FC2ブログ

木遣部、太鼓部

昨日書いたが、西地区秋祭り保存会の中には木遣部と太鼓部がある。
木遣部は秋祭り当日、俵もみの歳、なくてはならぬ存在で
五日市独特の木遣・音頭を伝承しとる。
歌えるようになったら、秋祭り当日その喉を披露できる。

担ぎ手が心地よく俵をもめるように大きな声で朗々と詠うのよ。
沿道の皆様の心に響くように詠うのよ。
誰にも出来ることじゃない、木遣・音頭を歌える人でないと出来んことじゃけぇ
ワシみたいに人前で喋ったり、歌うたりする事が苦手な人には向かんが
目立ちたい人や伝統文化を受け継ぎたいと思う人には、最高の舞台と思うよ。

太鼓部は、昔の五日市の秋祭りには和太鼓の演奏なんかなかった。
しかし西地区秋祭り保存会を起ち上げ、俵みこしの担ぎ手を募集する際、
若い人に来て欲しかったんで、その頃の和太鼓ブ-ムに乗って、始めたことじゃ。

だ~れも和太鼓の指導者などおりゃあせん中で始めた。
『鼓童』 や 『天野流太鼓』 などプロの演奏を聴いて、見よう見まねで始めた。
和太鼓では所作が大事じゃが、教えてくれる人はおらんかった。
みんなで工夫しながら 『出陣太鼓』 なるオリジナルな形を作って今に至る。

これも秋祭り当日の朝、出陣式で必ず披露している。
これも目立ちたい人にはうって付けの晴れ舞台じゃ。
また秋祭りが終わってから忙しいのが、この太鼓部じゃ。
今ではあちこちからオファ-があり、いつも練習会場として借りとる五日市公民館の
『公民館祭り』 で1年を締めくくっておる。
秋から初冬にかけて出番は多いよ。

木遣部、太鼓部ともに部員を募集しております。
もちろん西地区の人に限らず、五日市のどこの地区からでも参加できますよ。
西地区で習うた木遣・音頭を八幡や石内、河内の俵もみで披露してもええじゃないですか。
五日市以外の人でもええのよ、北海道在住の人でも(笑)。海外もOKよ!

ブラジルのリオデジャネイロのカ-ニバルでサンバを踊るTバックのおねえちゃん達に混じって
俵もみを大声で音頭を取りながら練り歩くのもええかも?
ワシはサンバのチ-ムに紛れ込むかもしれんけどね(笑)。

        太鼓部の慰問演奏、そして木遣り部の練習風景
004-1_1.jpg037-1_1.jpgIMG_2892_1.jpg


スポンサーサイト



秋祭り保存会は

西地区秋祭り保存会の集まりの様子も少しずつ変わってはきとる。
今より10年前、更に10年前と今年で発足25周年を迎える西地区には
短いとはいえ25年の歴史がある。

記録に残るもんが今、手元にないけぇ分からんが、幹事会を始めたんはいつ頃じゃったじゃろ?
発足して割と早い時期に始めたように記憶しとるが・・・。
機関紙 『ちょいさぁ』 の創刊号が手元にあるが、平成14年の5月となっとる。

この頃には木遣り部練習日が毎月第二木曜日、太鼓部練習が毎月第二日曜日となっとる。
太鼓部の練習は月に2回やっとったのを覚えとるけぇ、その後増えたんかもしれん。
木遣り部も太鼓部も今は練習日は違うけど、会場は当時と同じ
木遣り部は西集会所で、太鼓部は五日市公民館で続けとる。

幹事会は祭りがある前後だけじゃのうて、毎月1回定期的に開催しとる。
会議の後に懇親会があるが、そのために一人¥500ずつ握ってくる。
毎月各班が交代でその月の当番を決め、飲み物、つまみ等の準備をする。
一人¥500じゃけぇビ-ルなんて高級なものは飲めん、すべて発泡酒そして焼酎など。

つまみは当初は乾きモンばっかりワシらが当番の時は出しとったが、
最近は料理自慢の人も多く、いろんなメニュ-が出てきて
『こんなん出るんならメシ食ってくるんじゃなかった』 と言うような時もある。
また各自、家のいただきもののビ-ルや日本酒などの寄贈もあり
たまにホンモノのビ-ルをいただける事もあるという特典付きじゃ。

老若男女が集まる祭りコミュニティ-、ええもんですぞ。
ちょっとだけ覗いてみる気になった? 
なった人は¥500持っておいで。

2004年の幹事会のようす
P1010004_1.jpgP1010012_1.jpgP8060110_1.jpg


夏場所が終わり

大相撲夏場所は平幕朝乃山の優勝と千秋楽のトランプ大統領の観戦で終わった。
場所前の話題はもっぱら新大関貴景勝のことばかりじゃったが、
終わってみれば平幕優勝とトランプ大統領のアメリカ大統領杯授与が印象に残った。

アメリカ大統領の大相撲観戦という要求をのむためにその警備の大変さは場所前から分かっとったが、
何とか無事に終え、政府筋も警視庁も大相撲協会もホッとしとるのは間違いないじゃろうね。
だいたいがお騒がせな大統領じゃけぇ、行く先々で、その警備陣の苦労は想像できる。

トランプ大統領夫妻と安倍首相夫妻が館内に現れる前から取り組みはストップした。
国賓の大統領閣下をお迎えするんじゃけぇ、それくらいしょうがないと見る人もおってじゃろうし
天皇陛下の観覧相撲の時と同様にすりゃあえかったんじゃないかと言う人もおってじゃろうね?
結果的には無事に終わったんじゃけぇ、その警備関係者の方々を労いたいが、
土俵に間が空いた感はあった。
これも要人に 『早ようしんさい』 とも言えず関係者のお気持ちを察する。

日本の伝統文化は世界でも注目を浴びとるんじゃね?

     2007年の九州場所、まだ升席に座れとった
IMG_1088_1.jpgIMG_1096_1.jpg

真夏?

昨日は暑かったねぇ、全国的に真夏日じゃったみたいで、所によると猛暑日のところも?
広島の最高気温が何度じゃったか知らんが30度は超えたんじゃない?
ウチの一番上の孫娘は中学最後の運動会じゃったみたいで、ワシ以外は全員応援に駆けつけたようじゃ。

「今日は暑いけぇ日陰で応援せんと・・・」
見る方も競技する方も用心せにゃあいけん最近の気温上昇。
夜中に帰って、運動会の様子を聞いたが熱中症で救急車が来たとかの話はなかった。
この調子じゃあ7月8月が思いやられる。
以前、一緒に海に行った人が目の前で熱中症に倒れたことがある。
あの時は 『もうこの人は助からん』 と本気で思うた。

まぁ、そんな中、カ-プもデ-ゲ-ムで、7回までは楽勝ゲ-ムと思われた試合が
お出かけ前頃になって怪しい雰囲気に・・・。
選手も観客も暑い中、熱い戦いをしとったが、用があったんで出かけた。
この結果も帰宅後、運動会の話と一緒に聞いて安心したよ(笑)。
お互い気をつけましょう。

  2004年秋祭り 木遣り部連中と揚下の俵との合わせ
P1080456_1.jpgP1080472_1.jpg


次の段階へ

五日市の祭り連合会は次のステップへと歩を進めにゃあいけん時期かもしれん。
それは予算の問題じゃ。
現在は東、北、西それぞれの保存会で花を集め何とか運営しとるが、
北は俵を出す皆賀、揚下、揚上の3つの団体がそのまま神輿に繋がってない。
よって別に寄付集めに回って運営しとるが、これは本来の姿じゃない。

北地区は俵と神輿の団体を繋げるという大きな仕事が残っとるが、
連合会がスタ-トしたからには、尻に火が付いた感は否めん。
祭りをするにも費用が掛かるのよ、予算が無うては何も出来ん。
今は役員の持ち出しやボランティアで繋いどっても、続く訳がない。
どう費用を捻り出すかが一番の課題じゃと思う。

東も西も今の段階では運営出来とるけど、それ以上の事はできん。
花集めの人たちは、毎年懸命に頭を下げて回ってくれとるが
今以上の祭りの賑わい復活を目指しとるんじゃけぇ、到底予算が足らん。

祭りの運営は若い人らに任せ、資金面は長老連中にも動いて貰うしかない。
知恵と汗を出し合うて、市や県にも働きかけ企業にも働きかけ
安定した予算が組めるような組織作りが必要と存ずる。

 2015年の秋祭り俵もみ、いつもご協力有難うございます
IMG_0862_1.jpgIMG_0872_1.jpg


首位カ-プ

9回また中崎がつかまった。
根性なしの野村が珍しく頑張った勝利投手の権利を消すんか?
ストレスが溜まるけぇチャンネルを変えた。

後で知ったが何とかカ-プは踏ん張って勝っとったじゃん。
単独首位でやっと指定席に戻ったね。
打者も投手も選手は毎日調子が違う。
一流選手と言われる選手でも調子の悪い時はある。

そんな事は分かっとるが、3割バッタ-は認められるが、3割ピッチャ-は認められん。
昨日、大活躍した選手が今日も活躍出来るとは限らんが、
昨日活躍した選手を先発させずに、代わりに『なんで?』 という選手が先発する。
その起用が当たりゃあ 『名将』 と讃えられるんじゃろうが、そうじゃない。
ただの勘を頼りに選手を起用するんじゃったら、デ-タ野球の方が確実じゃ。

ええ時も、悪い時も応援するんが真のカ-プファンよ、と言われるかもしれんが
楽しみで観とるんじゃけぇ、それでストレスが溜まるようなら見ん方がええ。
カ-プが勝った翌日の中国新聞は楽しみじゃ。

  御旅所に向かう、女みこしと子供みこし(2017秋)
IMG_1162_1.jpgIMG_1163_1.jpg

白米

わが家では白米が食卓に昇る事は月に数回しかない。
殆どが雑穀米で時々ワシのリクエストで麦飯が出るくらいじゃ。
この雑穀米は事務員さんから勧められ、気に入ったものじゃが、美味いのよ。
でもたまに出る白米も美味しいと思うよ。

食べ物は国によって、地方によって、環境によってかなり違いがある。
同じ食材でもその調理の仕方によって美味しくいただけるものと、そうでないもの。
わが家では普通の事が、よそでは 『食べたことない』 という場合も。

時代によっても違うんじゃろうね?
今は飽食の時代、優れた料理人もいっぱいおってじゃ。

ワシは子供の頃に冬じゃったんじゃろうね、スト-ブの上で、ようニンニクを焼いて食べよった。
近頃ニンニクをひと塊まるごと食べるような事はなかったが、
昨夜は何個も食べた、しかも生で。

ニンニクを生で食べたらあれほど舌に刺激があるとは思わんかったよ。
ピリピリと舌に刺すような痛みがあったが、けっこう食べた。
マッシュル-ムも生で食べたんで、今日、腹を壊さにゃあええがと心配したが、
いたって正常で問題なかった(笑)。何を食べてもせやぁないんかも?

同じ国、同じ町に住んどるのに、子供の頃と今とでは食べるものがかなり違う。
白米の美味しさ、変わっとるんじゃろうか?

みんなで食べるメシは旨い。あれ?シニアクラブの写真?
IMG_8325_1.jpgIMG_8327_1.jpg

木遣・音頭 録音

今日は木遣部のCD録音があると聞いとったが、午前10時は仕事中じゃ。
残念ながら今回は参加を見送った。
ちょっと遠い美土里のおっちゃんから急いで欲しいとの見積があったんで
事務員さんに追い立てられながら13時過ぎには見積もりを送る事が出来た。

近頃はネットの普及で、急ぐ見積もりなどはラインなどで送る事ができるんで便利じゃ。
38年前にFAXなるものを某大手メ-カ-さんの事務所で初めて受信するのを見て、
何で電話回線で文字や絵が送られるんか不思議に思うたが、
すでにFAXでの文書や写真の送信は時代遅れ感のある今じゃ。
殆どの文書や写真はメ-ルで、しかも鮮明にカラ-で遅れる時代になった。
録音技術も大きく進歩しとるに違いない。

1回目の木遣・音頭CD作製の時もすでにデジタル録音の時代に入っとったが
デジタル録音機材を持ってなかったんで、録音はオ-プンリ-ルのアナログ器材で行った。
磁気テ-プに録音したものをCD化して貰うてのCD作製じゃった。
録音器材もめざましく進歩しとる今、スタジオさえありゃあ、素人でもかなりの録音ができる時代じゃ。
ええ記録ができる事を願う。

最近は若い人が増えてきた(2017年大祭後の打ち上げ)
IMG_1186_1.jpgIMG_1189_1.jpg

挨拶

最近の若い人は同じアパ-トの住人でも挨拶せんのが普通?
こっちから挨拶しても、まったく無視の人もおるが
ありゃあ感じが悪いけぇやめた方がええと思うで。

最初は自分から声を掛けるのが照れくさいとか恥ずかしいとかで、せんのかと思うたが、
すぐ近くで顔を見て挨拶しても無視されたとか?
ワシも顔を見たら必ず挨拶するようにしとるが、声を掛けられビックリしたように
「おはようございます」と蚊の鳴くような声で返してくる人が多い。

人との交流が煩わしいのか、知らん人に声を掛けられても応えるな、と教えられとるのか
とにかく挨拶をせんのよ。
以前マンションのル-ルで 『知らん人とは口をきかんように』 とか
事件の起きたマンションのル-ルをニュ-スで知ってビックリした事があるが、
情けない時代になったよのぉ・・・。

ニ-トとか考えられん言葉がはびこる世の中、おかしくない?
若い人に遠慮し過ぎるんじゃない? 甘やかし過ぎるんじゃない?
こんな奴ら、憲兵さんに言いつけたるんじゃけぇ。
そうなる前に、秋祭り保存会の門を叩きんさい。

55年位前の祭り風景(加藤クリニックの前)
1965頃の秋祭り

まだまだ成長期

今日は会社の健康診断の日、朝ごはん抜きはきつい。
じゃが腹回りに蓄積したカロリ-群からの補充で凌ぎながらの検査。
検査中に胃袋からの催促音、けっこう大きな音で検査医も苦笑。

体重と腹周りの計測では、まだまだ成長期にある事を裏付ける数値。
その割に身長は早々とストップしたもよう。
尿を取られ、血を抜かれ、空腹度が耐え切れなくなる頃に、やっと口にして良いと許可が下りた。

バリウムじゃ。減ったお腹を膨らませようと、ご丁寧に発泡剤をくれる。
『グ-ッと自分のペ-スで飲み干して下さい』 ビ-ルならエエんじゃけどね?
鉄板の上をグルグル回され、ひっくり返され、お好み焼きじゃないっつ-の!

終わったら、『水をしっかり飲んで下さい、最低2杯はしっかりと』
そんな水ばっかし、飲めんて。

祭りには俵を、神輿を担がんといけんけぇ、体調管理はしとかんとね?
今年もしっかり担げそうな勢いじゃああるよ(笑)。

この子が昨秋、女みこしを担いだ
img-303133545-0001_1.jpg

きっかけ

祭りに参加したい。
見るだけじゃなく、神輿を担いでみたい。
俵もみの時の木遣・音頭を習いたい。
五日市の祭りをいろいろ調べてみたい。

等々、祭りに関心のある人はけっこうおってと思う。
『そんな奴、おらんやろ~!』 と誰か言いそうじゃが、
ホンマにけっこう興味のある人がおってんよ。

そ-ゆ-人にたまたま会うと、連絡先を教えてあげたり、
ワシで分かることは教えてあげるようにしよるんじゃが、
ワシも身体は一つしかないけぇ、そんな人全部に会えるハズもない。

仕事でも遊びでも、いろんなところで話をする機会があったら
五日市の祭りのよもやま話を紹介して、そ-ゆ-人のたちにきっかけを作る、
それはワシを含めた保存会の幹事の仕事、連合会の役員の仕事と心得る。

何かきっかけが無いと、祭りに関心を持ってくれとる人たちも
『ガラの悪い人たちの集まりじゃない?』
『酒飲んではケンカばっかりやっとる連中じゃない?』
『ぜんぜん素人がいきなり参加できるの?』
『祭りに参加しても、神輿になんか触らせて貰えんのんじゃない?』
『木遣・音頭を習いたいが、どこでそれを教えてくれるん?』 と不安があるのよ。

そこを、そうじゃないのよ、和気あいあいな優しい人の集まりなのよ
と笑顔で教えてあげて、『いっぺん来てみんさい』 と声をかけてあげる事が大切じゃ。

ワシらは 『自分らは、真面目で明るい好青年の集まり』 と思うとるけど、
周りからは 『近寄りがたい団体』 に見えとるんじゃそうな。
みんな、スマイル! スマイル! よ。
どんどん声をかけて、きっかけを与えてあげてつかぁさい。

  2013年の忘年会のようす。見よ!無邪気な笑顔を
IMG_3912_1.jpgIMG_3941_1.jpg

大相撲夏場所

夏場所が始まった。相撲ファンとしては朝刊のスポ-ツ欄の楽しみが増えた。
注目の新大関、貴景勝も順調なすべりだしを見せたが、
今場所頑張って10番以上勝って欲しい、栃ノ心も万全の相撲じゃった。
他に年長者ながら懸命な相撲を見せてくれる嘉風も頑張って欲しい力士の一人じゃ。
相撲巧者の安美錦や栃煌山も好きな力士の一人で、何とかもう一花咲かせて欲しい。

今場所の千秋楽にはトランプ君も大相撲を観戦しに来るらしいじゃない?
優勝力士には特別賞トランプ杯を検討しとるとか?
安倍君とのゴルフをしに来るんか、大相撲を見に来るんか知らんが
ついでに日米首脳会談もして帰るん?

何か手土産を持って来るんかいね?

   2011年のさくらパレ-ドで東の神輿は復活デビュ-した
画像 066_1画像 073_1画像 083_1


5月度幹事会

昨日は午前中は仕事をして、午後から練習、汗まみれで帰ったんで一風呂浴びてサッパリして
夜の幹事会までゆっくりしようと思うたが、ワンナイトのママさんからのラインで
7月のライブのチケットを持って帰るのを忘れとる事に気付き、取りに行った。
今回はチケットを作るんが早いと思うたら自分で作ったんじゃとか?

睡魔が襲うてきたが、もう行かにゃあいけん時間になった。
再び元気を出して歩いて集会所まで行ったら、
みんなが防犯パトロ-ルにちょうど出かけるところじゃったんで
そのままワシも合流して歩いた。また汗が噴き出したよ。

もうそんなちょっと運動しただけで汗ばむ季節になった。
加計では最高気温が30度を超えたんじゃとか?
半袖のTシャツだけで行っとったけぇ、帰りはちっくし寒かったよ。
朝晩と日中の温度差があるこの季節、風邪を引かんようにせんといけん。

幹事会の後は懇親会で話が盛り上がり、いつもより帰りが遅うなった。
今年は行事が多いが、神楽祭りの水面下の活動は着々と進めて
くれとるようで、ワシら高齢者が心配せんでもせやぁない。

床田で負けた

試合開始前にはマツダスタジアムのS席に座っとった。
『今日は投手戦で点が入らんけぇ面白うないかもね』 そう感じながら。
カ-プも今シ-ズン勝ち頭で防御率リ-グ2位の床田じゃけど
ベイスタ-ズも防御率リ-グ1位の今永じゃけぇ、両チ-ムとも打てんと見たのよ。
それは誰しも想像する事じゃが、あにはからんや床田の調子がイマイチ。
初回から1発食らうハメになった。

球場での観戦は、やっぱりテレビとは違い現場の雰囲気が肌で目で耳で感じられ
独特のハイテンションになってしまう。
球筋とかスイングの位置とかはテレビの方がよう見えるけどライブ感が堪らん。

可愛いビ-ル売りの子が来るまで待って、ビ-ルを注文。
700円と割高なビ-ルを買わにゃあいけんのんじゃけぇ、せめて可愛い子から買わせてよ。
弁当やお茶は五日市から持ってった。
ビ-ルも広島駅に近いほど、その道筋、¥350から売っとる。
球場に近づくにつれ、ビ-ルの値段も上がるが、おっちゃんから買うより
どうせなら可愛いおねえちゃんから買う方がテンション上がるじゃんか(笑)。

宮崎一人にやられたようなもんじゃ。
じゃが、コ-スケが復活のきっかけとなるじゃろう1発を、泳ぎながらも打ってくれた。
打てんコ-スケをいつまで出すんや? とのファンの声も高いけど
球場ではそんなコ-スケに熱い声援が、拍手が贈られている。

残念ながら負け試合にはなり、メチャクチャ疲れた1日になったが
リフレッシュ出来た1日でもあった、感謝。

     2011年は塩屋会館が解体された年じゃ、さみしかったのぉ
IMG_0186_1.jpgIMG_0184_1.jpg解体_1


海は遠くなりにけり

今日、商工センタ-から廿日市の木材港まで走っとった時、
『昔はこの道、ぜ~んぶ海じゃったのに・・・』 と思いながら昔の記憶を辿った。

この辺りは潮干狩りの時でも水があり、歩いて来れるところじゃなかった。
大潮の時にはかなり沖まで出てアサリを掘っとったけど、そんな時でも行けてない。
今の宮島街道のところまで入江になった五日市港があったのを知っとる人はどの世代まで?
塩屋神社の鳥居の前から灯篭を海に流した夏祭りを知っとる人は、どの世代まで?

ワシらが子供の頃の海岸線じゃったヤマダデンキ五日市店の沖側の道路。
今はそこから遥か沖に南道路があるけぇ、相当沖に海が移ったという事じゃ。
まだ五日市マリ-ナがあるところは、昔の海岸線とそれほど差はない。
じゃが今の五日市ふ頭は、遥か遠い遠い沖にある。

海が遠ゆ-なったてぇのぉ・・・。

    1回目の神楽祭りの準備風景と一等商品自転車の抽選会の様子
P1080321_1.jpg前日準備-2_1P1080334_1.jpg



幹事会の連絡

令和最初の幹事会のお知らせが届いた。
その日は令和最初のおやじバンド練習日でもあるが、練習後に行くつもりじゃ。

令和元年は西地区秋祭り保存会発足25周年となり、
5年ごとの節目に開催する神楽まつりのイベント開催年にも当たる。
令和元年も印象に残る年になりそうじゃ。

連合会としても更に一歩踏み出して前に進む年とせにゃあいけん。
『誰かがやってくれる』 じゃあ誰もせんのよ。
一人ひとりが 『自分がせにゃあ!』 との強い気持ちが大切じゃ。
ワシらおいぼれ組も積極的に動かんといけんと、老けゆく心にムチを入れねば。

2004年初めての神楽祭り、初めてにしちゃあ上出来じゃった
P1080327_1.jpgitabuki.jpg
jinrin.jpgaos.jpg


連休さ終わっで

史上最長の連休さ終わっで、今日から仕事っこさ始まっだども、
ながながエンジンさ掛がらねぇっす。

それでも午後から連休中の新聞を走り読みで目通し、他の刊行物にも目通しした。
事務所への郵便物は殆ど休みの間も、ちょこっと出てきて処理しとったんで
新たに来た請求書や納品書を精力的にチェック、
通帳の記帳だけは連休明けで、銀行やATMが混んどると想定したんで
効率を考え、明日以降に実行することにした。

連休中は休みがちじゃったウォ-キングも再開、久し振りに汗を流した。
夕食も連休中の夕飯は、女房殿にも少しでも家事開放して頂こうと、ほぼ外食にしたが
今日からいつも通りのわが家での夕食じゃ。
やっぱり、女房殿の手料理が一番じゃね? 美味いね!


ウォ-キングも 『犬も歩けば棒に・・・』 じゃないが、
久し振りに歩くと珍しい人にも出会う。
『えっ? 毎日歩いてんの?』
「うんにゃ連休中は殆ど歩いてないんで久し振りなんよ」
『でも、いつもこの辺りを歩いてんの? 見ないね?』
「うんにゃ、この辺はあんまし歩かんが、久し振りにこの辺、変わってないかの?と思うてね」

再会を約して別れたが、また新たなコミュニケ-ションが増えるかも?
連休前の仕事の続きの電話も入ったりして、急速にレギュラ-シ-ズンに戻っていく。

これは連休中に解体した洗濯機、なかなか難儀した
IMG_3589_1.jpgIMG_3591_1.jpg

大太鼓館

みちのく二人旅の道中、秋田の大太鼓館というところへ寄った。
世界一大きな太鼓が置いてあるとの事じゃ。

なるほど直径3mを超える大太鼓が何基も展示してあった。
試打できる大太鼓もあり、軽く叩いて次へ行こうとしたら
知きやねおじさんサ「なは素人だばねだべ? 他の人ど叩き方がなもんでねぇ」 
ど声ば掛きやれ, 周りサ居たおなご衆が 
「ええ-っ!本当だか? わたすも聴いてみて。叩いてみせでば」 
ど頼まれ、おなごの涙ど黄色い声サ弱いおらは、わんつかだげ試打してみせた
「キャ-! 凄い! ありがど-ごしごじゃいした」 と一躍注目を浴びた。

当分、太鼓は叩いたことなかったが、能ある鷹は爪を隠せんかったよ(笑)。

IMG_0131_1.jpgIMG_0137_1.jpg

みちのくの春

あれだけ長いと日本中が沸いた10連休もあと残り1日となった。
皇位継承の大イベントがあった今年のゴ-ルデンウィ-ク。
農家では若い世代が帰省するこの時期に合わせて田植えが行われる。
地域によっては田植えの準備である、荒起こし、代掻き、水張りをする。

わが家は連休前に急遽決めた、みちのくの春を訪ねる旅に出かけた。
桜の北上を追いかけるには間に合わんかと思うたが、沿岸部では確かに遅かったが
中山間地を訪ねた今回の旅では、まさに桜の満開に合わせたかのような旅となり、
そこから眺める山々は真っ白な雪化粧が眩い最高の時期となった。

秋田は男鹿半島の 『なまはげ』 の体験も出来、その地方の祭事を体験、
また青森のねぶた館では、ホンマは夏に行われる 『ねぶた祭り』 を観光客のために
保存会の皆さんが再現され、その雰囲気を味わうことが出来たし、
あの大きな山車の骨組みがどうなっとるんか知ることも出来た。

一番の目的じゃった奥入瀬渓流では、周囲から何本もの滝として流れる清流に
元から美しい心が、更に美しく洗い清められ、ピッカピカになって帰ってきた(笑)。

青森県のねぶた祭りじゃが、これの掛け声も青森と弘前では全然違うみたいじゃ。
その地方、地方で誇りを持ってそれを伝承しとるみたいじゃ。
男鹿半島の 『なまはげ』 も鬼のような顔をしとるけど、実は神様で
勉強を怠けとる子供を諭し、家事や育児を怠けとる嫁を諭す、正義感溢れる神じゃと知った。
男鹿半島の中でも、その地区、その地区で風習が少しずつ違うらしい。

日本中どこへ行っても、その土地その土地の風習があり、文化があり、祭りがある。
それを1つにまとめる必要なんてサラサラない。
木遣・音頭がその土地で違うのも、神輿の掛け声が違うのも、それでエエのよ。
五日市の木遣・音頭で、五日市の『チョイサ』で、これからも誇りを持ってやって行きたい。

みちのくの伝統文化を見てさらに、五日市の秋祭りを残して行かねば、と感じた旅でした。

IMG_3616_1.jpgIMG_3648_1.jpgIMG_3655_1.jpg


それほどの辛さじゃなかった

97歳になるおばさんの見舞いに行ってきた。
母親のお兄さんの奥さんじゃけぇ血のつながりは無いが、
母親の実家のおばさんじゃけぇ、小さい頃から何かとお世話になったお人じゃ。

中区鉄砲町にあった母親の実家は白島線沿いにあり、広島市の中心地であり
天満屋、福屋はス-パ-がまだ無い頃じゃったんで、遊び場のようによう行ったもんじゃ。
母親の実家は商店をやっとってパンやケ-キ、お菓子類を売っとった。

その家に到着すると、まず店に行くのよ。
ほしたら今日、見舞いに行ったおばさんがおって、お菓子をくれるんよ。
それが目当てで真っ先におばさんに挨拶に行くんじゃが、
おばさんはいつも笑顔で迎えてくれ、お菓子をくれた。

食べ物の恨みはひどいと言うが、食べ物の恩も深いねぇ。
その頃、ようお菓子を貰うたんで、おばさんが施設に入ってもワシは時々見舞いに行く。
それが昨年末その施設に見舞いに行ったら、おばさんは退所したと聞いた。
年末から引越しなどで、なかなかおばさんの見舞いに行けんかったが
やっとこの連休を利用して行って来たが・・・もう認知がひどく、家族も分からん状態じゃった。

昨年までも多少認知の症状があって、同じことを何度も繰り返しとったが
まだワシの事は覚えてくれとったのに・・・今回はまったくダメじゃった。
もう97歳じゃけぇ無理もないかもしれんが、可哀想で可哀想で・・・。

見舞いから帰って、今夜も食事に出たんじゃが、『何を食べよう?』 と迷うた挙句
連休の初め頃、西区のつけ麺に行ったんで、今夜は五日市のつけ麺にしようと行った。
店の前は何度も通った事あるけど、店にはワシは行ったことなかった。
女房殿は行ったことあるとの事じゃったが、行ってみた。

外から見たらあんまし流行っとるように思えんかったが、けっこう客がおるじゃん!
休日という事もあるじゃろうし、18時半と一番客の多い時間帯でもあった。
『辛さはメニュ-の1番から30番までの中から指定して下さい』 と言われ
あんまし辛うて食べられんでもいけんけぇ、ワシは12番の中辛にした。

麺はワシが好きな大竹のN製麺のような麺じゃと感じた。問題は辛さじゃ。
付けタレの色を見るとメチャ辛そうじゃったが、食べてみるとそうもない。
わが家の焼きそばの方がよっぽど辛いで。
サ-ガルのカレ-は 『普通の辛さ』 にしても汗が吹き出るのに、
ここの辛さ12番は説明には10番でも汗が吹き出るとか書いてあったのに
汗ひとつ出ません。

ワシの中では西区の 『つけ麺』 に軍配が上がる。
ちなみに西区のつけ麺はまったく辛くないが、付けダレが美味しい。

 2010年 東の神輿修復、この年の神輿渡御はなかった
SN390037_1.jpgIMG_1344_1.jpg

新天皇即位

30日の天皇退位の時はテレビを見ながら、心から 『お疲れ様でした』 と
現上皇様を敬意と感謝の気持ちでお送りし、感動を覚えたが、
今日の新天皇即位の儀式はニュ-スで一部を見ただけで、特に感動する場面もなかった。

新天皇はどんな形で国民に接せられるのか、上皇様が立派じゃっただけに
どうしても比べられるじゃろうけぇ、大変じゃと思うが
国民に寄り添う気持ちを持って、自分流に国民に接していただけたら。
皇后陛下も美智子さんが最高じゃっただけに、また皇太子妃の時の
『適応障害』 があるだけに、もっと大変じゃと予測できる。

ま、新元号のニュ-スはもうこれくらいにして、われわれは令和元年をどう生きるか、
皇室から視点を自分の生活に戻して現実を歩まにゃあいけん。

今日は汗をかいたけぇ、何べんも風呂に入り汗を流した。
明日は筋肉痛になるかもしれん。
夕方はしっかりウォ-キングをし、普段通りの生活を送り
連休ボケせんようにしとかんといけんが、まだまだ連休は続くのよ。

2009年7月の裏山土砂崩れで輿蔵が崩れ東の神輿修理
IMG_0812_1.jpgIMG_0816_1.jpgIMG_0873_1.jpg


新元号

先ほどカウントダウンで平成から令和に元号が変わった。
外国から見たら 『日本だけ何を大騒ぎしとるんかいの?』 と思うかもしれんが
日本にとっては天皇が変わるという、大切な儀式じゃもんね?

わが家では30日の昼過ぎから息子一家、娘一家、息子の嫁の姉夫婦、そして義妹、
総勢14名で 『平成ありがとう、そして令和よろしく』 パ-ティ-をBBQスタイルで祝うた。
慶事として元号が変わる方が、みんなハッピ-な気分でええんじゃない?

夜は自宅でテレビで各地のイベントを見ながら過ごした。
ニュ-ス番組なんかも午前0時を跨いで放送しとったね。
明日も新天皇即位の儀式とかの番組ばっかしじゃろうね?

わが家のBBQに合わせて天気は回復したけど、夕方にはまた雨が落ちたりして
平成最後の夕日は見ることが出来んかったが、明朝はどうなんじゃろ?
令和の初日の出は見れるんじゃろうか? 5時20分頃? 見れるかね?

平成に感謝、ありがとう!
令和に期待、よろしく!

令和の初日の出は朝もやと雲に邪魔されたが、その隙間から
IMG_3583_1.jpgIMG_3587_1.jpg


最新記事
最新コメント
プロフィール

秋祭り保存会

Author:秋祭り保存会
五日市西地区秋祭り保存会のブログです。

リンク
参加中!
広島ブログ
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる