FC2ブログ

背割れ

先の担ぎ棒のところで 『背割れ』 について書いたが、
これらは先人たちの知恵じゃろうね?
ワシら建築業界に身を置く者で古い人や建築を勉強した者なら誰でも知っとる。

日本建築で無垢の柱を使う場合は、この背割れが必ずしてある。
そして、その面が表に出んように柱の向きを考える。
表に出る(見える)部分には、出来るだけ節も見せんようにするけぇ
背割れの切れ目を入れる面は、節の多い面でもある。

最近は和室そのものが無い住宅も多いし、
和室があっても無垢で無節の柱なんて見る家は
相当予算のある家でないと、そんな材料は使えん。

大壁とゆ-て柱を隠す洋間なんかにゃ、なんぼ節があってもせやあないし、
無垢の柱じゃのうても、集成材ゆ-て木の端材を接着剤で固めて柱のようにしたものでも
強度さえありゃあ問題ないんで、そんな柱も安う材木屋さんで売っとる。

仮に和室のある家で真壁(柱の見える造り)であっても、この集成材の表面だけ
きれいな節のない檜の薄い単板を貼った材料もかなり昔から出回っとるのをご存知か?
家が完成してからはホンモノか偽物か見分けはつかんけぇ
建築途中に大工さんが加工しとるところを見んと分からん。

じゃが俵や神輿の担ぎ棒は全て無垢材じゃ。
接着剤で固めた棒じゃあ、水もかけるし、陽にさらされるけぇもたんじゃろう。

ワシらの担ぎ棒は、まだ寒い時に山から切り出して、すぐ皮を剥ぎ
背割れ加工を施し、しっかり乾燥させて、これ以上狂いの無い
檜の上質材を使うとりますけぇ、安心して担いでつかぁさいよ(笑)。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
プロフィール

秋祭り保存会

Author:秋祭り保存会
五日市西地区秋祭り保存会のブログです。

リンク
参加中!
広島ブログ
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる