黄金色の田んぼ

日曜日に千代田まで走ったが、はぁ千代田の田んぼは黄金色じゃったで。
山間部の稲刈りは早いけぇ、もうぼちぼちなんかもしれん。
五日市は昔から稲刈りは10月で祭りの時機じゃったが、
早よう刈っとかにゃあ神輿が通る道沿いの田んぼは
もしそこで喧嘩になったら田んぼになだれ込まれて稲がワヤになる。

たいがい喧嘩するのは街中じゃったが、記憶の片隅にもうすぐ参道という道で
喧嘩になって、押し合う神輿が田んぼになだれ込んだのを見た覚えがある。
刈り入れ前の稲は踏まれ、倒され、ワヤじゃった。

街中で喧嘩になったら滅多にないが、興奮したバカものが屋根にのぼり
瓦を剥いで投げたりするとんでもない奴もおった。
喧嘩は見とる分にゃあハデな程おもしろい、じゃが、今になって思うに
瓦を剥がされた家や稲を倒された家は堪ったもんじゃないよのぉ?
誰か祭りの後で謝りに行っとったんかいの? それは聞いたことがないんじゃが・・・

喧嘩ゆ-ても神輿どうしのぶつけ合いじゃけぇ、担ぎ手同士が殴り合うような事は
あるにはあるが、それは喧嘩自慢の一部の担ぎ手だけで
ワシらみたいなワ-クブック組は神輿を押すだけで殴り合いなんかしたことない。

最後の喧嘩神輿の時もワシは勉学に勤しむ高校3年生じゃったんじゃけぇ。
東の神輿とサンコ-さんとこの前で喧嘩になった時、
ウチの支部長は誰にやられたんか、カチで額を割られ、血を流しとんさった。
ワシもその時は一番前の最前線に配置されとったんじゃが、
あの怖い大先輩のIのSさんが東の支部長で、ウチの傭兵じゃった広陵高校のワルを
片っ端からぶち殴って行きんさったが、ど-ゆ-訳かワシだけ殴られんで済んだ。

数年前にそのSさんと飲む機会があって、何でワシだけ殴られんかったかと訊いたら
「よ~知っとったし、可愛かったけぇよ。ワシは弱いもんイジメはせんのんじゃ」と言われた。
ほ~! あがぁに頭に血が上った時でもSさんは冷静に人を見とんさったんかいの?
あ~エカッタ! ワシをひ弱な後輩として見てくれとんさったんじゃ(笑)。

旧五日市の地区では田んぼは無なった。
じゃが、黄金色に実った稲を見ると、そんな懐かしい光景が思い出され、
無性にあの時代に戻りたい衝動に駆られる。

   刈り取りの終わった越前の田んぼに、今週末に始まる越中風の盆歌
IMG_1105_1.jpgIMG_1108_1.jpgIMG_1141_1.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
プロフィール

秋祭り保存会

Author:秋祭り保存会
五日市西地区秋祭り保存会のブログです。

リンク
参加中!
広島ブログ
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる