FC2ブログ

保存会の運営

今、秋祭りの時に町に飾る紙垂や本陣前に飾る天蓋を紙工作じゃないが
日曜日の午前中、来れる者で作っとるが、この材料費もバカにならん。
電柱間に張る縄も荒縄3本をよって作るが、これも数年で取替が必要となり
材料を購入して、みんなで力を合わせてよって作る。
結束バンドも必要で、これらの材料は毎年購入する。

電柱間に吊るす提灯も、少しずつ資金を貯めて購入した。
また各所に立てる中幟や横断幕も購入した。
俵みこしや神輿も修繕が必要で、塗料や材料費がかかってくる。

これらの費用は毎年俵もみの際に1軒ずつ集めて周る「花」から捻出する。
祭り当日に俵や神輿を担ぎに来てくれる人に提供する飲食費も「花」からじゃ。
また1週間前に山から切り出した竹を、立てて周る際に提供する食事代もそうじゃ。

会計係は総会で決まった予算の中で、そ-ゆ-経費のやりくりをしてくれる。
そして総会の時に収支報告をして承認を受ける。

われわれは祭りの時だけじゃのうて、毎月、幹事会として集まり
祭りの運営について話し合い、将来について話し合う。
その幹事会の後、懇親会をするが、その費用は毎回500円握って行き、
その月の当番班がその予算内で飲み物を買い、つまみを工夫してくれる。

この支度が当番班の腕の見せどころで、乾き物だけの時もありゃあ、
「こんなもん、500円の範囲で出来るん?」という時もある。
また会員の差し入れも時々あって、なんとか運営出来とるんよね?

祭りの活動費の大元となる花集めにワシも毎年参加しとるけど
殆どの人が、店が、会社が、気持ちように出してくれてじゃ。
じゃが、そうでない人も中にはおってらしい。

ワシはそんな人に会うた事ないが、ウチの女房殿は女ばかりで花集めに周る時、
「集めた金は何に使うんや? お前らの飲み食いに使うだけじゃろ?」
と毒づいてくる人もおってんじゃとか? 夜の飲食店を回っとったら
お客さんから冷やかされたり、ヤジが飛んだりするんじゃそうな。

それで数年前から夜の町の花集めにはワシもお供するようになった。
たしかに女性だけでは最初は入りにくい雰囲気があるが、
ワシは満面の笑顔で元気よく店の扉を開けるようにしとる。
店内にお客さんが全然おってんなかったら、言いにくい気もするが
祝い事じゃけぇ、祭りじゃけぇ、気持ちだけでも頂いて帰る。

高額のお花を頂いたところには俵みこしが通る際、必ず俵を下ろして
『花の御礼』の発表を大きな声で、担ぎ手のみなさんや通行人に
聞こえるように発表する。
みんな聞こえたら、その店を会社を利用したげてよ。
もちろんワシらも利用させて貰うとる。

祭りの運営費はすべてこの『花』が基本になっとるのよ。感謝!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
プロフィール

秋祭り保存会

Author:秋祭り保存会
五日市西地区秋祭り保存会のブログです。

リンク
参加中!
広島ブログ
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる