FC2ブログ

ええ年になりますように

今日で仕事納めのところが多かったように思う。
もちろんサ-ビス業の人や金融関係、郵便関係、小売業の仕事の人など
他人が休んどる時に仕事をする職業の人も多い。

わが西地区秋祭り保存会からメ-ルで大晦日の晩に神社に集合して
拝殿に上がっての初詣に参加を呼びかけがあった。
今では西地区の元旦の恒例行事となったが、そもそも現会長と神社で大晦日の夜に
毎年出会い、その内、一緒に光禅寺に除夜の鐘を打ちに行ったりするようになり
徐々に保存会のメンバ-が集まるようになって、いつの日か半纏着用になった(笑)。

そして初詣の帰りにコイン通りで居酒屋をやっとった東のIさんの店に寄って帰るようになり
店でも雑煮を用意してくれたりするようになったが、ある年、店主のIさんが
ワシらが行くまで飲みながら待っとったようじゃが、待ちきれず店を閉めて帰ってしもうた。

店の下までワシらがたどり着いた時に、バイクですみませんと言いながら帰るIさんとすれ違うた。
翌日じゃったか、Iさんから侘びの連絡が入ったがワシはこらえんかった。
事情があって店を閉めるのは致し方ない、それは許せるが
飲みながらワシらを待ちよった人間がバイクに乗って帰っちゃあいけまぁで。
飲酒運転を黙認することは出来ん。

それから何年間か折に触れ、Iさんからメ-ルが入ったが一切店には寄ってない。
何度か事務所にも来て貰うたが、受け入れることは出来んかった。
美味しい店で、ワシのお気に入りの秘密の店じゃったが、残念なことじゃ。
毎年、大晦日が来るとその事を思い出す。

みなさま、健康に新しい年を迎えられますように。
そして来る年も、みなさまにとってエエ年になりますように。
五日市祭り連合会にとってもエエ年になりますように。


最近はワシは孫娘がついてくるというんで二人で一緒に行くようにしとるが、今年は行かれん。
IMG_0589.jpg
スポンサーサイト



ソバ打ち大会

昨日はソバ打ち大会じゃったが、先約でライブの予定が入っており、
昼前にちょこっとソバ打ちに顔を出して、市内まで行く予定じゃった。

本陣に顔を出すと岩国ベ-スから、ようけお客さんがお見えで
彼等は日本文化を体感できると通訳の人も一緒に相当数な人がお見えじゃった。
小さな子供たちもうどん切りなど体験させて貰いながら
打ちたてのうどん・ソバを楽しんで帰ったみたいじゃ。

ワシは行きしな一杯だけうどんを頂き、ベ-スから持ってきてくれた
アメリカのビ-ルを1本だけいただき、赤い顔をして電車に乗った。

昔のケントス(今はメモリ-ズ)に行ったら既に始まっとったが、
知り合いも多く、あちこちから声がかかった。
それぞれの席でしばらく会話と焼酎を楽しみながら最後まで楽しんだ。
みなさんお上手じゃのぉ・・・。

外に出たら雨が降りよるじゃん!
そうか!嫁に傘を忘れず持って出るように言われて、たしかに持って出たのに
本陣に忘れとったわいや!

帰りに本陣に寄って傘を持って帰ろうとしたら、ベ-スの人らがちょうど帰るとこじゃった。
「ソバまだあるけぇ中へ入って食べんさい」
いつになく三代目の優しいお言葉に
『家に帰ったら夕飯の支度されとるじゃろうに』と思うたが、ご厚意は受けねばなるまい。

ソバを2杯いただいて、急ぎ帰り、家でも普通に夕飯をいただいた(苦笑)。
IMG_0570.jpgIMG_0571.jpgIMG_0572.jpg



飛び入り参加

古い仲間たちとの忘年会の途中で中座して、近くのたこ焼き屋さんでお気に入りのバンドがライブする
というんで自転車で駆けつけ30分ほど楽しんで、元の忘年会の会場に戻ろうとしたら
『まるもとコ-ル』が起こり、固辞するワシに一人の女性が
「わたしの誕生日祝いに歌って!」 などと言われちゃあ応えん訳にいかん。

しょうがなしに1曲だけ歌い、握手攻めにあいながらも急いで忘年会の会場に戻った。
深夜にPC開くと、会場で動画を撮ってくれとっちゃった人がFBにアップしとりんさった。恥ずかしやのぉ。

喧嘩神輿は

以前どこかに書いたが、ワシらが担ぎよる神輿は弘化3年に作られたものじゃ。
その頃活躍した日本の歴史に名を残す人は明治維新があったんで多い。
坂本龍馬、西郷隆盛、東郷平八郎、秋山兄弟、正岡子規、清水次郎長等々。

現在に至るまでとなると、この神輿は様々な歴史上の人物と同じ空気に触れ、
日本が激変した時代を修理されながらもほぼ同じ姿で今に至り
江戸末期に吸うた空気を今、吐き出しとるかもしれんのんじゃのぉ・・・。

ウチの親父も同じ神輿を担いだじゃろうし、ひょっとしたら爺さんも、曾祖父さんも?
ひいひい爺さんは江戸末期の生まれじゃけぇ、担いどるかもしれん。
縦棒もひょっとしたら弘化3年に作られたものがそのまま今に至るんかもしれん。
江戸時代に生きた人の汗と令和を生きた人の汗をも吸うとる縦棒かもしれん。
そう思うたら感慨深いものがあるよのぉ・・・。

大掃除

ワシらが子供の頃の師走の風景ゆ-たら、どの家でも日曜日には畳を上げての大掃除。
庭に干した畳をパンパン叩いてホコリを落とし、家の中では姉さん被りの衣紋掛け姿の母親が
片手にはたきを持って1年のホコリを払い、拭き掃除、子供達もお手伝い、これが定番じゃった。

今はニュ-スで大きなお寺とか神社での、すす払いの行事を見るくらいで
各家で大掃除を目にする事は希になった。
会社などでも事務所の大掃除や営業車両の洗車とかやりよったが、最近は見んねぇ。

ワシは昔ながらの人間なんで今でも家や事務所で大掃除はやるが、規模が違う。
最近の家には和室そのものが無い家が多いんで、畳のない家もある。
生活様式が欧米風になったんかのぉ?

畳は日本の文化じゃ、畳の上に寝っ転がれるし温かみがあるじゃん。
襖や障子も日本の文化じゃのに・・・床の間、仏間もない家も多い。
無いものねだりかもしれんが今の日本の風景には季節感がないのがさみしい。

わが家には畳も障子も襖も、床の間も掛け軸も仏間も残し、ささやかな抵抗をしとる(苦笑)。
当然、縁側があり、冬には日向ぼっこもしながら、女房殿は針仕事ならぬパッチワ-クをしよってじゃ。
孫たちが来ると、広縁から廊下をグルッと1周できるんで走り回っとる。
もう一番下の孫も小学生じゃけぇ、そんな光景を見れるのも少ないかも?

秋祭りもライブも終わったが

秋祭りもライブも終わり、ゆっくり出来るハズじゃが、ここからが真骨頂。
痛めた右手は休ませ、身体的な疲れをとるため、ここ2~3日はウォ-キングも控え
今は体は休めとるが、頭の中や顔つなぎでの活動は活発じゃ。

仕事も遊びも備えがあればこそ。
今まで生きてきて、それは肌で感じている。
自分がどう動くか、人に動いて貰うには自分は何をすべきか、分かっとるのよ。

じゃが自分が動いても周りが動いてくれん事もあるし、逆に周りが動いとるのに
ワシがなかなかその気になれん時もある。
両者の歯車がかみ合うたらスイスイと物事は動くんじゃけどね?
ままにならん事、世の中にはいっぱいあるよのぉ・・・。

夜店のない祭り

五日市八幡神社の秋祭りに夜店が殆どなくなって久しい。
今でも参道に1つ2つの屋台が出ちゃあおるが、あれだけじゃあ子供たちは来ない。
祭りや縁日といえば屋台、夜店が軒を連ね、そこに子供たちが群がり
そこで行われるイベントを見ようと大人たちも集まり賑わう。

祭りが終わったら当然ゴミも落ちて、その片付けや掃除は大変じゃと思う。
じゃが、それが困ると境内やその周辺から夜店・屋台を追い出したら人は集まらん。
神社と氏子総代の関係がうまくいっとるなら、そんな祭り翌日の境内の片付けなど
宮司さんなどがせずとも総代連中がやってくれる。

神社あっての氏子であり、氏子あっての神社じゃろうに、
宮ノ下町内会と疎遠になってどうする? 氏子総代と疎遠になってどうする?
何とか昔のように神社に賑わいをと思う団体にまで頑なな態度を取ってどうする?
昔の五日市八幡神社の秋祭りには屋台・夜店も多く、それはそれは凄い賑わいじゃった。

太鼓部も日程終了?

土曜日の公民館まつりで西地区秋祭り保存会太鼓部のみなさんの今シ-ズンの活動も終わり、
ホンマにお疲れ様でした。たぶん今日は肩の荷が降りてゆっくりされた事じゃろう。
今年は若い人も入部してきたみたいで、賑やかになってエカッタ。

これを期に若い仲間にも声を掛け、更なる進展が見られると期待したい。
じゃが活動が活発になるにつれオファ-も増えてくるんよね?
1年を通して平均してありゃあええが、秋祭り以降に集中するんよ。
太鼓部のみなさん、お疲れ様でした。
最新記事
最新コメント
プロフィール

秋祭り保存会

Author:秋祭り保存会
五日市西地区秋祭り保存会のブログです。

リンク
参加中!
広島ブログ
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる