FC2ブログ

子供の頃の思い出 パ-トⅢ

冷蔵庫がわが家に来たのがいつ頃か覚えとらん。
が、ウチの前の肉屋さんの冷蔵庫にも毎朝、氷屋さんが
大きな氷を届けに来とんさったのを鮮明に覚えとるんで
けっこう冷蔵庫はテレビより遅うにわが家にやって来たんかもしれん。

テレビは確かワシが小学校2年生くらいの時じゃと思う。
脚が付いたテレビで大層に映画館のように幕まで付いとった。
チャンネルはもちろん回転式、映るチャンネルも2つ位のもんじゃった。

父親はプロレス中継が好きで、当然チャンネル権は一家の主である父親が持っとるんで
ワシらも一緒に観戦することになり、力道山や豊登や吉村を応援しよった。
鉄人ル-テ-ズやブラッシ-、デストロイヤ-を相手に頑張っとったよのぉ。

父親が帰宅するまではワシら子供向けの番組があった。
月光仮面、鉄人28号、ハリマオウ、まぼろし探偵、隠密剣士、風小僧・・・
テレビがわが家にやって来るまでは、ヨソの家のテレビを見させて貰いよった。

エアコンなんちゅうもんはないけぇ、どの家もウチワと後には扇風機じゃ。
扇風機の前にリボンなんぞ付けて涼風感を演出しとったねぇ。

夏には夜、部屋に蚊帳を張ったり、母親は考えてみりゃあ忙しかったのぉ。
洗濯はタライで、メシはクドで、オカズは七輪で、掃除は箒とはたきと雑巾、
共働きなんか出来るハズもない。
子供にとっては母親がいつも家におるけぇ有難かったよのぉ。

学校から帰ったらランドセル投げてまたすぐ学校や山や川に出掛けて行った。
勉強なんかこれっぽっちもする事はなかった。それでも誰にも文句を言われんかった。
スポンサーサイト

子供の頃の思い出 パ-トⅡ

とはゆ-ても、どの家にも軒の下や納屋に薪が山と積んであった。
風呂にくべたり、メシを炊くクドに燃やすためじゃ。

夕方にはどの家にも複数の煙突から、七輪から煙が上がりよったんじゃろうの?
自分が風呂焚きを命じられたり、七輪に火を起こしたりする以外は覚えとらん。

わが家の近所の家にはたいがい裏庭に松の木があり、この葉っぱが火を起こし易い。
ほいじゃが煙がようけ出るけぇ、いっぺん火事かと思うほど煙を出して
オオクジ怒られた事がある。『雲隠れ』 とかゆ-て忍者のマネをしよったのよ。

掃除も部屋の壁の下には『掃き出し窓』ゆ-もんがあって
箒でそこからホコリを外に掃き出しよった。箒と雑巾が掃除道具じゃった。
その内、掃除機なるものが現れ、掃き出し窓は不要になった。

トイレはもちろん汲み取りで臭いけぇどの家も家の端っこにトイレはあった。
トイレの外には手水が軒からぶら下げてあり、地面には手水鉢が置いてあった。
井戸で汲み上げた水を時々バケツで手水の中に溜めておくのよ。

溜まったウンコやシッコは肥溜めに移し、発酵させて畑の肥料になっとった。
それから後には、衛生車が朝早ように来てバキュ-ムで吸い取って行きだした。
この車のヘリを通る時は臭いもんじゃけぇ鼻をつまみ、息を止めて
足早にその場を通り過ぎたもんじゃて。

上水がいつ頃わが家に通ったんか覚えとらんが、
五右衛門風呂からタイル浴槽になった時には上水があったのを覚えとる。
タイルで出来た浴槽に二つ穴が開いとって、焚くのは外から薪をくべる式じゃった。
それでも 「ウチのお風呂は最新式なんじゃけぇ」 と自慢しよった気がする。

シャワ-やなんかがあるハズがない。

子供の頃の思い出

連合会をそろそろ開かにゃあいけんがのぉ・・・
と先の幹事会でも話が出たが、やっとその連絡が入った。
が、その日はワシは先約があり欠席じゃ。 残念な事じゃがしょうがない。

先日、同級生夫婦とワシら夫婦でシェラトンホテルのディナ-に行ってきた。
そこで出る話はワシらが子供の頃の話で、時代背景が同じじゃけぇ
「そう、そう、そう、そう!」 とお互いが相槌を打つ話が多かった。

ワシらが生まれた頃にゃ上水道はあったんかいの?
どの家にも井戸があって、バケツで汲んでは生活用水に利用し
時には冷蔵庫代わりにもなっとった。

その内、バケツで汲み上げんでもようなった。寺田式ポンプの登場じゃ。
子供でもポンプの柄を押したらナンボでも大量の水が出てくる。
「こりゃあ凄いもんが出来た。便利じゃ」と子供ながらに思うた。

その頃、母親は木のタライに井戸水を溜め、洗濯板でゴシゴシ洗濯をし、
秋祭りで各家に配られた竹を物干し竿に利用しとったてぇのぉ。

外の犬小屋の中におじゃまして犬と遊ぶもんじゃけぇ
服に蚤が移って、そのまんま家に上がるもんじゃけぇ家の中にもノミが上がる。
寝とったらノミにかまれ痒いのよ、ノミ退治にDDTを噴霧されとった。
子供のワシらに直接DDTの粉を掛けられよったと記憶しとるが、
人間も犬も一緒の扱いじゃったんかいの(笑)?

鼻を垂らした子供もえっとおったが、綺麗好きな丸本少年は美しい顔をしとった(笑)。
冬にはみんなひび割れたような赤いほっぺをして穴の空いた靴下をはいて
手や足にしもやけを作っとるのに何故か半ズボンなんよの?

まだテレビの無い時代の子供の遊びはかくれんぼ、おしくらまんじゅう、相撲、馬乗り。
女の子はゴムとび、ままごと、お手玉、あやとり、なんかが中心じゃったろう?
その内、パッチン、まぶろ、にっさん、など遊び道具を買うての遊びになり、
もうちいと大きゅうなったら手打ち野球やロクムシ、ドッジボ-ルなど球技が流行った。

その内、電気洗濯機ゆ-もんが現れ、またミキサ-じゃのゆ-もんが現れ
西洋文化を取り入れた生活が徐々に五日市の家庭にも広まって行った。

地鎮祭

アパ-ト新築に伴う地鎮祭を昨日、雨の中開催。
準備中から降り始めた雨は祭典の最中は全員テントの下におったものの
式の間降り続け、いつも『当たらぬ天気予報』と気象庁をバカにしとるワシは
仇を取られたで。 この日も『夕方から雨』の予報じゃった(苦笑)。

宮司さんはワシが若い時からお世話になっとる湯来の重光神社にお願いした。
もう齢90を越えられる宮司さんは、最初は『年だから』と断られたが
こちらでお手伝いはしますけぇ、と拝み倒してやって頂いた。

そんなワシの願いに奮起された宮司さん、張り切って祝詞も特別仕様に。
『ヨソではやらんのよ』という儀式まで取り入れてやってくれちゃったんじゃが
式も長くなり、後半戦はお疲れの様子。
式次第まで丁寧に書いて来られたのに後半の式を飛ばして終わりそうに・・・

そっと宮司さんに 「昇神の儀が終わってませんよ」 と耳打ちしたら
「おお、そうか、ほいじゃあ今からやろう・・・」
そんなこんなで厳粛な中、ほほえましい場面もありで終了。
片付けは息子が手伝うて、雨の中の儀式は済んだ。

夜は前夜に続いての外食じゃったが、今度はそごうの7階の『源蔵』じゃ。
サラリ-マン時代の先輩や後輩との一献で、ここの方がワシには気楽でええ。
美味しく食事も焼酎もいただきました。

シェララトン雅庭

シェラトンホテルの 『雅庭』 で友人夫婦とディナ-をした。
ワシらには縁がない贅沢なホテルでの食事じゃった。

というのも月曜日は50%offという制度を利用しての食事じゃが
飲み物は別で、オプションも注文したりしたんで支払いの時には
「これでホンマに50%off?」 と言うほどの高額に・・・。
貧乏人のワシらには口が腫れそうな夕飯となった。

やっぱりワシには外では 『チャ-ハン&ラ-メンセット』 みたいなんが似合うし
家ではらっきょに味噌汁に雑穀米のようなご飯が落ち着くで。

食い意地が張っとるけぇ、一品ずつ出てくる料理の写真を撮るような余裕はなく
ぜ~んぶ食い終わってから 「あっ! 写真を撮るのを忘れた」 の始末。
ま、こんなもんじゃろうて。 

サッカ-W杯

いやぁ、何とか引き分けたが、勝てるかも? と思わせたね?
押し気味に進めとった後半、速い攻めで1点失いガッカリさせられたが
途中交代で入った本田が決めてくれた。やれやれ。

みんな週初めの月曜日、睡眠不足で仕事に向かうんじゃろうの?
事故をせんように気をつけましょう。

父の日

倉庫整理で出てきた大量のBBQ用の炭を消費するために、
またどうせ娘一家も息子一家も父の日にやって来るんなら
とBBQパ-ティ-を提案し、受け入れられた。

幸いに天気も良く、早よう目覚めたんで朝から張り切って支度をした。
途中で約束しとったアパ-ト業者が来たんで、最終的な打ち合わせをし、
その打ち合わせが終わる頃に娘一家がやって来た。

娘一家の孫たちが来ると家の中がワヤになるんで
急いでロ-テ-ブルの上の書類などを片付け、手の届かんところへ・・・
業者も追い返すように帰って貰い、支度にかかった。

父の日のプレゼントを貰い、ごきげんで皆を迎えた。
炭に火を入れ、男連中は先ずは1杯! それぞれ久しぶりなんで話もはずんだ。
孫たちは早よう食べ終えて遊びたいばっかしじゃ。
ホンマ、子供は元気がええ。とても一緒に最後までお付き合いできんけぇ。

全員集合したところを写真に収めようとカメラを用意しとったのに
肉を焼き始めると、そっちに集中して、すっかり忘れとった。
気付いた時には、子供たちはみんな遊びに出掛け
大人の女性陣だけが残った。
宴の終わったカスの写真だけカメラに収めた。
IMG_2358_1.jpgIMG_2356_1.jpgIMG_2357_1.jpg


倉庫整理Ⅱ

軽トラックに山積みにして沼田に持って行ったが、半分はお持ち帰りじゃ。
『あれはいけん、これはいけん』 と言われたんよ。
大型ゴミだけ降ろして残りは 『ダメです』 と言われた。

ワシが種から育てた柿木(渋柿)も1階の軒先より高うなったんじゃが、
伐採されるんじゃのぉ・・・可哀想じゃのぉ・・・
ゆんべは、まだ健在じゃったが、今日の夕方帰宅したら
もうきれいに更地になっとるかもしれん・・・しのびないのぉ・・・。

残ったゴミは指定された日に市のゴミに出しゃあええんじゃろうが
それまで保管しとったら、他の整理がつかんので、
中国ユニットの産廃と一緒に引き取って貰おうてぇ。
ゴミもタダで捨てられん時代じゃけぇね。

倉庫整理

日曜日に倉庫の整理をした。
アパ-ト建築の際、ワシが10年かかって作った畑の土も
農機具の入った畑の横の物置も全て無いよんなるけぇじゃ。

物置の中の農機具(と言うてもクワや鋤など小物)を保管するため
わが家の倉庫の中を片付けにゃあならん。
ン十年振り? 倉庫の物を片付け始めたら、何でこんなもんを?
とゆ-ようなモノばかり出てくる、ほとんど処分する事になった。

古い古いテントやパラソル、これより後に買うた大きなテントは既に捨とるのに・・・
また、ポリ缶もえっと出てきた。こんなもん、空気を置いとったようなもんじゃ。
昔、離れに作っとったマ-ジャン部屋の掘りごたつとか、
またいつか使おうと思うたんかねぇ?

亡き母の園芸用の肥料とか、日曜大工で余ったペンキの缶とか
出るわ出るわ、軽トラック一車じゃ積めんかも?

倉庫の中の自作の棚の柱はシロアリにやられとったけぇ、すぐにシロアリ退治の薬を塗布、
きれいに掃除したら、畑にあった物置のものくらい、楽々入るスペ-スができた。
中をきれいに掃除し終えた頃、パラパラと雨が落ちだして、
外に出した物を、また中へ入れたら、またいっぱいになったで!

折を見て処分するものを廃棄処分しに行かにゃあいけん。
沼田で全部捨てさせてくれるんかのぉ・・・?

6月度

6月度幹事会の日じゃった。
幹事会に出かける頃はいささか疲れ気味ではあったが、
仲間の顔を見、一緒に語り合うと、先ほどまでの気だる感は消えとった。

来月の納涼会の話と、新会員募集のHow toなどが議題になった。
北の保存会からI会長が寄られ、意見と北の現状を述べんさった。

われわれ西地区は若いものが欲しいのに対し、北は年長者が欲しいんじゃと。
前から言われとったが、相応しい人が思いつかん。
昔の五日市の祭りを知っとんさる人で、今の北の保存会の相談役になってくれる人、
誰かおっちゃったら自薦他薦を問わず連絡しつかぁさい。

帰りはI会長と一緒に、祭りの話、仕事の話をしながら帰った。
夜の街が誘うとるようじゃったが、今夜はおとなしゅう帰りましたよ。

ナイタ-観戦

ゆんべは今シ-ズン初めてのナイタ-観戦じゃった。
天気が心配でカ-プのカッパと透明傘を持って行ったが、使うことはなかった。

起ち上がりのピンチをしのいだ大世良が2回以降は危なげなく投げ
序盤から点を重ねたカ-プの大勝で最高の試合じゃった。

席もホ-ムベ-スの真後ろの特等席で年間指定席をプレゼントして貰うた。
もし雨が降ったら濡れる位置なんじゃけど、朝からの雨も止んで暑くもなく
涼しいくらいの感じで、球場のビ-ル売りのおねえちゃんもきれいじゃったし、
楽しい夜を過ごさせて貰えたことに感謝。

JRで行ったが、往復の列車は満員で、往路は一つ電車を見送ったくらいじゃった。
行きも帰りもカ-プのユニフォ-ム姿の人が目立ったが、
帰りの列車は、殆どのユニフォ-ム姿の人の笑顔が最高でした。
IMG_4778_1.jpgIMG_4790_1.jpg

地名

6月度の幹事会の案内がきた。
五日市を遠く離れた赴任地からの発信に敬意を表する、感謝。

この日は幹事会とスケジュ-ルには書き込んでいるものの、お誘いが入る。
この時期なんで、さほど行事の予定はないと睨み、お誘いを受けるか思案中なり。
そんな事を考えながら、夕方には雨が上がったんでウォ-キングに出かけた。

中土手から御殿場を通って沖土手まで足を伸ばす。
最近の若い人らは、ウチの息子も含め中土手じゃの御殿場じゃの沖土手言うても分かるまいて。
近頃の住居表示は〇△■丁目とかの表示で、昔からの地名が消えとるよね?

ほいじゃが、この昔からの地名は何かの形で残しといて欲しいよのぉ?
沖土手も中土手も時代は違えど、昔の海岸線の堤防じゃと思う。
時を経て少しずつ埋め立てられ、今の海岸線になっとるんじゃが、
ワシらが子供の頃の海岸線は現在のヤマダデンキの南側で
ほの湯のところは砂浜じゃった。

昔の地名はその時の状況や環境を表現しとるものが多い。
現在の住居表示は訪ねるには分かり易く便利じゃが、
その場所がどんな所じゃったかを表現しとる昔の地名も
何らかの方法で残して欲しいよの?

BBQへのお誘い

日曜日、千代田から豊平に向かう車で携帯に電話が入った。
運転中はブル-ツ-スになっとるハズじゃのに反応なく、分からんかった。

豊平に着いて携帯を見ると2回も友人から着信履歴があるんで、
急ぎの用かいの?と掛けてみた。
こっちの電波状態が悪いんか、途切れ途切れに聞こえる声。

どうやら北の神輿の連中が友人宅でBBQやっとるみたいで
『来られませんか?』 と誘うてくれとるみたいじゃ。
「今、豊平じゃけぇ行かれんよぉ」
『えっ? 何? どっかへ出とるん?』
「ほいじゃけぇ豊平! ト・ヨ・ヒ・ラ!」
『・・・・・・? ・・・・・?』

豊平がどこか分からんのか、聞こえんのか
「ありがとうのっ! また誘うてくれやい」 と返事をすると
『あぁ・・・来れんのか? 忙しいところすみません!』
最後は他人行儀な言葉になっとった。

ありがたいね? 嬉しいね? じゃが、付き合えんで申し訳ないです。
ワシら夫婦はソバを食べに行っとりましたとさ。 チャンチャン!

灯篭流し

今の海老園の交番があるところには、ワシらが子供の頃にはカキ打ち場があったと記憶しとる。
五日市港の岸壁で海に降りる石畳のすぐ上にあった。
今でこそ交番から海老山の麓にある塩屋神社まで陸路ですぐ行けるが、
昔は五日市港から宮島街道まで続く、深い入り江があり、海老園側からは歩いて行けなんだ。

夏祭りは今でも塩屋神社で行われとるようじゃが、昔は町内会ごとに各家に灯篭が配られ
夏祭りの土曜日の夜には家族の数だけ人型を入れた灯篭を流しに
家族で塩屋神社のところまで出かけるのが常じゃった。

今でも原爆の日には元安川で灯篭流しが行われておるのに
五日市の灯篭流しはゴミの問題なのか、遠い昔に廃止になってしもうた。

あの頃の夏祭りには入り江の始まりである宮島街道の所から塩屋神社まで
大幟がひしめき合うほど立って、夜店もいっぱい並んで賑やかな夏祭りじゃった。
塩屋神社の神輿も船に乗せ津久根島まで行き、島を回って帰っておったらしい。
ワシら子供は親と灯篭流しに行き、何も買うて貰えん夜店を横目に見ながら
帰途についたんで神輿が船に乗るところは見たことがない。
最新記事
最新コメント
プロフィール

秋祭り保存会

Author:秋祭り保存会
五日市西地区秋祭り保存会のブログです。

リンク
参加中!
広島ブログ
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる