の秋祭りの神輿出発
IMG_1161_1.jpgIMG_1162_1.jpg

反省会

今夜は1週間前に終わったばっかしの祭りの反省会じゃ。
まだ激務から解放されて間がなかったが、それでも十数名の幹事が集結した。
それぞれの立場で気付いた点を言い合い、今後の活動の資料にする。
23年経っても、また一歩も二歩も前進する優秀な団体じゃ。

会長のそれぞれの部署へのいたわりの言葉から始まった反省会、
しっかり議論し、記録し、今後の連合会への資料となる議題もようけあった。

今日も午後から12月のステ-ジに向けての練習をこなし、
明日は明日で別のステ-ジがあり、その準備もあった。
明日も早朝からボランティア活動の一環を担う準備に忙しい。
雨でも出来るように急遽会場が変更になり、下見にも行ってきた。

終わったら、ちょっとゆっくりしたい気持ちもあるが、よ-せんのよの。
ずっと動きっぱなしじゃないと生きていけんのんじゃろうて・・・。

        今年の秋祭りの様子
IMG_1148_1.jpgIMG_1158_1.jpg

礼状

女房殿が町内会への礼状を作って欲しいと言うので作った。
こ-ゆ-事は早いに越したことはない。
その点、子供会さんはテキパキとしとんさる。
特に今の代表を務められとるHさんは手際がええ。
どんなところでもリ-ダ-シップを執れるお方とお見受けした。

保存会でも店や事業所向けの礼状は手配されとる事と思うが、
町内会を通じての各家への礼状は、花集め隊が行う。
こういった後片付けが完了して、今年の秋祭りも終わる。

ホンマに多くの人に秋祭り保存会も支えられとると感じる。
地域の人らに、地域の店にも、地域の事業所にも感謝、感謝です。
一人一人の力の結集で神輿が上がっとるのを実感するねぇ。

  出陣式前の雰囲気、役員、担ぎ手と続々集結
IMG_1142_1.jpgIMG_1140_1.jpg

急速に変わる周辺

祭り前に毎年花集めに周らせて貰う。
歩いて1軒1軒周るのでふだん通らん路地にも入って行く。
ほしたら、去年まであった見慣れた家が解体されとったり、
すでに新しい家に建て替わっとったりして
子供の頃からあった近所の景色が様変わりしとる事に気づく。

特にここ数年、急ピッチに建て替わっとるのは建物の老朽化に加え
消費税増税の影響もあるんかのぉ・・・?
ウチの孫たちは新しい家並みを見て育ち、それが見慣れた風景と記憶され
また半世紀も経てば、それらが建て替り、新しい町並みが生まれる。
五日市の町で何回も繰り返されてきた事なんじゃろうね?

             今年の秋祭りのようす
IMG_1168_1.jpgIMG_1167_1.jpg

日焼け跡が痒い

祭りで日焼けした跡がもう痒い。回復力の速さにビックリ!
そう言やぁ筋肉痛もおさまり、腰にやや重い感じが残るだけじゃ。

そんな今朝、中国ユニットに電話が掛かってきた。
事務員さんが取ったが、最初は何を言うとるんか意味が分からんかったみたいじゃが、
途中から祭りのポスタ-の事を言うとるようじゃと分かり、ワシに代わった。

ワシに変わっても最初はハッキリせん内容じゃったが、
聞いとる内に 『祭りが終わったんじゃけぇ早よう祭りのポスタ-をはがせ』
という事を言うとるんじゃと理解。

「どこでしょうか?」 と訊いても 「郵便局のところ」 としか答えんので
「どこの郵便局ですか? コイン通り郵便局ですか?」 と訊くと
「五日市の郵便局よ」 としか答えんので 「安芸五日市郵便局ですか?」 と訊くと
やっと中央連鎖街の郵便局と分かり、ウチのポスタ-じゃと判明した。

さらに 「祭りは終わったろ? 幟や竹は片付けたのになんでポスタ-を置いとくんじゃ?」
と言いんさるんで、「たぶん忘れとるんでしょうね?取りに行きますよ」
と答えて、長い電話を置くことが出来た。

『あそこの郵便局にポスタ-が貼ってあったかいの? 花の御礼は貼ったけど・・・』
と思いながらも現地に行ってみると郵便局周辺を見ても無いじゃんか。
帰ろうと品正寺方面へ移動したら、角っこのネットフェンスに貼ってあるポスタ-が目に付いた。
これじゃ、これじゃと思いながら、クレ-ムになっちゃあいけんけぇ
テ-プの残りカスも残さんように丁寧に外して持ち帰った。

連絡してきた人は名前も連絡先も言わだったが、すぐに誰か特定できたようじゃ。
その事務員さんの検索能力にもビックリこいたよ(笑)。

とにかく今年の秋祭りは終わった。毎年、反省点はある。
反省し、改善しながら後世に伝え、より良い祭りになったらええ。
年々見物客は増えてきとると感じる。
神輿や俵が通るのを待ってくれとる人もおってじゃ。嬉しいね!

         今年の祭りのようす
IMG_1146_1.jpgIMG_1156_1.jpg

大祭終了

今年の秋祭りも賑やかに終わった。
昨年のようにおまわりさんにお灸をすえられるような事はなかったが、
3箇所で合わせた神輿は1度目、2度目は危険な状態じゃった。
1度目ではワシの好きな皆賀のSさんがケガをしたとか聞いた。
大したケガでなけらにゃあええが・・・。

2度目は塩屋神社からの帰りに宮島街道を渡ったところの公園で
東の神輿が待ち構えとるところで合わせたが、
危うく神輿が倒れそうになるところじゃった。

思わず後ろの方で調子に乗って押しまくるあんちゃん達を大声で叱った。
それまでカメラでこの合わせを撮影しとったが、ちょっと慌てたよ。

コイン通りには合わせを期待した見物客が待ち構えとりんさったが、
スンナリと何事もなく通り過ぎたんで肩透かしをくらわせたかも?
ゆめタウンの駐車場でも大勢の見物客が待ち構えてくれとんさった。

ここで3度目の合わせをやったが段々と合わせ方も上手になる。
ま、何とか今年の秋祭りは終わったが、皆賀のSさんが気になる。

今年の秋祭りのようす。この直後危険が・・・。安全第一じゃけぇの!
IMG_1177_1.jpgIMG_1173_1.jpg

いよいよ大祭

ゆんべ神輿の組立に行ったら、すでに殆どの作業は終わっとった。
最後の幹事会で18時から17時に開始時間が変更になったらしい。
ワシは他の用事があって、欠席したんで知らだった。

神輿の組立を確認して、次の夜の街への花集めに備え、腹ごしらえに帰った。
今中の奥方やウチの女房殿らが先に何軒か集めて回っとったんで
気合を入れて臨んだ割りには、主だったところは早よう終わった。

じゃが、夜の街は 『まだママさんが来てないんで・・・』 とか言われ
貰えんところがあるのよ。じゃがその時は 『ハイ分かりました』 と帰るが
そのまんまで済まされるハズもない。
わが家でそれまでの集計しながら喉を潤し、時間を稼ぐ。

22時頃になって、先ほど『オ-ナ-がいないので』 と断られた店に再訪、
キッチリ頂いて、夜の部の花集め終了となる。

今日は子ども会の俵もみのお手伝いじゃった。
事務所にゃあ出るが殆ど仕事はせず、事務員さん任せ。
ポスタ-を見たという担ぎ手希望の人から電話が入ったと一報が入った。

大きな雷と雨の合間を縫うて花集めの残りをマドンナと歩いとる時じゃった。
丁寧にこちらから電話し、明日の説明をし、来て頂く約束をした。

昼過ぎまで前日回れんかった地区を周り、午後から子ども会の俵もみに同行した。
たった半日歩くだけじゃのに、腰に来るのぉ・・・
ワシだけじゃない、みんな幹事連中はそれぞれの分野で頑張っとってじゃ。

じゃが、子ども会の俵もみが終わり、着替えに家に帰って一休みしたとたん
そのまんま夢の世界に飛んで行ったみたいで、気がついたら夜じゃった。

明日の大祭、俵も神輿も無事に終わることを祈ってます。

花集め

昨日は午後から花のお願いに回った。
仕事がギリギリまでかかりそうなんでちいと遅れるかと思うたが、間に合うた。
今年は保存会のマドンナMちゃんと回らせて貰うた。

「秋祭り保存会です!」 インタ-ホン越しに聞こえる
「ハイハイ! 分かりました。ちょっとお待ちください」 の声、
毎年のことじゃけど、有り難いね。

お花をいただいた方に渡す粗品が減ってくると集会所へ取りに帰り、お茶を一杯。
天気が良うて汗かくんで喉が渇くのよ。
一生懸命歩いたんじゃが、与えられた区域を全部周れんかった。
けっこう足、腰にくるねぇ・・・。
じゃが、竹取物語と言い、この花集めと言い、けっこう歩くんで
祭り前、本番に向けてのええトレ-ニングになるのよ。

夜、弟のところの電柱にしばった幟が邪魔になるとの報を受け
明日は雨じゃと言うし、今の内に外しとこうとカッタ-ナイフ持って出かけたが
現地に行ってみると背のたわん所も縛っとるんで脚立が必要じゃ。

家に取りに帰ろうか、本陣に取りに帰ろうか迷うたが、本陣へ帰った。
ほいじゃったら中から三代目の演説が聞こえてきた。
扉を開けたら・・・ナント!!  毒多Kが・・・
「あんた、タイミングよう覗いたね?」 しばらくしてその意味が分かった。
あ、もう文章が長うなり過ぎた。ではこの辺りで筆を置くとするか・・・。

  昨年の秋祭りの神輿の渡御のようす
IMG_8548_1.jpgIMG_8549_1.jpg

注連縄Ⅱ

仕事から帰ったら、昨日張った縄に天蓋が一部してあった。
女房殿がやってくれたんじゃとばかり思い、家に入るなり
「天蓋、付けてくれたんじゃの?」 と礼を兼ねて言うと
「いや、あれはみ-ちゃんよ」 と言う。

み-ちゃんとは息子の嫁じゃ。

車の上とか手のたわん処はやってなかったんで、
今日は本陣へ寄ろうと思うとったんじゃが、嫁がここまでやってくれたんならと
嫁が残したところを脚立を持ってきてワシがやりよったら、嫁が出てきて
「お義父さん、途中までしか出来なくてすみません・・・」 と言う。

「ワシがやるけぇ、せんでもエカッタのに・・・手が荒れるじゃろう?」
そう言いながらわが家の残りを付け、続けて借家のも付けた。
今週、まだ雨が降るじゃの天気予報は言うとるんじゃが、
もう一気に全部付けて廻った。

脚立を上がったり降りたり、けっこう疲れるのよ、汗もかく。
終わって、遅い夕食を済ませ、本陣に行くつもりでちょっとソファ-に座ったら・・・
一瞬の内に寝てしもうたらしい。

気がついたら既に10時半・・・
あ~ぁ、今日も行きそびれた。

明日も忙しい。
午前中に何とか仕事を済ませ、午後から花集めに周らんといけん。
今回、縁があった業者から 『花』 として頂いたビ-ル3ケ-スも持ってっとかにゃいけん。
法被も持って帰っとかにゃあいけん。

俵もみの休憩の際、公園で神輿の担ぎ方の練習をするのよ
IMG_8514_1.jpgIMG_8523_1.jpg

注連縄

はじめは今週の天気はずっと悪かった、昨日も雨の予報じゃったが、
直前に曇りに変り、結果昨日は晴れで暑かった。
注連縄の縄を張る機会を伺うとったが、ええ按配に晴れたんで
ウチのところは全部縄だけ張った。

毎年、一番奥のKさんとこまで張ってきたが、たぶん今年で終わりになるんで
Kさんとこは町内会を今年辞めんさったと聞いたが、ついでに張ってあげた。

天蓋(紙垂)を付けたら一気に秋祭りモ-ドになるんじゃが、
最近は1週間の内に1回は雨が降るんで、どこのお宅もギリギリまで付けてんない。
通学路に面する家なんか、小学生が悪さで全部ちぎって行く。
雨の予報がなけらにゃあみんな付けてんじゃろうがのぉ・・・。

コイン通りにも揚下地区の人らがこの日曜日に幟を立て、縄を張っちゃった。
コイン通りを車で走っても 「おっ!祭りじゃの?」 と分かる。
ワシは腰、背中、腕が筋肉痛で張る。いよいよ本番じゃ。

昨日から花集めに回る女性陣、子供たちも頑張ります
IMG_8524_1.jpgIMG_8534_1.jpg

天気は悪いが・・・

今日は、よう降った。今週の天気予報はずっと天気が悪い。
「まぁ、天気予報は当てにならんけぇ」 と希望を持つ。
だいたい10月10日前後が降雨確率が低いという事で『体育の日』が決まったと聞く。

事実、秋祭り保存会が発足して以来、雨模様じゃったのは1回だけと記憶しとる。
その1回も俵にラップ巻いて担いだし、神輿も途中まで行った。
たいした雨じゃなかったと言うことじゃ。

その時も塩屋まで行くことは出来たし、東の商店街の人らは
神輿が来るものと思い、ずっと外で待ってくれとっちゃったらしい。
後からその事を聞いて、悪かったのぉ、申し訳なかったのぉと悔いの残る年じゃった。

俵は濡れたらカビになったりするけぇ濡らされんが、神輿は少々水が掛かってもせやぁない。
担いどる者はその時は熱気で寒さを感じんじゃろうが、後で着替えて風邪を引かんように
気を付けにゃあいけんけどね。
神輿の周りにおる者もダラダラ歩いとったんじゃ雨に濡れて寒いけぇ
徒党を組んで神輿を担ぐ時と同じように小走り状態でしっかり声を出した方が
寒くもないし、見た目もカッコええで。


 昨年の秋祭り 女性の活躍も大きい
IMG_8547_1.jpgIMG_8553_1.jpg

体のガタ

朝8時の集合じゃった。
Yさんの竹林は毎年ようけ竹をいただくのに変わらんほど多い。
Oさんが虫除けスプレ-を顔にかけてくれる。
おかげで顔はやられんかったが、尻とかズボン越しにやられた。

前夜のアルコ-ルを少しでも抜こうと朝風呂に入り汗を流し、
体を軽くして行ったつもりじゃが、まだまだアルコ-ルは残っとったんじゃね、
だいたいワシは太い竹を切る。下の方は捨てて上を使えばええという気じゃ。

そんな竹を数本切ったら汗が吹き出てきて、疲れるんじゃが体はアルコ-ルが抜けて
ちいと休憩したら、また頑張れる。
トラック3往復分の竹を切り出し、山での作業を終え、掃除をして帰ったらもう昼前じゃ。
着替えに帰る途中から腰が痛み始めた。

上半身がある位置に回った時に痙攣のような刺すような痛みじゃ。
えんやらさっと着替えて、女房殿に軽く腰をマッサ-ジして貰うが
ある部分は激痛が走るんで
「痛い! 痛い! もうちいと優しゅうにやってくれにゃあ!」
「まぁ、優しゅうにしよるわいね」

この時とばかりにワシを痛めつけとるんじゃなかろうか? と思うくらいに痛いけぇ
「はぁええ! さすってくれぇ。 湿布を貼ってくれぇ」
もう・・・情けないのぉ・・・これくらいの作業で。

午後ちいと休んどったら楽になってきたんで、また作業の輪に加わったが、
大幟を立てた時点で、早めに失礼して帰ったが、昔のように動けんのぉ・・・。
ワシより先輩のTさんやNさんは、まだまだ最前線で仕事しとってじゃのに・・・

風呂に入り、飯食ったらすぐ睡魔が襲うてきた。
目が覚め、しばらく焼酎を飲んどらんので飲もうとグラスを出して気付いた。
いやいや、ゆんべ飲みすぎたんじゃった・・・・と。
なんか、いろいろあったんで日にちが経ったような錯覚をした。
IMG_0200_1.jpgIMG_0346_1.jpg

竹取物語

上の方では『三都物語』が開かれたようじゃが、
今日、五日市では竹取物語が展開される。

わが西地区ではいつから始めたんか忘れたが、
もう長い間、秋祭りの1週間前に町の要所要所に竹を立てる。
Yさん所有の山へ毎年みんなで出かけ相当数の竹を切り出してくる。
小型トラックで何回も往復して町まで運ぶんじゃ。

これがけっこう重労働デクタクタになる。
毎年、ワシは10本以上の竹を切っておったが、
しまいには竹は切れず、息が切れる。
ほいじゃが、昨年、ヘルニアを発症し無理はできん身体になった。
ほいでも痛みが無いなら、ちいとお手伝いをしたい。

町が秋祭りモ-ドに飾られていくのはワクワクする。

IMG_6970_1.jpg
最新記事
最新コメント
プロフィール

秋祭り保存会

Author:秋祭り保存会
五日市西地区秋祭り保存会のブログです。

リンク
参加中!
広島ブログ
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる