FC2ブログ

今昔物語

秋祭りの今と昔を比べたら、先ず構成員の年齢の違いが大きい。
昔の祭りは青年団が仕切っとった。
青年団という位じゃけえ支部長クラスで24~25歳じゃ。
以下中学生まですそ野は広がっとった。

だいたいが暴れん坊的な連中が多く、
ワ-クブック組はワシくらいじゃなかったかのぉ・・・?
じゃが『喧嘩神輿』に強い憧れを持つ男子は多かった。
子供の俵みこしを担ぎながら中学生になったら青年団に入り
憧れの喧嘩神輿を担ぐんじゃと夢見る子は多かったと思う。

じゃが青年団の連中の顔ぶれを見たら怖い人ばっかしじゃ。
親も『あ~ゆ~連中と付き合うたらいけん』と
子供にブレ-キをかける親が多かったんかもしれん。
殆どの同級生はそんな思いで、青年団への入団を躊躇うたんかもしれん。

あれだけ『中学に入ったら青年団に入ろうで』と言うとったのに
中学生になって青年団に入ったのは学年でワシとT君くらいで
誰も入って来なんだのを今でも覚えとる。
『こんなら裏切りゃあがって・・・』

じゃがウチでは親からのブレ-キは全くなかったし
ワシ自身先輩方は怖いとは思うたが、好奇心旺盛じゃったんじゃろうね。
恐怖心より喧嘩神輿への強い憧れの方が勝ったんじゃと思う。

中学生になったら、すぐ喧嘩神輿を担げると思うたが甘かった。
担ぐどころか触らしても貰えなんだ。
祭りが近づくと、学校から帰ったら会館(今の集会所)に集まって
天蓋(注連縄の紙垂)を切らされる。
半紙を小刀でせっせと切るんよ。相当な数じゃったで。

ほいで夜になったらそれと縄を持って西地区に張って歩くんよ。
西地区ゆ-ても今より範囲が広いんじゃけえ
ナンマン(三筋川の横の今は公園のところ)まで行っとった。
ワシは隅の浜の方まで行った覚えはないが
今の中央の方まで行っとったのも覚えとるし
どの家の柿が甘かったのかもよう覚えとる(笑)。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
プロフィール

秋祭り保存会

Author:秋祭り保存会
五日市西地区秋祭り保存会のブログです。

リンク
参加中!
広島ブログ
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる