変わりゆく五日市の町

幟を立て、横断幕を張り、提灯を上げ、大紙垂を上げ、わが西地区は祭りモ-ドになってきた。
更に今度の日曜日には山に竹を切りに行って、町の要所要所に立てる。
町内会では『天蓋』と昔から呼ばれる注連縄を張って、いよいよ秋祭りの町の化粧は大詰めを迎える。

この秋祭りを迎える準備とは別に、昔から馴染んだ古い家並みが消えて
新しい家やアパ-トが次々と建ち、どんどん五日市の景色も変わっていく。

どの時代にもあった事じゃし、それが世の慣いでもあるが、昔の五日市の景色も懐かしい。
幼少期、10代、20代、30代・・・と、その時代で異なる景色。
どんどん建物の建ってない土地がなくなり、ビッシリと隙間なく建物が土を隠してしまう。

都会なら、それもやむを得まいが住宅地である五日市ですらそんな状態じゃ。
それを憂うワシも意に反して土を隠してしまう行動に加担しとる。
これって税制が悪いんじゃない? 固定資産税を見直す必要があると思う。

不動産をビジネスとして保有する場合と、自分が住むためにだけ保有する場合とでは
固定資産税の課税基準をもっと変える必要があるんじゃない?
自分が住むための不動産は課税対象外として欲しいよね?
ワシは今の税制が山間部の過疎化を招いとる要因の一つになっとる気がしてならんのんじゃが・・・

          2013年の秋祭りの様子
CIMG3050_1.jpgCIMG3118_1.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
プロフィール

秋祭り保存会

Author:秋祭り保存会
五日市西地区秋祭り保存会のブログです。

リンク
参加中!
広島ブログ
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる