FC2ブログ

連合会

秋の大祭を前にして最後の連合会の会合があった。
東からはいつも複数の役員さんが早めの到着じゃのに、今日に限ってギリギリじゃったし
出席者も会長一人じゃった。

訳を聞くと、俵の担ぎ棒を役員総出で削っとる最中らしい。
会長自身も午前中、手に豆を作りながら作業されとったみたいで
「もう手のひらが震えるほど」 と、その奮闘ぶりを話されとりました。

今年から東地区は昔ながらの大きな俵を披露される。
それに合わせた担ぎ棒を新調されたが、大きすぎて重すぎるらしい。
ほいじゃが秋祭りが近づき、担ぎ棒を削ろうと決心され、全員で懸命にその作業されたとのこと。
みんなで一つのことに夢中で取組む事に意義がある。
必ずやそこに連帯感が生まれ、絆が太いものになる。

連合会に話を戻そう。
今日の連合会の資料でワシは初めて現場責任者になっとる事を知った。
ワシの了承なしで、いつ、どこで、どうやって決められたんかも知らん。
まぁワシの了承なしに勝手に決められたことじゃ、ワシが責任をとる事もなかろう。

今日は女みこしの責任者も来られ、女みこしの担ぎ手が不足し、出せるかどうか心配との事。
ほいじゃが、今年休んだら来年の復活は難しいじゃろうとは出席者の大半の意見じゃった。

佐伯署から神輿渡御に対して、より一層の交通警備に対しての要請もあったらしい。
安全に、出来るだけ交通の妨げにならんようにせにゃあいけん事は百も承知。
じゃが、『神輿渡御のため交通渋滞になる可能性がありますよ』 の立て看板も
2週間前の今日、保存会の役員さんらで設置して貰うたんじゃけぇ、
また年に一度の秋祭りじゃけぇ、大目に見てやって貰えんじゃろうか?

土曜日から西地区保存会の地区では秋祭り仕様に町の飾りつけが始まった。
作業に当たってくれた幹事のみなさん、ご苦労様でした。
来週は竹取物語です。
スポンサーサイト



神楽三舞

IMG_3894_1.jpgIMG_3895_1.jpgIMG_3896_1.jpg
前日夕方には会場内の準備はOK, ぬかりはないか? 朝早くから並んでおられた。
わが保存会はワシ以外にもイケメン揃い、暑い中頑張って貰うた。

IMG_3900_1.jpgIMG_3901_1.jpgIMG_3898_1.jpg
いよいよ開場、走らんでもええっちゅうのに・・・少しずつ入場して貰いよります。

IMG_3912_1.jpgIMG_3914_1.jpg
IMG_3918_1.jpgIMG_3920_1.jpg
そして長らくお待たせしました、いよいよ開演でござる。お楽しみ下され~!

無事に閉幕

西地区秋祭り保存会の25周年記念イベント『神楽三舞』は無事に終わった。
前日の朝から順番待ちする人がおり、その夜にはわが家に
「朝7時前には公民館敷地内に並ばないようにと言われとるのに、もういっぱいイスが置いてある」
と酒に酔って苦情を言いにくる知り合いもおったりしたが、当日朝はIさんの名案内のおかげで
何の混乱もなく整然と並んで待っていただき、何の混乱もなく入場していただけた。

出演していただいた神楽団様には素晴らしい演舞を披露していただき
入場者も一様に満足して帰っていただいた様子じゃった。

前日の準備も手際よく順調に進み、今日の後片付けも保存会のメンバ-の素晴らしい活躍で
早よう終えることが出来た。全てのものを本陣に運び終え、任務終了。
ワシは急いで家の用事を済ませるため帰り、用事を済ませたら
女房殿も朝から一緒にお手伝いしとったんで、外食し二人で生ビ-ルで乾杯!

ホンマは保存会のみんなで達成感を感じながら酒を酌み交わしたかったが、
朝から二人で家を空けとったんで野菜や庭木への水遣りなど家の用事で休む間もなかった。
神楽祭りが終わったけぇゆ-てホッとするヒマはない、すぐに秋の大祭が待っとる。
秋の大祭が終わってやっと秋をしみじみ感じる事ができる。

その時は、また夫婦で労をねぎらい温泉にでも浸かって美酒に酔いたい。
保存会発足当時から無理をお願いしとる一番の相棒、女房殿に感謝!

神楽祭りを前に

いよいよ神楽祭りが迫って来た。
神楽祭りもそうじゃが、秋の大祭も1ヶ月後に迫り
木遣り部の練習が火曜日じゃし、子供会の役員さんがTさんに会えんというので
Tさんとの話もしたいと思いちょいと練習日に覗いてみた。

行ったら木遣り・音頭のCDの視聴をしていて今日は練習はしないという。
ガッカリして帰ろうと思うたが、Tさんと話をする時間があるかもしれんと待った。

するとTさんの方から子供会の話をし始めたんでこれ幸いと話が途切れるのを待った。
待った、待った、しかし待てども待てども話が切れない。
切れないどころかますますボルテ-ジは上がり、自分の発言に血圧はピ-クに!

その発端は子供会さんが今年の秋祭りでの変更点を書いて来られた事じゃ。
子供会さんと保存会の話し合いの場が2週間前の土曜日にあったが、
その話し合いの席で提出されたものじゃった。
ワシはその会合には欠席したんで、どういった話し合いがあったのか知らんかった。

じゃが前もってTさんから今年から子供が少ないんで台車を造る事を了承したとの話は聞いていた。
他にもワシには承諾できん変更点があるらしいことは耳に入っていた。

すべてを書けんのでめんどくさいのでやめた。
神楽祭りを前に子供会さんとのやり取りがある事だけ書いとこ。

総がかり会

もう総がかり会の季節になった。
町内会長さん、子ども会役員さん、そしてわが保存会の連中など祭りに参加する人が
総がかりで秋祭りを実行する為の決起集会みたいなもんじゃ。

いつもはこの会で子ども会の役員さんたちと、子供の俵みこしの段取りを打ち合わせる。
じゃが、今年は子ども会の役員さんが自分たちで秋祭りのやり方を決め
それを保存会の方に伝えてきた。

それは昨年までの子ども会の秋祭りとは比べようもなく簡素化したもので
伝統ある五日市の秋祭りとはかけ離れたものじゃった。
その内容を知ったワシは、そんな伝統を無視した秋祭りのお手伝いはお断りする、
そう保存会のメンバ-には伝えとったんで総がかり会で子ども会の役員さんが来られても
「ワシは今年は手伝いませんから」 と断った。

その時は子ども会の役員さんもムッとしたんじゃろうね
「ああそうですか、分かりました」 と引き下がられた。
懇親会に移って宴もたけなわな頃になって子ども会の代表さん夫婦が
再びワシのところに来て
「子ども会を続けたいから、祭りを続けたいから、このような形にした」
と理解を求めてきた。

ワシは「子ども会の役員さんが一生懸命にやりよってのを見て、ワシが手伝えるのなら」
と今までお手伝いをしてきた事を伝え、子ども会の役員さんが横着するんではなく
懸命に頑張ろうとしとるんなら話は聞くけぇ、会が終わったら残りんさいと伝えた。

子ども会代表さん夫婦は約束通り会が終わって階下に降りてきた。
話をしようかと思うたら幹事会が始まった。
そう言やぁ総がかり会の後で保存会の9月度幹事会をすると聞いておった。
その事をすっかり忘れとったワシは二人に謝って、幹事会の後で話をしようと伝えた。

二人は「気にしないで下さい。ええ機会なんで幹事会の様子を見させて貰います」
と幹事会の議題が終わるまで待っとってくれた。

幹事会が終わり二人の言い分を聞いた。
今年の子ども会さんは自分らだけで秋祭りのやり方を決めて
決まった事を保存会に伝え、その上で保存会の協力を求めたのは反省する点だとした上で
子ども会を続けたい、秋祭りにも参加したい、だから子どもたち親たちの負担を軽減して
楽しい子ども会、楽しい秋祭りにしたいからそう決めたと説明してくれた。

秋祭りについて子ども会が決めた事には納得できんが、
どんどん子ども会が消滅する中で、子ども会の存続を訴える二人の気持ちは理解した。

自動列車制御装置

この度の京急踏切事故はその後の利用客に大変な不自由を強いとるようじゃ。
そんなやばい踏切に侵入した運転手の責任が問われるのは間違いないが、
運転手も焦ったじゃろうね? 逃げ出したい気持ちじゃったろうが、
逃げだしたら家族にまで代々汚名が降りかかる。

そんな狭い道路に侵入したのが、そもそもの間違いじゃろうが
それに気づいても大型トラックじゃったんで引き返せんかったんじゃろう。
もう後ろからクラクションを鳴らされようが停止して、警察に連絡するしかなかったと思う。

京急は自動列車制御装置の設備をしとらんかったようじゃが
今の同装置は障害物の手前で列車が止まるようになっとるんかいの?

というのが50年前、ワシもJR五日市駅西側の踏切で、前の車がジャマをして
踏切内に閉じ込められ急行列車を停めたことがあるのよ。
この踏切にも踏切内に異物があると自動的に列車が停止する装置があった。

じゃが、実際にはワシの車を通り越して長い列車のほぼ中央が踏切の中心くらいで止まった。
これじゃあ意味がないじゃろ? ワシは遮断機を押し曲げて車が列車に接触せん位置まで
車を寄せとったんで列車に衝突はせんかったんじゃが、前に書いたような位置で
急行列車は停止し、乗客が各窓から顔を出して
『こいつのせいで列車が停止したんじゃ!』みたいな顔で睨まれたのよ。

五日市駅から数人の駅員が走ってきて、ワシは駅まで連行されたんじゃが、
急行の運転士が広島駅から連絡してきて
『今回は初めてじゃけぇ許してあげて下さい』との穏便な計らいにより無罪放免された。

もうあれから50年経つけぇ自動列車制御装置は改善されとるんじゃろうね?

今夜はお休み

『いよいよ神楽祭りまであと2週間ですね?』
そんなラインメ-ルを遠くから受け取り、『ホンマよ! あと2週間じゃ!』と気付いた。
まだまだ先、来月のことじゃと思うとったが、9月に入ったんじゃ。

仕事も趣味も保存会の事も、暑い夏には1つ1つこなしながら、『涼しゅうなってからの事』と
ずっと先のことのように感じとったが、長引く秋雨前線の心配をしよったが、
時は刻々と刻まれとったんじゃね? もう9月なんじゃ。
今朝なんか窓を開けると、秋の気配を感じる風が入ってきた。

記念イベントである神楽祭りの準備を進めながら大祭の準備も怠りなく
執行部役員さんたちは大忙しじゃ。
今週はウィ-クデ-に2回飲み会があったんで今夜は休肝日に当てた。
11月のライブの打ち合わせも仕事がオフになる午後からにした。
夜、出かけると、どうしても飲むことになるんで今夜はお休みにしてゆっくりさせて貰うた。
最新記事
最新コメント
プロフィール

秋祭り保存会

Author:秋祭り保存会
五日市西地区秋祭り保存会のブログです。

リンク
参加中!
広島ブログ
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる