FC2ブログ

丸→巨人   福井→楽天

やっぱし巨人に行くんかぁ?
川口、江藤、ほいで丸とカ-プの主力を持って行かれるのぉ・・・。
来年の開幕戦にはヤジも飛んで来そうじゃ。

カ-プの条件も悪うはないじゃん。
ジャイアンツは破格よのぉ?
ま、ドラフト制度があるため、好きな球団に入れん選手に与えられた権利じゃけぇのぉ・・・
もみじ銀行もCMキャラクタ-を変更せざるを得んのぉ。

福井投手もどこかのCMキャラクタ-じゃったが、残念じゃのぉ・・・。
福井投手は好きなピッチャ-の一人じゃったんじゃがのぉ・・・。
プロの世界は実力じゃもの、結果じゃもの、仕方ないか。
スポンサーサイト



木遣り部忘年会-2

仕事の段取りがついて思うたより早よう帰れたんで、ちょっとだけ顔を出そうと
覗いた木遣部忘年会、すでに宴たけなわと思いきや、乾杯の直前じゃった。
会長もワシのすぐ後に来たんで、二人で乾杯まで外で待ちよったみたいに冷やかされた(笑)。
北の会長も参加しとりんさったんで、賑やかな宴になった。

木遣部では来年の25周年に向けて、記念になるものをと何やら画策しとっての様子。
ほ-よのぉ、もう25年も経ったんよのぉ?
保存会では恒例の神楽祭りを計画中で、また会員は秋祭り前に大変な行事がある。
いっそうの団結力が必要となる。

木遣り部忘年会

木遣り部部長のTさんから部外者であるワシに忘年会へのお誘いがあった。
その心遣いに感謝します。嬉しかった。
時間さえ許せば行って、みなさんの輪に入れて貰うて大いに談笑したい。

今夜も夕方事務所に帰ってから、来客が3人あった。
最初はアパ-ト建築の業者で完工確認の押印、その他の要件じゃった。
二人目は明日の現場の打ち合わせで、そっちにはワシが行かれんけぇ
微に入り細に渡り、指示。商品も渡した。

三人目はこれから見積もりする現場の工法や写真を見せての打ち合わせで、
これには、けっこう時間を費やした。

こんな感じで、今日からまた新しい現場が始まったんで
明日は解体の日、何があるか分からんので
『誘うて貰うて有難いけど、余裕がないと思います』 とお断りの返信をした。

もう籍を離れて久しいのに、声を掛けていただいて感謝します。
仕事の段取りさえ済めば、覗いてみたい気持ちはあります。
自分勝手で申し訳ないけど、甘えさせてつかぁさい。

忘年会

今年は11月に仕事が忙しかったせいか、それとも大人数での飲み会の世話が
億劫になったんか、それほど忘年会の予定を入れてなかった。
じゃったら、やっぱり連絡が入ってくるんよの!
『今年はせんのか?』 『何も連絡がないがワシ、はねにされたんじゃないじゃろうの?』 と。

いろんなグル-プに入れて貰うとるもんじゃけぇ、それぞれに忘年会をしてきた。
じゃが、それを維持するのも大変よ! ホンマ。
中学の同級生の集まりも、数人でこじんまりとやるんがええね?
10人以上になると話題も分かれるし、スケジュ-ル調整も難しい。

この年になってくると、心を許せる人とゆっくり飲みたい、食事をしたい。
男同士でも、心を許せる人とそ-ゆ-時間を過ごせる人とは毎日でもそんな場を持ちたい、
心を許せる女性は少ないが、そんな人ともまったりした時間を過ごしたい。
それは自分を全て知ってくれとるけぇじゃと思う。

若い時は10ある力を15にも20にも見せたく、虚勢を張っとった部分がある。
今は10は10でしかない。それ以上でもそれ以下でもない、ありのままの自分でいたい。
10をほぼ10として分かってくれとる人と飲むのは楽じゃし、楽しい。

男jは外では戦う気持ちでいつもおらにゃあいけん、そう思うて来たが、
心を許せる人には甘えたい部分もちいとあるんじゃと思う。  違う?

建物、店、道路

宮島街道にあった滝井産婦人科が解体されきれいに整地されとる。
同級生の家でもあり、ウチの息子も娘もここで生まれた。
病院と自宅と庭があったところは整地されても広いねぇ。
ここにマンションでも建つんかのぉ? 1つの時代の終わりを感じた。

商売や事業も長く続けるのは大変なんじゃろうね?
昔あった店や会社も様変わりしとる。

広電の五日市駅周辺(現在の位置より西側)にはようけ店があった。
松村呉服店は規模を縮小してまだ残っとるが、昔は呉服、学校の制服など
一手に預かる大きな商売をしとんさった。

今の公園のところには松村のス-パ-があり、向井の肉屋さんが向かいにあった。
宮島街道には児玉米穀店、佐伯タクシ-、田中の魚屋があり、
松村呉服店の前には大橋プロパンもあった。
多田の電器店、多田の仕出し屋、松本電器店、野崎文具・雑貨店が続いた。

西地区に入るとマ-ケット(中央連鎖街)には市木スポ-ツ店から大江文具
松島のお菓子屋さん、有楽映画館、西村花店、森書店、手芸店、福島肉屋
べんてん呉服店、大藤炭店、林時計店、鬼木の貸本屋などなど・・・。

さらに西へ行くと木谷の下駄屋、八木の天ぷら屋、野田文具・雑貨店、松浦文具店、
小西に質屋、薬屋、加川の八百屋、用品酒店、大賀の米屋、玉理の魚屋、
金子金物店、川西のお好み屋、平瀬薬局、寺地新聞店などなど
瀬戸の川にも沖中の八百屋があった。
さらに西へ行くと山下精肉店、東窪商店へと続いた。

今、並べた店の殆どは今はない。
商売の難しさ、後継者問題がそこにはあるんかもね?
それに引き換え、当時から残っとる店は大したもんじゃて。

サンコ-の自転車屋さん、山形の駄菓子屋さん、森岡の花屋さん、
寺西ポンプ、加藤クリニック、加島表具店などなど・・・

鈴が峰に観音山、そして海老山

先日、現場で古い職人さんと昔の五日市の話しになった。
この人も昔からずっと五日市で暮らしとってらしく、話に花が咲いた。

五日市は東に鈴が峰を、西に観音山を配し、八幡川の洲に広がった小さな町じゃ。
戦国時代の頃は旧五日市も八幡地区も海じゃったらしいが、
ワシらぁ、そがいに昔のことは知らん。

東にそびえる鈴が峰には登った事ぁないが、西にそびえる観音山には
小さい頃から父親と一緒に家から山頂までよう登ったもんじゃ。
むすびを持って登りよったけぇ1日がかりじゃったんじゃろうね?

その職人さんとは海老山や津久根島、殿山、の話も出たが、にしか山は知っとってんなかった。
ま、これは西の者しか知らんかもしれん。
ワシらの先輩は海老山の西側に中島の海水浴場があったのを知っとってらしいが、
ワシらの時には堤防になって、宮島街道のところまで入江になっとった。

昔、田んぼや山じゃったところに家やビルが建ち、急速な変化を見せる五日市じゃが、
ワシとこの職人さんの頭の中には、昔の五日市が拡がった。

ジモティ-

会社や自宅の倉庫を整理したら要らんモンがえっと出てきた。
『こんなもの何のために買うたんかいの?』
『あっ、懐かしい! そ-言やぁこんなん使いよった』

釣り道具や救命胴衣なども古いものはゴミとして業者に持って帰って貰うたりしたが、
一昨日の倉庫整理第2陣で、またもや大量の不要物が・・・
『これってまだ使えるじゃん』 そんなものは掃除して、写真を撮って
ネットのジモティ-に『無料で差し上げます』と載せると、すごい反響がある。

先日、事務所のソファ-を載せたらあっという間に応募多数で
こちらが指定した人がすぐに取りにやってきた。

不要な人から必要な人へ。
商品も倉庫の肥やしになるより、捨てられるより、使うて貰うた方が嬉しかろうで。
リサイクルセンタ-にも電話したら 「商品によっては代金をいただいて引き取る場合もある」 との事。
ほいじゃったら最初から 『無料であげます』 と言うて、すぐに取りに来て頂く方がええ。

今日も大型鳥かご、ガソリン携行缶、ク-ラ-ボックスなど引取りに来られるようじゃ。
ル-フキャリ-も引き合いが多い、貰い手がないのは温室などに置く植物用ヒ-タ-だけじゃ。
掲載したとたんにメ-ルが一気に寄せられ、対応が大変なくらいで
ネットの力を見せつけられたよ。

えびす講

明日は瀬戸の川の若宮神社のえびす講祭りじゃないかいの?
としたら、太鼓部-笛班の活躍で仕出しの岡田さんとこの駐車場で太鼓の演奏と舞いがある?
ちょっぴり瀬戸の川の通りが賑やかになるよね?
ワシも時間がありゃあ覗いてみたいが、ちょうど練習時間になるんじゃないかと思う。

若宮神社ゆ-ても西地区の人でも知らん人が多いと思う。
五日市小学校のすぐ西側にあるんじゃが、表通りから人しか通れん道を進むしかないけぇ、
人の目につかんので、知らん人が多い。

ワシらが子供の頃には通学の裏道じゃったんで、よう若宮さんの前を通って学校に行ったもんじゃ。
帰りは西門から出て、この道を通って帰ることが多かったんで、ワシには馴染みのある祠じゃ。

瀬戸の川地区の人で、昔からの住民の人らは大切にしとって神社と思う。
秋祭りの時に、この若宮神社と東地区の五つ神社の前で神輿を降ろし、参拝しとるが
五つ神社は目の前に見えるが、若宮さんは見えんので
担ぎ手の中には『何で?』と不思議に思う人もおるじゃろうのぉ。
実はお参りする方向の家の裏側に若宮神社があるのですぞ。

五日市に住む人ならいっぺん訪れてみるべきと思います。
徒歩か自転車でないといけません。
近くに駐車場もないので家から歩いて行ってみつかぁさい。

続きを読む

太鼓部はまだまだ忙しい

五日市の秋祭りが終わって1ヶ月過ぎ、他のメンバ-は祭りの疲れもすっかり癒え、
市民運動会も終わり、町内の今年の行事はほぼ終え、ホッとしている頃じゃが、
秋祭り保存会の太鼓部-笛班は、まだまだ12月始めまで忙しい。

いろんなイベントに呼ばれるからで、ワシが在籍しとった時にも
11月に3回、12月に1回、毎年定期的に声の掛かる演奏があった。
やはり大勢のお客さんの前で演奏するんで、下手な演奏は聴かされんけぇ
それに伴う練習も必要なんで、部員は大変じゃと思う。

若い部員が少ないようなんで、どなたか、やってみようと思う人はおられませんか?
和太鼓を演奏してみたい、笛を吹いてみたい、と思われる方、連絡下さい。

何年か前の勤労感謝の日、ある施設で昼頃の演奏を終え、
帰ってすぐ着替え、大急ぎで京都の紅葉を見に行った覚えがある。
紅葉の季節の京都はなかなかホテルがとれんかったし、
観光するのにタクシ-に乗っても、歩いた方が早いと、苦笑いしたもんじゃ。

区民まつり

今朝はゆっくり起きて朝食後、まったりした時間を過ごし、事務所に出た。
昨日やっとこうと思うた事務処理ができんかったけぇじゃ。

日曜日じゃのにコイン通りの人通りが多いとは思うたが、どこかセ-ルでもするんか?
と思うた程度の認識じゃった。事務所に着いてしばらくすると火矢の上がる音が・・・
『パ-ン、パ-ン!』 どこかの運動会にしちゃあ遅い開始時間じゃと思うた。

仕事が昼までかかっって帰ろうとしたら、コイン通りを歩く人がけっこう多いんで
今日が区民まつりなんじゃと気付いた。
商工会の人らが屋台でうどんなど売っとると思い、帰宅後、ちょいと自転車で覗いてみよう、
そう思うたのに、自宅に入ると、もう昼の用意がしてあり、区民まつりの事は頭から消えた。

夕方、買い物に行くためコイン通りを通ると、大勢の人がコイン通りを歩いて帰っとんさる。
そこで再び、『おぉ-っ! そうじゃ区民まつりじゃったんじゃ!』 と思い出したが
もう遅い、みなさん区民まつりが終わって帰りよってんじゃわい。

さっきまで頭の中で考えとった事が、違う環境に直面すると、もう忘れてしまう。
そんなお年頃になったんじゃろうね? 

11月度幹事会

今夜は秋祭りが終わって初めての幹事会じゃったが、ワシは欠席とした。
直前まで行くつもりでおったが、ドクタ-ストップならぬ母ちゃんストップが掛かった。
早ようからこの日は飲み会に誘われとったが、第2土曜日じゃけぇ
祭りの幹事会があるのを理由に断っておった。

この10日間、けっこう仕事が忙しかったのもあるが、最近疲れやすうなった?
仕事が終わったら食った食った、じゃのうてクッタクタよ!
ま、反省会があったんで、これが最初の幹事会みたいなかったんで、
母ちゃんストップに同意し、風呂に入り、メシ食ったら爆睡。
ほいで今頃目が覚めたんでパソコンの前に座った。

今日、訪問した楽々園にお住まいのお客さんと懐かしい話になった。
『この辺もマンションだらけになって・・・』 というお客さんの言葉に端を発し
『昔はあの辺りは海水浴場でねぇ・・・』
「それ知ってますよ。塩田の跡もあったりして砂浜じゃったですよね?」 と返すと
『えっ! 知っとる? Mさんもえっとワシと変わらんの?』

いやいや、お客さんとは10才は違うじゃろうと心の中で思うとったが
『僕が高校生の頃まで楽々園の遊園地があった』 と言われたんで
「えっ? それほどワシと年が違わん?」 と思うた。
ワシが小学校6年生までは遊園地があり、土手のむこうの砂浜を覚えとるけぇじゃ。

それは小学校6年生の時、楽々園の海水浴場の砂浜を夕闇に隠れるように
アベックが歩いとる姿を土手から見つけ
「安倍っく~ん!」 と大声でからこうたのを鮮明に覚えとるけぇじゃ。

ワシガ6年生で12歳じゃけぇ、お客さんは高校生なら16才~18才じゃないか。
ほいじゃあ最大限違うても6歳まで? ワシは10歳以上年上とばかり思うとったのに・・・

芸北の秋

今年も芸北は八幡高原の、みごとな紅葉を見ることが出来た事に感謝。
もう40年通うことになる。
今のように開発される前から通い始め、今じゃ観光バスも入るほどの人気じゃ。

最初は廃屋を求めて歩き回る内に、白樺並木のこの地にたどり着き、気に入った。
すでに廃屋になっておっても、その地から遠く離れて暮らしておっても
近隣の手前、手放そうとせん地主。

その内、周辺が開発され始め、期間限定ではあるがレストランも出来、
新築の昔ながらの藁葺き屋根の日本家屋も出来た。
ワシら夫婦が気に入ったのは臥龍山のブナ林の四季折々の色じゃ。

ええものはその感動を分かち合いたい。
深い付き合いの人たちとは一緒に訪れ、ワシのお気に入りを紹介した。
押し付けた感があるかもしれんが、気に入ってくれた人とは何度も訪れ、美を共有した。

じゃが、もう新しい人は連れて行かん。
前述したように観光バスまで入るようになった。
もう、これ以上人が増えたら、自然感が薄れる気がする。
芸北と比婆は広島県のワシのお気に入り。

   今年の芸北の秋
IMG_2993_1.jpg


五日市港

今、海老園の現場で仕事をしよるんじゃが、小学校1年生の時に同じクラスの女の子が
この近辺に住んどったんで、この辺はその頃よう遊びに来させて貰うた。
すぐ近くに五日市港があって、牡蠣打ち場があったのも覚えとる。

五日市港は子供のワシらにとって夏場はかっこうの遊び場になる。
堤防の内側(内海)は水深が深いんで、堤防の上から飛び込んで
海底の石ころを拾う遊びをしたり、魚釣りの際にはゴカイや本虫を掘ったり、
うなぎを獲るための竹の筒を仕掛けたり、マテ貝を獲ったり、
いろいろな思い出がある。

中学生になったら船越の釣り道具屋で伝馬船を借りて
友達と沖に船釣りに出かけたりしたが、櫓を漕ぐのが難しい。
先輩や親から教えて貰うた覚えはないんで、見よう見まねで覚えたんじゃと思う。

ワシも友人も櫓を漕ぐじゃの初めての経験なんで、しょっちゅう櫓が外れるのよ。
ワシが漕いだら右に旋回するが、友人が漕いだら左に旋回するのよ。
交代に漕いでジグザグになりながら前進したのを覚えとる(笑)。

最初は怖いもんじゃけぇ外海に出ても、すぐ近くで釣るんで大したもんは釣れん。
回を重ねる内に段々と沖に出るようになり、一番遠くは津久根島まで行った記憶がある。
行くのはええが、帰らにゃならん。もうヘトヘトになって帰港したのを覚えとるが、
この時は陸に上がっても、当分体が揺れとったよ。

今は子供だけでそんな事させて貰えんと思うが、あの頃は親も忙しかった。
いちいち子供の行動を監視できんかったんじゃろうね?
おかげで何でも自分で出来るようになりました(笑)。

あの頃の五日市港、今でも鮮明に光景が目に浮かんできますぞ。
最新記事
最新コメント
プロフィール

秋祭り保存会

Author:秋祭り保存会
五日市西地区秋祭り保存会のブログです。

リンク
参加中!
広島ブログ
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる