憂鬱な明日

午前中に息子一家が仏壇に掌を合わせにやってきた。
盆灯篭を朝からセッティング、ワシの両親の写真の横に
ワシも会うた事がないワシの爺さん、婆さんの写真も飾った。

ワシも知らんのんじゃけぇ孫たちが知る由もない。
孫たちに 「君たちの曾祖父さん、曾祖母さんじゃ」 と説明したら、息子が訂正。
「曾曽祖父さんに曾曾祖母さんじゃろう?」

そうじゃった、そうじゃった、はぁ一世代サバを読んどった。
孫たちにとってワシは爺さんじゃった(笑)。

息子一家を嫁の実家に墓参りに見送った後で、ワシら水汲みに出かけ
その足で、昨日聞いたばかりの、人気の精進料理ランチのお寺を探しに行った。
5000円の精進料理じゃが予約でいつも満席で、四国からバス仕立てで団体が来るとか?

その寺で説法を説く女僧が女房殿の幼馴染の同級生とか聞いたんで
今度、精進料理もいただきながら、その説法も聴いてみたいと思うたんで
場所だけ確認しとこうと思うたけぇじゃ。

芸北は涼しかった。帰りにいつも行く八幡高原に行ってみたが気温25度、
爽やかな風が吹き抜け、まだ盆じゃのに秋を感じた。
昨日の夜の涼しさと言い、朝晩はこのまま涼しゅうなって欲しい。
いや、なりそうなそんな感じがした。

明日は娘一家がやってくるという。
この孫たちに付き合うのはホンマ疲れるのよ。
『来て良し、帰って良し』 と孫たちの事を言うが、娘んとこは違う。
来る前から憂鬱、帰ったら祝杯モンじゃ!

元気が良すぎるのよ。
息子のとこの末娘も元気でおしゃべりで、ワシらを休ませてくれんのんじゃが、
娘んとこの二人に比べたらまだ許せる。
わが子とはいえ、娘もこがぁなんと一日中、よ~一緒に毎日おるわい
と感心するほどの元気モンで、おとなしいモンばっかしのわが家の家系の
誰に似たらこうなるんや? と言いとうなる程で、今から思いやられる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
プロフィール

秋祭り保存会

Author:秋祭り保存会
五日市西地区秋祭り保存会のブログです。

リンク
参加中!
広島ブログ
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる